2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« BABYMETAL / LIVE AT BUDOKAN & WORLD TOUR 2014 LIVE IN LONDON | トップページ | 4ヶ月ぶり?に蒙古タンメン中本 »

2016年5月21日 (土)

BABYMETAL / LIVE IN LONDON 雑感

若干ブレイクを挟みつつ観てたら朝になっちゃった。で、今さっき観終えたのでヒートアップしてるうちに俺の熱いレビューを書いておこうかと。

確かにこれは泣ける。ただ、その要因が武道館ライブとは全く異なる。武道館の場合アクシデントを乗り越えた少女たち、みたいな浪花節的要素があるけどライブ・イン・ロンドンは訳が分からず泣けてくる。その理由が一体何なのかを自己分析。

以前もネタにした事があるけど俺って昔からガイジンに凄いコンプレックスを持ってる。奴らときたら色は白いし髪は金色で体もデカいし、足が長くて彫りも深く、流暢に英語まで喋りやがるから太刀打ち出来ねえやと思っちゃう。

ところがこのBDを観たら俺と同じ日本国籍で若干15-6歳の小娘たちが毛唐の、それも全身TATOOだらけで正直お近付きになりたくないデンジャラスな野郎どもをあの楽曲で終始発狂させてて、その模様が3時間近く続くもんだから気持ち良過ぎて泣けるんだな。

しかし観れば観るほどPerfume同様、BABYMETALも総合芸術だなあとつくづく思う。あの超絶テクの神バンドなくして今の高評価はあり得なかったろうし、棒立ちで歌っても全然面白くないからMIKIKO先生の振り付けも必要不可欠。当然、KOBAMETALの企画力も重要だしコンポーザーが生み出す楽曲も大事。それら全てを理想的な形で表現するメンバー3人の力が加わり初めてBABYMETALプロジェクトが成立する。

あ、ちなみに俺の戯れ言に触れて興味を持ち、じゃあ試しにロンドンライブ観てみようかと思った貴兄がいたとしたら、これだけ観ても全然楽しめないと思うよ、と言っておく。

繰り返し書いてる通りBABYMETALって相当クセのあるアーティストなので、今現在ハマり込んでる人も最初は拒絶する所から始まった例が多い。故にまずYouTube動画を観て何じゃこりゃ??と思う所から始め、その魅力を知る為に何度も聴き返す必要がある。以前冗談交じりに書いたけど、くさやの干物と一緒。そして他に代用品がないので一度ハマったら抜けられなくなる、と。

しかし海外のライブ映像を見ると驚くのは多くの客がスマホでステージを好き勝手に撮影してる事。勿論、海外でも禁止事項だとは思うけど、あまりにも数が多いから制止しきれないのかね。まあ、それを即座にYouTubeへ上げてくれたりするからファン的には有り難いけど。

« BABYMETAL / LIVE AT BUDOKAN & WORLD TOUR 2014 LIVE IN LONDON | トップページ | 4ヶ月ぶり?に蒙古タンメン中本 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: BABYMETAL / LIVE IN LONDON 雑感:

« BABYMETAL / LIVE AT BUDOKAN & WORLD TOUR 2014 LIVE IN LONDON | トップページ | 4ヶ月ぶり?に蒙古タンメン中本 »