« 赤い疑惑 レンタル | トップページ | サッポロ一番でボンゴレ&トムヤムクン »

2016年12月 1日 (木)

ザ・クロマニヨンズ TOUR BIMBOROLL 2016-2017 @ LIQIDROOM 2016/11/30

【注】 
例によってウチじゃセトリは書きませんので、情報を求めてweb検索で辿り着いた方々には余所のファンブログをご参照いただければと。

いや~凄かった。何が凄いって客ノリね。Perfumeの幕張オールスタンディングもベビメタの東京ドームも客ノリは良かったけど、何つーかケタが違う。但しこれは客層云々じゃなく環境の違い。

アリーナ・ドームクラスの公演は例え最前付近でもアーティストとの距離が20m前後。ところがライブハウスの最前になるとせいぜい2-3mだから文字通り手を伸ばせば届く。これじゃ狂うのが当たり前だし、むしろ狂わないとアーティストに失礼。

ちなみに俺の整理番号は604番。来場者全員が開場時間に開場入りはしないから俺が入った時点での客数は500人位か。会場を見渡すと最前付近をキープする客は1-200人前後に見受けられた。

結局、ライブハウスの最前付近って特等席であると同時に危険地帯でもあるからどの会場、どのアーティストでも敬遠する人が過半数を占める。当の俺は無謀にも最前付近での参戦を決意。ヤバいかな~と思いつつ、28年ぶりにヒロト&マーシーを至近距離で観られる誘惑に勝てず・・

予想通り始まった瞬間、後ろの奴らがグワッ!と押し寄せTHEすし詰め。俺も最初のうちは大声で叫び、腕を振り上げて周囲の連中と一緒にバカ騒ぎ。ところが歳には勝てず4曲目辺りでもうフラフラ。何しろ全方向から終始押しまくられるので体力の消耗がハンパないのだ。

天の救いか、ここでヒロトのMCが入り小休止。でも演奏が始まれば当然圧縮も再開され、こりゃあ体力を温存しないと最後まで持たないぞと思うに至り省エネ運転へ切り替える。でもお気に入りの曲が始まると抑えが効かないんだよな~

今回、俺なりに圧縮を冷静に体感・観察したけど、何とも非日常的な空間だよね。終電間際の満員電車を3倍濃厚にした感じで右隣の奴とは汗だくの肌が終始触れ合い、左隣の奴の熱い息吹が耳元で囁かれ続ける。普通だったら気持ち悪くて逃げ出したくなるけど、それが気にならない・・つーか、気にしてる場合じゃない。

更に真ん前の人が必ずしも野郎とは限らず小柄な女性だったりして、申し訳ないぐらい体が密着して痴漢に間違われても文句言えないレベル。悪いなあと思いつつも後ろからグイグイ押されるのでどうしようもない。ただ、その女性の振り上げる腕がちょいちょい俺の顔にヒットしたりするからお互い様。

しかし思うにクロマニヨンズのライブって比較的年齢層が高いからロック系では客ノリもジェントルな部類じゃないかな。血気盛んな10-20代が中心だとこんなもんじゃ済まない気がする。

それでも終盤には体力の限界を感じてドセンから上手の袖付近へ避難。周囲を見渡すと最後列はゆとりの客ノリで楽しんでる。年齢的に俺の定位置はむしろあそこなんだろうな。あと、最前よりやや後方になると一人一人のスペースに余裕が出来る分だけ客の可動域が広くて派手に暴れる奴が多く、ある意味では圧縮地帯の方が安全だったりする。

なんか俺の圧縮体験ルポに終始しちゃったけどライブ自体は最高だった。あまりにも楽しかったので3月の福生公演先行抽選に今さっき申し込んじゃった。自宅からは近いけど福生なんぞ辺境みたいな所だから余裕で当選じゃね?と個人的には思ってる。当選発表は明後日。さて、どうなる事やら・・

« 赤い疑惑 レンタル | トップページ | サッポロ一番でボンゴレ&トムヤムクン »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ザ・クロマニヨンズ TOUR BIMBOROLL 2016-2017 @ LIQIDROOM 2016/11/30:

« 赤い疑惑 レンタル | トップページ | サッポロ一番でボンゴレ&トムヤムクン »

2022年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ