2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

COVERS Grace of The Guitar+ 森恵

無料ブログはココログ

« 茅場町でカレー | トップページ | 富士そばの煮干しラーメン »

2017年2月20日 (月)

タマネギ克服の為に

ガキの頃はトマトとイモしか食えなかった野菜嫌いの俺も2011年の緊急入院をターニングポイントとして様々な野菜を克服し、今じゃ食えない野菜を挙げた方が早いレベルへ到達。で、その食えない野菜のワースト3がキュウリ、長ネギ、タマネギ。次点でピーマン。

この中で唯一克服出来そうなのがタマネギ。以前から機会ある度に書いてるけど食えない理由が食感と縞模様だから小さく刻んでしまえば問題なく食えるので。逆に言えばでかいタマネギがゴロゴロ入ってる料理は絶対に食えない。

そんな俺でも一時期は吉牛のタマネギぐらいなら食ってた時期がある。ちょっとブランクを空けたらまた食えなくなっちゃったけど。

要するに俺のタマネギ嫌いは心理的な要素が多いから克服出来る可能性大。そんな訳でタマネギ克服の為にもう一杯分残ってる親子丼の具材にタマネギを加える所から始めて徐々に慣らしていこうかと。

ミニ親子丼に必要なタマネギはせいぜい1/10個分。webで調べたらタマネギはみじん切りにして冷凍すれば二ヶ月持つという話なので、残りをこんな感じで冷凍睡眠。もっと小さく刻めば抵抗感が薄れるけど、それじゃ訓練にならないのでわざと大きめに刻む。

前回の教訓を活かして素だれの量を約半分に減らす。タマネギは約30g使用。

じっくり煮込んだタマネギ入り素だれに鶏肉70gを加え・・

蓋をして約3分弱火で煮込む。

溶き卵を投入して更に弱火で約一分。卵をかきまぜ過ぎたせいかビジュアルがイマイチ。

そして0.3合の飯に乗せて推定350kcalのミニ親子丼完成。食えない事はないものの、何時も抜いてた物が入ってるので違和感ありあり。これが店で出てきたら食えないかも知れないけど自分で投入した責任上、何とか食えると言えなくもない。あと、今の俺にはこの量のミニ丼にタマネギ30gは多過ぎ。次回は20g程度に抑えて徐々にステップアップしましょ。

しかし、こんな有様でタマネギを克服出来る日は訪れるんだろうか・・

« 茅場町でカレー | トップページ | 富士そばの煮干しラーメン »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/189657/64918150

この記事へのトラックバック一覧です: タマネギ克服の為に:

« 茅場町でカレー | トップページ | 富士そばの煮干しラーメン »