2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

COVERS Grace of The Guitar+ 森恵

無料ブログはココログ

« 中野散策その2 | トップページ | 午前中から一人すき焼き »

2017年6月 6日 (火)

炉ばた大将で再び自宅焼き鳥

キッチンの片隅で眠るこいつが目に入り、前回(・・と言っても3年以上前)の教訓を活かして再び自宅焼き鳥にチャレンジしようと思い立つ。

前回の失敗は主に三点で、火力が強すぎて串が焼け切れてしまった事、ダイニングテーブルで焼いたら煙が充満して臭いが数日抜けなくなった事、串を乗せる金属バーに肉を密着させなかったので串が回ってしまい、バランスが悪いと下部の肉しか焼けなかった事が挙げられる。

で、画像検索したらこんな風に使ってる人を発見。

なるほど、換気扇の真下で焼けば煙が充満する事はない。一夜明けてチェックしたら臭いもほとんど感じられないし、これなら肉の網焼きだっていけるかも。

更に仕込みの段階で両側のバーに肉が乗るようにした。これでバランス的に重い側へグリンと回る事がない。で、串が焼け切れないよう弱火で長時間焼く。

そして完成。ちょっと焼き過ぎた感はあるけど、やはりスーパーの安肉でも焼きたては美味い。とは言えコスパ悪し。俺の買った鶏もも肉は120gで約300円だったし、仕込みと焼きの手間を考えたらトリキへ逝った方が断然安上がり。まあ、この手間が楽しいっちゃ楽しいんだけどね。

« 中野散策その2 | トップページ | 午前中から一人すき焼き »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/189657/65376316

この記事へのトラックバック一覧です: 炉ばた大将で再び自宅焼き鳥:

« 中野散策その2 | トップページ | 午前中から一人すき焼き »