2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

COVERS Grace of The Guitar+ 森恵

無料ブログはココログ

« 2001年人間ドックの旅 | トップページ | とっておきの場所を発券! »

2017年7月 4日 (火)

麦・米・栗焼酎

少し前にウチの番組で栗焼酎を紹介して、主原料が栗の焼酎は珍しいと思いつつミイラ取りがミイラになり発注。後に楽天で検索したらマイノリティではあるものの稀少って程じゃない。

実際に飲んでみると、まあ普通に飲みやすくクセのない焼酎で、栗の香りとか甘味はさほど感じられない印象。単に俺が味音痴って事もあるけど。

これを発注した頃、ちょっと興味が沸いてWikiで焼酎の事を調べたら芋・麦・蕎麦以外にも様々な原料の焼酎が存在する事を知り、入手が容易な物を買い込んできた。米焼酎は何処のコンビニでも置いてあるしろを、麦は以前いいちこをよく飲んだけど、二階堂は飲んだことねえなと思いつつ購入。

いずれも米だから、麦だからどうという事もなく、先の栗焼酎同様クセが無く飲み易い酒という認識で消化中。ちなみに芋焼酎も嫌いじゃないけど、あれはやはりクセが強いから好んで飲む事をしない。とにかくメインは最もクセのないそば焼酎雲海。そもそも俺、酔えるんなら無味無臭が一番好都合とすら思ってる半アル中なんでね。

« 2001年人間ドックの旅 | トップページ | とっておきの場所を発券! »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/189657/65494583

この記事へのトラックバック一覧です: 麦・米・栗焼酎:

« 2001年人間ドックの旅 | トップページ | とっておきの場所を発券! »