2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« ゆで太郎の中華そば | トップページ | 追悼 大杉漣 »

2018年2月21日 (水)

ペヤングの乱発は続く



今年に入ってまだ二ヶ月経ってないのにこれを含めペヤングの新製品は6つ。いくらなんでもハイペース過ぎじゃね? まあ、この3種に関しては過去製品のリバイバルっぽいけど。

ペヨングの激辛はwebで情報収集したらノーマルの激辛よりマイルドとか書いてあり、それを真に受け普通に食ったらすんげー辛えの。もうwebの記述なんか全くアテにならないと改めて思ったわ。油そば風の方は昨年発売された背脂MAXとパッケージも味も似た印象。あそここまでギトギトじゃないけど。

今日買ってきたハーフ&ハーフはまだ未食。パッケージにある辛さゼロの激辛やきそばの辛味成分をなくしましたという記述が気になり買ってみたものの、情報収集するとノーマルペヤングと差違はないらしい。そうなるとイマイチ面白味がない商品かも。まだ食ってないから何とも言えないけどね。

取り敢えず、もっともっと激辛は辛味を半分に抑えたって俺の許容範囲を超えてる事は分かってるし、量も多いので配合比率を色々試しながら数回に分けて消化する予定。

【追記】
ハーフ&ハーフのハーフ(すなわちレギュラーサイズとほぼ同量)だけ辛さゼロのみ&激辛:辛さゼロ比率5:5に分けて食う。辛さゼロはノーマルペヤングと同じ物じゃなく、スパイシーな香りはそのままに辛味を抜いた印象だった。で、5:5比率の方は、もっともっと激辛って辛さを半分に抑えても俺の許容範囲を超えてる事が分かってたし、やはり俺には辛過ぎ。恐らく激辛3:7辛さゼロ位が俺的にはベストかも。

« ゆで太郎の中華そば | トップページ | 追悼 大杉漣 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ペヤングの乱発は続く:

« ゆで太郎の中華そば | トップページ | 追悼 大杉漣 »