2018年5月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 福岡でラーメン三昧 | トップページ | 朝の福岡中州屋台街 »

2018年5月13日 (日)

福岡の屋台街へ突入

今回の福岡行きにあたり目的の優先順位を上げるとPTAホールトゥワー参戦が一番なのは当然として次が聖地巡礼、その次がラーメン屋巡り、そして屋台街って感じ。俺の中で屋台はもつ鍋・水炊きの名店よりも格上扱いなのだ。

あれは九州じゃなく大阪だったと思うけど、随分前に夥しい数の屋台が並んでる光景を目にして強く惹かれた事を覚えてる。でも、その時は時間がなくて残念ながら飲めなかった。

で、web検索すると福岡の屋台街も観光スポットとして有名みたいだし、そりゃ逝かなきゃと。

とは言え、もつ鍋や水炊きの名店はせいぜい22:00までしか営業しておらず、逆に屋台は夜中もやってるらしいので行動の優先順位はもつ鍋・水炊き>屋台となる。20:00頃に夕飯だてらもつ鍋を食って一度ホテルへ戻り、屋台目指してホテルを出たのは24:00近くだったか。別に腹は減ってなかったけど、それより何より屋台街の雰囲気を満喫したかったんで。

行き道の光景がポンヌフの恋人っぽく情緒があったので一枚画像に収める。

土地勘がない上、ざっくりとweb検索して出かけたもんだから見つけるのに少々手こずり、最初に辿り着いた場所は2-3の屋台が点在するのみ。webで見た写真とは全然違うなあと思いつつ再度検索かけたら見当違いな場所へ来てしまった事が分かり、来た道を戻るようにして中州の屋台街へ。

ここが福岡観光名所の一つとされてる中州の屋台街。ただ、深夜なのでご覧の通り人が少なく閑散としてる。規模も思ったほど大きくないし、既に閉めちゃった店もちらほら。

適当な店に入って焼き鳥でも頼もうかと思ったら、残ってるのはラーメンとおでんだけという話だったので冷酒をやりつつおでんを食う事に。

うん、ちょっと冷めてるし厚揚げは煮込み過ぎて固くなってるし、冷酒と言いつつ酒はほぼ常温だしって感じでノット・サティスファイドだったが取り敢えず雰囲気は味わえた。やっぱ本当にこの場を満喫しようと思ったら賑わってる20-22:00頃に来なくちゃダメね。

ちょっと納得いかなかったので中州に次ぐ規模を誇るという天神の屋台街を目指す。

15分近く歩いた所にある天神の屋台街。しかしながら既に25:00を超えてた事もあり営業してる屋台はせいぜい4-5店。それでも頭の中は焼き鳥モードになってたので焼き鳥って書いてある店へ突入。



キャベツに乗って出てくる焼き鳥って珍しいな。で、ひと串焼けて一個食った頃に次も焼き上がるってパターンが続き、注文した三品が出揃う。うむ、焼きたての焼き鳥だけは絶対に期待を裏切らない美味さ。

どうやら屋台の兄ちゃんが野球好きらしく、他の客に野球の話題を振るんだけどみんなノリがイマイチ。可哀想だな~と思ってたら当たり前のように俺へも野球の話題を振ってきた。今はほとんど観なくなっちゃったけど、俺とて20年近く前はNPBに相当熱を上げた男なので少し話し相手を務めようかと。

何でまた野球の話をしたがるんだろ?と思ったら、こういう事ね。

Img_1078

その兄ちゃんがくれた号外。ちょっと手こずってたけど2000安打達成したんだ。そりゃ地元ファンとしては盛り上がるよね。俺は俺で王さんのホームラン世界記録とかをリアルタイムで体感した世代だから、そんな昔話を交えつつ暫し野球談義に花が咲く。うん、なかなか楽しい酒が飲めた。

天神の兄ちゃんよ、あんたのくれた号外は大事に東京へ持ち帰ってきたから旅の記念にファイリングしとくわ。

« 福岡でラーメン三昧 | トップページ | 朝の福岡中州屋台街 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/189657/66713177

この記事へのトラックバック一覧です: 福岡の屋台街へ突入:

« 福岡でラーメン三昧 | トップページ | 朝の福岡中州屋台街 »