2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« 天下一品@目黒 | トップページ | 自作スープベースでシマダヤ生ラーメン »

2018年8月31日 (金)

ミッション:インポッシブル/フォールアウト

おもれえ~~! 昨今の娯楽大作じゃM:iほどハズレのないシリーズは無いと思ってるし、最新作が面白いなんて事は観る前から確信してて、観たら実際に面白かった。ただ、これはシリーズ全体に共通して言える事だけど観てる間は最っ高に楽しいのに終わったら何も心に残ってない。例えるなら極上のカップラーメンって感じですかね。食えばムチャクチャ美味い・・けど栄養価はほぼゼロに等しいという。

でも娯楽映画って本来そういう物だと思うんだよね。そりゃ確かに深みがあって心に残る娯楽映画は沢山あり、そういう作品も大好きだし高く評価する。けど、スクリーンへ向かってる時のみ徹底的に楽しんで、あ~おもろかった、んじゃ明日からまた仕事がんばろ!ってだけの映画の存在意義って大きいと思う。後を引かない、だからこそ良いというね。

webのユーザーレビューを見渡しても結構賛否分かれてて、ネガティヴ評価を拝見すると先が読めちゃうとか斬新さに欠けるとか言っちゃってる人が多い。まあ人それぞれだからそう思ったんなら仕方ないけど、そういうタイプの人は観ちゃダメな映画だとも思ったな。

そもそもが50年近く前のテレビシリーズの焼き返しなんだから真新しさを求めちゃダメ。むしろそのステレオタイプを伝統芸能的に堪能するのが正しき楽しみ方って気がする。核爆弾の設計技師をハメる病院のシーンなんか最初の数カットで先が読めるけど、それ観てニヤニヤ出来るかシラケるかが好みの分かれ目。俺はもうニヤニヤが止まらなかったね。勿論、それを他人に無理強いはしない。

あと、これもシリーズ全作同様に任務達成という大波があって、そこへ至るまでの小波が沢山用意されてるんだけど、この小波こそが魅力の根源・・つーか、大波が小波の為だけに存在するような構成の作品と言ってもいい。

例えばの話、1作目や4作目のミッションが何だったのかはwebで調べないと思い出せなかったりするものの、あの1作目の宙吊り作戦や4作目の手袋でビルを登っていくシーンは生涯忘れられないほど脳裏に焼き付いてる。今回で言えばクライマックスのサスペンス三つ巴が凄いねえ。でもミッションは恐らく半月後にすっかり忘れてる、と。

例によってまとまりなくなってきたな。強引にまとめると、頭すっからかんの状態で小難しい事を一切考えず2時間半楽しみたい人には絶対の自信を持ってお勧め。少しでも映画に深みという物を求める人には触るな危険、即時退席必至と言っておきましょう。

« 天下一品@目黒 | トップページ | 自作スープベースでシマダヤ生ラーメン »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/189657/67113961

この記事へのトラックバック一覧です: ミッション:インポッシブル/フォールアウト:

« 天下一品@目黒 | トップページ | 自作スープベースでシマダヤ生ラーメン »