2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« 俺流チキンラーメンアレンジ | トップページ | 短パン »

2018年8月22日 (水)

新感染 ファイナル・エクスプレス

いやあ、参った。こりゃ良いわ。年末に先輩から薦められ、丁度その頃レンタルが開始されたものの、どうせ待てばWOWOWで放映されるだろうと思い保留。で、つい最近放映されたから録画しBDへ焼き今さっき観終えたんだけど久々に脳天引っぱたかれた。今年のBD鑑賞作品の中でも指折りの傑作と言っていい。

パワフルなゾンビ映画としての完成度もさることながら、パクりが信条の韓国製娯楽映画たる本作が一体何を母体にしているかと言えば、ポセイドン・アドベンチャーやタワーリング・インフェルノに代表される70年代のハリウッド製パニック映画なんだな。

だから当時の大作パニック映画ではお約束だった自己中の悪役とかスーパーヒーロー的な活躍を見せる脇役が当たり前の如く登場し、もうオールドファン的には親指立ててニヤけるしかないというね。

強いて苦言を垂れれば本作に登場するゾンビ達って標的たる人間を食らうわけでも無く、噛みついて感染させればもう満足しちゃう所が何ともハンパな存在だなあ、と。あと、この作品に限った話じゃないけど感染の条件が曖昧だよね。噛まれれば無条件で感染するけど返り血ならOKってのが何とも・・

28日後だか28週後だったか忘れたけど、ゾンビから滴る血が目に入っただけで感染するというシチュエーションを観た時は設定がしっかりしてるなと思ったけど、本家ロメロのゾンビ映画もその辺はアバウト。まあ、そのアバウトさこそがゾンビ映画というジャンルなのだと言われたら返す言葉ないし、ムキになって反論する気もない。本作とて突っ込みどころ満載なれどトータル的に面白ければ万事OK。

関係ないけどゾンビ繋がりで書くと現在公開中のカメラを止めるな!、すげー評判いいね。気になるし観たいけど、こう連日夜勤続きだと観るタイミングが掴めず・・ 恐らくこれもレンタルか、WOWOW放映時にようやく観るパターンだろうな。

« 俺流チキンラーメンアレンジ | トップページ | 短パン »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 新感染 ファイナル・エクスプレス:

« 俺流チキンラーメンアレンジ | トップページ | 短パン »