2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 麺王とか宝ラーメンとか | トップページ | 徳島の棒ラーメン2種 »

2018年10月28日 (日)

徳島飯

旅の醍醐味と言えば土地のうまいもんと昔から相場は決まってる。今回は万全の下調べで行くべき店をチョイスし、スケジュール表を作ってその通りに行動してきた。まあ中には気まぐれで寄った店もあるけど旅の記録として全てを公開しておく。


一鴻徳島駅前店。徳島の名産、阿波尾鶏の美味い店を探すとまずヒットする人気店がこちら。骨付き阿波尾鶏が絶品との事で食ってみたらマジ美味え! ちなみにこの店、卓上に香辛料が一切置かれてない。味付けの自信の表れなんだろうな。

それと面白いのがこの限定メニュー。

たんころ煮ってのはPerfumeの新譜Future Pop収録曲、天空の空耳ネタ。それをメニュー名にしちゃったのが楽し過ぎる。当初、骨付き阿波尾鶏だけ食って退散しようと思ってたものの、パフュヲタ的に無視出来ず注文。牛タンと阿波ポークと根菜を煮込んだ物でこちらもメチャうま。それはいいけどかなりボリューミーなので、この二品を一人でたいらげるのは結構辛い。二人以上で呑みながらシェアするのが吉。

Img_2001

大衆酒場がく。2日目は俺主催のパフュ呑みがあるけど初日に関しては吉田類さんを気取り、酒場という聖地へ酒を求め肴を求め彷徨おうと思いつつ、5ちゃんで質問を投げかけたら地元民の人がここを薦めてくれたので訪問。

カウンターで呑んでたら少し離れた席にパフュTの同類が居たけど、やっぱ大衆居酒屋ってそういう人には話しかけ難くて気にしつつスルー。これがHUBだったら、やーどうもどうも!って行けるんだけどな~


ラストオーダーで店を出て、少し飲み足りず夜の徳島駅前を徘徊してたら良さげなカウンターバーがあったのでフラリと入り、久々にジャックダニエルをロックでいただく。雰囲気は良かったけどお仲間が居るわけでもないし、ほんの数10分お店の空気感を満喫して早々に退散。

酒場放浪記でも紹介された居酒屋、安兵衛。朝10:30オープンというアル中の強い味方。俺が訪問したのは14:00頃だけどね。

これは珍しいウツボの唐揚げ。すんげー美味い!って事もないけど話のネタにはいい。

5ちゃんねらーに薦められた肝焼き。こちらは文句なしに美味え。

何故かみんな頼んでたからつられて注文したわかめ酢。徳島と言えばわかめ&すだちという事らしいので、これは無視出来ない。

日本酒を飲りつつカニみそチマチマ食うのは完全にワカコ酒の影響だな。これが風情あっていいのだ。プシュー


最終日の朝飯に利用したセルフうどん やま。香川の隣だから讃岐なのかと思ったら、むしろ関西系のうどんに近い。システムとしてはまずトッピングを自分でチョイスし小皿に乗せ、最後にカウンターでうどんの注文をするという、はなまる同様のスタイル。あっさり薄味のつゆが良い感じ。

先のラーメン2杯を含め徳島で食らった飯はこれだけ。福岡じゃ食い過ぎて太っちゃったから、まあこれ位が適当なボリュームでしょ。但し帰京後ウェイトを計ったら、やはり1kg程度増えてた。これからストイックな食生活に戻って少し絞りますかぁ。

« 麺王とか宝ラーメンとか | トップページ | 徳島の棒ラーメン2種 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 徳島飯:

« 麺王とか宝ラーメンとか | トップページ | 徳島の棒ラーメン2種 »