2019年1月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 2018年11月 | トップページ | 2019年1月 »

2018年12月31日 (月)

年の瀬の横浜アリーナより





恐らくこれが2018年最後のブログ更新。みなさん、良いお年を!

年越し蕎麦は立川駅構内で


以前、何処かで読んだブログの記述によれば、立川の駅そばは経営が変わっちゃって味が落ちたそうな。でも俺はこのおでんそばが不味いとは思わないし、恐らく前身のそば屋で食ってもすげー美味いとは思わなかった筈。

食券を渡せば数10秒で出てきて、電車が来たらサササッとかき込める手軽さとそこそこ食える味、それだけでいい。俺にとってはね。

大晦日あれやこれや

横アリのPerfumeカウントダウンライブが22:30開演。その前に紅白歌合戦の中継があり、そっちも立ち合いたい場合は20:30に着席を、という案内が届いてる。いずれにせよ夕方に家を出れば余裕で間に合うから昼過ぎまで寝てようと思ってたら朝8:00に目が覚めてしまった。ライブ当日って何時もこんな感じだな。

まだまだ時間あるし、このまま起きてたら明日の始発まで体が持たないので二度寝する。その前にストロング缶チューハイ飲みながらブログ更新なんぞを。

***

しかし今年はよくPerfumeライブに参戦したわ。今日で8公演目だもんな。そりゃ全通目指してるコアなファンには敵わないけど普通の会社員的には通い過ぎのレベル。

これはもう完全に5ちゃんパフュスレの影響。カードコレクションに熱を上げてた時もそうだけど、こういう事って一人で完結しちゃうとすぐ飽きたりするものの、webを通じて日々同類と語り合ってると熱が冷めるどころかどんどん加熱していく。俺の場合、公演後リアルに酒を飲み交わしたりするから尚更だな。

そもそも今日のカウントダウンライブだって敬遠モードだったのに、たまたま休みになったので奴等とまた飲むかあ!ってテンションでチケット押さえちゃったし。ま、楽しければ何でもいいか。

***

ジャンルは全く異なるけど同様に異常なほど熱を上げたのが新作カップ麺探求か。これも5ちゃんインスタント麺板の悪影響。今は少し落ち着いたものの相変わらず気になる新作は買わずにいられないし、結局ペヤングの乱発にも最後まで付き合っちゃったもんな。

最近は新作云々より朝ドラの影響で日清食品の袋麺やカップ麺をよく買う。チキンラーメンなんて半年に一度食うか食わないかの距離感だったのに。それも3月には終わるから以後ウェイト維持の観点からもインスタント麺とは少し距離を置こうと思ってる。思うだけで終わる気もするが。

***

で、結局デスクトップPCは年内に戻ってこなかった。年末のゴタゴタで対応が遅れたなら問題ないけど、症状再現せずの結果だと少し面倒。そもそも室温が下がらないと発生しないという半端な不具合だし。いずれにせよ不都合を感じ始めたので早いとこ戻ってきて欲しい所なれど、この調子じゃあと10日やそこら待たされそうな予感・・

***

取り敢えずこんな所か。んじゃ、今夜に備えて二度寝します。これが年内最後の更新かもしれないし、気が向けば家を出る前にまた何か書くかも。

年越しどん兵衛

昔から貧乏人の年越しそばはこいつと相場は決まっちょる。

昼過ぎに起き出したらこいつを食らい、新横浜へ向かう途中に立川か八王子で駅そばも食う。うむ、貧乏年越しダブルヘッダーそば計画は万全じゃ。

2018年12月30日 (日)

レコ大のピンクレディー

最優秀賞は無いだろうなと思いつつもBiSHが新人賞にノミネートされてたので今年のレコ大は予約録画してた。するとピンクレディーもパフォーマンスを披露したとのweb情報が流れてきたので録画データをチェック。いや、これは同世代なら感動するでしょ。パフォーマンスのみならず還暦にして全盛期のスリム体型を維持してる点は賞賛に値する。

経験上、40代半ばを過ぎると運動なり節食なり何らかの努力をしないと体型維持は出来ない。俺とて毎週のスポーツクラブ通い&食事量に充分気を付けてるつもりだけど日に日にウェイトが落ち難くなってる事を痛感する。だからこそミー&ケイのスリム体型は感動的なのよ。

同様に一昨年リキッドルームで観たクロマニヨンズのヒロト&マーシーの半裸にも感動を禁じ得なかった。あの人たちだって俺の三つ年上だからね。

これは年明けの24日に待っている健康診断へ向けての良い発奮材料になった。今現在、俺のウェイトは75kg台でいくら頑張っても落ちずに頭を抱えてたけど、こうなったら更に食事量を減らしてまずは72kg台回帰を本気で目指す。その勇気をくれたピンクレディーに心よりの感謝を!

ALWAYS 三丁目の夕日

例によっての今更シリーズだけど少し前にWOWOWで全3作が放映されたので遅ればせながら録画して2作目まで鑑賞。

そうねえ・・ 予想通りというか、良作ではあるし好きな箇所は好きだし泣ける箇所は泣ける。ただ、冷める箇所は冷めるからプラマイゼロって印象。でもまあ、嫌いじゃないので残る3作目もきっちり観るつもり。

ちなみに1作目の舞台背景は東京タワー施工時だから昭和32-33年か。さすがにその時代は俺も生まれてないからリアルに体感してないけど昭和40年代ならイヤってほど体感した世代なので本作で描かれる郷愁に共感する部分は多い。

昭和30年代と40年代には共通項が多く、50年代へ入るとALWAYSで描かれる世界観は一気に削がれていくので俺らより1-2世代若くなると昭和30年代ってアメリカの50’s的な異空間に感じられたりするんだろうな。

で、作品云々とは別に昭和30年代と40年代の決定的な違いを俺なりに分析すると道路の舗装状態、ホーロー看板が綺麗か錆びてるか、そして団地の有無。とにかく俺ら世代は団地世代と言っても過言じゃないけどALWAYSに団地は全く登場しない。ここが最大の相違点かも。

Wikiで調べると集団住宅地は昭和30年代から建設こそ始まっているものの主流には至らず、逆に40年代へ入ると同級生の約半数が団地住まいという驚異の普及率を見せる。その証拠に、って訳じゃないけど40年代初頭から放映が開始されたウルトラマンシリーズに登場する子供たちの住居は(のみならず舞台背景も)団地が多い。故に郷愁という点ではALWAYSより初期ウルトラマンシリーズの方がハートに響く。優劣じゃなく原風景として体感したか否かが一番の問題だけどね。

2018年12月29日 (土)

BiSH BRiNG iCiNG SHiT HORSE TOUR FiNAL "THE NUDE"

俺はBiSHというグループが好きだし良質な楽曲も支持してるけど、以前から書いてる通り客ノリが性に合わないのでライブ参戦は見送り続けてる。しかしながらこの2つの動画に触れた時は幕張へ逝かなかった事を心底後悔させられた。

生バンドのみならず生ストリングス隊を携えた彼女たちは間違いなく実力以上のパワーを発揮してる。そのシチュエーションが表現者魂に火を点け覚醒したとでも言うべきか。とにかくこのパフォーマンスは素晴らしい。ソフト化されたら躊躇せず購入決定。

しかし通常のツアーやイベントじゃ相変わらずオケ中心みたいだけど、ストリングスはさておき生バンドはもう定番化した方が絶対にいいと思うんだけどなあ。



2018年12月26日 (水)

多分、最後のブランド財布

2012年から気まぐれに始めた年明けのブランド財布新調。ダンヒルに始まりブルガリ、グッチ、カルティエ、プラダ、ボッテガ・ヴェネタ、そして現在愛用中のルイ・ヴィトンとほぼほぼ有名どころは網羅したか。

そしてこの旅は品質云々じゃなく価格的に終着駅が用意されている。言わずもがなこれ。

エルメスMC2ガリレイ。正規に買えば21万という貧乏人には無縁の産物。但し俺はこれの中古品を約1年半前に6万で購入。使用感の少ない新品同様の逸品なれども財布の中古品って風水的に良くない物とされてたりして、需要はゼロじゃないものの敬遠する人が多い。

俺は風水とか正直どーでもいいと思ってるし、21万の代物が6万で入手出来るなら願ったり叶ったりと思いつつ入手。この辺、常に新車を買うか中古車を選ぶかって感覚に似てるね。中古がイヤって人の気持ちも分からなくはないけど、俺は古着を除けば中古品に抵抗がない。まあ、中古の財布って限りなく古着に近い気もするけどさ。

取り敢えず年明けからこいつを使い始め、その後はまだまだ現役のブランド財布群をローテする予定。

巨大たらば蟹再び

今年もまた職場で買ってしまった巨大たらば蟹。量り売りだから去年のと量は変わらない筈だけどスケール感は去年の方が上だなあ。脚が真っ直ぐだからそう感じるんだろうか。

取り敢えず昨日今日と風味・食感がやや落ち、食い難い肩肉から消化。そしたらちょっと飽きがきたので数日お休みにして、いよいよ食い易く激うまの第一脚肉を食らう予定。千寿久保田も無くなっちゃったからワンランク上の酒を一升瓶で買ってきますかね。

2018年12月25日 (火)

アル中のメリークリスマス

呑兵衛のチキンと言えば串物と昔から相場は決まっちょる。

しかし、こう言っちゃなんだけどファミマのももたれ、あんまり美味くない・・

2018年のラストラーメンは昭島大勝軒で

今年食った店ラーメンは19杯。うち7杯は旅ラーメンだし2杯はハーフだし、そう考えると日常的に店で食ったのは10杯そこそこって事になる。

理由は何度も書いてる通り極端な代謝の低下。ジャンクフードを食う機会が多い事は認めつつ、昨年末から1日の食事量を相当制限してるにも関わらずウェイトがなかなか落ちてくれないのでカロリーの塊たる店ラーメンなんぞ怖くて食えない。重ね重ね書くが、カップ麺ばっか食ってる事はこの際置いといてだ!

ただ、今日は昼頃に起き出したら無性にラーメンが恋しくて、こうなったら年内最後の店ラーメンを満喫しようという結論に達する。こういうセレモニーならマイ・フェイバリットたる永福町系が最適。初めは一橋学園店へ逝こうと思ったが丁度休憩時間に入ってしまったので昭島大勝軒をセレクト。去年、広島行きの直前に食って以来だから約1年ぶりか。


うむ、相変わらずスープがヌルめな事を除けば及第点の美味さ。何時もは生卵も注文してつけ麺食いを堪能するものの今日は最初から最後までノーマルのラーメン食いに終始したかったので卵は無し。

で、今回永福町系をセレクトしたのにはもう一つ理由があった。

どのタイミングのOSアップデートで追加されたのか分からないが、こんな便利ツールが追加されてたので洗面器どんぶりの直径を計測しようかと。ちなみに今日食ったのは小盛りだからこんなスケール。普通盛りならプラス6-7cmって所か。ただ、これって1cmやそこらは誤差が生じるみたいだからあくまでもおおよその数値ね。

しかし昔は店員の目を盗んでメジャーで測ったりしたもんだけど、今やこんなスマートに計測が可能とは・・ 文明の進化、恐るべし!

2018年12月24日 (月)

即席チキンラーメン復刻版パッケージ

1年で最もチキンの消費量が多い2Daysに敢えて俺はこのチキンを買う・・つーか、この時欲しかったのはこれだったんだよ〜!

しかし萬平さん、早くこいつを開発して俺達を安心させてくれ。まあ、その後にもう一山待ってる事も分かってるんだけどさ。

2018年12月22日 (土)

まんぷくとハイジと素晴らしき哉、人生

毎朝観てる人には説明不要だけど、ここ最近まんぷくのドラマ展開は精神衛生上芳しくありませんねえ。超長編の朝ドラにアップダウンは付き物なれどもこれだけ辛い状況が続くと少々メゲる。以前ゲゲゲの女房のレビューでも書いた通り、最後の最後に大逆転劇が待ってる事が分かっていても登場人物達の苦悩に延々付き合わされるとカタルシスは半減しちゃうんよ。

こういう話題になると即座に思い出すのがフランク・キャプラ監督の素晴らしき哉、人生。古典映画の人気投票では必ず上位に挙がる不朽の名作的扱いだけど、俺は大好きじゃなかったりする。理由は前記通り。辛い日々を送ってきた主人公がラストで報われるものの、そこへ至るまでの道程がキツ過ぎ。この辛さは終わり良ければ全て良しの一言じゃ片付けられない。だから俺の点も辛い。

同様に長編ドラマのアップダウンで極めて印象深いのがアニメ版アルプスの少女ハイジ。全編多幸感に溢れた作品というイメージが強いけど、ハイジにもフランクフルト編という地獄が用意されてる。これはもうマジでキツい。そりゃクララとの出会いやおばあさまとのエピソード等々それなりに楽しい時間も描かれるけど、もう息が詰まる。とにかく密室劇中心だから空が恋しくなる。

ちょっと気になってWikiで調べたらフランクフルト編って全52話中16話もあるのか。故にアルムへ戻る回のカタルシスはレッドゾーンを振り切って号泣必至。その後、多幸感溢れる展開が最終話まで続くからこそ名実共に不朽の名作たり得た、と。

要はこのバランス感覚が作品の質を決定付けるって事。まんぷくはちょっとダウンへ傾き過ぎの感があり、今後の展開に少々不安を抱えてたりして。まあ結論を出すのは早いし、ここまで来たらチキンラーメンとカップヌードル開発のエピソードを観ない訳にはいかないので最後まで付き合いますよ。

2018年12月21日 (金)

Perfumeカウントダウンライブ参戦確定

夜勤で自宅を出るまで約2時間あるから二度寝したかったんだが8424円のクレカ変動(チケット代8100円+決済手数料216円+発券手数料108円)を確認したら目が冴えて眠れなくなっちゃった。仕方ないのでブログ更新なんぞを。

俺のカウントダウンライブ参戦は随分前ネタにした内田裕也PRESENTSニューイヤーロックフェス88-89及び89-90以来だから約30年ぶり。あの頃は裕也さんもPANTAさんも俺も若かったなあ。

先程公式発表されたけど、横アリのPerfumeカウントダウンライブは紅白歌合戦の中継も兼ねてる。アフターはHUB新横浜店が朝5:00まで営業してるそうだから例によって5ちゃんねらー達とオールナイトでパフュ呑み。いろいろ楽しみ過ぎるぜい!

但し、当日のHUBは帰りの足を奪われた呑兵衛達で朝までごった返す可能性があり、それが不安材料ではある。でも店内見渡せば同類だらけのオール呑みってのもそれはそれで面白いんじゃない?

明けの元旦に夜勤って事も確定してる。ま、1日だけ仕事を忘れて弾けますわ。で、俺主催のパフュ呑みは5ちゃんねらー向けではあるものの、此処を覗いてるかもしれない同志の為に一応会場情報も書いておこうかと。世間的なイメージは最低最悪だけど実際に話してみれば気の良い人達だから盛り上がれまっせ。

HUB新横浜店
神奈川県横浜市港北区新横浜2-5-11 金子第一ビルB1F

終演が24:30頃だからスタートは25:00前後?

2018年12月20日 (木)

日本酒をおでんつゆで割る

酒場放浪記の録画を観たら日本酒をおでんつゆで割るってのをやってて、猛烈に真似したくなり近所のファミマへ走りおでんを買い、試してみたらうっま! 番組じゃ1:2で割ってたけどストロングの1:1でもいける。こりゃ良いネタ掴んだ。吉田類さん万歳。

ところでお前、家飲み禁止じゃなかったのか?とかそういう野暮なツッコミは勘弁してね。

2018年12月19日 (水)

デスクトップPC不具合再発

3月に修理して完治した筈の症状が再発。室内の温度が極端に低くならないと発生しない為、気温が暖かくなり始めた3月だと症状の確認が出来なかっただけで実は全然直ってなかったのかも。そして、急激に寒くなった最近になって症状が現れ始めたという事か。

それでも5年保証期間内なので勿論再修理を依頼。今は夜勤明けで疲れてるしアルコールが入ってて車に乗れないので起き出してから宅配便で発送予定。金の問題はクリアなれど暫くデスクトップPC無しの生活を強いられ、前回みたく初期化して全アプリ再インストールの可能性も否定出来ず実に面倒臭い。5年保証の期限が2年以上残ってるからまだ買い換えはしないけど、こういうトラブルに見舞われるとダイナブックの印象も悪くなる一方。

取り敢えず前回同様、修理中はこんな感じで急場をしのぐ。

web閲覧やメールのやりとり等はこれで充分。それ以上に込み入った事をやろうとしたらPCの帰還を待つしかない。前回は10日足らずで戻ってきたからさほど不安視してないけど年末だしねぇ。さて、どうなる事やら。

2018年12月15日 (土)

駅そばという食文化


先日、新横浜から地元へ戻る際、本数の少ない八高線を八王子で待ってる時にプラットホームの立ち食いそば屋が目に入り、大して腹は減ってなかったもののスルー出来ず吸い込まれるように店内へ。

画像通りさほど美味そうに見えないし、実際そんなに美味くない・・けど決して不味くはない。

しかし何だろ、駅そばって限られた時間の中で腹ごしらえ出来るというシチュエーションが何にも勝る調味料となり、やけに美味いと感じる瞬間があったりして。これも1つの文化じゃないかな~と。

2018年12月13日 (木)

新横浜ラーメン博物館

俺ってホントに新横浜とは縁がなくて、四半世紀前に職場関係者の婚礼撮影で1回、去年末だったか機材の見学会の為に1回の計2回来たのみ。当然ながらラーメン博物館も行った事がなく、今回は良い機会なので少々早めに新横浜へ向かって以前から気にしてたラー博初訪問。

思ってたのと全然違うシャレオツな外観。

あ、入場料取るんだ。地元立川のラーメンスクエアや、らーめん たま館みたいなフリースペースなのかと思ってた。まあ大した額じゃないけど。



実写版ラーメン大好き小泉さんにも登場するので中の様子は知ってたけど実際にこの目で見ると非常に良く出来た面白空間で、これだけ凝った造りを満喫出来るなら入場料310円にも充分納得。

公式サイトで事前に情報収集し、逝くならここと決めてたすみれはタイミング悪く10日前に閉店。カップ麺しか食った事ないから一度本物を味わってみたかったのに残念無念。


それではと、チルド麺じゃお馴染みの支那そばやでミニラーメンを食らう。奇をてらわない素朴な味で美味し。

もう一軒、何処かへ入ろうかと思ったりしたもののミニ一杯でなんとなく満足しちゃったので撤退。全体を見渡すと無垢って店が大人気で唯一店先に行列が出来てた。折角なので外観だけ画像に収める。

売店の品揃えも豊富で、何か買って帰ろうと思いつつ物色したけど結局買ったのはこれだけ。

シマダヤの傑作チルドとは異なるラー博版の春木屋。再現性が気になる所だけど一杯600kcalオーバーのメタボ食なので実食は後日。

Prefume横アリ公演と毎度のパフュ呑み

逝ってきました新横浜。自宅からは八王子へ出て横浜線を使えば1時間半ぐらいの場所だから普通に日帰り出来るものの、会場の近場で同類達と終電を気にせず飲みたかったからホテル泊。

これは幕張のパフュ呑みで小一時間しか語り合えなかった事の反動だね。ま、翌日も休みだし、たまにはこんな小旅行気分もいいんじゃないかな~と。


俺、横浜アリーナとは縁が無くて今回が初参戦だったりするんだけど音の良さに驚いた。今回あまり良い席じゃなく後ろの方だったのに遅延がほとんど感じられずしっかりした音圧で重低音が響いてくる事に感心させられたり。これはまあ横アリ云々のみならずチームPerfumeのPAが優秀って事もあるか。

ライブに関してはネタバレ禁止で書けない事が多いから早々にアフターの話題を書こうかと。例によって匿名掲示板で参加者を募り、愛しのHUBでパフュ呑みと洒落込む。


都心部に近いアリーナ公演という事で間違いなく10人以上集まることは経験上分かってたので早い時期にお店へ電話して席を押さえようと思ったら、応対してくれた店員が横アリでイベントがある日も満席にならないから予約しなくても大丈夫ですよと言ってくれたので特に予約はせず。で、店へ行ったら満席近いじゃないか! ウソつき~~!!

それでもまあスタンディングで囲んで飲める丸テーブルを1つ確保し、近くのカウンターも陣取る形で2箇所へ分かれての宴が出来たから発起人として責任はギリギリ果たせたか。ちなみに今回は5日ほど前に告知をアップし、集まった5ちゃんねらーは15-6人。ほぼほぼ去年の広島ベビメタ呑みと同様の規模になったけどキャッシュ・オンのHUBだから俺が幹事役を務める必要はなくてお気楽ご気楽(死語)。

今回も世代を超えて様々な人達とパフュネタで死ぬほど盛り上がり楽しかった~ 聞くと広島インディーズ時代の3人をイベント会場で観たという超古参の方も来られてビックリ。

あと今回は若手の参加者が多くて、20代前半が5-6人居たか。だから俺が初ドーム新規だという話をしたら羨ましがられるというレアケースが発生。考えてみればあれって8年前だから、彼らはまだ中学生だったりするもんね。

HUB閉店の25:00頃お開きにして、若手連中は2軒目に行くと言って夜の街へ消えていった。その時ちょっと誘われたけど寝不足で体力的に限界だったのと、20代の集まりに俺みたいなクソオヤジが混じってたら気を遣わせちゃうかな~と思って遠慮しちゃった。5ちゃんの書き込みを見たら始発まで呑んでたらしいし、俺は行かなくて正解だったかも。

横アリでは12/28.29に追加公演、大晦日にはカウントダウンライブも予定されてて、どうせ仕事だろと思ってエントリーしなかったもののたまたま大晦日が休みになっちゃって、折角だからと二次募集にエントリーしたけど残念ながら落選。但し三次募集が行われる可能性は高いので取り敢えず悪あがきしてみて、当選すればまた新横HUBでオールナイトパフュ呑みを企画しようかと思ってる。さて、どうなる事やら・・

2018年12月12日 (水)

新横浜より愛をこめて

新横浜より愛をこめて
新横浜より愛をこめて
新横浜より愛をこめて
新横浜より愛をこめて

GAMBA ガンバと仲間たち

この作品の情報がwebで公開された時は非難の声しか聞こえず、俺とて東京ムービー制作の大傑作ガンバの冒険の熱狂的支持者だからキャラの画像を観た時点で当時はスルー確定。

先日この作品がWOWOWで放映され、観もしないで非難するのは違うと思い予約録画し昨日鑑賞。うん、思ってたより全然よく出来た和製ピクサーとも言うべきフルCGアニメの良作であった。

しかしながら東京ムービー版とは比較にならない・・と思ってしまうのは世代故か。あれを観た事がない若い世代ならこのフルCG版でも充分に楽しめたりしちゃうのかな~と少し思ったりして。難を言えば白イタチ・ノロイが何も悪い事をしないまま終わっちゃうので悪役として弱過ぎる事か。

同世代には説明不要だけど東京ムービー版のノロイはTHEワル。もうワルの中のワルとも言うべき存在感で、これに匹敵する悪役と言えば漂流教室の関谷ぐらいしか私的に思い付かない。もう悪過ぎて惚れちゃうレベル。上映時間の制約があるとは言え、もっともっと悪い事してその存在感をアピールして欲しかった。

そんな幾つかの不満点を払拭する為に東京ムービー版のDVDを引っ張り出してきて再見。これはもう仕方ない事だけど、やっぱりフルCG版と格が違う。思い入れ分の奢りは否定出来ないものの、とにかくソウルが桁違い。もう意味が分からない程ハートに響く。

こういう時に観返すガンバのエピソードは決まってて、第15話の鷹にさらわれたガンバと第23話の裏切りの砦。この2エピソードは日本アニメーション史上でも頂点に君臨する大傑作で、俺の中では宇宙戦艦ヤマトや機動戦士ガンダム以上に重要と言っても過言じゃない。

特に裏切りの砦はねえ・・ もう観る度に魂を揺さぶられ過ぎて脳内グチャグチャ。普段はクールを決め込むイカサマが徹底的に感情を露わにするエピソードで、降りしきる雨の中、裏切り者太一を泣きながら殴り続けるシーンは今観ても動揺する。感動ではなく正に動揺。

裏切り者にはそれなりの訳があった。しかしながら大切な仲間を死へ追いやった奴を許す事は出来ない。そのイカサマの中で渦巻く複雑な感情が観てる此方にもひしひし伝わってきて胸を締め付けられる。

以前、何かの雑誌で読んだ出崎統監督の弁によれば、このエピソードの要は雨なんだと。確かにこのシーンが炎天下で描かれたら今ほど魂が揺さぶれる事は無かったと思う。何たる発想力。そして演出力。そりゃ大枚はたいて現在にフルCGで甦らせたって勝ち目ないよ。

ただまあ、東京ムービー版と比較さえしなければ良作なので若い世代へはお薦め出来るかも。そう言えば2009年公演のミュージカル版では愛しのSU-METALこと中元すず香嬢が潮路役を演じてたりする。な~んか、こういう偶然の一致を知ると勝手に運命的な物を感じてしまう。

高田馬場の休日 その3 ほぐしの王様

パチ屋を出たのが18:00ちょい過ぎ。スポーツクラブを利用出来る20:00までまだまだ時間はある。中野ブロードウェイにでも行ってマニア店を冷やかそうかと思ったものの、高田馬場駅前のビルでこんな看板を見つけてちょいとハートを揺さぶられる。

このテの店を利用するのは左肩を壊して毎週整体へ通ってた頃以来か。1時間ほど暇潰し出来て3000円程度ならパチよりよっぽど経済的&健全・・という事で突入。王様、ちょいと俺様をほぐしてくれ。

以前聞いた話じゃマッサージと謳うには資格が必要なれど、ほぐしとかそういう言葉で濁せば資格がなくても経営出来るんだと。とは言え資格があろうとなかろうと経験豊富なマッサージ師はツボを心得てるからそれなりに快感だったりする。

担当してくれたマッサージ師の人も決してハズレじゃなく、寝不足という事もあったけど最後の方は完全に寝落ち。しかしマッサージされてて寝ちゃうのって悪い気はしないものの損した気分にもなる。

俺ってこういう店を利用すると凄く凝ってますね~とよく言われるんだけど自覚があまりない。それはそれで幸せな事なのかもしれない・・とプラスへ考える事に。

王様の世話になって店を出たのが19:40頃だったか。ドンキとか本屋で少し時間を潰し、ビッグボックスのスポーツクラブで一汗かいて、拝島ライナーでストロング缶チューハイ呑みながら帰り私的連休1日目終了。2日目は横アリでパフュ三昧!

 

高田馬場の休日 その2 涼宮ハルヒの遊パチ

焼肉屋を出たのが18:00ちょい前だったか。スポーツクラブのナイト会員利用可能時間まで2時間以上あるので時間潰しにパチ屋で遊パチ。思えばこの店、2006年に初代EVAを打ったら5連して一時期パチ依存症になるキッカケとなった曰く付きの店だったりして。

20回転そこそこで当たり引いたものの続かず単発終了。引き際だけ潔い俺はこれで撤退し、1000円出資2000円+カップヌードル1個回収の小勝ち。気分は悪くないけど店に居たのが20分そこそこなので全く時間潰しにならず。

高田馬場の休日 その1 焼肉おおにし

夜勤明けで少しだけ寝て、昼下がりに築地のクリニックで診察。そして高田馬場駅へ降り立ったのが17:00ちょい前。野郎ラーメンも未食で気になるが、その2Fに最近出来た一人焼肉歓迎の焼肉屋が以前から気になってて満を持して突入。

こんな感じの小型ロースターがカウンター席に置かれてて、一人or二人焼肉に最適な造りのお店。

お得なセットメニューから赤身肉&ホルモンのミックスおおにし一人前をセレクト。これで1490円。コスパは中の下レベルか。


ホルモンはまあまあ、赤身肉は美味し。これと生ビール一杯飲んで、お会計はお通し代込みで2290円也。小綺麗で居心地は良かった。空いてる時間帯ならちょいちょい利用するのも有りかなと思ったりして。

2018年12月 8日 (土)

嗚呼ジョン

先のつぶやきをアップして気付いたけど今日はジョンの命日じゃないか。

たまたまテレビでぴったしカンカンを観てて、久米宏氏が発したジョン・レノン射殺の報に触れ目の前が真っ暗になった・・つーか、ビートルズ再結成の可能性が木っ端微塵に吹き飛ばされ失意のどん底へ叩き落とされた事を今も鮮明に覚えてる。

俺がビートルズの洗礼を受けロックに傾倒したのは忘れもしない1978年。プリーズ・プリーズ・ミーやラヴ・ミー・ドゥがCFで引用され、1966年の来日公演が日テレで再放されたりして再ブーム的な盛り上がりを見せてた頃。

バンド解散が1970年だから僅か8年後か。勿論メンバーは全員健在で、当時はビートルズ再結成の可能性がゼロに等しかった事も今なら容易に想像出来るけど、大人の事情なんぞ一切知らず理解も出来ないガキにしてみれば復活を夢見てしまうのは仕方のない話。しかしながら事実上リーダーだったジョンが逝ってしまえばTHIS IS THE END ビューティフル・フレンドですわ。

あれはTBSラジオで毎週楽しみにしてた西田敏行さんのパック・イン・ミュージックが放送される日。深夜1:00に西やんパックが始まり、パーソナリティーたる西田さんの第一声より前にドント・レット・ミー・ダウンが流れ始め、その日はジョンの追悼放送となった。

あれから早や38年。光陰矢の如し・・

チャーリー・タナカって

岡崎体育だったのか!!

俺、朝ドラのOPクレジットはネタバレっぽいから観ないようにしてるので今日の今日まで気付かんかった・・と、ブログへTwitterめいたつぶやきを書いて終了。

2018年12月 6日 (木)

天一のラーメン鉢

形あるモノは何時か壊れる。それは仕方の無い事だが数日前、ちょっとした不注意で手を滑らせ当ブログでラーメンネタを書く時にもちょいちょい登場していただいたラーメンどんぶりの青バージョンがこの通り粉々に。別に高いモノじゃないけどガキの頃から自宅にある年代物なので精神的にちょっと凹む。

その穴埋めにって訳ではないものの、こんなのを購入。


実を言うとこれ発注したの、どんぶりを割る前なんだよね。その辺にちょっと因縁めいた物を感じるけど考え過ぎか。

ちなみにこれ、公式サイトの通販で買えば税込み648円と実にリーズナブル。一蘭とかのどんぶりはそもそも高いのと、限定販売だったのかヤフオク辺りじゃあり得ない程の高額で取引されてるから、なおの事こいつの料金設定が良心的に思える。

但し、これが欲しかったらこっちも一緒に買わなきゃダメ。


まあ、ラーメンセット買ってくれたらどんぶりも安く売るよっていうスタンスなんだね。俺が買ったのはあっさりx2、こってりx2の4食ミックスセットで3030円。送料込みとは言え、こちらはそれほどコスパが高くない。

行列京都を天一風に作った時に欲しかったからし味噌も沢山入ってる・・けど、あれはもう食い尽くしちゃったから試せず。

早速あっさりを作ってみた。公式サイトの成分表によると天一あっさりは380kcalだから具なしなら350kcal程度。更に麺量ハーフなのでこれ一杯で200kcal前後という事になる。まあ一応は低カロリー食。

しかし天一のあっさりって店で食った方が断然美味い気する。やっぱ具がないのが問題なのか。

こってり方はね、既に過去何度か持ち帰りラーメンを店舗で買って試してるから店の味と一緒って事は分かってる。あっちは949kcalだから具なしで麺量ハーフでも700kcalオーバーのメタボ食。食う日には食事量をセーブしなければ・・

はい、でも明日は食わない予定。

麺の賞味期限が冷蔵で一週間と極端に短いものの冷凍しちゃえば1ヶ月やそこら余裕で持つから、まあ慌てず騒がずゆっくり消化していこうかと。

二度と観ない録画ブルーレイ

以前ここでネタにしてから約1年半経過し、余程のお気に入りじゃない限り録画は全てSRモードで行い1枚のディスクに数タイトル収める事を徹底してるから多少は枚数の増殖に歯止めが効いてるものの、録った番組を9割方ディスクへ焼く習慣が抜けないので今もジワジワと録画BDが増え続けてる。

しかし2006年にポータブルDVDプレイヤーを導入し、気まぐれに始めたら習慣化して約12年間続けてる電車移動中の映画鑑賞だけど周囲を見渡すと同類は全く見当たらない。電車内で動画を観てる人は少なくないものの大抵スマホかタブレットPCで、ポータブルBD(DVD)プレイヤーを使ってる人は皆無に等しい。正にマイノリティ。

確かに今のご時世、ディスクへ焼いて再生するという行為自体が前時代的でスマートじゃないのかもしれない。実際、ライブラリー化した録画BDの8割は観返す事も無いし。

それでもディスク1枚はさほど場所を取らないし原価もたかが知れてるから、二度と観ないであろう事が分かってる番組も取り敢えずディスクへ焼いちゃう。最近だと酒場放浪記なんかがその最たる例で、まあ良質な番組には間違いないけど数ヶ月前に放映された回を観返す事はまずない。でも貧乏性とコレクター気質が災いしてBDへ保存してしまう。これが既に10枚超えてるし。

普段はほどんど気にしないけど、部屋の片隅に置かれた保管用のプラケースが目に入ると軽い自己嫌悪に陥り、さすがに少し整理するかという気にもなったりして。

ちなみに旧サイトはほぼ放置状態なれどこのコンテンツだけは今も自分用に更新を続けてる。出先でもマイ・ライブラリーが把握出来るんで。

改めて見返しても後生大事に保管する必要性のないタイトルが多い事は一目瞭然。むしろ、ちゃんとリストを作成してない音楽番組の方がレアリティは高く保管する意義もありそうだから近々音楽番組のBDをリスト化しようかな~と思ったり。とは言え、それだけで100枚前後あるので面倒臭くて手つかずだったりするのだが・・

2018年12月 5日 (水)

BABYMETAL 3人体制へ

匿名掲示板もSNSも、ベビメタ界隈は昨夜行われたシンガポール公演の話題で持ちきりですなぁ。表題通り3人体制でのパフォーマンスへ戻り、ちょっとweb検索したらゆいちゃんの後釜を誰が務めたかも即座に分かった。恐るべき情報化時代。

平井沙弥
2000年10月1日生まれ18歳
キャレスボーカル&ダンススクール所属

まだ公式からは何の情報も発信されてないのでこの娘がそのまま新メンバーとして迎え入れられるのか臨時の穴埋めなのか分からないけど、スタッフサイドが3人体制で再スタートを切ろうとしてる事だけは間違いなさそうなので光明が見えた。これなら来期のツアーから再び参戦しようという気にもなれるというもの。既にSAYAMETALとか呼んじゃってる気の早いメイトもチラホラ見受けられるものの、まずは現在スケジューリングされてる海外公演での奮闘ぶりを影ながら応援させていただこうかと。

しかし、俺が思うにもっと早い時期から新メンバーを迎えて3人体制で動き始めても良かった気はする。ただまあ、そう出来なかった裏事情があるんだろうけどさ。

その辺の事は何年か先にゆいちゃん本人やKOBAMETALの口から真相が明らかにされると思う。ただ、今ファンとしての俺らが注目すべき事は真相云々じゃなくエンタテイナーとしてのベビメタの現在と未来なんで、ダークサイドスタイルのまま尻すぼみにはならないという事実が明確になった事をまず素直に喜びたいと思う。

ちなみにYouTubeへ飛んでbabymetal singaporeの語句で検索かけると既にシンガポール公演のファンカム動画がわらわらヒットする。で、久々に3人体制の動画を観たらなんかグググッときてしまった。やっぱベビメタは3人(+神バンド)でなきゃダメよ。

ペヤングやきそば スカルプD 男たちよ、立ち上がれ!

今年に入ってこれがペヤングの何タイトル目だ?? 全部食ったしブログネタにもしたけど幾つ目かは忘れた。今年も残すところ25日そこそこだから恐らく2018年はこれが最後か、せいぜいもう1つ増えるかどうかって所だろうな。

中でもネーミングに於いては一番バカと断言して問題なかろう。わかめやひじきが沢山入ってる塩味のカップ焼きそばに過ぎないものの育毛へ紐付けるとは・・ そのセンス、嫌いじゃないぜ。

約半分食ったところで画像を押えてない事に気付き食いかけを撮影。ネーミングは奇抜なれど中身はまあ普通。

ついでに先週セブンイレブンで売ってたこいつも紹介しておく。

こちらはパッケージのみ。たらこって事になってるけどピリ辛なので明太子に近い。但し、明太の辛さとは少し異なる不思議な一品であった。

2018年12月 4日 (火)

2018年11月に観たWOWOW録画BD(BSプレミアム録画BD含む)

エルELLE、地球が静止する日(2008)、ポルト、ララミーから来た男、ゴールデンボーイ、デ・パルマ、ベルサイユのばら、フランケンシュタイン アダム・ザ・モンスター、キングスマン:ゴールデン・サークル、スターウォーズ/最後のジェダイ、シェイプ・オブ・ウォーター、銀魂、惑星大戦争、東京スワンⅡ

以上14本。多くもなければ少なくもない鑑賞本数で、相変わらず脈絡のない雑食傾向。印象に残ったもの、残らなかったもの、色々あるけど思い付くまま寸評をつらつらと。

エルは久々に観たバーホーベン監督作。ショウガールを彷彿とさせる相変わらずの変態ぶりに嬉しくなる。ちなみにバーホーベンってこれ撮った時、御年78歳なんだってね。凄えバイタリティだわ。

デ・パルマはその名の通りブライアン・デ・パルマ監督のドキュメンタリーだけど本来こういう作品は縁の人達のインタビュー映像で構成されるのが常だけど、これはデ・パルマ本人が自作のエピソードを延々熱く語り続けるという一風変わった構成。それはそれでファン的に楽しめるものの、やや薄っぺらい印象がある事も否めず。

ドゥミ/ルグランの二大巨匠が手がけたベルばら実写版は予想してたほど酷くなくて、なんか普通につまらない映画のレベルだった。失敗作という意味では都会のひと部屋の方が断然酷かったので、そういう意味じゃこれもシェルブールの雨傘をセルフカヴァーしたシネ・オペレッタ形式へ仕上げた方がもっと失敗して味も出た気がする。あ、ちなみに俺って原作のベルばら未読。原作ファンがみんな激怒してるから、つまらなさを堪能したければ原作は読んでおくべきだったかも。

スター・ウォーズの新シリーズは嫌いじゃないけど前作も今作も妙にこじんまりした印象を受ける。壮大なスペース・オペラと言うより親子の話に終始してるからなんだろうな。しかしキャリー・フィッシャーの訃報に触れた時はこの先どうするんだろと思ったりしたものの、最新テクノロジーを駆使すれば本人が居なくたってCGとボカロでカバー出来ちゃうんだよね。それは凄い技術だと思いつつ、味気ないなあと思うオールドタイプの俺も居たりして複雑な心境・・

惑星大戦争は本家スター・ウォーズ1作目(エピソード4)の公開に合わせて製作された日本お得意の便乗商法映画で、SWとさらば宇宙戦艦ヤマトを足して2で割って1/100000ぐらいスケールダウンした、宇宙からのメッセージと並び称される和製スペース・オペラの珍作。今観ればそこそこ楽しめるものの当時のお子様方は激おこですよ。リアルタイムじゃ観なかったけど観ればまあ、俺も怒り心頭だったろうな。

他の作品は全く印象に残らなかった訳でもないけど、面白おかしく寸評を書ける程のネタもないのでスルー。

« 2018年11月 | トップページ | 2019年1月 »