2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 最近買ったインスタント麺 | トップページ | くら寿司で邪道ざんまい »

2019年8月23日 (金)

はま寿司でB級グルメを堪能

Img_3231

自宅から約2km、徒歩じゃ少々遠いけどチャリなら数分の場所にあるファミレスが閉店し、居抜きではま寿司がオープンしたのは1年ぐらい前だったか。

以来幾度となく店の前を車で通過しつつも寄ってみようとは思わなかった・・んだけど、店頭に掲げられたのぼりに書かれてるうに100円の記述が俺のハートを貫いて初訪。店頭にあるのぼりって結構宣伝効果あるんだという事を身に染みて感じる今日この頃。

Img_3225Img_3224

昨日まであったうに100円ののぼりが今日は消えてて、ひょっとしたらもう食えないんじゃ・・と不安視したものの、メニューをチェックしたらあったあった。一貫だし、ちっちゃいけど値段相応分の魅力は堪能出来る。こいつと安酒が絶妙のハーモニー。

すしざんまいあたりへ逝けば淡泊なネタから徐々に大味へ移行し、〆は玉子か手巻きのお新香というwebの受け売りで通を気取る俺だけど、こういうファミリー向けの寿司屋へ来たら〆は邪道の一品ってのが個人的な強い拘り。

Img_3229

チーズハンバーグ握り! 日本酒が全く合わないし邪道にも程がある!! だがそれがいい。とは言え、ネタの自己主張が強過ぎてシャリが酢飯かどうかすら判別出来ないのが困りもの。気になるのでシャリだけ食ってみたら立派な酢飯でありました。

Img_3226

こういう不要なサービスも味があってよろしい。しかし神谷さんも老けたなあ。

昨今のファミリー向け寿司屋は回転すらしておらず、タブレットで発注して暫くするとベルトコンベアに乗った寿司が音楽に乗せて到着するという超合理的なシステム。職人との接点がゼロという点で一蘭のラーメンを彷彿とさせる。それが時代のニーズに沿っているのであれば従うしかないけど一抹の寂しさも拭いきれず。

ただベビメタ名古屋公演で遠征した時、深夜のすしざんまいで独り呑みと洒落込んだ際に職人の一人が俺のベビメタTシャツに食い付いて色々と話を振ってきた時は正直うぜえなあ、黙って寿司握ってくれねえかなと少し思ったので、静かに飲み食いしたい客にとってはこの上ないシステムなんだろうなと思い直したりもして。

« 最近買ったインスタント麺 | トップページ | くら寿司で邪道ざんまい »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 最近買ったインスタント麺 | トップページ | くら寿司で邪道ざんまい »