2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« 2019年9月 | トップページ | 2019年11月 »

2019年10月30日 (水)

魅力的な悪役

公言通り、なつぞらが終わってから新作の朝ドラはスルーしてるけど勿論おしんは観続けてて相変わらずの面白さに陶酔することしきり。アップダウンの激しい物語展開もそうだけど、何たって悪役が良い。幼少時代の奉公先の女中とか髪結いの先輩とか、改心する前のお加代さまも結構なもんだったし、佐賀の姑とか山形の兄嫁なんかもう殺意が沸くレベルの憎たらしさでドラマを大いに盛り上げてくれる。

インタビュー記事等をチェックするとこういう悪役を演じた役者さんって例外なく人格者で、真逆の人間性だからこそ意地の悪いキャラを嬉々として演じてるパターンが多いらしい。更に言えばヒロインとも仲が良く、本番直後のプレイバックで自らが演じたイビリ役を二人で笑いながらチェックしたりするそうな。

そういう裏話を聞くとどんなにイヤなシーンも微笑ましく観られちゃう気がするけど、これってホントにドラマを堪能しようと思ったら要らない情報かも知れない。現実世界じゃ聖人君子でもドラマの中のイヤな奴は徹底的にイヤな奴で居てくれないと困るし、俺らはその見事な化けっぷりに身も心も委ね、テレビ観ながらこいつ死ね!とか減らず口叩きつつ物語に没頭するのが正しい嗜み方ではないかと。

これから太平洋戦争も待ってるし、イキの良い悪役がまだまだ沢山登場してくるんだろうな。ややマゾヒスティックではあるけど、それが楽しみで仕方ない。

働き盛りに死なない新常識

ウチのBDレコーダーのHDD容量は2TBだからそうそう埋まる事はないんだけど気が付いたら残量が1TBを切ってて、こりゃ早々に整理しないと後々面倒だと思い数日前から不要な物は削除、保存する物はBDへコピーと作業を進め今現在の残量は約1.7TB。これで暫くは安泰だな。

で、その作業の過程で先月録画して未見だったNHKの表題番組を観る。約2時間という長尺なれども興味深い話が多かったので気が付いたら一気観。

血栓系の疾患が話の中心だから2011年に一過性の脳血栓を発症した直後web検索しまくって得た情報が多かったものの、ひとつ勉強になったのは酒をガブ飲みして寝ると脱水症状になりがちだから水分補給を怠っちゃダメって話。俺なんか休みの日は夜寝ててトイレで目が覚めたら水分補給の名目でビールやストロング缶チューハイを呑んでたりしてたけど、これがとんでもない逆効果だという事がよく分かった・・つーか、死ぬ気かお前。

先の脳血栓発症以降、約8年間に渡り処方された抗血小板剤を飲み続けてるから血栓は出来難くなってる筈なれど、飲酒の弊害でも血栓は起こり得るらしいので今後気を付けねば。

番組内でも語られてたけど血栓系疾患の要因として挙げられるのは疲労、遺伝、ストレス、睡眠不足、酒タバコ。加えて運動不足と食生活か。俺の場合怖いのは遺伝と酒。なにしろ以前も書いた通り親父は脳卒中、お袋も脳梗塞で命を落としてますから。

酒はね、まあ確かに連日連夜呑んでるけど量を控えたり一定期間断酒したりとそれなりに気を遣ってるから致命傷にはならない筈。スポーツクラブ通いも今は休止中だけど指先の荒れが癒えるであろう年明けから再開しようと思ってるし、常にストイックな食生活を送りつつカップ麺も食い控え始めてるからこの辺に懸念事項なし。

とは言えジャイアンツの木村拓也コーチにせよサッカーの松田直樹選手にせよ、体調管理は万全だったであろう若きスポーツマンにも関わらず循環器系の疾患で突然死してるから安心なんぞ出来よう筈もない。

ちょっと前にも書いた通り俺は別に長生きしたいとは思ってないから70手前で貯蓄を使い果たす前にコロッと死んじゃうのが理想。ただ来月にはベビメタのライブ参戦が待ってるし来年初頭にはPerfumeのドームツアーもあるし東京オリンピックだってあるから今死んじゃうのは最悪。そんな訳で突然死だけは避ける為の努力を怠らぬようにしないとね。

2019年10月26日 (土)

老犬MAYの表彰状

この間、いつもお世話になってる動物病院へ混合ワクチン注射接種の為にMAYを連れてった際、こんなのをくれた。

Img_3481

ふむ、それなりに長生きはしてるけど、こういう物が用意されてるという事は15歳まで生きる犬って実はマイノリティだったりするんだろうか。

ものの本によれば犬の平均寿命は大型犬が12-3歳、中型犬が14-5歳、小型犬が16歳ぐらいって事になってる。但し以前にも書いた通りギネス認定された長寿犬は27歳で、犬種がウチのMAYと同じビーグルだそうな。

ウチのMAYもさすがに老いぼれて両目見えないし粗相が酷いからオムツ必須だし、エサをやる時も昔みたいにダッシュで駆け寄ってくる事はなくなった。それでも健康は健康で、数年前から指摘されてる心臓弁の雑音を除けば病気の兆しがない。どう考えてもあと2-3年は普通に生きてそうな雰囲気。

ただまあ、先のことは分からないからね。こいつとの共同生活に何時終止符が打たれるか分からないけど生きてる間はしっかり世話してやりますよ。病気もそうだけど今後は怪我に気を付けないと。時折階段で足を滑らせ転がり落ちたりする事があるんで。今はまだ大丈夫でも更に歳食って骨が脆くなると致命傷になる可能性あるから、今後何らかの対策が必要になるかも。

 

2019年10月24日 (木)

無題

俺、余程の事がない限り記録した携帯番号やメアドは削除しないから故人の連絡先もそのままになってる。で、全く有り難くない話だが先週また故人のデータが一人分増えちまった。これはこれでコレクションと呼べなくもないけど、そんなもん心底クソ食らえだ。

とにかく一時期よく酒を交わした呑み友達だから葬儀には参列させていただいたけどゴメン。香典置いて祭壇に手を合わせたらすぐ帰っちゃった。故人を偲びつつ精進落としなんぞする気になれなかったし、祭場でうだうだしてると故人の死に顔を拝む羽目に陥るし、それだけは絶対イヤだったんで。もうね、俺より若い仲間が狭い箱の中で動かなくなってるのを見るのは勘弁なんだよ。

俺が犬を飼い始めた頃が一番よく呑んだ時期だからもう15年近く前になるのか。犬飼いの先輩という事で色々アドバイス貰ったりしてさ。最近疎遠になっちゃって暫く呑んでねえなと思ってたら再会の場が祭壇かよ。最悪だぜ。そう言えば思い出したけど随分前に俺が貸した犬教育の本、そのままじゃねえの。まあいいや、もうあげるからそっちへ持ってってくれて構わねえや。

それとさぁ、何年か前に逝ってしまった君の可愛がってた犬の名前が思い出せないんだ。なんて名前だっけ。

2019年10月22日 (火)

BABYMETAL / METAL GALAXY 米ビルボードチャート13位

既に一部メディアで報道されてるけど素直に嬉しいねえ。バカアンチがトップ10入りしてねえとか叩いてるけど、ロス五輪で銀メダルもぎ取った前畑秀子さん捕まえて何故金メダルを取らなかったんだと文句垂れたジジイ並にクソ。

日本国籍のアーティストが日本語の歌詞で勝負して云々という賛辞も多方面で見受けられるものの、個人的にはあのふざけた作品(言わずもがなこれ、最大級の褒め言葉)で我が国の先輩大物アーティストが誰一人辿り着けなかった境地へ登りつめた事こそが快感であり、正真正銘ロックだと思う。

そう言えば今回のベビメタと、1963年に14位をさらった坂本九さんの更に上にJojiさんという日本国籍のアーティストがいて去年アルバムチャートで3位をもぎ取ったらしい。我が国じゃ全然報道されないから全然知らんかった。これが実はジョージ山本だったらビックリなのだが、んな訳ない。

Wikiで過去ビルボードアルバムチャートの結果を残した日本人アーティストを少し調べたら先のJojiさん3位、ベビメタ13.39位、坂本九さん14位の次に冨田勲さんの展覧会の絵、オノ・ヨーコさんのSeason Of Glassが双方49位、富田さんJojiさんの別作品を挟み60位ツトム・ヤマシタ、64位ラウドネス、そして69位に宇多田さんが出てくる。あのYMOですら最高位は81位ですか。もう大変な快挙ですよ。

ちょっと気になって2ndが39位へチャートインした頃に書いた記事を読み返してみる。実際にライブへ足を運ぼうとまでは思わないとか寝ぼけた事を書いてて初々しいですなぁ。偉業を成し遂げたチームベビメタに乾杯。もっともっとやってくれ。

それはいいけど折角チケット押さえた来月17日のSSA公演に仕事で逝けない事が確定して少々凹み気味。その4日後に控えた大阪遠征は予定通り逝けるから諦め付いたけどね。

2019年10月21日 (月)

先週のオリコンアルバムウィークリーチャート

Img_3439

売り上げ枚数が表示されるのは1週間のみなのでスクリーンショット保存。握手券等の付加価値が発生しない純然たるCDのみのチャートだと1-3位、全て10万枚以下ですか。

別媒体へ逃げただけで音楽ユーザー自体の数は今も昔も大して変わらないんだろうけどCDという商品を求めるユーザーの数は減る一方。俺とてiTuneにデータを取り込んでしまえばマスターたるCDはオブジェ扱いだから、これはもう仕方ないところ。

ついでにマンスリーチャートも保存したのでネタにしちゃう。

Img_3449

此方もかなり深刻。しかし偶然とは言えウィークリー・マンスリー共、個人的に熱を上げてる女性ユニットが3位という所が面白い。

2019年10月20日 (日)

はま寿司で邪道を極める

仕事終わりに高田馬場駅へ降り立ったのが20:00ちょい前。折角なのでスポーツTV観戦に力を入れてるHUBへ寄ってラグビー日本代表戦を観て帰ろうと思ったものの西店は満席につき門前払い。本店は混んでるけどよろしければどうぞと案内されたけど有り得ない程のすし詰め状態だったのでTV観戦は断念。拝島ライナーでアサヒスーパードライ呑みつつ一人寂しくiPhone観戦と洒落込み帰路へ就いたのでした。ま、にわかファンですらない俺の居場所ではなかったという事か・・

***

Img_3440

話は変わって表題の件。この間の休みにまた気が向いて地元のはま寿司でへ足を運び、ひたすら邪道を極めてきた。メニューを見ると邪道という点ではくら寿司よりはま寿司の方が遥かに充実してて目移りするする。

Img_3441
かきフライ軍艦<タルタルソース>

Img_3444
ピリ辛とりユッケ

Img_3445
いか天ガーリックマヨ

Img_3443
えび天


カキフライ軍艦は150円だけど他は全て一皿100円。安酒一合を含め会計は1000円以下という大変なコストパフォーマンス。値段相応には美味くそれなりに満足度が高いものの、問題あるとすれば寿司食った感ゼロなのと日本酒が全く合わない事。次回はビール一択だな。

しかし、いか天えび天はネタとシャリのバランスが完全に狂ってる。だがそれがいい。

2019年10月13日 (日)

BABYMETAL / METAL GALAXY 極私的レビューその2

はい、続き。前記通り、DA DA DANCEの礎となるユーロビートは骨太ロックフリークを自認してた若き日の俺にとっては言わば敵国の国歌みたいなもんで今も拒否反応が出るのは致し方ないところ。しかしながら歌っているのは紛れもなく自国のディーバで、その声は何処までも澄んで美しい。こうなると拒む心と惹かれる心が混在して脳内カオス状態で、もう訳わかんね~!どうにでもなれやフォウ!ってなる。この感じ、分かるかな?わっかんねえだろうな~

匿名掲示板でベビメタもJ-POPの大道へ遂に魂を売ったか、みたいな記述が幾つか見受けられたけど、それはちょっと違う気がする。そもそもユーロビートなんて周回遅れ、どころか3周遅れレベルの文化遺産だから今となっては大道から完全に外れてるし。

ではDisc1のリード曲としてユーロビート調J-POPを選んだチームベビメタの思惑は何なのか。これはもう聴き手を思いっきり裏切るという手法によって聴き手が望む意外性を具現化したのではないかと。すなわち360度どころか720度回って顧客の期待に応えたという。非常に分かり難い表現になっちゃったけど、端的に表す便利な日本語がありますね。正に羊の皮を被った狼ですよ。

極めて初期からチームベビメタは意外性を武器に戦ってきたクリエイター集団だと個人的には認識してる。周回遅れのJ-POPサウンド導入にせよその飛び道具の1つでありDisc1はその傾向が極めて顕著というのがMETAL GALAXYの超個人的分析結果。

DA DA DANCEのみならず6曲目Brand New Dayは全盛期の宇多田ヒカルリスペクト、8曲目 Night Night Burn!はラテン歌謡か、7 曲目↑↓←→BBABは昨今の椎名林檎調でボーッと聴いてると小洒落たPOP系なれども歌詞がファミコンの隠しコマンド。

↑↓←→BBABのみならず、いずれの曲も歌詞にメッセージ性が皆無。いや、ひょっとしたらすんげー深い意味があるのかも知れないけど俺には感じられない。この辺、ブルーハーツ時代のマーシーが書いたキューティーパイ(歌詞が円周率)を彷彿とさせる。とにかく一筋縄じゃいかない楽曲ばかりなのでDisc1のヘビロテが止まらない。スルメ曲という言葉があるけど噛めば噛むほど味が出るどころか、最初は無味無臭だったのに気が付いたら超濃厚こってり系背脂ギトギトラーメンに変貌してるという。

そんなに何度も聴かなきゃ良さが分からないなんて駄作認定って声もあったな。まあ、そういう解釈とてあって然るべきなので万人向けではない。俺がどんなに熱く魅力を語ってもその人にとって駄作という評価は揺るがないだろうし。繰り返し書くけど1回聴いただけじゃ絶対に真価を掴めない問題作という事は確か。アーサーCクラークが2001年宇宙の旅の序文に一度で理解出来たとしたら我々の意図は失敗したみたいな事を書いてたけどそれと同じ事。

フラゲ日からオリコンのアルバムデイリーチャートをチェックしてるけど8日が4位、9日が3位、そして10日が1位と右肩上がりなのが面白い。ゆいちゃんショックで離れてたファンが評判を聞きつけて戻ってきたという事か。このまま行けばウィークリーでベスト3に食い込むかどうか。それよりむしろ気がかりなのは何と言っても米ビルボードチャートですよ。全米ツアーの成果がどう現れるか興味津々。

BABYMETAL / METAL GALAXY 極私的レビューその1

19号は去ったけど酒入ってるから車移動出来ないし、別に何処か行きたい所がある訳じゃないし買い物の必要もないしそもそもやってる店ねえし、やる事ねえからおっさん真夜中に鬱陶しいぐらい熱く語っちゃうよ。独断と偏見に満ちた感想文なので付き合いきれない貴兄は即時退席必至。

俺がベビメタに傾倒したのは前作METAL RESISTANCEのリリース直前だから一応リアルタイムで新譜のワクワク感は体験してる。但し2ndの時はベビメタの何たるかを完全に把握してなかったので、ベビメタを語る上で重要な要素のひとつである何じゃこりゃ感をイマイチ堪能出来なかった。

あれから約3年半。俺なりに熱を上げ幾度となくライブへも足を運びベビメタの何たるかをそれなりに把握したつもりなので今回の3edアルバムのファースト・インプレッションは本当に楽しみだった。とは言え、この情報化時代で聴き手を驚かせ続ける事は途方もなく困難という事も理解出来るし、過剰に期待すれば幻滅する可能性とて無きにしも非ず。

故に期待し過ぎず・・と言いつつも膨らむ期待は抑えきれず、そんな心理状態で待ちに待ったベビメタに3rdアルバムに触れた感想を率直に述べると・・ な、何じゃこりゃ・・ だった。

METAL GALAXYは2枚組なれどもDisc1が約26分、Disc2が約33分、トータル59分程度だから1枚のディスクへ収める事は充分に可能。にも関わらず、わざわざ2枚組にしたのは一体どういう事??と思ったりしたけど、それぞれ何度も聴き込むと理由が明白になっていく。Disc1とDisc2は作品カラー・・というかコンセプトが全く異なるのだ。

Disc2は既に公式アカウントのMVやライブで公開済みの楽曲が多い事もありベビメタの新作としてほぼ予想通りの内容。それはそれで良いんだけど意外性が希薄な事も確かで、これ単体が3rdアルバムだったとしたら・・ うん、いいねで終わってた。問題はDisc1ですよ。

序章的なFUTURE METALを経て始まる2曲目のDA DA DANCE (feat.Tak Matsumoto)が大変な問題作で匿名掲示板でも賛否両論だし、俺自身も一度聴いただけじゃ全く受け入れられなかった。ベビメタ属性の人には説明不要なれどもこれがユーロビート・・と言うよりユーロビートをベースにした90年代J-POPの完全再現でボイス加工されてるし、ご丁寧にB'zのTak Matsumoto氏まで引っ張ってきて共演してる。

90年代と言えば俺もまだまだ感性が尖ってたのでユーロビートにせよ小室サウンドに代表される小洒落たJ-POPにせよB'zにせよ毛嫌い・・と言うか敵視してた。恐らくメタル属性諸氏も同様の筈で、だからこそDA DA DANCEを容易に受け入れられないのは当然の話。

それでもこれは違うと切り捨てるのは短絡的だと思いつつ何度か聴き返すと、この曲って単なるユーロビート調J-POPの再現じゃねえという事実に気付く。むしろ強力な中毒性があり、今もフォウ!の打ち込みボイスが脳裏から離れず困り果ててる。

ああ、やっぱりDA DA DANCEを語ろうとすると短くまとめられん。それにDisc1の問題作はこれだけじゃないので一度切ってその2へ続く・・

2019年10月12日 (土)

19号来たる

今朝は夜勤明けで8:30頃帰宅。既に出歩くのがイヤになるレベルの雨量だったものの昨年は活躍機会のなかったドンキで買ったレインウェア上下と、日々悪天候時に愛用してるワークマンの防水安全靴が大活躍。正に備えあれば憂い無し。

一寝入りしてwebニュースをチェックすると深刻な被害が幾つも報道されてるのであまり不謹慎な事を書く気にはなれんのだが、ウチの冷蔵庫がバカな事になってるので小ネタにしちゃう。

Img_3432

ミサトさんちかよ。

ウチの番組は24時間放送だから今も多くの仕事仲間が頑張ってて、今朝まで行動を共にした夜勤のスタッフは職場近くのホテルで寝泊まりして今夜の勤務に備えてる。俺はたまたま今日明日と休みで、自宅での籠城を余儀なくされるし必要な物は数日前に買い込もうと思ったら冷蔵庫がこんな事に。

食料は特に買ってないけど画像に写り込んでるミニ納豆とかフルーツ缶詰とか、パックライスや例年通り真冬に食おうと思ってストックしてるインスタント冷や中があるから最悪2-3日は食いつなげるでしょ。

地域によってはカップ麺やら電池やらが品薄状態らしいけど立川は恐らくそこまで深刻な状況にならないと思う。帰り際に寄ったコンビニじゃ普通に電池売ってたし。ただ、保存が利く食料品は確かに品薄だった。でもこれはみんなが買い占めた訳じゃなく、単に流通が滞ってるだけじゃないのかね。

有事に備えてって訳じゃないが以前からウチには電池が沢山常備されてるので買う必要なし。それでも万が一の為にモバイルバッテリーと311の時に買った単三型バッテリー12本をフルチャージ。単一単二はないけどスペーサーがあるからエイリアン2のライトだって普通に使える。今回は活躍機会なかろうと思ってるけど何がどうなるか分からんからね。

iPhoneには武蔵村山市から緊急速報が幾度となく送られてくるし、近所の路上スピーカーから注意喚起の放送が流れたりと緊張状態ではある。とは言え1kmほど先に玉川上水があるぐらいなので自宅付近での水害は多分ない。怖いのは突風かな。去年はウチのTVアンテナへし折られたし、千葉の一部地域みたく屋根吹き飛ばされたら泣いちゃう。これだけはもうウチのボロ家頑張ってとしか言いようがなく。

雨風はこれからもっともっと酷くなるだろうし、予想図を見れば生まれて初めて台風の目を体感出来るのではと思える程に真っ直ぐこっちへデカい奴が向かってる。俺を含め、誰の身の上にも甚大な被害をもたらす事なくハギビスの野郎が通り過ぎてくれるのを切に祈るのみ。

あ、1つだけ被害を受けたわ。今朝のおしん、悪天候でまともに録画出来てなかった。再放送は今夜だから録り直しも期待出来ず、正常な第168話のライブラリー化は断念するしかなさそう。まあ15分中2分ほど画像が乱れるだけなので、この程度で済めば御の字か。

2019年10月11日 (金)

ハートを貫くカップ麺

カップ麺を買い控えるようになってから約半月。移動中の電車内で長時間スマホを眺めてても頭がグルグルしなくなった。なるほど、原因は酒じゃなくこっちであったか。

一応言っとくけどこれはカップ麺そのものが悪という事じゃない。長期に渡り栄養価の低いカップ麺を主食としてきた俺自身の食生活に問題ありという事。

2017年末辺りから匿名掲示板のインスタント麺板を巡回するようになり、名無し達とのちょっとしたやりとりが面白くて色々買うから結果的に10食程度のカップ麺を常備。自宅だけじゃ消化しきれないので職場へも持ち込み酷い時は朝昼晩カップ麺という有様。そりゃ栄養不足でおかしな事になっても不思議じゃない・・つーか、おかしくなって当然。

断酒でも治まらなかった頭グルグル問題がカップ麺食い控えで解決した事により俺の腹は決まった。俺にとってカップ麺は命を削るスペシャルフードであり、それでも食いたい!と思える物に出会った時のみ買う事を許される合法ドラッグという認識で生きていくのだ。

そして9月下旬に食ったペヤング辛口味噌ヌードル以来、約半月ぶりで俺のお眼鏡にかなってしまったのはこいつ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Img_3428

俺の命、安ぅ。

とは言え、無視出来ないオーラを放っていた事だけは間違いなく。言ってみればどん二郎の製品化ですか。

Img_3431

見ての通り具材が貧相なれどもニンニクマシマシ感は相当なもので職場で食ったりしたら間違いなく嫌われる。ただ体感的には約2年前の日清ハロウィントリオの方がニンニクMAX度は強烈だったかも。これはこれで大したもんだけどね。

こんな調子で月2-3個、俺のハートを貫いた新作カップ麺だけを厳選して食う分には栄養不足で体調を崩す事もないんじゃね? 知らんけど。

2019年10月 8日 (火)

ラーメンショップ マルキチェーン@東大和

Img_3420

地元武蔵砂川の2つ手前、東大和市駅前にラーショがオープンしたのは1年ぐらい前だったか。気にしつつもラーショに思い入れがなかったり途中下車が億劫だったりグルメサイト辺りじゃ星3つの微妙な評価が中心だったりでスルーの連続。ただ先週だったか車で店先を通った時に小腹が減ってたのと、一度試したい衝動に駆られて初訪と洒落込む。

Img_3421

新しいから店内が明るくて綺麗。そして調味料が豊富。辛味系が多い。

Img_3422

とんこつと鶏ガラスープがあったけどラーショのベーシックはとんこつ・・という事でとんこつラーメンのネギ抜き。うん、確かに無難で特筆すべき点もないジャンクな味わいのラーメンだけど個人的には嫌いじゃない。チャーシューにやや臭味が感じられて惜しかったがホロホロ崩れる柔らかさは好印象であった。

Img_3424

ラーショの醍醐味はこれよこれ。おろしニンニクを途中で大量投下してもトータルバランスが崩れず心痛まない。正しきソウルフード。

個人的に失敗したのはその後追加で卓上の豆板醤を投下したら折角のニンニク風味が覆い尽くされバランスが崩れた事。ここの豆板醤、キャラが強過ぎるわ。1つ学習した。

接客も気持ち良く、コスパは高く、発券機を見るとメニューが豊富なので、また気が向いたら来る事あるかも。ただ、他に逝きたいラーメン屋が多いから優先順位は低いかな。

吉牛のカレーとか養老乃瀧の牛丼とか

またもやB級グルメネタ。相変わらずカロリー摂取量制限は継続中なれど、カップ麺を買い控えただけでこれほど外食を堪能出来るようになるとは・・ まあ、当たり前の話ではあるのだが。

Img_3393Img_3394

最近、吉牛を通りかかると店先にそそられるタペストリーが。大して美味くもなかろうと思いつつ気になるので夜勤前にこいつで腹ごしらえ。

Img_3392

スパイシーを謳いつつ体感的にはレトルトカレーの中辛よりマイルド。チキンにせよ取り立てて美味くはないけどボリューミーなのでコスパ高し。金も時間も無いが何か腹一杯食いたいって時には良いんじゃないでしょうかね。

Img_3417

続いて養老乃瀧。俺が小学生高学年の頃は牛丼と言えば養老乃瀧だった。何故ならちょっとエッチな番組目当てで深夜にテレビを見てると頻繁にCFが流れてたから。吉牛台頭以前の話ね。

ただ養老乃瀧ってのは居酒屋チェーンだからガキの頃は全く無縁で、牛丼食いたきゃ利用したのはもっぱら吉牛や当時元気だった牛友チェーン。そして時は流れ、吉牛なら利用回数が把握出来ないほど慣れ親しんだのに養老乃瀧の牛丼は未体験ゾーン。地元の二駅先に支店があるので何時か逝ってみようと思いつつ途中下車してまで寄ろうとは思えず結局逝かずじまい。

ちょっと前に新宿歌舞伎町に24時間営業の支店がある事を知り、だったら夜勤明けに一度寄ってみようと思い2日ほど前、満を持しての初訪。

Img_3418

事前にwebで調べたメニューから取り敢えず瓶ビール&牛タン塩焼きとホロホロ茹で豚をセレクト。ところが催促しないと料理は揃ってもビールが一向に出て来ないし箸すら持ってこない。客の少ない夜明けという事でお疲れモードなのは分かるけど、商売なんだからその辺しっかりしてくれないとこうやってブログネタにしちまうよ。

Img_3419

そしてこれがお目当ての養老乃瀧牛丼。酒の〆に最適という売り文句もあってボリュームはすき家のミニ丼以下。万年ダイエッターの俺には願ったり叶ったりだけど。

半世紀近く前から放置してた宿題を終えたわけだが率直な感想を述べると・・ うん、吉牛に軍配。不味くはないけど天秤に乗せたら勝負にならんわ。飯がヤワヤワだったり頼んでもいないのにつゆだくで雑炊っぽい・・といった感じで下ブレの可能性は否定出来ないものの、牛丼目当てで居酒屋へ逝くのもおかしな話なので恐らくリピ無し。

接客が好印象だったらもう1回ぐらい試したかもしれんが、マイナスイメージを植え付けられたので少なくとも歌舞伎町店を再利用する事はない。最初から素直に東大和店を試すべきだったか・・

2019年10月 2日 (水)

大冬樹@東大和と凪@渋谷で煮干しをキメる

インスタント麺を買い控えるようになってからラーメン屋へ逝く機会が増えた。まあ極めて単純な話だけどインスタント麺を買い込めば消化する必要があり、外食の機会を減らすしかないという悪循環から解き放たれただけの事。

最近はもっぱら新規開拓よりも長らく逝ってなかった地元の人気店やマイ・フェイバリット店で味を再確認したい気分。そんな訳で先月末に約二年半ぶりで訪れたのが東大和の大冬樹。この界隈じゃ唯一ラーメンマップで赤ピンを誇る高評価の店なれど夕方辺りなら店も空いててすんなり入れる。最寄り駅のない陸の孤島みたいな立地ゆえ地域住民と俺らみたいなラヲタしか来ないからでしょ。

ちなみに斜向かいに約15年間お世話になってる動物病院がある。だからこそこの店の存在に気付いた訳だが。

Img_3378Img_3380

此所の看板メニューたる煮干し中華そばが上品な味付けでうんめえの。良く言えば繊細、悪く言えば意識高い系。

Img_3381

・・とまあ減らず口叩きつつも完飲してしまう魅力的なスープを堪能出来る名店なのでした。思えば俺、ここに来るの3回目だけど何時もハーフラーメンを食ってたからフルスケールは初。それでもこのスープは一滴も残せんかった。

Img_3382

帰り際に店先の立て看板を見たらこいつが気になり過ぎ。また近々寄らせていただき試してみるか。

***

で、昨日の話。半年に一度の診察で原宿へ出たから採血後の診察待ち時間を利用して渋谷の凪へ足を運ぶ。大冬樹の上品な煮干しラーメンもいいのだが、煮干しと言えば上品さをかなぐり捨てた凪の無骨な味がひたすら恋しくなる。

Img_3413Img_3414

凪も約2年ぶりになるのか。メニューが若干変わったみたいたけど大道の煮干しラーメンにブレなし。麺カタだの味濃いめだのアブラ多めだの一応リクエストは効くものの、ここのはベーシックで十二分にパンチ力あるから俺の注文はネギ抜きのみ。相変わらずガツンとくるなあ。塩分量がハンパないので多少スープを余すかと思いつつ、

Img_3415

結局飲み干してしまう俺。毎日じゃないし、たまになら問題なかろう。

Img_3416

自分用に発券機画像を収めておく。前回来た時にはなかった冷やし煮干しそばが気になりまくり。逆に塩ラーメンが渋谷店からは消えてしまったようで一抹の寂しさを覚える。

保冷保温ボックス

ウチは木造二階建ての一軒家で俺の部屋が2F、冷蔵庫のあるダイニングキッチンは1F。すなわち冷え冷えの缶ビールやストロング缶チューハイを飲みたければ部屋とダイニングキッチンの往復が必須。それぐらいの手間を惜しむんじゃねえよと言われればそれまでだけど、酔っ払ってる時はこの手間が有り得ないほど面倒臭い。酔った状態で階段の昇降なんかしたら事故の元だし<超言い訳

そんな訳で随分前から俺の部屋にも小さな冷蔵庫を常備したいと思ってた。当初はホテルの一室とかにある小型冷蔵庫も選択肢の1つだったものの、あれってホテルだと小さく感じるけど部屋に置くとなれば大変なお荷物。実際350ml缶が2-3本入れば充分なので、そんなスケールの代物を物色してたらAmazonでほぼ未使用の中古品・送料込み3500円という出物を発見。こりゃあ渡りに船と思いつつ即決し、昨日現物が届いた。

Img_3403

内容量5リットルだからオモチャみたいな小ささ。10リットル前後の一回り大きな商品も存在はするものの価格も大きさも倍近くに跳ね上がるから俺的にはこんなので問題なし。

Img_3404

仕切り板が付いてるけど、缶ビールが立たないので早々に取り外す。

Img_3405

うん、こっちの方が使い勝手よし。このクラスだと炭酸500mlペットボトルは斜めにしないと入らない物が多いらしいんだが、こいつは立った状態でもしっかり収まる。昨年市場に出たモデルらしいので、その辺の事情をしっかりリサーチした上で製品化したんでしょ。

ちなみにベトラタンってのは冷蔵保存必須の犬用目薬。缶ビール以上にこれを部屋に保管したかったのが購入の決め手。

Img_3409

事務机の脇に置いてある折り畳みテーブルへ乗せてみた。そこそこ収まりは良いのだがこのテーブルには晩酌の際、肴やら何やら色々置くので小柄とは言えここまでスペースを取られるとかなり邪魔。

それじゃ何処へ置こうかと思いつつ部屋を見回す。まあ見回すほど広い部屋じゃないのだが、俺の部屋にはこういう代物が鎮座しておられる。

Img_3408

パチ依存症だった2006年頃パチンコ実機を載せる為に購入した物で、今はVOXのギターアンプ置き場になってる。棚板を追加すれば上の無駄なスペースを有効利用出来るなと思いつつホームセンターへ足を運び棚板購入。

Img_3410

うむ、これでバッチリ。ちなみにこいつ、脚にゴムストッパーが付いておらずフラットな鉄板に乗せると不安定なれども、先月だか先々月だか車のフロアマットを固定する為に買った滑り止めの余りがあったので流用。大地震とかで激しく揺すられない限りこれで問題なさそう。

Img_3411

よくよく見ると左下の角に痛み発見。これが安売りの理由か。実使用に支障ないし、俺の事だからこんなキズ自分でこしらえる可能性が高く、それで半額なら願ったり叶ったり(新品だと約7000円)。

表題通りこれは保冷のみならず保温ボックスにも化ける。更にシガーソケットでDC駆動も可能というなかなかの優れモノ。1つ難を言えば冷却ファンの音が少々気になる事だけど、気にしなきゃ気にならないレベルではある。保冷と言いつつ6-7度までは下がるからぬるい缶ビールも長時間入れとけば結構冷えるし、思いのほか頼りになる相棒を入手したぞ。今後の活躍に期待。

2019年10月 1日 (火)

2019年9月に観たWOWOW録画BD

デスノート、デスノート the Last neme、L chance the world、デスノート Light up the New world、友罪

以上5本。少ない上に今更のデスノートシリーズ全制覇とは・・ データを確認すると5月にWOWOWで一挙放映された時の録画BD。友罪にせよ5月放映分だから約4ヶ月放置してたという事か。まあ、そのまま観ずじまいよりは全然マシ。しかしながら、この時期放映され今も保留してる邦画の録画BDが10本以上ある事を白状しておく。

もうホント今更なのでさらりと書くけど最初の2部作は普通に楽しめた。そもそも俺、マンガ属性じゃないから原作の事を一切知らず、それが功を奏した感はあるな。webを徘徊すれば毎度の如く原作ファンの苦言で溢れかえってるし。3作目のLスピンオフはう~ん・・と少し思ったものの賛否両論の最新作も決して嫌いじゃない。東出昌大さんが結構好きな役者さんなので多少の奢りは否定しないけど。

で、瀬々監督の友罪。作風とかは全く異なるものの葛城事件に触れた時の大好きになれないけど印象度が強烈という既視感を覚えた。幾つかのシーンは恐らく生涯忘れられないと思うし、そういう意味では俺にとって重要な作品なんだろうな、と。

あと、凄く映画を感じた。デスノートが映画じゃないとは言わないけど、ながら観で台詞だけ聴いてても全貌を把握出来ちゃうテレビドラマ的要素を多く含んでる事は否定出来ず。対して友罪は画面に集中しないと何も把握出来ない要素が多い。うん、映画はこうでなくちゃね。

« 2019年9月 | トップページ | 2019年11月 »