« 映ちゃん号 乗り換え計画 | トップページ | フラれフラれて麺匠いし井に着地 »

2020年3月 5日 (木)

らーめん凛々の凛々しい地鶏中華そば

Img_3561Img_3562

1年ぐらい前だったか気まぐれにラーメンマップで拝島駅付近をチェックしたら駅前に赤ピンの店がひとつ。はて?こんな店、昔からあったっけと思いつつ調べてみたら青梅辺りで人気を博す丸孫商店の姉妹店で約3年前にオープンしたらしい。

俺は本店も行ったことないけど拝島という辺境(・・と言いつつ近所ではある)の人気店は気になる子ちゃんなので満を持して逝ってみる事に。5席しかないので少々外待ちにはなったけど10分そこそこで中へ入れた。で、後客が俺の居る間だけでも6-7人訪れたか。昼飯前の11:30頃でこの集客力。さすが人気店。

Img_3564

メニュー豊富ながら最初はやはりベーシックな凛々しい地鶏中華そばをいただく。ちょっと口に出すのが恥ずかしいネーミングなれど食券買うだけなので問題Nothing.。

これ、うんめえ。奇をてらわず、非凡で、味に深みがある。麺の固茹で加減も俺好みで山クラゲのコリコリ食感が楽しい。しかもネギ無しがデフォルト。もうね、ネギ無しがベーシックな店は俺の期待を絶対に裏切らない(個人の感想)。ただ、他のメニューにはネギが乗ってる物も含まれてるようなので油断は禁物(個人の感想)。

更に面白いのはスープ割りサービスで、つけ麺のみならずラーメンのスープも日替わりで用意された割りスープで味変を堪能出来る。今日は生姜スープ。他にも色々バリエーションがあるらしい。

Img_3565

スープ割りを頼んじゃったら飲み干すのが礼儀。しかしこの店のスープには甘ったるい不自然な後味がない。ひょっとして無化調? もし無化調だったら七彩以来の衝撃だわ。他のメニューも試してみたいけど営業時間が11:00-14:00と限られてるので再訪は気が向き次第。

« 映ちゃん号 乗り換え計画 | トップページ | フラれフラれて麺匠いし井に着地 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 映ちゃん号 乗り換え計画 | トップページ | フラれフラれて麺匠いし井に着地 »

2022年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ