« ニセクロックスの耐久性 | トップページ | がんばれ がんばれ ぼくの肝臓 »

2020年10月18日 (日)

大草原の小さな家シーズン1大会 終焉

昨年BSプレミアムで再放された時に録画したのが15-24話。未見の前半分を観る為にDVDBOXを買ったのが去年の9月。約1年の放置期間を経て今さっき全て観終えた。DVDは廉価版だからプリント状態の悪い物も結構含まれてたりするのだが作品の本質は不変。匿名掲示板辺りじゃ画質ガーとか音質ガーとかすぐ文句垂れるAVマニアが多くて辟易させられるけど、そういうウィークポイントは受け手側が気力と想像力で補完すればいいのだよ。

全編観た率直な感想は、アニメ版アルプスの少女ハイジとの共通項が多いなと。作風や世界観のみならず、何事もない日常を丹念に描くことでドラマとして成立させてる点に方向性の一致を感じる。なつぞらでハイジの代わりに本作を引用した事にも改めて納得。

描かれる題材に目を向ければ人種差別やいじめ問題、幼児虐待、更に疫病のエピソードもあったり、人類って奴は同じ過ちと問題提起を繰り返してきたんだなと再認識させられたり。まあ良質なドラマですよ。印象的なエピソードも沢山あって、今回観た中じゃエドワーズおじさんが欲しかったウィンチェスターM73購入を諦め、家出少年を連れ戻す為になけなしの持ち金はたいて一肌脱ぐ話が個人的には一番ハートに響いたかな。

でもシーズン1全編見渡せば、やはりローラの祈り前後編がズバ抜けて感動的。大草原~は1エピソード50分前後だから前後編だと1時間40分となり、長編映画1本分のボリューム感と充実感が得られるし。この回もDVD廉価版はプリント状態がイマイチだったりするものの前記通り作品の本質は不変なので、これからオリジナル音声&日本語字幕版で再見し大草原の小さな家シーズン1大会を終えようかと思ってる。

« ニセクロックスの耐久性 | トップページ | がんばれ がんばれ ぼくの肝臓 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ニセクロックスの耐久性 | トップページ | がんばれ がんばれ ぼくの肝臓 »

2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ