« ダンスのシンクロ | トップページ | かすみ目 »

2021年5月 6日 (木)

地獄の奥歯治療その2

4/30から約一週間、処方された分とドラッグストアで買った分のロキソニンで何とか持ち堪えたものの薬が切れれば痛いし歯茎も腫れてきた。医者の話じゃあんまり良くない状態との事。

で、例によって麻酔の効きが悪いんだけど、このままにはしておけないという事で治療強行。いや、そりゃもう痛かったですよ。麻酔が効かない状態で歯神経を取る治療って文字面を見ただけで震え上がるでしょ? はい、想像通りの激痛でございます。冷や汗と脂汗を垂れ流し涙を滲ませ、耐えに耐えて大元の神経は除去。16:00に治療を開始して会計を済ませたのが16:30頃だから約30分ガリガリやられてたのか。よく頑張った俺。自分で自分を褒めてあげたいby有森裕子

今回も仮詰めはせず綿を詰めただけ。蓋しちゃうと治りが悪くなる可能性もあり、こうやって風通しを良くしておいたほうがいいんだと。よって主食が麺類の生活はもう暫く続く。上手くすれば飯ぐらい食えそうな気もするがおにぎりにかぶりついたりは出来ない、したくない。この綿がホントにすぐ取れちゃうんで。

しかし無い物ねだりだけど、ガキの頃からお世話になってて最近閉院してしまった中野の歯医者で治療したらどうだったろう。やっぱりこんなに痛かったろうか。あるいは他の歯医者にお願いしたらもう少し痛くない治療が出来ただろうか等々、色々考えてしまう。webで情報収集した限りじゃ今回お世話になってる歯医者だって決して評判は悪くないから何処も同じなのかもしれないけど。

« ダンスのシンクロ | トップページ | かすみ目 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ダンスのシンクロ | トップページ | かすみ目 »

2022年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ