« パラスポーツの装具 | トップページ | 満北亭で普通過ぎるつけ麺を堪能しテイクアウトを一品 »

2021年9月 2日 (木)

2021年8月に観たWOWOW放映作品

トゥルーグリット、ビューティフルマインド、ジュディ 虹の彼方に、ファーゴ、コンゴ

以上5本。オリンピックパラリンピック高校野球にうつつを抜かし鑑賞本数は先月と大差なし。しかも今更な作品が多い。奇しくもコーエン兄弟作品が5本中2本というところに少しだけ運命的な物を感じる。

まずそのコーエン兄弟作品だけどトゥルーグリッドは異色と言うより一風変わったウエスタンといった印象でそれ以上でも以下でもなし。ファーゴも凄く変な映画だけど面白かったな。マヌケな犯人が罪に罪を重ね収拾付かなくなっていく展開がちょっと三谷幸喜作品を彷彿させたり。

ビューティフルマインドとジュディ~はWOWOWのアカデミー賞特集で少し前に録画した2本。ビューティフル~は観る者を騙し討ちする構成が見事。あと、やや枯れ気味のジェニファー・コネリーが中高年エロジジイ的にグググッと来る。すげー良い。ジュディ~はサンセット大通りを彷彿させる大スターの末路を描いた作品。痛々しいけど印象度は強烈で忘れられないシーンが沢山ある。ちなみに俺、不勉強だからライザ・ミネリがジュディ・ガーランドとヴィンセント・ミネリの娘だという事をこの作品で初めて知った。

コンゴはマイケル・クライトン原作って事で少し前に録画し数日前に観たけど突っ込みどころ満載で全く乗れず。娯楽作品と割り切るにはあまりにもな要素が多く、今の時代に新作として公開されたらSNS炎上じゃ済まないかも。

ちなみに今現在ストックしてる録画作品が8本ほど。録画予定の未見作品は5本だけ。9月の観賞本数も少なくなりそうだ。

« パラスポーツの装具 | トップページ | 満北亭で普通過ぎるつけ麺を堪能しテイクアウトを一品 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« パラスポーツの装具 | トップページ | 満北亭で普通過ぎるつけ麺を堪能しテイクアウトを一品 »

2024年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ