« どん兵衛の天ぷらそば、美味い! | トップページ | 六厘舎の自販機 »

2021年10月18日 (月)

駅そばの違いが分からない男

無限列車編スピンオフの悪影響はどん兵衛天ぷらそば購入にとどまらず連日俺を駅そばへと誘う。

Img_7759Img_7760

今日お邪魔したのは職場の最寄り駅、東京メトロ東陽町駅前のそば処めとろ庵。もうちょい固茹でで濃い味の方が俺好みかな~とは思ったけど別に目クジラ立てるほどの事もなし。そもそも俺って蕎麦マフィアじゃねえし違いがよく分からないので何処の駅そば食っても感想は似たり寄ったり。それってどの店で食っても大して不満を感じないという事だから俺ってば幸せ者なのかもしれない。

逆にwebの食レポ眺めてると立ち食いそば屋相手にグタグタ文句垂れる自称評論家が結構目に付く。まあ言論の自由は尊重すべきだし好きにすればと思いつつ、なんか大人げねえなぁ、それほど優れた味覚をお持ちなら最初から立ち食いそばなんか食わなきゃいいのにとも思わされたり。

ただ、駅そばの酷評にはある種の傾向がある事に気付く。絶対じゃないけど、経営が変わって旧店の跡地へ登場した新店に噛み付いてるケースが多い。そこから察するに、何時も利用してた馴染みの店とは味が違うという失望が怒りに変わり新店へ八つ当たりって事なんだろうな。そもそも数百円で、注文してから1-2分で出てくる立ち食いそばに大差なんかある訳ないんで、味の優劣以上に思い入れの有無が評価を大きく左右するんじゃないかと。

ひょっとしたら俺なんかには計り知れない繊細な味覚を武器にあーだこーだ言ってる可能性もゼロじゃないけど俺はそんな味覚要らん。むしろ何でもかんでも美味い美味い言いながら食える煉獄さんや井之頭五郎さんみたいな人に魅力を感じるし、それこそが理想。

でも少し思ったのは、俺って駅そばは8割方かけそばネギ抜きを食うから更に質が判別し難いのかもしれん。実際、揚げ物とか含めたらこれはちょっと・・ってのに当たるケースもしばしばあるんで。

« どん兵衛の天ぷらそば、美味い! | トップページ | 六厘舎の自販機 »

コメント

こんにちは。ちょうど、良く見ているブログでこちらと同じ日に立ち食いそばの話題が書いてありました。
日暮里の一由さんというお店のジャンボゲソ天そばが美味しいらしいです。私も食べたことはありませんが、
「ガツンと醤油を感じるこの蕎麦、やっばい。細かく切られたイカゲソと、カリッとした衣が最高に美味しい。
さらに、輪切りにした鷹の爪が強烈なアクセントとなり、甘み、塩み、辛みが、噛みごたえのある蕎麦と絡んで、美味い」とのことです。

情報感謝です。早速逝ってきましたw

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« どん兵衛の天ぷらそば、美味い! | トップページ | 六厘舎の自販機 »

2022年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ