« 気まぐれに利き醤油・利きソース | トップページ | 縮む胃袋 広がる胃袋 »

2021年11月18日 (木)

田無大勝軒でネギ入り中華そば

俺が永福町大勝軒というラーメン屋の存在を知ったのは20代前半の頃だったと思うけど友人に教えてもらったんだかガイド誌で見つけたか、その辺の記憶が曖昧。それまで俺が好んで食ってたラーメンは環七土佐っ子や千駄ヶ谷ホープ軒とかのこってり背脂豚骨系がメインで、所謂あっさり醤油味には物足りなさを感じてた。

永福町系は紛れもなくあっさり醤油味なのだが、魚介出汁の効いた濃い口スープにはこってり系をも凌駕するパンチ力があり一発で虜になってしまった。今でも迷走したらここへ戻ってくるという私的ラーメン理想型に限りなく近い。ただ、量が多いから総本山の永福町はお土産ラーメンを買いにいくだけの店になってしまい、食うのはもっぱら麺量半分の小盛りがメニューに含まれてる昭島や田無や河辺。

で、今日は仕事帰りに田無大勝軒へ寄り道。

Img_7891

30余年に渡り永福町系の暖簾は数え切れないほどくぐってきたが、

Img_7892

ネギ入りで食うのは初めてだ。遂にこの日が来たか。箸を持つ手が震えるぜ。

結論から言えば、魚介出汁の主張が強烈でネギの風味に全然負けないから何の違和感もなく食えた。ただ、やっぱネギ入れると全然違うねえ!こんな美味いのになんで今まで避けてきたんだろ??・・とは思えず。そりゃあネギ克服に着手してまだ10日経ってないからね。むしろ1週間やそこらでここまで急成長した自分を褒めてやりたい。

以後こうしてラーメン・そば・うどん、その他ありとあらゆる料理のネギは抜かないよう心がけ徐々に抵抗感を削いでいき、ザク切りネギも食えるようになるのが第一目標。とは言え、同じザク切りでもネギマの焼きネギなら恐らく平気になってる筈だから近々トリキの貴族焼で試してみよう。あと鍋に入ってるクタッたネギ。あれはどうかなぁ。明日辺りチャレンジしてみるか。

« 気まぐれに利き醤油・利きソース | トップページ | 縮む胃袋 広がる胃袋 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 気まぐれに利き醤油・利きソース | トップページ | 縮む胃袋 広がる胃袋 »

2022年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ