« またもやクズ鉄が宝の山に | トップページ | HONDA CBX750Fにもプレミアが・・ »

2022年6月25日 (土)

86GTの車内アラーム誤作動

映ちゃん号86GTに乗ってると何の異常もないのに時折車内アラームが鳴り出し、それも鳴りっぱなしじゃなくて鳴ったり鳴らなかったりする。これが気持ち悪くて車検整備の際に修理を依頼したんだけど今日また鳴り出した。メカニック氏が言うには不具合箇所を見つけ修繕したって話だったのに。

こりゃまたクレーム修理かと一瞬思ったが、今回はこいつを見逃さなかった。

Img_9198 Img_9199

助手席のシートベルト警告灯が点いたり消えたりしてる。ここの接触不良かと思ったのだがそうじゃなくて、座席に重量が加わるとセンサーが自動感知して乗車を認識するシステムらしい。でも人は乗ってない。じゃあ一体何が・・と思いつつ助手席に目を移すと全ての謎が解けた。重い荷物を置いたら人が乗ったと誤認するのだ!

ちなみに助手席に置いたのはゼロカロリーペプシ600ml 7本、農協牛乳1パック、プレーンヨーグルト2パックを入れたリュック。体重計で重さを計測すると9.1kg。帰宅後に色々検証したら86GTの場合、助手席に10kg以上の負荷をかけるとこの警告灯が点灯する。子供一人が乗ったと勘違いするんだね。約9kgのリュックを乗せた場合、センサー感知ギリギリの重量だから発進や加速や停車のタイミングで一時的に負荷が増した時だけアラームが鳴る、と。

これを嫌うには助手席に10kg前後の荷物を置かないようにするか、置いた時には助手席のシートベルトを装着させるしかない。面倒だけど原因が分かったので納得。

しかし今日まで何故これに気付かなかったのかと言うと、この警告灯の直上にスロットルコントローラーが貼り付けられてたから確認出来なかったのだ。テールレンズの件では少し見直したけど前オーナーさん、やっぱりあんたとは仲良くなれそうにねえわ。余計なもん付けやがって。

« またもやクズ鉄が宝の山に | トップページ | HONDA CBX750Fにもプレミアが・・ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« またもやクズ鉄が宝の山に | トップページ | HONDA CBX750Fにもプレミアが・・ »

2024年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ