« ワクチン接種4回目 | トップページ | 4回目の副反応は »

2022年12月 1日 (木)

飲み食いブログ2022/12-2023/05テキストデータ

2023年5月 5日 (金)

飲み食いブログ1周年にあたり

気まぐれに当ブログを立ち上げたのが2022/5/5だから今日で丁度1年。記事数は365日で658。それなりに頑張って更新してきたけど問題は質の部分で、全体の7-8割が画像数枚に寸評を一言加えただけのお粗末な内容。これならTwitterでいいんじゃね?と思ってしまった事もあり運用スタイルを軌道修正しようかと。

まずカップ麺やらコンビニ惣菜やらの一言コメントは全てTwitterアカウントを利用して行う。そんな訳で昨日からサイドバーに埋め込みリンクを貼り付け。これがモバイル表示だと見られないのでブログタイトルの下にもハイパーリンクを追加。俺の食生活に興味がある物好きな人がどれだけ居るか分からないけど今後はそちらをチェックしていただければと。

ちなみに今回の決断にはもう一つ理由があり、昨年有料サービスに切り替えた事で利用可能ディスク容量が2GBから5GBに拡大されたのだが、最近チェックしたらこの1年で約1GB消費してる。という事は今のペースを維持すると数年後にまたワンランク上の有料コースへ乗り換えなくちゃいけない。そんなの不経済だし、普段は情報収集にしか利用してないTwitterを有効活用すればいい話なので暫くこんな形で行ってみようかと。

なお、これを機に当ブログの更新を休止するつもりはない。頑張った料理ネタとか熱く語りたい食い物に出会った時とかは引き続きこっちへ書いていくつもり。ディスク容量の節約と記事内容の質的向上を兼ねた方針変更ですよ。

ところで新たな活動の場としての選択肢はもうひとつあり、それがInstagram。ただ、あっちは知り合い数名とPerfumeの公式アカウントをフォローして時折覗いてるだけなので使い勝手がよく分からない&言いようのない敷居の高さを覚えて今回は見送った。例えばの話、インスタでペヤングネタを検索してもそれなりの数は弾き出されてくるもののTwitter的バカっぽさが希薄。何つーか、ペヤングネタなのに少し気取ってるみたいな。超偏見入ってるけど。

ただ興味はある。だからすんげー気が向いたら映えるカップ麺画像とかをひっさげインスタで活動を始めるかもしれない。でも今のところはTwitterの方が居心地良さそうなのでホントのホントに気が向き次第。

2023年5月 3日 (水)

日清焼そばU.F.O. ポックンミョン 濃い濃い韓国風甘辛カルボ

Img_2109

早速買ってきた日清ポックンミョンのカップ麺バージョン。こっちはどうか。

Img_2113

味は基本的に袋麺と変わらず。ただ、食感は袋麺の方がモチモチしててポイント高い。やはり熱湯注ぐだけのカップ麺とフライパンで焼く袋麺の差は歴然。但しカップ麺ならではのチープ感も魅力的だし、何よりお手軽。だから優劣を付けるのは難しい。個人的な事を言えば僅差でカップ麺に軍配かな。これも短命だろうし、安売りに出会ったら2-3個ストックしておこう。

EDGE×わかめラーメン ごま・しお わかめ4.0倍

Img_2110

例年この時期になると登場するEDGEのわかめラーメンだが今回のトピックはこのごましお。それまでのレギュラー商品はごましょうゆとごまみそで、マイフェイバリットの塩味は限定ばかりだったから期待に胸膨らむ。

Img_2111

暴力的な塩分量も相変わらず。これが更に俺の期待度を上げてきたのだが、

Img_2112

正直パンチが足りなかった・・つーか、このわかめの量に対してスープのキャラが弱いから途中で飽きが来る。恐らくこのわかめを1/4に間引いたら良いバランスなんだろうけど4.0倍を謳ってる以上それに相応する強いスープじゃないと。

ちなみにこれと一緒に買ったごましょうゆも余所のブログで情報収集するとコスト削減なのか分からんけど、それまで添付されてたスパイスの小袋が入ってないらしい・・って事は傾向が一緒という事か。それならS&Bテーブルコショーと味の素を加えるまでだが、どうにも納得いかん・・

2023年4月30日 (日)

今宵の晩酌230430 アワビ肝のバター醤油焼き

はい、前回の続き。アワビ 肝 で検索すると殻へ適当に乗せてバター醤油で網焼きってのが一番簡単そう&そそられる。ただ、自宅で網焼きとか後が面倒だからフライパンに乗せて焼こうと思ったりもしたが空焚きに近いから加工が傷んじゃう。さてどうすると思いを巡らせたら最適な結論が即座に導き出された。つい最近ちっちゃいスキレットをダイソーで買ったばかりじゃないか。あれで逝ってみよう。

肝とヒモを貝殻に乗せスキレットで熱すること数分。もうもうと煙が立ち、しっかり熱が通ったなと思ったところで火を止めてバター&醤油を投入。もう余熱だけで充分にバター醤油が染み渡る。そして出来たのがこれ。

Img_2103

見た目グロいがこれも決して悪くない仕上がり。大人の珍味って感じで酒が進む。すこーし危険な香りがするけど充分に火を通してるから当たる事もあるまい。色々面倒なので頻繁に食おうとは思わないが、たまにこんなのを酒のアテにすると家飲みが5割増しで楽しくなるぜ。

アワビの酒蒸しにチャレンジ

先週だったか地元のダイエーに活アワビが売ってて相当そそられたのだがアワビの調理法なんか全く知らないのでスルー。しかしながら今日の夕方に別件で覗いてみたら、

Img_2093

また半額の2字にやられた。ちょいとweb検索すれば調理法なんぞ幾らでも出てくるので何とかなる。で、酒蒸しが比較的簡単そうだったので試してみる事に。当初2個は酒蒸し、もう1個はステーキでとも思ったのだが何しろ小ぶりなので全部酒蒸しでいいやと。半額品って事は間違いなく鮮度が落ちてるから刺身はパス。

Img_2094

マニュアル通りに塩を少しかけたらグリングリン動いて少しキモいけど面白かった。タワシで汚れとヌメリを取れって事だがタワシがないので激落ち君で代用。黒く染まったという事は汚れがしっかり落とせた証拠か。

Img_2095

これをフライパンに並べ日本酒35mlと水15mlに塩をパラリとかけ約10分間蒸し焼きに。蒸したアワビの身はカレースプーンとかでも綺麗に削ぎ落とせる。火傷に気を付けつつ身と肝を切り分けて、

Img_2099

一口大に切った身を殻へ乗せて完成。なんとなくそれらしい物が出来上がったぞ。実際に食ってみると思った以上に食える仕上がりだった。大ハズレの回転寿司屋とかで出てくる身がカチカチの奴に比べたら遥かに美味しくいただける。初挑戦でこれなら上出来だろと自画自賛。

それはいいのだが、

Img_2100

残った肝&ヒモをどうすれば良いのか全く分からない。これだって食える筈だし捨てるのは勿体ないから再度webで情報収集。

しかしついさっきまでグリグリ動いてた奴が今じゃ俺の胃袋に収まってるのかと思うと少し複雑な気分。南無阿弥陀仏。でも美味しくいただけたし俺の血肉となって生き続けるので勘弁してくれ。

日清焼そば ポックンミョン 韓国風甘辛カルボ

Img_2083

日清からカップ麺と同時発売されたブルダックみたいな袋麺がダイソーでバラ売りされてて購入。ピンクのブルダックは俺の辛味耐性を少し超えてきたので警戒したが、ひょっとしたらカップヌードルトムヤムクンばりに日本人の味覚へ合わせた秀作かもしれないと淡い期待を寄せつつ早速作ってみる。

Img_2084

手順は焼そば袋麺と一緒。で、焼いたらうまかったUFOを作った時に思ったのはカップ麺ならまだしも袋麺を焼きペヤングメーカーで作ろうとするとパワーが足りず水分が飛ぶのに時間かかり過ぎる。これなんかうどんみたいな太麺だから絶対ダメだなと思いフライパン調理を選択。

Img_2085

水分が飛ぶのに要した時間は5分ほど。焼きペヤングメーカーだと10分ぐらいかかって麺がビロビロになる危険性を孕んでるから俺の判断は正しかった。ちなみにこれ、ブルダックよりも辛味は相当マイルドでピリ辛のちょっと上ぐらい。俺にとっては身の丈レベルだな。それでもコリアン風味はしっかり味わえる。うん、悪くない。これはカップ麺も試したくなる。

Img_2086

気まぐれで追い粉チーズしてみたらコリアン風味が負けてナポリタンみたいになっちゃった。それなりに美味いけど俺的には蛇足だったかも。

2023年4月29日 (土)

SUSURUも唸る家系の名店 王道家 豚骨醤油ラーメン

Img_2078

SUSURUさんと日清のコラボ企画は約1年半ぶりか。随分と長いスパンだな。当然ながら自身の動画じゃベタ褒めする訳だけど、色々気になるので術中にハマって買ってきた。

Img_2079

麺量少なめだから具が全部沈んじゃってビジュアルはイマイチ。とは言え万年ダイエッター的に好都合だし、パッケージ記載通りぶっ濃いスープの旨味がこれでもかと襲いかかる。で、SUSURUさんも飯と一緒に食いたいと連呼してたけど家系ラーメンのスープって飯に合うというよりは単体で飲み干すのがキツいから何かで埋めたくなるのだ。

これはもう歴代家系カップ麺の中でもトップクラスの濃厚さだから無条件で白飯が欲しくなる。そんな訳でこの時と同パターンで、麺を食い尽くしたらスープだけ暫しストックしておき、数時間後に海苔と飯を合わせて完飲。一気に食らうと大変なメタボ食だが2回に分ければそこそこ低カロリー。カップ麺が約400kcalで飯は半合の約260kcalだから1食分のエネルギー量は330kcal程度か。悪かねぇ。

2023年4月28日 (金)

赤いきつね東日本編と春のお墨付き2種

Img_2080

折角なのでこれの事も書いておくか。

Img_2081

予想通り何時もの赤いきつね。他と比べて秀でてるって事はないけど安心感があるね。取り敢えず、また同じ企画が再現されても買うのは北海道編だけかな。あれも東日本に比べて圧倒的に美味かった訳じゃないが気分を変えるにはいい感じなので。

ついでに西友みなさまのお墨付きの季節限定品2種の事も書いておく。

Img_2022Img_2035

出来上がり画像は割愛。沖縄風そばは塩味のうどんとしか思えなかったし、酸辣湯麺もスープは悪くないけど麺の食感がタテ型中華三昧とは比較にならない安っぽさ。いずれもTHE PBって感じだった。でもまあ100円そこそこなのでコスパは高いし、文句があるなら金をケチらず倍額の他社製を買えと。

2023年4月24日 (月)

生ジョッキ缶 大生のオマケ

Img_2062

腹ガバガバになるので500ml缶ビールはあまり買わないのだが、

Img_2063

こういうオマケを付けられたらスルー出来ない。ここでもネタにしたジョッキハンドルの500ml缶用で、350ml缶用ならそれなりに歴史があるけど、このサイズに対応する取っ手は初お目見えじゃないかな。

Img_2067

うん、悪くない。他社の500mlにも勿論使えるだろうけど生ジョッキ缶じゃないとあまり意味ないかもね。

ローソン100の餃子とチャーハン

お休み恒例のスーパー巡りを終え帰路に就くと100ロー前を通りかかったので、またなんか面白い弁当出てないかな~と思いつつちょいと寄り道。

Img_2064

こっ、これは一体・・ 餃子味とか餃子風なら分かるけどガチで餃子がゴロッと1個入ってるチャーハンおにぎりだ。弁当にせよおにぎりにせよ100ローの商品展開は面白過ぎる。パッケージの記載通りちょいとレンチンして食うと侮れないB級的美味さ。これで118円は安い。まあ200円弁当の方がコスパは高いけど。

2023年4月23日 (日)

ゆず香る おろしチキンタツタ

今年もチキンタツタの季節がやってきた。勿体ぶらずレギュラー化すればいいのにと思ったりするが頻繁に食うわけじゃなし、秋の月見バーガー・春のチキンタツタという特別感も悪くはないかも。

実は昨日の仕事帰りに食おうと思ったのだが土曜の午後は東陽町も高田馬場も田無でさえも激混みだったのでパス。で、ちょっと調べたら朝マックの時間帯も買えるのね。さすがに朝10:00前に混んでる事はなかろうと思いつつ東陽町のマックへ足を運ぶ。その際、公式アプリのモバイル注文ってのを試してみる。店へ着く10分ぐらい前に発注すれば待ち時間ゼロで食えるし、結構使えるぞ。

Img_2060

今回セレクトしたのはゆず香るおろしチキンタツタ。美味そうだが食い難そうなビジュアルも相変わらず。ペーパーラッピングに替えてもらう裏技があるそうだけど店舗によっては良い顔しないらしいし、そういうわがままは自己解決するに限る。という訳で、

Img_2061

ダイソーの耐油性クッキングシートを適当な大きさに切って店へ持ち込み、包み直して食らう。チキンとバンズがズレない、キャベツがこぼれない、おろしソースで手が汚れないと良い事ずくめで美味さ2割増し。周囲の目が少し気になるけど壁や窓に向かったカウンター席なら目立たないし、あんたの事なんか誰も気にしとらん!(byあ~ちゃん)って事で、この技は今後もちょいちょい駆使していこうかと。

赤いきつね 北海道編

Img_2056

3日連続で赤いきつねが早朝職場飯。今日は北海道編だ。

Img_2058

どん兵衛に対し赤いきつねが勝ってる部分を強いて挙げればかやくの玉子。ちょっと気になって歴史を紐解くと日清どん兵衛の発売が1976年、マルちゃん赤いきつねが1978年と後発だから、追いつけ追い越せ!という上からの要望に対して開発部が出した解答のひとつだったのかも。

さておき西日本・関西は節系が主役、北海道は昆布が主役って感じで明らかにキャラが異なる。甘い口当たり、西に比べたらやや濃い口、更につゆの色も濃いめだけど海藻の風味が上品さを醸し出す西と東のいいとこ取りって感じだな。私的ランキングは北海道>関西・西日本。まあ僅差だけど。

なおラスイチの東日本編は首都圏で何時も売ってる赤いきつねのパッケージ違いだと思うので後日食う事に。食レポも書かなくていいかな。

2023年4月22日 (土)

タイアップのチルド冷麺2種

Img_2045

少し前から西友でよく見かける2種のタイアップ冷麺、出始めの頃はまだ寒い時期だったからスルーしてたものの最近いい感じに気候が良くなってきたので併せて購入。俺の場合、腹を満たす事以上に味を確認したい欲の方が強いからハーフで連食。まずは日清の阿夫利 冷やし柚子塩らーめんから。

Img_2047

パッケージ写真を見る限り具はチャーシュー・ゆで玉子・白髪ネギ・水菜が推奨みたいだけど野菜は少量しか使わないから持て余すのでダイソーの味玉メーカーで作った玉子半分と市販のサラダチキンほぐし身のみにとどめる。柚子の清涼感が実に良い感じ。もっと暑い時期になれば美味さ倍増だろうな。

Img_2048

続いて菊水のらーめん山頭火 夏麺。一見普通の冷や中だがパッケージ記載通り酸味は含まれておらず、和風だしで勝負してる変わり種。和風ざる麺とかに近い感覚かな。こっちも具は味玉とサラダチキンのみだが決して悪くない。むしろ冷麺にはチャーシューよりサラダチキンでしょと思わされたり。これがあるのとないのでは印象が大きく変わるであろう名脇役。

Img_2049

で、余した麺半分は冷凍睡眠中。Aが阿夫利でSが山頭火。これは今度の休みに消化し、もう1食分は暑い時期までストックしておくつもり。

コショースープ

Img_2054

気まぐれに何時も飲んでるヤオコーのオニオンコンソメスープにS&Bテーブルコショーを通常の4-5倍量入れて飲んでみる。渡なべのコショーそばみたくトリップしちゃうかな〜と思ったりしたが残念ながらそんな訳もなく。

そもそもS&Bテーブルコショーを入れ過ぎると辛味だけじゃなく苦味も増して美味さ半減以下。シマダヤの3食入りチルドタンメンでも買ってきて同じ事を試してみようかと思ってたが不毛だという事がよく分かった。当たり前の話だけど、ちゃんと計算して配合されたスパイスじゃないとダメだね。

赤いきつね 関西編

Img_2050

今日も早朝4時から赤いきつねを食らう。昨日予告した通り関西編ね。

Img_2052

ふむ、やはり西日本編との差がよく分からん。そもそも香川のうどんと関西系うどんに共通点が多い事もあるし、原材料や配合量をちょっと変えただけで基本的には同じ製法なのかも。味の感想は西日本編同様だけど並べて食い比べたら少しは違いが分かるのかな。

2023年4月21日 (金)

ミッション 昭和懐カレー

Img_2038

1年ぐらい前からスーパーでよく見かけるこのカレー、ちょっと狙い過ぎじゃねと思いつつスルーしてきたけど近所のマルエツで安売りしてたから試しに買ってみる。味以上に気になったのが、

Img_2039

パッケージ裏面にあるこの記述。でも正面から捉えたら全然飛び出して見えない。納得いかず空箱を見本と同じ角度から捉えてみる。

Img_2046

飛び出して見える?? 俺にはそう見えんのだが。この辺のハッタリ感が昭和的と言えなくもない。

Img_2044

そして実食。職場で食う場合100均のカレー皿に移したカレーと4点ロック式密閉容器に入れた飯を個別にレンチンして併せるから凄く微妙なビジュアルになる。まあ飯崩して混ぜちゃえば何も問題ない。で、肝心の味はと言えば可もなく不可もないありがちなレトルトカレー。でも具のゴロゴロ感がぽいっちゃぽいか。1食あたり148kcal(半合の飯を含めればほぼ400kcal)なのが好印象ではあるけど好んで食おうとは思わん。ちょっと割高だし。

赤いきつね 西日本編

Img_2041

今日の早朝から全国味くらべの赤いきつね実食開始。まずは一番気になる西日本編。

Img_2042

わざわざ関西と切り分けてるのでどんな味で勝負してくるのか興味津々だったが関西風どん兵衛と大差なし・・つーか、基本どん兵衛派の俺にはイマイチよく分からない。恐らくは香川あたりのうどんをモチーフにしてるんだろうけど讃岐の持ち味と言えば圧倒的なコシの強さだから、ノーマル赤いきつねと同じ油揚げ麺じゃ讃岐感は出ない。だからって不味いわけじゃなくカップうどんとしての美味さはしっかり持ち得てる。ただ有難味がないだけの話。

取り敢えずこの味覚が鮮明なうちに関西編を試したいので明日の早朝職場飯も赤いきつねで。

2023年4月20日 (木)

ペヤング ディアーヌードル ミソ味&シオ味

昨日今日と職場で消化したペヤングヌードルの寸評なんぞを。

Img_2025Img_2026

まずミソ味。かやくがネギ・ニンジン・わかめで醤油に比べ貧相。スープは思った以上にスパイシー。ただ、ペヤングヌードルの魅力が半減してる印象でこれじゃない感強し。な~んかアンバランスなんだよな。思えば以前ペヤングヌードルが全国発売された時もイヤな予感がして味噌味は食わなかった事を思い出した。予想的中。エースコックわかめラーメンもだけど俺ってチープな味わいの味噌味カップ麺と相性が悪い。

Img_2034Img_2037

続いてシオ味。かやくはミソと同じ。麺の主張が強くて塩ラーメンっぽくないのがネックだけどそれなりに美味かった。ペヤングヌードルらしさが損なわれてないのが良い。私的ランキングはショウユ>>シオ>>>>ミソって感じだな。味もだけどショウユは玉子とかまぼことエビが入ってて見た目あざやかなのが好印象であった。

2023年4月19日 (水)

渡なべの限定コショーそばでハイになりましょう

TwitterのTLを眺めてたら掟ポルシェさんととみさわ昭仁さんが熱いラーメン談義を交わしてて、何でも渡なべ限定メニューのコショーそばがあり得ないほど美味いらしい。気になったものの俺は2つの理由でスルーしてた。まずビジュアルが凶暴過ぎるのと、渡なべは未訪の宿題店なので最初にベーシックを味わい段階を踏んで限定へ進みたかったから。

それと掟さんの書き込みによれば好評を博した渡なべの限定メニューは再登場するパターンが多いらしいから次の機会でいいやと思ってたのだが、コショーそばの提供は早ければ今夜、遅くとも明日の昼に終了という店主さんの公式アカウントを見て少し気が変わった。それに今は早朝番だから退勤時間が12:30。ちょっと東陽町でウロウロして高田馬場駅に降り立ったのが14:00ちょい前。ラーメン屋へ行くには絶好のタイミングだったし、このまま食わずにいると夢に出るなと思いつつ渡なべに向かう。東京メトロの早稲田側出口からだと徒歩5分未満。なんでこんなアクセスの良い名店に今まで入った事ないんだ。もっと先のやまぐちには数回行ってるのに。

Img_2029

でもこの外観だけは数回拝んでる。その時は飯時でエグい並びだったからパスしちゃった。正に隠れ家的でイイネ。外待ちの客が2人居たけどすぐ中に案内され、俺も外で待ったのはほんの数分。

で、これが問題のコショーそば。

Img_2032

かなり強烈でしょ。S&Bテーブルコショーだったら軽く死ねる刺激だけど勿論そんな事はない。恐らく比較的辛味の優しいホワイトペッパーが多めに配合されてるんじゃないかな。だから辛くて食えないって事はない。でも食い進めていくとジワジワ辛味が効いてくる。そこで改めて麺をすすると嗚呼、中華麺ってこんなに甘かったんだ~とか、箸休めに野菜や肉を摘まむとこっちも甘いな~とか思わされ、なんだか頭がフワフワする。カプサイシンを大量摂取するとエンドルフィンやドーパミンが分泌されハイになるって話はよく聞くけど、この過剰な量のスパイスにも同様の効果が備わっててトリップするんだと思う。正に鼻田香作のブラックカレー系。ハイになりましょハイハイハイハイだ。

それだけじゃなくベースのラーメン(・・つーか限りなくタンメン)が老舗の町中華を思わせる昔ながらの美味さとジャンク感を併せ持っててスパイスとの相性が絶妙。だから市販のチルド麺にS&Bテーブルコショーをアホみたく振りかけたって絶対こういうラーメンにはならない。荒々しく見えて実は繊細という名店ならでは逸品なのでした。

Img_2033

そして完飲完食。順序が逆になっちゃったけど今度来る時はベーシックな醤油ラーメンを食う事にしよう。

2023年4月18日 (火)

マルちゃん ZUBAAAN! 横浜家系醤油豚骨

Img_2020

3袋抱き合わせ販売はパスだけど1袋だけなら買ってみたいと思ってたズバーン家系が地元のダイエーでバラ売りされてたから購入。そうねぇ、家系を冠する商品数あれどこれはちょっと家系っぽさが希薄な印象。つい最近吉村屋直系の環2家へ行ってきたばかりってのも影響してるとは思うけど、お店で食う家系と比較したらコクと濃度が全然足りない。家系風のレベルだな。

それでもこの系統のスープは無条件で飯に合わせたくなる。何時も麺を食い終えたら残ったスープは流しちゃう事が多いけど今回は暫しキープしておき、小腹が減った頃に飯を併せて食らう事に。貧乏臭さは否めずとも、これで2食分まかなえるからリーズナブルだし節食にも有効。

Img_2021

お店で海苔増しすると余計に金かかるが自宅だったら入れたい放題。しかし海苔を飯に巻いて食おうと思ったら半合に対して10枚は欲しくなる。追加トッピングで海苔を頼むと5枚で100円とかするから10枚なら200円。それぐらいケチるんじゃねえよと思われるかもしれんけど相変わらず貧乏性なんでねぇ。そのフラストレーションはこうして自宅で晴らす。すると麺を食ってた時の不満点は払拭され多幸感に満たされる不可思議さ。家系マジックだな。

UFOでソースラーメン

以前ペヤングでは試したがリュウジさんも5年ほど前にカップやきそばのソースを湯に溶いて食うソースラーメンを提唱してて、そっちはペヤングじゃなくUFO。更にソースだけじゃなく味覇を小さじ半分加えるのがミソなんだと。これはちょっと真似したくなり、またノーマルUFO買ってきてハーフで食うかと思ったりしたが、UFOにはこういう便利な商品もある。

Img_2011

安売りのノーマルUFOと値段に大差ないから割高ではあるがハーフ食いは麺を割ったり余ったソースを冷蔵庫で保管したりと色々面倒なので取り敢えずこっちで良いかと。

Img_2012

うん、普通に美味い。但しスパイシー好きな俺はS&Bテーブルコショーを5振りほど加える。それと湯量は2割引ぐらいが適量。パッケージには280mlと書いてあり、それに準じたが250ml程度で麺は充分浸るし少々薄味だったので。味覇も少し加減したけど、この量に対して小さじ半分ぐらいが濃い口好きの俺としては適量だったか。

諸々の教訓を活かしたいのと、UFOプチってふりかけとペラペラチャーシューが入ってないので、気が向いたらノーマルのハーフ食いで再チャレンジだな。

2023年4月17日 (月)

ゆでるからうまい!どん兵衛

Img_2004Img_2008

UFOの袋麺と同時発売されたどん兵衛そばうどん。暫くスルーしてたのだが売り文句にやられて結局追加購入。とにかく2種の味を一刻も早く確認したかったのでハーフの連食と洒落込む。まずはそば。

Img_2005

UFO同様、乾燥ネギ以外の具材は一切入ってない。それはいいとしてもカップのどん兵衛よりうまいの売り文句には異議ありあり。カップと比べたら多少は生そばっぽいが市販の乾麺に全然劣ってるし、あのチープな食感こそがどん兵衛カップそばの長所なのだよ。ハンパな高級志向は魅力を損なうだけ。

続いてうどん。

Img_2009

こちらも具なしだから見た目は寂しい事この上ないが食感はとても良い。つゆは関西風に寄せてるらしく透明感があり、昆布だしも効いてて美味い。完全にうどん>>>そばだな。でもカップと比べたらうどんもカップに軍配。他にも鍋焼きとか冷凍とか色々バリエーションがあるけど、どん兵衛と言えばあの味あの食感が脳内にすり込まれてるからどれを食ってもカップこそ至高という結論に行き着く。美味い不味いじゃなくて根深い習慣性だね。中毒と言ってもいい。それは分かってるのだが新種が出ると買ってしまうんだよな。リピはないけど。

全国味くらべ 赤いきつねうどん

Img_2003

もう買い控えようと常々思ってるのにメーカー側が面白そうな物をジャンジャン出してくるから買わずにいられない。これでまたカップ麺のストックが10個を超えてしまったけど職場飯として食えばいいので問題ない・・と思う事にする。

しかし西日本編ってのは珍しい。これがなかったら何時もの企画物かとスルーしてた可能性がある。随分ざっくりしたカテゴライズだけど本場讃岐辺りの味を目指してるのかね。取り敢えず実食はまだ。順次職場へ持ち込んで消化予定。

完全メシ キーマカレーメシ スパイシー

Img_1925

完全メシの新種が出てたので取り敢えず買ってみた。

Img_1928

欧風カレー中辛の時も書いたけど悪くはないんよ。ノーマルに比べたら栄養価の高い良質な具材が色々入ってるだろうし。ただ、俺含めカレーメシを好む購買層はそれを求めてないのと、味に大差ないならコスパが高いノーマルのキーマカレーメシでいいやってなっちゃう。企画自体は面白いと思うけどね。

ファミマのどんぎつねむすびとザ・クリームパン & さつまいもオレ

画像だけ押さえて公開してなかった飲み食い物ネタ3連発。

Img_1889

ファミマのどんぎつねむすび。これが全くどん兵衛っぽくないんだよな。おあげの自己主張が強過ぎて飯の出汁感があまり感じられないし、酢飯にしちゃえばいなり寿司として美味しくいただけるんだろうがそういう事すると更にどん兵衛らしさが損なわれるから難しい所ではある。取り敢えず再現性という点に於いてはUFOそばめしの方が断然上。

Img_1997

これまたエガちゃんねるに感化されて買ったザ・クリームパン。悪くはないが感想はここに書いたのと全く一緒。甘い菓子パンが好きな人だと評価は全然変わってくるとは思うけど俺にとってはこんな感じ。

ついでにこれも書いとくか。

Img_1848

伊藤園のさつまいもオレ。何処の駅だったか忘れたけどJRのホームにある自販機で売ってて、その時はスルーしたものの妙に気になって行動範囲内の自販機をチェックしたら自宅近くのマツキヨの脇で売ってた。これがすんげえ甘いの。さつまいも食ってる感は十二分に味わえるけど俺には甘過ぎた。どういう物なのか体験出来た満足は得られたがリピはないな。

2023年4月14日 (金)

カップ麺 寸評5連発

Img_1978

まずカップヌードルシンガポール風ラクサ。パッケージ記載通り再販で、何とな~く食った覚えがある。で、メインブログの過去記事を辿ったら2015年の10月に食ってるな。感想はその時とほぼ変わらず。バカ舌だからトムヤムクンぐらい刺激がないと満足出来ないのだ。なお、出来上がりイメージは押さえ忘れた。

Img_1982Img_1983

どん兵衛の新種、ネギ生姜だれで仕上げる鶏塩うどん。どん兵衛の塩味ってのはレアだなと思いつつ購入。大ぶりな乾燥ネギがゴロゴロ入ってるけど風味が飛んでるからネギ感は希薄で生姜風味が勝ってる印象。悪くはない。でも俺はノーマルどん兵衛の方が好き。

Img_1984Img_1987

西友みなさまのお墨付きの期間限定コリアンシリーズその1、スンドゥブチゲラーメン。その名に偽りないコリアンフレーバーが好印象だけど辛味はそれなりでピリ辛未満。まあ辛きゃいいってもんじゃないから有りっちゃ有りか。

Img_1985Img_1988

コリアンシリーズその2、カムジャタンラーメン。これはちょっと掴み所のない味。コリアン風味の豚骨ラーメンって感じなのかな。白い具材はジャガイモ。辛味はないに等しい印象。そもそも俺、カムジャタンの何たるかを知らないので評価のしようがない。不味くはなかったとしか言いようがなく。

Img_1990Img_1991

ペヤングDEAR NOODLE。復刻って書いてあるけど覚えてないなぁ。味は時折全国発売されるペヤングヌードルと何ら変わらない印象なれど廉価商品だから具材から肉を引いてコスト削減を実現してるらしい。ちなみに俺、チキンラーメンとカップヌードルを足して2で割った感があるチープな味わいのペヤングヌードルが結構好きなんだけど、こういう機会でしか買う事が出来ない。首都圏じゃ売れないのかね。

これも味噌と塩も買ってあるけど週明けに職場で消化するから食レポは数日後。

2023年4月12日 (水)

ペヤング アパ社長カレー味やきそば 実食

Img_1979

早速、職場のランチで消化する事に。同梱物はかやくと液体ソースだけかと思いきや、

Img_1980

もう一つ小袋が入ってた。もう少しで気付かずにお湯を注いじゃう所だった。

Img_1981

ふりかけを加える前からカレーのスパイシーな香りが漂う。美味い不味いで言えば美味いの領域ではあるが、俺ってばアパは1回しか泊まった事ないしカレー食ってないし、少し前に買ったレトルトカレーも特徴的な旨味があるわけじゃないから印象に残ってないし、あんまり辛くないから半分食った時点で少し飽きが来た事を白状しておく。

2023年4月10日 (月)

ペヤング アパ社長カレー味やきそば

Img_1976

ペヤングがまたすげえ飛び道具出してきたな。少し前に何故か郵便局で売ってたレトルトのアパ社長カレーとほぼ同じパッケージデザインだが、夜空のイメージがインパクトを更に強めてる印象。

実食後に改めて食レポ書こうと思ってるけど、これに関してはパッケージだけでお腹いっぱいだわ。

少しは上達したか自作チャーハン

Img_1838

ここ最近、自作チャーハンを4点ロック式密閉容器に入れて職場へ持って行く事が多い。以前はとにかく失敗ばかりで全然上達しなかったが最近少し成功率が上がった。成功ってのは語弊があるな。失敗しなくなったと言った方が適切かも。

理由は明白で、飯を炊く前にオリーブオイルを小さじ半分ぐらい加えるから。これはYouTubeでの情報収集の末に俺が出した結論。確かに達人は米に油分なんか加えずとも見事なパラパラチャーハンを作り上げるんだが、仕込み段階でオイルを垂らす料理人も相当数居る。先日仕事で四川飯店の菰田欣也料理長とご一緒した際、菰田さんも中華スープで炊いた飯を炒めるというお話を伺った。中華スープって事は当然油分が含まれてるだろうし、天下の菰田さんが仰るんだから邪道じゃないという事を確信。

それと以前も書いたけどコシヒカリ以外の品種を使う。これまで試したのはササニシキ、青天の霹靂、ななつぼし辺りだけど何れも上手くいった。で、試しにコシヒカリをオリーブオイル垂らして炊いてみたらやっぱりちょっとベタつく。web検索しても同じ事を言ってる人が多いからコシヒカリだけは避けるようになった。普通に炊いて食う分には何も問題ないけどチャーハン作りに向かないのは間違いないみたい。

素系の調味料も使わなくなったな。あみ印の炒飯の素とか悪くはないが塩コショウ醤油&味の素で適当に味付けすれば似たような物が出来上がるんでもういいやと。今日もこれから明日の職場飯用に中華鍋を振ろうと思ってるけど、人に食わせた事ないから他人がどう思うかは謎。酷評されるのが怖いから食わせる気もないし。

大阪王将 金華スープの醤油ラーメン

Img_1970

2日連続で冷凍レンチン麺だが、今日のランチは前から気になってたこいつ。安かったので買ってみるかと。

Img_1971

スープは個別に丼で希釈、麺と具材はレンチンするタイプ。

Img_1975

濃いめ好きな俺は更に濃い口を目指して湯量250mlで。

Img_1972

まずはスープをひとくち。うむ、思ったよりコクがある。醤油が前面に出たタイプでなかなか美味し。麺は見た目イマイチでちょっと警戒させられたがしっかりコシがあり悪くない。冷凍だから仕方ないけどモヤシのクタッた食感が残念ポイントなれど、それ以外は及第点。何処かに突出した個性があるわけじゃないがトータル的に好印象。気が向きゃリピありだな。

2023年4月 9日 (日)

ローソンのもっちチョコパン & ファミマの北海道メロンパン

Img_1954Img_1955

なんかもう俺の食生活の3割がユーチューバーの影響で構築されてる感あるなぁ。またエガちゃんねるに感化され表題の菓子パン2つを買ってきた。公開直後は品薄になったらしいのでエガちゃんねるの影響力も絶大だな。

いずれも確かに美味いとは思ったけどそもそも俺ってスイーツ系の菓子パンはあまり食わないから有難味がイマイチ分からなかったり。むしろエガちゃんってもっちり&しっとり系が大好きな人なんだなって事がよく分かったのと、昔の菓子パンはどれもこれもパサパサしてて飲み物がないと食えなかったりしたけど今じゃ随分進化したんだって事を認識出来た点では有意義な買い物であった。

キンレイの天一レンチン麺

Img_1961

これはローソン限定商品なのかな。少し前に見かけて購入。

Img_1962

中身はこんな調子で、食器を用意する必要がなく実に合理的。こいつを600Wで約8分レンチン。

Img_1963

ビジュアルは天一のこってりラーメンそのもの。麺の柔さがちと残念なれどスープの粘度と香りは再現性が高い。でも本家と比べたらやや薄味かな。それと辛子味噌&辛子ニンニクが入ってなくて寂しい。悪くはないけど、お店で食うか家麺を利用した方が個人的にはサティスファクション。

2023年4月 8日 (土)

箸がない

先週の川崎泊でのお話。ホテルでダラダラ呑んでて小腹が減ったので電気ケトルで湯を沸かし、予め買ってきたカップ麺へ注いだ瞬間に箸を貰い忘れた事に気付いた。しまった!と思ったが時既に遅し。否応なく3分で出来上がってしまうから箸を調達する時間はない。代用品がないか室内を見渡してもめぼしい物はなし。

さてどうするアイフルと思いつつ苦し紛れにリュックの中身を確認したらこんな物が(以下、自宅で押さえた再現画像)。

Img_1918

使い古しのボールペンが1本。何も無いよりマシだと思いつつ更に探索を続けたら、

Img_1919

ビニール袋発見。出先でこういう小袋があると助かる事が多いのでリュックのポケットに数枚常備してたのが功を奏した。

Img_1920

こいつでペンをグルグル巻きにして、

Img_1921

カップの縁に沿わせて麺を持ち上げる。食い難いこと風の如しだが素手で掴むより100万倍マシ。苦肉の策ではあったけど事なきを得たのでした。その後、冷静に考えたら歯ブラシ2本で食うのも有りだったなと。そっちの方がビジュアル的に面白かったかも知れんけど、何しろ慌ててたから思い付かなかったわ。

2023年4月 6日 (木)

日清 麺職人 瀬戸内レモン鶏しお味

Img_1932

麺職人は性に合わないので基本スルーなのだが、限定商品に時折ハートを揺さぶられる。ネーミングにやられて買ってみたがこいつはどうか。

Img_1933

具が貧相なのは廉価商品だから仕方ない。スープは良いな。レモン果汁の酸味が程良く効いた清涼感が好印象。でもやっぱ全粒粉入りノンフライ麺のボソッとした食感がねぇ、これじゃない感満載なのだよ。でも市場から消えないって事はそれなりに支持を得てるんだろうな。まあ好きな人は好きなのかも知れない。俺的にはチープな油揚げ麺の方がサティスファクションだけど。

2023年4月 5日 (水)

今宵の晩酌230405 萬珍樓の三色焼売

今宵の酒のアテは中華街で買ってきた萬珍樓の三色焼売。賞味期限が13日なのであまり悠長に構えても居られない。

 

Img_1931

1個が約35gだから3種を1つづつ食うと約230kcal。市販の冷凍焼売と比べたら少し高カロリー。

Img_1929

これを1分ちょいレンチンし、小野瀬雅生さんリスペクトでこんな事をしたりして。結構難しいんだなこれが。

Img_1930

こいつに合わせるのは成城石井で買った小瓶の紹興酒。ビールも悪くはないけど、紹興酒にすると少しだけ本格中華料理屋の雰囲気を味わえたりして。

比べるのも野暮だが具材の密度が冷凍焼売の2倍でみっちり詰まってる感満載。そりゃあれに比べたらエネルギー量が高いのも頷ける。どれも美味かったけど個人的には豚肉焼売が一番。3個づつ消化すればあと3回楽しめるから13日までチマチマ逝きますか。

2023年4月 2日 (日)

中華街散策と萬珍樓の肉まん

C22e05d61a4a4cd894ab446f69e14ff6

実は俺、横浜中華街とは無縁で生まれてこのかた一度も行った事がない。でも今日はチケット取れなかったクセして夜に名無し連中と飲む為だけに川崎へ泊まるから終演時間まで時間を持て余してるし、折角だから散策してみようかと。

大抵のお店が11:00オープンだからその時間に合わせて行ってみたら日曜という事もあり大変な人出で、まっすぐ歩く事すら出来ない。人気店は何処もかしこも行列だらけ。ガイジンさんも沢山居たな。評判のお店で何か食うのも有りかなと思ってたのだが、一人じゃ頑張っても2品しか食えないから逆に欲求不満が募る。だったら店先で肉まん買って食うだけでいいやと思うに至り、web検索すると常に肉まんランキング上位へ名を連ねる老舗店の一つが萬珍樓。早速お店へ行ってみると、

Dd2b9c7724c84c53893e939a29d5206e

なんか事件現場の見物人みたいになってる。但しこれはオープンを待ってるお客さんだったらしく、11:00になったらみんな店内へ吸い込まれていった。このタイミングなら俺も入れそうだったけど、もう肉まん脳へスイッチしてたので店先のお土産コーナーに直行。

Img_1910

先客が4人ほど居たけどこっちも開店待ちだからほぼ待ち時間ゼロで買えた。でもすぐ後に10人ぐらいの行列が出来てたのでタイミング悪いと結構待たされたりするかも。

Img_1911

450円と割高なれど市販の肉まんと比べたら2倍ぐらいあってボリューミー。で、俺みたいな素人でも一口食っただけで無化調だと分かるナチュラルな美味さ。でもあれだね、コンビニで売ってる化調バリバリの中華まんに飼い慣らされちゃってるから少し物足りなさを感じたり・・なーんて事を書くと山岡さんや海原雄山に罵倒されるだろうな。

これだけ食って帰るのも勿体ない気がしたのでお土産コーナーを物色してこんなのも買ってくる。

Img_1914

三食焼売12個セット。2000円とかするけど多分これも美味いんでしょ。自宅へ持ち帰り酒のアテにしよう。紹興酒でも買ってくるかな。

ラーメンショップ希望ヶ丘店

昨夜横浜のHUBで名無したちと飲んでたら一人ラヲタが居て、希望ヶ丘のラーショが美味かったという。調べたら川崎からだと小一時間かかるのであまり近くないけど時間が有り余ってるので暇潰しに行ってきた。営業時間は7:00からで朝ラーも可能なれどホテルでウダウダしてたら無駄に時間が過ぎ、お店へ着いたのは9:00頃だったか。

Img_1898

最初は空いてたけど食い始める事にはほぼ満席。RDBで高評価とかそういう事はないのだが何処のラーショも地味に人気があるね。

Img_1899

どんぶりからして何ともラーショらしからぬビジュアルで、麺に面影があるけどスープは別物。でもそれが個性となり得てて派手さはないけどしっかり美味い。豚骨ベースで醤油味が強いのかな。なかなかにコクがある。それでいて価格は驚異の450円! 今のご時世、このコスパは賞賛に値する。

Img_1900

半分食ったところでお約束のおろしニンニク&豆板醤投入。いわゆるラーショのスープならこれで馴染みのソウルフードに変貌するのだがここのスープはニンニク風味に覆い尽くされてしまい、余計な事したと少し後悔。でもまあ満足な一杯ではあった。

横浜家系総本山 吉村家直系店 環2家 川崎店

ベビメタぴあアリーナMM公演の為、昨日から川崎にお泊まり中(横浜駅周辺は宿賃が高い)。折角こんな所に来たので横浜家系総本山の吉村家にでも逝ってみるかと思ったりしたのだがTwitterでローカル情報を漁ると行列100人とか3時間待ちとか恐ろしい事が書いてある。

そこまでして食いたくないから別の系列店へ行こうと思って調べたら、ホテルのすぐ近くに吉村家直系店環2家の支店があるみたいなのでチェックイン前に迷う事なく足を運ぶ。

Img_1890

こっちはこっちで並んでたけど外待ち15人前後だから30分ぐらいで入れるかなと思いつつ最後尾へロックオン。ロット毎の入れ替え制みたいになってて運が悪いと結構待たされ、俺は2周目のロットから漏れた為40分ぐらい待ったかな。でも入店してからの配膳は早かった。

Img_1893

こちらはライス無料じゃなく小が100円、普通が150円。家系だと飯も合わせたくなるのでビールはパスして普通盛りのライスを。RDBで食レポをチェックしたらスープが家系としてはあっさりしてるとか書いてあったけど味覚バグってんじゃね??ってぐらい濃厚。これであっさりだってんなら総本山へ行ったら一体どんな物を食わされる事やら。

もうパンチ力がホセのコークスクリュー並みで脳天にガンガン響いて美味かったけど東陽町の武道家賢斗と何がどう違うの?と問われたら、こちとら家系ビギナーなんで上手く説明出来ない。そんな奴だから吉村家で3時間並んで食っても豚に真珠、猫に小判でしょ。

2023年3月31日 (金)

UFOそばめし&本当に焼いたらうまかったUFO

UFOネタ2連発、逝きます。

Img_1847

ファミマの季節限定メニュー、UFOそばめしのおにぎり。なんか既視感あるなぁ、以前も出てたっけと思いつつweb検索したらおにぎりは初めてみたいだけど初期のカップメシでUFOそばめしが出てた。

で、早速食らってみる。うん、UFOのそばめしだねとしか言いようがない味。再現性は高いけどホントにUFOそのものの味だから意外性ゼロ。ただ最近、俺の中でUFO株が下がっててベーシックUFOを全く食う気になれなかったりするのだが、こちらはおにぎりだから美味しくいただけちゃうって事は言える。なんかねぇ、麺の食感が昔と違うのがノット・サティスファイドなのだよ。

そんな訳でカップのUFOは敬遠しがちなのだがこっちはどうか。

Img_1873

日清焼そば同様、フライパンで仕上げる袋麺のUFOバージョン。期待薄ではあるが気になるので買ってみた。

Img_1874

ソースはカップ麺のと全く同じっぽい。麺も同じに見えるが一回り小さめ。で、具は何も入ってない。パッケージを見ると肉やらキャベツやらはお前が用意しろと書いてある。手元に無いし買いに行くのが面倒臭いから具なしで食う事に。しかし焼きペヤングメーカー使うの何時以来だろ。

Img_1876

230mlの水をプレート沸騰させて麺投入。水分が飛んだら火を止めソースを和えて1分強火で最終仕上げという手順。この水分が飛ぶまでに8分もかかった。そんなに長時間煮込んだらフニャフニャになっちゃうのではと心配したが食感はしっかり維持されてた。むしろモチモチしてて美味い。

Img_1877

半分食ったところでまた火を入れて意図的におこげを作ったりしてパリパリ食感も堪能。なかなかに楽しい商品ではあったけど、焼きペヤングメーカー購入直後にカップのUFOを焼きで作るってのも試行済みで、その時と何ら変わらない印象だから新鮮味はない。もう一袋あるので今度は面倒臭がらずにキャベツと肉を加えてみますかね。

2023年3月30日 (木)

鳥貴族のアプリ

ここ一週間のトリキ利用数は3回。何でまたそんなにアホみたく通い詰めるかと言えば、

A1b407bfcd444984a9a4b69eb8530155

これですね。食えば食うほどポイントが貯まりランクが上がったりギフトが貰えたりするから面白がって連日逝ってしまうという。術中にハマるとは正にこの事。しかし名誉ランクの最上位は王様トリッキーじゃなくて貴族トリッキーの方がふさわしいと俺は思うのだが。

さておき折角なので春メニューも試してみた。

Img_1842

鶏レバニラ串。普通のきも(レバー)にニラの細切れをトッピングしただけかと思いきやタレの味が何時も以上に甘く、しっかりレバニラ風になってて好印象。他はボリューム多めの一品料理とスイーツなのでパス。

あと、これも初めて頼んでみた。

Img_1863

とり雑炊。見本写真のネギに怖じ気付いて常にスルーしてたけど今はもうドンと来いだ。しかしなんだって斜め構図で画像押さえたんだろ。酔っ払いのする事はよく分からん(今も酔っ払ってるが)。

Img_1864

独り呑みのアテとしてはボリューミー過ぎる感あるものの出汁がしっかり効いてて美味し。思った以上に肉の細切れがゴロゴロ入ってて胃袋を充分満たしてくれるのに244kcalと思った以上にヘルシー。好感度は高いけど、これ食っちゃうと串物はせいぜい2品しか食えなくなるので毎回食えないのが辛いところ。

春メニューでは旬のニラたっぷりパワーラーメン(320kcal)ってのも気になるのでまた来週辺り逝ってみるか。

7i カレーフェス 銀座デリー監修 カシミール&コルマカレー

Img_1865

セブンのカレーフェスは何日か前に終わっちゃったけど、近所のセブンでは表題のカレーだけが取り残されたように昨日も売ってた。賞味期限は今日の午前3時。これは神の与えたもうラスチャンスと解釈して購入し今日のランチとして消化。9時間程度の期限切れなら何も問題なし。

Img_1866

左のシャバ系がカシミール、右の粘度高いのがコルマカレーですかね。カシミールは確かに辛いけど激辛って程じゃない(個人の感想)。で、これ食った後にコルマカレーの方を食うと甘味も感じられ、その相互関係がお互いを高め合ってて美味い。ちなみにカシミールがあまりにもシャバいので飯の方へかけちゃうと問答無用で合わせ味になっちゃう。それぞれ単体の味を楽しみたければスプーンにすくった飯をカレーに付けて食うのが吉。最後にまじぇまじぇして食ったらそれはそれで美味かったけどね。

結局、俺が食ったセブンのカレーフェス商品は魯珈おにぎり、デリードライカレーおにぎり、魯珈プレート、魯珈ルーロー麺、それとこれ。他にも気になる商品はあったが食わずじまいであった。また期間を置いてやるだろうからその日を楽しみにしましょ。

2023年3月25日 (土)

ダイソーのスキレットでアヒージョ作り

またリュウジさんの動画に感化されて玉子のアヒージョを作ってみる事に。でも俺ってばスキレットなんか持ってない。ホームセンターへ行って適当なのを買ってみるかと思ったが、確か100均にも売ってた筈と思いつつ近所のダイソーへ。そしたら小ぶりのが2種置いてあったので一番小さいSサイズを買ってくる。

Img_1853

これが完成形なれどもSサイズじゃ小さ過ぎた。リュウジさんがオリーブオイルの量は鍋底から1cm程度と言ってたけど、その指示に従い生玉子を2つ落としたらほぼ満杯に。慌てて過剰分のオイルを別容器へサルベージしたら今度は量が足りず普通の目玉焼きみたいになっちゃった。

Img_1854

でもまあ美味い物には仕上がったか。なおトースターで焼いたダブルソフトがバゲット代わり。

余ったオリーブオイルで普通のアヒージョを作ってみようと思いエビやらマッシュルームやら買ってきて試したら、作れなくはないけど深さが足りないので具材がオイルに浸りきらない。ダメだこりゃって事で朝からダイソーへ足を運び、もう一回り大きいMサイズを購入。

Img_1858

Sサイズは内径約13cm深さ約2cmで、Mサイズは内径約15cm深さ約3cm。ちょっとした違いなれど使い勝手が格段に向上。最初からMサイズにすれば良かった。

Img_1861

こちらが完成形のアヒージョ。もう少しオリーブオイル多めの方がフォトジェニックな気もするけど調理する上ではこの程度で充分。しかしアヒージョって湯水の如くオイルを消費する印象が強かったけど実際に作ってみると使用量は思った程じゃない。具材を沢山入れれば水位が上がるから多く見えるだけ。アルキメデスの原理ですよ。

Img_1862

具材を食い尽くしてもこれだけのオイルが残る。目測で70ml前後か。ちょっと足してやれば2回戦逝けるので晩酌のアテもこれで決まり。余った具材を寝かせといたって仕方ないし。

しかし先の動画でリュウジさんが言ってた油で煮るという表現は正に目からウロコ。弱火で100度前後をキープすれば沸騰したお湯で煮てるとの同じ事だもんな。こういう時に使えるのが赤外線温度計なんだけど、少し前にトリガーのスプリングが壊れちゃって手動で引き戻さないと計測結果が分からない。さすが安物だぜ。

2023年3月24日 (金)

オシャーメシ グリーンカレーと炎メシ

最近食ったカップメシネタ2連発

Img_1730

まずはこれ、オシャーメシ グリーンカレーのスープごはん。

Img_1731

程良い刺激と小腹が減った時に最適なボリューム感(230kcal程度)が好印象で、これは幾つか買って常備しておこうと思ってたのだが瞬時に市場から姿を消してしまった。web通販は可能だし多分ある所にはあるんだろうけど行動範囲内では絶滅危惧種。

Img_1836

続いてこいつ、炎(ホムラ)メシ。煉獄さんリスペクトか。

Img_1840

そのネーミングとパッケージ記載の4辛に警戒させられたものの常識外れの辛さという事はなく大辛の一歩手前ぐらいか。辛味と甘味と旨味が良い感じに融合してて美味し。こっちは発売食後だから何処にでも売ってるね。2-3個ストックするのもありありだが最近は買い置きを増やさないスタンスにスイッチしたのと、400kcalオーバーなので追加購入は見送り。その点オシャーメシは手元へちょっと置いとくのに色々と好都合なんだけどな。

ペヤング 超大盛やきそばハーフ&ハーフ東西

Img_1849

webで初めてこれの画像を見た時はフェイクニュースかと思ったけどホントに出してきたのね。しかしパッケージデザインがあまりにもカオス。

Img_1850

側面を見るとこんな感じ。東イメージ赤レンガ、西イメージヒョウ柄という発想が何とも暴力的。

Img_1851

別添のかやくとソースはこんな調子。東のソースやキャベツ&ドッグフードは何時ものペヤングか。ハーフ&ハーフの場合それぞれの味付けとミックスの3種を味わえるのがウリだけど俺は東西個別で食う事に。

Img_1852

これが麺&かやく半量(超大盛りのハーフだからほぼレギュラーサイズ)に西のソースとかつお節を振りかけた西のペヤング。実際に食ってみるとたこ焼きソーズ味のペヤングって感じで結構甘味が強い。これはこれで美味いと思ったけど辛味が欲しかったのでS&Bテーブルコショーをバシがけ。少しは俺好みになったか。

折角だから東のソースを少量加えてミックス味も堪能してみようかと思ったけど圧倒的に西の方がキャラは強いので淡泊なペヤングソースを加えても負けちゃうだろうなと思って試さなかった。リピ無しだが面白い商品ではある。なお、残りの東版は後日消化予定。

2023年3月22日 (水)

ペヤングやきそばトムヤムクンのしょこたん食い

ここに書いたペヤングトムヤムクンのしょこたん食いをハーフで試してみる。カップに赤いオイルがへばり付いて洗うのが面倒だから何時もハーフで食ってるエースコック麺なしわかめラーのカップを流用。

Img_1835

ポッカレモン3ml、ナンプラー3ml、それと辛味も足りない印象だったので持て余してる唐辛子の輪切りを加える。

結論から言えばこれで名作カップヌードルトムヤムクンにグワッ!と近付いた(個人の感想)。今後この食い方が俺的にはマストだな。ただ唐辛子の輪切りはちょっと入れ過ぎ。あれって地味に攻撃力強いからもう少し手加減した方が良かった。

なお、単に俺の味覚がバグってる可能性もあるのでお試しは自己責任で。

2023年3月21日 (火)

天下一品の自販機で家麺

少し前に放映されたマツコの知らない世界でSUGIZOさんが天一のこってりラーメンを美味そうに食うのを観て無性に逝きたくなったのだが、以前から書いてる通り900kcalオーバーのメタボ食なので食うタイミングを選ばないとウェイト増加必至。でも持ち帰りラーメンをハーフで食えば450kcal程度。そんな訳で久々に持ち帰り買おうと思いつつ、築地での診察日に中野ブロードウェイセンターへ寄り道して帰りがけに中野店を訪れたら店頭にこんな物が。

Img_1816

昔は店内に入って注文するスタイルだったけど、コロナ禍の影響もあってオートメーション化が進み今じゃ自販機で買える。実に合理的ですこと。ちなみにお値段は具なしで830円也。お店で食えば具ありで890円だから決してコスパは良くない。まあ冷凍(これは冷蔵)自販機のラーメンってどれもこれも1000円前後するし、24時間買える利便性込みの価格なんだろうな。

Img_1834

パッケージはこんなで全3種あるらしい。ちなみにマツコさんとの熱いトークがキッカケでイメージキャラに抜擢されたのかなと思ったりしたのだが、少し調べたら2020年にはもうCF出演してるのね。全然知らんかった。

Img_1832

ハーフだとこんなボリューム感。以前の持ち帰りラーメンは希釈不要のストレートスープで、麺は別鍋で茹でるタイプだったけど今は1.5倍希釈し、沸騰したスープで麺を茹でるタイプに変わってた。ちょっと不安視した部分もあったが出来上がりは全く問題のないお店クオリティであった。

でも具が無いのはやっぱり寂しい。それならお店で食えばいいんだけど前記通り1000kcal近いからおいそれとは食えない。これを月イチペースとは言えコロッケ併せて食らいつつしっかり体形維持してるSUGIZOさん、やるなぁ。

2023年3月20日 (月)

マルちゃん 名店監修 推しの一杯 ラーメン環2家 横浜家系醤油豚骨

Img_1830

これも最初見かけた時はスルーだったのだが、webでの評判がそこそこ良いので買ってみるかと。

Img_1831

家系の名に恥じぬ濃厚かつパンチ力のあるスープが好印象。ただ、麺が5分じゃ戻り切らなかったのがややマイナスポイント。あと具に貧相なイメージ漂うのが少し損してる。たかが海苔されど海苔で、あと二回り大きめで3枚入ってたら印象は大きく変わったろうに。この辺、家系カップ麺あるあるだな。

自分で海苔増しして小ライスと併せて食えば好感度アップ。また気が向いたら買ってきて次回はそんな感じでいってみるか。

2023年3月19日 (日)

ニュータッチ 新潟長岡 生姜醤油ラーメン オランダ軒

Img_1827

結構前から店頭に並んでるけど、どうもこのパッケージが印象悪くてスルーしてた。何がどうとか明確に説明出来ないんだけど美味そうに見えない、そそられないんだよね。ただ、お店のオリジナルは激ウマという事なので1度試してみる事に。ヤオコーで割り引きセールやってた影響もある。

Img_1829

その名の通り生姜と醤油の香りがブワッと攻めてきて実食前から絶対美味いやつと確信。スープを一口すするとあっさりしつつもパンチがあり、麺は安定のニュータッチノンフライ麺で食感良し。これはホント、パッケージで損してるな。逆にパッケージの完成度ばかりが高くて騙されるケースも多いし、カップ麺に於けるパッケージの重要性を再認識させられたり。

取り敢えずこのデザインと色使いは絶対止めた方がいいと個人的には思う。

2023年3月17日 (金)

冷たいスガキヤラーメンを温ラーメンで食う

Img_1826

ここにちょっと書いたベーシックなスガキヤラーメン買ってきて冷製で食うテストをするより、今手元にある冷たいスガキヤラーメンを温めて食う方が実験としては手っ取り早いので早速試してみる。但し、食えない物が出来上がるのはイヤなのでハーフ食い。

結論から言えばノーマルスガキヤとな~んも変わらない。結局の所、冷製調理しても固形化し難いオイルに差し替えただけで基本的には全く同じ物なんだろうね。残り半分はメーカー推奨通り冷製で食い、改めてノーマルスガキヤで試すのは不毛なのでヤメ。

セブンイレブン カレーフェス 魯珈キーマカレー&ルーロー麺

Img_1813

受診を終え、築地場外で何か食って帰るかと思ったりしたもののセブンカレーフェスのこいつをまだ食ってないので、イートインがあるセブンに寄り道して食うかと思い立ち茅場町で途中下車して実食。相変わらず茅場町駅前のセブンには飲酒禁止の貼り紙がないので遠慮なくマルエフ逝かせてもらう。

Img_1815

レタスやらタマネギやら数年前の俺なら悲鳴を上げる代物がゴロゴロ乗ってるが今の俺はぜ~んぜん平気。それはいいんだけど麺の食感はTHEレンチン麺クオリティだし辛味も足りない印象。不味いとまでは言わんけど魯珈プレートの方が断然俺好み。これなら築地場外で海鮮丼でも食った方がエキサイティングだったわ。残念な香り。

大野屋 おかかおにぎり

Img_1811

今日は築地での受診日だから3ヶ月ぶりに大野屋精米店のおにぎりを食う日でもある。今回は塩むすびの質が分かり易いおかかをセレクト。

Img_1812

これも鮭おにぎり同様、具が中心じゃなく3ポイントにちりばめられた芸の細かいやつ。塩むすびも美味いがおかかも美味いぞ。正に隙がない名品だ。ちなみに今日はおかかにするか昆布にするか悩んだ末におかかをセレクトしたから次回の受診日は昆布を食おう。それを忘れないよう備忘録的に記録。

2023年3月15日 (水)

ペヤング トムヤムクン風やきそば

Img_1806

半月ほど前にリリース情報を掴んでから楽しみにしてたこいつが馬場のドンキに売ってたので即購入。汁あり汁なしの違いこそあれど名作カップヌードルトムヤムクンにまるかのペヤングが何処まで迫れるかカップ麺愛好家的に興味津々。

Img_1807

青のりっぽいのはパクチー粉らしい。でも液体ソースをかけた時点で結構なアジアン風味が香り立つ。味は悪くない。但し酸味と辛味が足りない印象。個人的にはノット・サティスファイドだが、あまり強い刺激を求めない人にとってはこれぐらいが丁度良かったりするのかもね。

で、食ってる最中に思ったのはこれこそポッカレモンとナンプラーを加えるしょこたん流の味変がモノを言うのではないかと。自宅だったら即試すのだが、あいにく職場食いだったので試せず。これは1度チャレンジする価値ありそうだから後日もう1個買ってくる。

2023年3月14日 (火)

カップヌードル 背徳チーズバタークリーミーカレー

Img_1764

どん兵衛、UFOと併せ限定販売された恒例の企画物カップヌードルだけど、余所のブログで好評だったから試しに買ってみる。

Img_1765

うん、チーズの風味が効いててカレーとの相性も良くて悪くない。でもこれって欧風チーズカレーと何が違うの??という疑問符が脳内を駆け巡った事は否定出来ず。更に言えばこれより欧風チーズカレーの方が個人的には好みかな。リピなし。

2023年3月12日 (日)

冷たいスガキヤラーメン

Img_1802

気の早いメーカーが冷麺系の商品を出し始めたけど、これにはちょっとハートを射貫かれた。冷や中かと思ったら冷製スープの冷やしラーメンなのか。どうせあの和風とんこつが冷たいだけなんじゃね?と思いつつも気になるので買ってみる。で、早速実食。

Img_1803

煮込み時間は2分半から3分となってるが冷水で締めるから3分で。スープは冷え冷えで逝きたかったから氷を一片。あと青ネギをひとつかみ。結論から言えば全く想像通りの味であった。それなりに美味いけど、これなら普通の和風とんこつを冷水で作っても同じ事じゃないのかね。取り敢えずこれはこれで消化する事にして、夏場にベーシックなスガキヤラーメンを買ってきて試してみますか。

2023年3月11日 (土)

ホテイの各種缶詰 実食

他の買い置きが減ってきたのでようやくこいつらにも着手出来る。今夜全部食った訳じゃなく一昨日に消化した物も含まれるけど取り敢えず寸評なんぞを。

Img_1776

ホテイと言えば大道はやきとりだけどセブンで見かけた貝のつぼ焼が気になって購入。随分前に貝の串焼きを持ち帰りで買った際、レンチンすると固くなるから加熱はトースターでと店員さんに言われたのを思い出し、

Img_1777

耐熱ガラス容器に開けて加熱。これはこれでやり過ぎると焦げちゃうから加減は必要だが、身が固くならないので加熱の方法としては正解。しかしパッケージに何の貝か記載されてないのが不気味。原材料表をチェックすると、

Img_1780

何だトップシェルって。web検索したら即座に回答が弾き出された。アカニシ貝ですと。まあまあ美味いけど7粒しか入ってなくて300円ぐらいするからコスパ悪し。

Img_1781

次に名古屋で買ってきたからあげ缶。

Img_1782

あまり期待してなかったけど、やはり食感イマイチ。味はさておき唐揚げと缶詰って相性悪いよ。

Img_1800

塩レモン味やきとり。ちょっと味が淡泊過ぎるかな。濃い味好きの俺的にノット・サティスファイド。

Img_1801

柚子こしょう味やきとり。これは塩味と柚子胡椒のピリ辛感が心地良くて好印象。しかしホテイのやきとり缶を別容器へ移してレンチンすると肉が跳ねてシリコンラップを弾き飛ばしたり、サランラップなんか裂けちゃったりする。都度都度レンジの内側を掃除しなくちゃならないのが実に面倒臭い。ラップ二枚重ねが一番の安全策だけど不経済だし、なんか良い対策はないもんかね。

手元にストックしてあるホテイの缶詰はあと6つ。毎日2つづつ消化すれば3日後に完食だな。

サッポロ一番 あさりだし塩らーめん

Img_1787

職場近くのサミットに激しく気になる物が鎮座してて、改めて近所で買うかと思ったのだが他店じゃ全く見かけないので退勤後に買って持ち帰る。

Img_1788

取り敢えず味見的にハーフ食い。何時もより麺が黄色い気がするのはスープの透明感故か。その名の通りあさり出汁の香りが前面にグワッと来て旨味抜群。ただ、貝出汁スープって油揚げ麺とは相性悪いなと思わされたり。やはり、あさりだしの塩と言えば関本製麺のチルド麺が至高だし、あれを凌駕する物ではなかった。

あっさりおだしがおいしい 日清のどん兵衛 季節限定 2種

今朝イオンへ物色に行ったら廉価版どん兵衛の新種が売ってたので思わず購入。いずれも300kcal程度だからつゆを余せば合わせて500kcal前後か。味が気になるので連食逝ってみる。

Img_1794

まず梅わかめうどん。ネーミングがそそるけど実際の所どうか。

Img_1796

具は申し訳程度のわかめと天かす。それに別添の梅干し。つゆだけ飲むと梅感がないので梅の旨味を担うのはこの梅干しひとつという事か。100円以下だから仕方ないけどコクが足りないつーか薄味な印象。

Img_1797

続いてとろろ昆布そば。

Img_1799

こちらは粉末スープに乾燥ネギが含まれ、具はかまぼこ数片と別添のとろろ昆布。こっちもまあまあ美味いんだけどコクが足りない。パッケージにある通りあっさりおだしがコンセプトなんだろうが先の梅わかめ同様、あっさりと言うより薄味なのよ。結局、コスト削減でノーマルどん兵衛には含まれてる何かを間引いた結果なんでしょ。

でも縦型廉価版の肉うどんとかはコクもあって美味いから一概にそうとは言い切れない。一つ言えるのは、この2種よりどん兵衛うどんそばの方が俺は好きだなって事か。

サイゼリヤの冷凍ミラノ風ドリア

Img_1791

この時買った冷凍ミラノ風ドリア、約1ヶ月の保留期間を経て実食。他にも色々と買い置きがあるから随分と時間が経過してしまった。別に特筆すべき事はないけど普通に美味い。むしろこのボリュームで350円というコスパが驚異。しかしサイゼで空いてる時間帯に何か頼むと大抵の料理が瞬時に出てくるから、多分どれもこれもレンチンなんだろうな。安いが正義なので何も文句はないけど。

Img_1792

エガちゃんねるでドレッシングをかけると美味さ倍増とか言ってたので試してみる。おおう、これはかなり面白い味変だ。市販の冷凍ドリアにも使えるテなので今後活用していこう。

Img_1793

更に粉チーズ&タバスコを加えるのが何時もの俺流味変。やっぱドリアはこれよこれ。

なかなかに美味かったが一食600kcal近いのが万年ダイエッター的にネック。数分レンチンして半解凍したら2つに割ってハーフ食いという手もあるから、また気が向けば買ってくるかも。

2023年3月 9日 (木)

セブンプレミアム 飯田商店監修 金の醤油らぁ麺

Img_1784

昨年末辺りから気にしつつも612kcalというエネルギー量がネックになり保留してたセブンプレミアムの飯田商店監修冷凍麺へ遂に手を出した。同時発売の中華蕎麦とみ田監修つけ麺は800kcalオーバーという事で未だスルー。

Img_1785

単純にレンチンすりゃいいんだろと思ってたら面倒臭いシリーズのカップ麺並に注文が多い。かえしはどんぶりに開け、麺を200mlの水で希釈したスープで煮込めば良いだけの話ではあるのだが。

Img_1786

具は一切入ってなくて寂しいのでフリーザーにストックしてた青ネギだけ加える。表面を覆うハンパない量の鶏油のコクと香りが食欲をそそり実に美味い。ただ、俺ってば未だに湯河原の本店へ逝けてないので再現性が全く分からない。こういうタイアップ商品の場合オリジナルとの差異を比較するのが楽しいので堪能しきれない感は否めず。

そんなに気合い入れてないので仕方ないけどOMAKASEの予約が相変わらず取れないからお店訪問は何時の事やら。しかし数ヶ月前まで中華蕎麦とみ田の方は僅かばかりの予約枠が数日間は残ってたりしてたものの飯田商店同様、最近は予約が全然取れなくなってしまった模様。もう1年以上前になるけど1度赴いてミニラーメン&ミニつけ麺を連食したのは正解であった。

2023年3月 6日 (月)

ダイソー 細巻きが簡単にできる型

Img_1768

これが結構使える奴だったのと、web検索したらそれなりに評判が良いみたいなので姉妹品のこいつも買ってみた。

Img_1769

1本分の飯の分量を公開してるサイトが何処にもないので他人をアテにせず自分で計測。白米は炊くと2.2倍に嵩が増すので中子に八分目ほどの生米を入れてクッキングスケールで計ってみると36g。それを踏まえれば2本で半合(75g)ぐらいか。

Img_1770

巻き寿司なら納豆でしょって事で普通のおかめ納豆を買ってきたが、細巻きならひきわりがマスト。う~む、買うべきはひきわりだったかと思ったりしたが、それなら自分で作りゃいいじゃんと思い立ち適当に包丁で叩いて小粒納豆をひきわりにする。

Img_1771

中子へ酢飯をU字型に詰め、その上にひきわり納豆を乗せ、

Img_1772

枠に収めてすり切りの酢飯を加えて上から押しフタでグッと押し込み、

Img_1773

型から出して海苔に乗せる。ストックしてる海苔がおにぎり用で大きさが足りないから2枚使用。これまたダイソーで買ってきた巻き簾で形を整え、

Img_1774

まず1本目は海苔が半乾きの状態で切ろうとしたら切り口が潰れてビジュアル最悪。

Img_1775

ちょっと反省して2本目は海苔がしっとりするまで待ってから包丁を入れたら上手く切れた。サンドイッチするような形なので具がセンターに収束せず、切り口が一文字になっちゃったのがちょっとアレだけど上出来じゃねえの。味も悪くないし。ただ、思うにこれで納豆巻き作るのは難易度高い。鉄火巻きとかの方が簡単に作れるんじゃないかな~と。

しかし作り終わってから思ったのは中子へU字に酢飯を詰める工程は杓文字やスプーンじゃなくビニール手袋して指を使った方がスムーズじゃないかと。次回はそんな感じでリベンジするか。あとこれも一応書いておくと細巻き2本に使った納豆は1パックの半分ほどであった。使い切るなら4本作らないとダメね。

2023年3月 4日 (土)

セブンイレブン カレーフェスの魯珈カレー

Img_1750

セブン愛好家には説明不要なれど現在カレーフェス開催中。手始めに買った魯珈のおにぎりが結構美味かったので世評が気になりSNSで語句検索。すると、こっちもやたら評判良かったので買ってしまった。

Img_1759

魯珈プレート。税込み723.60円にエネルギー量796kcalと値段もカロリーも高い。でもまあ、たまにはコンビニカレーを堪能するのも良いかなと。

Img_1761

これが思った以上に美味くてしっかり辛くて好感度高し。ただ、こういう小洒落たあいがけカレーをほとんど食った事のない奴なので攻め方がイマイチ分からない。アーモンド型のライスを崩してグチャグチャに混ぜて食うのは絶対違うし、とは言え付け合わせのほうれん草やニンジンをどのタイミングで消化していくのがベストなのかが掴めない。結局、最後の最後はグチャグチャに近い状態になっちゃってどうにもこうにも自己嫌悪。ただ、お店には行ってみたくなった。恐らくコンビニカレーより格段に美味いだろうし。

そう言えばセブンの魯珈シリーズには汁なし麺もあるんだよな。気になるのでフェスが終わる前に1度食っておくか。

別れのSiO

少し前までディスカウントストア辺りじゃ118円とかでよく叩き売りされてたカップヌードルSiOだが最近さっぱり見かけなくなった。ねぎ塩との世代交代をメーカーが正式にアナウンスしたって事はもう製造が終了してるんだろうな。

今ならまだある所にはある筈なので地元のドラッグストアを中心に巡ってみたら5-6店舗目で大量の店頭在庫を発見。価格も1個138円とリーズナブルなので買ってきた。

341

賞味期限が7月までだしアホみたいに買い込むとまた持て余すし、別れを惜しむには5個もあれば充分かなと。しかしこれにもネギ克服以前は随分お世話になったけどSiOと言えばこっちの方が断然ポイント高かったので言うほど強い思い入れはなかったりする。でもまあ無くなっちゃうのは寂しいので、7月まで勿体ぶってチマチマ消化していくつもり。

2023年3月 3日 (金)

人押し君と一押しくん

やまやに680円で売ってた人押し君だけど、あまりの使い勝手の悪さに辟易して2.7Lのジムビームを飲み干した時点でお蔵入り。その後リュウジさんのバズレシピを観返したら、あの茶番に登場するポンプの方が少しだけ使い勝手良さそうな感じ。

色々調べたらあれは一押しくんという、名前が似てるけど全くの別物。人押し君との最大の相違点は押したポンプがスプリングで戻る事とノズルの位置が固定な事(人押し君は上下するノズルに合わせてグラスも追いかけなくちゃいけないのがバカみたい)。これが業務用なので店頭販売しておらず、通販では買えるのだが安くない。価格は業者によってまちまちだけど2-3000円する。先の人押し君も業務用だが、やまやって業務スーパーに近い存在だから小売りしてるんだな。

気にはなるけど2000円も出す気になれない。で、しつこくweb検索を続けてたらジムビーム4Lボトル2本買えばオマケに付けてくれる業者を発見。う~む・・さすがの俺もジムビーム8Lは持て余すなぁ。でも2.7Lを10日そこそこで消化しちゃったから1ヶ月もあれば飲み干せるか。背に腹は代えられん!って事で購入を決意。

331

いや、このスケール感にはちょっとビビる。ちなみに大きさの対比でエヴァンを傍らへ置いてみた。1.75Lのデカボトルが小瓶に見えるぜ。

332

で、これがお目当てのディスペンサーポンプ。SUNTORYのロゴが付いてる事を除けば一押しくんと作りは一緒。

333

早速実装してみた。やはり思った通り人押し君よりは気が利いてる。但し初老男の小便並に切れが悪く、ちょっと刺激を与えるとポタポタ垂れてくるのでマメに拭いてやる必要あり。

これもweb検索で分かった事だけどノズルがもう少し長い物も存在する。確かにこれだと少し短くてグラスを傾けないと注げない。ひょっとしたら現行はノズルが長い改良品で、短いのは古いバージョンだからこうやってオマケに付けて処分してるのかも。

これ、2.7Lにも使えるのだがその為にはホースを切らなくちゃいけない。切ってしまえばもう4Lには使えなくなるのでちょっと困る。とは言え4Lボトルなんてそうそう買わないからなぁ。悩むぜ。

【追記】
以後この4Lペットボトルを使い回せば良いという事をリュウジのバズレシピで学んだ。よってホースは切らずに現状維持。

2023年3月 2日 (木)

エースコック いか天ふりかけ付き焼そば めん90g

Img_1744

カップ麺ネタをもう一丁。それまでの角型カップから丸型に変わり、麺量が130gから90gに間引かれた事で一部愛好家に非難されてるみたいだけど万年ダイエッター的には好都合。つーかダイエッターがカップ焼そばなんか食うなよ。

Img_1745

これがあんまり美味く感じられなかったんだよな。あとパンチが足りないのでS&Bテーブルコショーを振りかけたら全然合わない気がしたし。大手カップ麺系ブログのレビューによれば味は以前と何も変わってないという事だから、たまたま俺の体調が悪かったのかもしれん。

これでまたストック分のカップ麺を食い尽くしたので暫しの休息。今月中旬発売予定のトムヤムクン風ペヤングやきそばが出るまで大人しくしてるつもりだけど、予告なしに気になるのが出てきたら結局買っちゃうんだろうなぁ。

日清 蒙古タンメン中本 海老味噌

Img_1742

昨夜のディナーはこいつ。新発売みたいな形でセブンに売ってたけどこれを再チェックするとフタが手元にあるから再販か。セブンの中本シリーズにはありがち。

Img_1749

フタがあるって事は過去に食った筈だけど全く印象に残ってない。で、改めて食ってみると突出した部分がない感は否めず。海老の風味が強烈って事もなく辛さはそれなり・・と思ってしまう俺も味覚がバグってる可能性は否定出来ない。取り敢えず辛いの苦手な人は止めといた方が無難な辛さではある。

これならベーシックな蒙古タンメンの方が俺好み。どうも中本カップ麺のアレンジ版は当たりが少ないねぇ。

2023年3月 1日 (水)

サッポロ一番 塩らーめん 利尻昆布だし仕立て

Img_1700

一週間ぐらい前に食ったこいつの事も書いておくか。同時にポロイチみそのアレンジ版が出てたけど俺は生粋の塩派なのでそっちはパス。

Img_1701

原材料にとろろ昆布とは一切書いてないけどスープの色とトロみがとろろ昆布を彷彿させる。まあこれが利尻昆布仕立てなんでしょ。昆布だしのポロイチ塩という売り文句だけで充分美味いし実際に食っても期待を裏切らない。ただね、毎回書いてるけどポロイチは袋麺こそが至高なのだ。ある意味、カップ麺の限界を体感出来る一品とも言えるな。

カップヌードル ねぎ塩

Img_1743

2年前なら絶対買わなかったけど乾燥ネギに関してはもう全く抵抗がないのと、一説によればSiOのリニューアル版と言う事なので買ってきた。同時にUFOねぎ塩牛カルビってのが出てるから俺は企画物だと思ってるのだが。

Img_1746

これは面白い。欧風のSiOを思いっきり和風へ舵切った感じで、3分待って蓋を開けるとネギの香りに加え炭火焼鳥みたいな香ばしさが立ち込める。別添の鶏油も美味し。これはかなり気に入った。個人的にはSiOも好きだから、あれに取って代わられるのは寂しいけど杞憂に過ぎない気がしてる。

【追記】
あれま。リニューアル説はホントだったらしい。さらばSiO。取り敢えず店頭在庫を幾つかストックしておこう。

2023年2月27日 (月)

砂町銀座商店街 あさり屋さんのあさりご飯

Img_1732

砂町銀座商店街の西側入口付近にこんなレトロ自販機が佇んでる。投入口にテープも何も貼られてないからひょっとしたら現役なのかも知れないけど電池なんか要らないし飲まれちゃうのもイヤなので画像へ収めるのみ。で、今日こちらへ来た目的はと言えば、

E55a9179524942469527d51614622331

Img_1738

可愛い可愛いあさり屋さんのあさりご飯(小)。少し前までは300円だったらしいけど物価上昇に勝てず今は350円。それに孤独のグルメSeason2の時みたいな後乗せタイプじゃなくなっちゃったらしい。

季候も良かったのでその辺の公園で食うかと思ったらすげー冷えっ冷え。こりゃレンチンした方が美味いに決まってるって事で数口食ったら職場へ戻る。見た目は変わらないからレンチン後の画像は割愛するけど、勿論アツアツで食えば美味さ9割増し。あさりの貝出汁のみならず昆布だしも効いてて美味い美味い。あと生姜が良いアクセントになってる。

かなり気に入ったけど職場から砂町銀座商店街までは徒歩15分近いのでホイホイ買いには行けないな。まあ、今日はあさりご飯の日だ!って気分の時にテクテク歩いて行くのがスペシャリティあって良い感じかも。

2023年2月26日 (日)

日清ラ王 トリュフ トリュフゥ トリュフゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥ

Img_1711

これは見た瞬間どスルーだったのだがしょこたんのYouTube動画に感化され買ってしまった。インフルエンサーの影響力という物を肌身に感じる、つーか単に俺が踊らされ易いだけか。

Img_1712

うう~ん・・ やはりスルーした俺の判断に間違いはなかった。いや、決して不味くはない。でも500円は高過ぎでしょ。そもそも俺ってばトリュフなんぞピザにちょっと乗ってる欠片ぐらいしか食った事ないから思い入れ皆無だし、そもそもトリュフの何たるかもよく分かってない。トリュフ好きなら感動レベルか知らんけど、俺みたいな貧乏人は安売りのカップヌードル4個買った方が幸せになれるわ(個人の感想)。

2023年2月25日 (土)

映ちゃん寿司 再び

この時に買ったタマノイすしのこを持て余してて、また握り寿司でも作ってみるかと思ったりしたもののシャリを握るのが超下手クソ&面倒臭い。で、俺みたいな奴にうってつけの便利グッズが100均に売ってた事を思い出す。

Img_1714

ダイソーのにぎり寿司が簡単にできる型。品薄なのか需要がないのか分からんけど5-6店舗巡ってようやく出会えた。こいつを使えば五貫分のシャリがホイッと作れちゃう。しかし型から出すのに難儀するのではと思ったら、

Img_1716

こうして押し出せる作りになってる。至れり尽くせりだ。

Img_1715

ネタはこんなの。しかし高えな。いくら軍艦なんかも作っちゃおうかと思ったりしたが殺人的に高かったのでパス。コスパを考えたらパック寿司を買うか、はま寿司にでも食いに行った方が断然安上がり。結局、寿司の自作なんてのは金払って楽しむ遊びみたいなもんだね。

さておき100均グッズの実力を早速試してみる。取説に習って水で濡らした型へ酢飯を詰めて上からフタでちょいと押してやると、

Img_1718

おお、素晴らしい! 何の苦労もなく五貫のシャリが出来上がった。ちなみに手前の2つは半合の飯を炊いたら少し余ったので追加で作ったやつだけど分量が足りず、しっかり押せなかったので型が崩れた。炊いた飯が半合だから、これだと六貫半って事か。そこから適量を弾き出すと一合で13貫。五貫ジャストに収めるなら0.4合ちょいだな。

Img_1719

これに先のネタを乗せれば出来上がり。赤身とシャリの量的バランスが悪いのはご愛敬だけど味は決して悪くない。ネタがあと五貫分残ってるから先のデータを元に約0.4合の酢飯で消化しましょ。

しかし今回は高く付いたが夕方以降の割引セールで盛り合わせのお造りなんかを買ってくればネタの費用は半分以下に抑えられる。バラエティも豊かになるし次回はそんな感じでいってみよう。

2023年2月24日 (金)

日清 麺屋一燈 東京濃厚魚介鶏白湯飯

Img_1704

以前もローソン限定で出てたカップメシのリニューアル商品だけど変わったのは恐らくパッケージのみ。

Img_1710

相変わらずリゾットっぽくてビジュアルこそイマイチなれど侮れない美味さ。スープのクオリティが高いんだな。一燈のカップ麺スープに飯を投入しても同じ事と言ってしまえば身も蓋もないが、小腹が減った時に熱湯を注いで5分で食える手軽さとエネルギー量400kcal程度の丁度良いボリューム感が個人的に好印象。これはリピありだな。

2023年2月23日 (木)

「どん兵衛」×「ラーメンスープ」、やってみたらうまかった。

Img_1703

カップ麺のストックを食い尽くしても気になる新種が出れば買っちゃうのでゴールはない。それでも以後は厳選しようと思ってるのだが、これは気になる度数が高過ぎるからどんなに厳選しても網に引っかかっちゃうやつ。

Img_1705

うどんにラーメンスープって事は中華麺に和風つゆの鳥取スラーメンみたいなもんかと思いつつ食ってみるとラーメン感は希薄。鶏油ベースとは言え鰹だしを効かせた和風仕上げのスープなので何とも不思議な味わい。沖縄のソーキそばなんかを彷彿とさせるかも。それなりに美味いし面白いアプローチだったけど、また食いてえと思える程にはハートを掴まれなかったな。

2023年2月21日 (火)

To week DIET こんにゃくヌードル

Img_1655

頂き物のこんにゃくヌードルだけど、大昔に食った別物が全然美味くなかったので1ヶ月ほど放置。賞味期限が近付いてきたから観念して食ってみる事に。

Img_1656

いや、ちょっとビックリした。麺を開けた時はこんにゃく特有の匂いがキツくてどうなる事やらと思ったけどスープの完成度が高いから美味しくいただける。味覇だの七味だの加えればパンチ力も増して文句なし。これで35kcalは凄い。人間ドック受診が近付いたら個人的に買いたくなるレベル。

この味噌スープと一緒に鶏スープってのを貰ったんだがどっちも美味し。こんにゃくヌードルの世界はここまで進歩したか。正に目からウロコ。

2023年2月20日 (月)

エースコック 麺なしわかめラー 箱買い

Img_1699

相変わらず行動範囲内で全く見かけないがweb通販は可能なので箱買いしてしまった。送料分割高なれど近所を車で探し回ればガス代が飛ぶから結局は同じ事。

ちょっとだけ割安の24個でも良かったのだが今回は取り敢えず12個。メーカーアナウンス通り定番化したのなら今の品薄状態も一過性の物だろうから慌てる必要なし。

2023年2月19日 (日)

ジムビームの2.7Lデカボトルと人押し君

Img_1698

近所のやまやにリュウジさんが茶番で使ってるポンプの類似品が売ってたのでジムビームのデカボトルと一緒に買ってみる。

これが全然気の利かない奴で、ほんのちょっとでも引き上げて押し下げると酒がピュッと出ちゃう。早漏野郎め! それとワンプッシュ30mlらしいが俺ぐらいになると目測で分かるから無用の産物であった。折角なのでこの2.7Lを飲み干すまでは使うけど以後はダイニングキッチンの引き出しで死蔵だな。

やはりコーラ割りならエヴァンでもジムビームでも同じ事。ただ、ビックリするほどの価格差は無いのでメインをジムビームに切り替えたりしない。たまにゃ水割りで逝きたいし、そうなると差は歴然なので。

ファミマル 明星 元祖スタミナ満点らーめん すず鬼

Img_1679

SUSURUさん絶賛のスタ満だけど、どうも俺はお店で食う気になれない。ボリューム有り過ぎなのも一因なれど大ぶりのタマネギがゴロゴロ入ってるのがね、一応克服したとは言えまだ抵抗感あるのだよ。八王子ラーメンぐらい小さく刻んであれば問題ないのに。

でもカップ麺はそんな事ないみたいだし気になったので買ってみる。

Img_1680

ふむ、パッケージ記載通り豚とニンニクと醤油の主張が強いカップ麺。とは言えお店のオリジナルとは別物なんだろうなという雰囲気がひしひし伝わってくる。でも前記通りお店へ逝く気になれないし、悩ましいところではある。こういう時の強い味方、宅麺.comでも利用してみるか。

2023年2月18日 (土)

暗殺者のパスタを自作してみる

一部巷で評判の暗殺者のパスタを試してみた。レシピは多方面に転がってるけど取り敢えずリュウジさんの動画を参考に。

Img_1686

乾麺にちょいと水を垂らして焦げ目を付けていくのだが、ポキポキ折れちゃうのでヘラの力加減が難しい。

Img_1687

これが完成形。う~む、俺の腕が悪いのかも知れんが言うほど美味くなかった。調味料は指定通りだから焦がしの行程に問題ありか、そもそも暗殺者のパスタと相性が悪いのか・・

しかし先の動画の刻みニンニク保存法が目からウロコ。あと、余ったホールトマトは冷凍すべしというのも勉強になった。それに習って300g程のトールトマトが冷凍睡眠してるけど何に使おうか。ハンバーグ煮込みなんか良さげだから後日試してみましょ。

2023年2月17日 (金)

今宵の晩酌230217 エナフ レバーパテ

Img_1690

これと同時期に買ったから4ヶ月前か。他の買い置きや買い足した麺類の消化に追われてなかなか着手出来なかったが、ようやくカップ麺を食い尽くしたし他のストックも減ってきたから満を持してこいつをアテに一杯。

Img_1691

前回は当たり前田のクラッカーだったが今回はひとりリッツパーティー。何時もB級グルメばかりだけど、たまにゃこんな洒落た肴も良いもんだ。

最近ウイスキーはゼロカロリーコーラで割って飲むパターンが多い。口当たり良いけど俺は1:2位の比率で割るから日本酒並のアルコール度数。しかしコーラで割るとジャックだろうがアーリーだろうが違いが分からないので主にエヴァンウイリアムズを買ってる。でもこういう飲み方ならジムビームで充分かも。

ローソン からあげクン 辛辛魚味

Img_1689

早速、例のブツを試してみた。辛さ注意って書いてあるけど、そんなに辛くはないね。ピリ辛の少し上ぐらい。で、魚粉の香りがしっかり辛辛魚してて好印象。

これ食ったのが昼前で、仕事を終えて夜に帰宅したらどうにも腹具合がおかしくて用を足したら尻が辛えの。体感以上に攻撃力が強く、ボディブローの如く胃腸へダメージを与えるあたりも辛辛魚らしい。

2023年2月16日 (木)

寿がきや 辛辛魚 2023版

Img_1684

本年度版が出てたので買ってみる。でも最近はウエルシアとかへ行けば年中売ってるから有難味ねえな。

Img_1685

以前は粉末スープの量を加減して食ってたけど昨シーズン辺りから全量入れて玉子つけってのが俺スタイル。ちなみに麺を食い尽くそうとしたら玉子1個じゃ足りないから2個消化。これで気持ち良く完食出来る。で、スープは残すしかない。飲んだら100%腹壊すのが分かってるんで。

余所のレビューを見てもみんな完食完飲したら腹壊したって書いてる。なのに美味いから止められないと。気持ちは分かるが俺は玉子のサポートがなくちゃ怖くて食えんわ。

ところでローソン覗いたらからあげクン辛辛魚味ってのが出てるのね。ちょっと警戒してスルーしたけど、Twitterで情報収集したら大して辛くはないらしいので明日辺り試してみるか。

鍋風わかめラーメン3種

Img_1631 Img_1657

Img_1666

麵なしわかめラーと同時発売された3種のわかめラーメン、1週間程かけて全種食ったので寸評なんぞを。

Img_1632

まずごま豆乳鍋風。これは良かった。スープが全然別物なのにベーシックなわかめラーメンの良い所もしっかり味わえる。今まであまり考えた事なかったけど麺も完成度が高く個性的なんだな。

Img_1659

次に海鮮チゲ鍋風。こちらはスープの自己主張が強烈でわかめラーメンらしさと言えばわかめぐらいしか残ってないという。でもまあ美味かったけどね。チゲ鍋好きには良いかも。

Img_1667

最後は鶏白湯鍋風。なんかコクがねえな、味薄いなと思ったら底の方に溶けきらなかった粉末スープが固まってた。それもあるし、仮にしっかり粉末スープを溶かしてもコク不足感は否めなかったと思う。そもそも粉末が溶け難いってのはかなりのマイナスポイント。

そんな訳で私的評価はごま豆乳鍋風>海鮮チゲ鍋風>鶏白湯鍋風であった。しかし麺なしわかめラー、馬場のピーコックストアは完売しちゃったし何処にも売ってない。ローソンのはまだあるけどあれって割高だからなぁ。やはりみんなが待ち望んでたという事で品薄なのかね。

【追記】
溶けきってないスープで結論付けるのも違うと思い鶏白湯のみ再チャレンジ。うん、しっかり溶かせばコク不足って事はなかった。でも私的ランキングに変動なし。ちなみにこの鶏白湯、パッケージには粉末スープを麺の上へ開けて熱湯かけろって書いてあるけど、スープ後入れでしっかり溶いた方が失敗しないと思う。

2023年2月15日 (水)

はま寿司の炙りたまごチーズ

Img_1683

そこそこ飲み食いして良い気分になってる時、目の前の注文用タブレットPCにこいつをアピールされて無視出来ず追加購入。

Img_1682

今日まで回転寿司の邪道キングはハンバーグ握りだと思ってたのだが、これもなかなかに強烈で一貫食ったら残りを画像に収めたくなってしまったよ。シャリは半分に抑えたけどチーズマヨが乗ってるから一皿150kcal前後か。それでもジャンク感が好印象だったので、以後はま寿司の締めはハンバーグ握り&こいつで決まり。

2023年2月14日 (火)

サイゼリヤ呑み 再び

Img_1673

今日も退勤直後、東陽町イースト21のサイゼに寄り道。

Img_1677

今宵の布陣はデカンタワイン白、ポップコーンシュリンプ(215kcal)、ムール貝のガーリック焼き(170kcal)。これで税込み900円。安っ! 加えて1番人気のミラノ風ドリア(300円)を逝ってみようかと思ったのだが521kcalもあるので今日はパス。仕事帰りの一杯ならこれぐらいが個人的には丁度良いボリューム。

程よく酔えて腹も満たされ、気持ち良く店を後にしょうと思ったら冷凍ミラノ風ドリアってのが持ち帰り出来るみたいなので会計時に購入。

Img_1678

ついでにドレッシングも買っちゃった。どっちも思った以上にボリューミーだな。賞味期限は長いから慌てず騒がず消化していく。

セブンプレミアム 最高に面倒で、最高にうまいラーメン。特濃芳醇みそ すみれ

Img_1670

セブンの面倒臭いカップ麺シリーズ第2弾が出てたので買ってみる。

Img_1671

手順さえ把握すれば難しい事はないのだがホントに面倒臭い。

Img_1672

面倒な行程が多いから湯戻し時間は1分マイナスした方が良いかも。あと、スープも少し冷めちゃうので2-30秒レンチンの最終仕上げ推奨。画像の通りラード量がハンパないからレンチン仕上げすると麺を食い尽くすまでアツアツ感を満喫出来る。

第1弾の家系同様、これもカップ麺の常識を覆す完成度を誇るが400円オーバーで具無しってのは貧乏人的に納得いかない。やはり俺的には話のネタぐらいの価値観しか見いだせなかったり。

2023年2月12日 (日)

マルちゃん 赤い天ぷらそば 緑の天ぷらうどん

Img_1556 Img_1618

少し前に食って画像だけ収めておいたこいつらの事も書いておくか。

Img_1559

まず赤い天ぷらそば。ビジュアル的にどうしても赤鬼どん兵衛と比較してしまう。そもそも俺はどん兵衛派だから両天秤にかければどん兵衛へ軍配。不味くはない。ただ、どん兵衛の味に飼い慣らされてるだけ。

Img_1619

続いて緑の天ぷらうどん。これはいいぞ。つゆがあっさり関西系で、あおさの香り漂う揚げ物と見事にマッチしてるし、どん兵衛とのキャラ分けもしっかり出来てる。リピありだな。東大和のジェーソンに山積みされてた筈なのでストックしておこう。

2023年2月11日 (土)

FEED Me Orange

Img_1641

地元のいなげやにこんな自販機が。年末にも見た覚えがあるけどそれ以前は無かったと思うので設置されたの結構最近じゃないかな。

Img_1642

金を投入すると生搾りオレンジジュースが出てくるんだと。ちなみにお値段は1杯500円。安くはないね。とは言え500円をケチる俺様じゃない。好奇心にも背中を押され1度試してみる事に。

Img_1643

おお、機械が動き始めて俺のジュースを作ってくれてる。これは見てて楽しい。

Img_1645

約1分でフタ付きのカップ入りジュース完成。勿論フレッシュそのもので美味し。ただ、どれだけ需要があるか疑問ではある。web検索したところ都内数10箇所に設置されてるらしいけど採算合ってるのかね。

2023年2月10日 (金)

サイゼリヤで呑む

どうも最近、仕事帰りに寄る店と言えば鳥貴族か回転寿司って感じでマンネリ化してるから新規開拓をと思いつつ、ふと思い出したのはサイゼリヤが一杯やるには色々と好都合な店だというweb記事。そう言えば少し前に観たエガちゃんねるでもサイゼのメニューを紹介してて気になるのが幾つかあったっけ。

サイゼなら職場のすぐ近くにあるので退勤直後に寄り道。

Img_1633

駅からちょっと離れた立地という事もあり、客入りはそれなりで呑兵衛的にも居心地が良い。さて、何を食う。

Img_1636

イタリアンならエスカルゴは欠かせまい。

Img_1635

エガちゃん絶賛の青豆も絶対に外せない。しかし改めてサイゼ回のエガちゃんねるを観返したらここ1年でマイナーチェンジされたらしく、ベーコンの代わりにチーズがトッピングされてる。

Img_1637

これも気になったので注文。HUBのラムケバブみたいなもんか。取り敢えずこんなもんかと思いつつ注文書を渡し、いち早く届いた生ビールを呑みつつメニューを眺めてたら、

Img_1634

ワイン安ぅ。エスカルゴにはこっちの方が合いそうなので追加注文確定。

Img_1640

少し待たされるかな~と思ったのに注文から10分足らずで全ての注文品が到着。そのタイミングで追加注文したグラスワインも1分そこそこで届いた。素晴らしい見事だ!(by猗窩座)。

青豆は確かに地味ながら温玉とチーズのサポートが効いてて美味し。これで200円は激安だ。アロスティチーニは別添のやみつきスパイスが全て。これ無しだと結構臭味があるんだけどスパイスをちょいと付けて食らえば欠点は完全に払拭されてしまう。でも個人の感想を述べればHUBのラムケバブに軍配。その辺の事もあってかエガちゃんの点も辛かったし。

エスカルゴも安ワインへ合わせるには良いアテだと思った。店内には終始カンツォーネかなんかが流れちゃって、400円のエスカルゴと100円の赤ワインでイタリア~ンな気分を充分に満喫させてくれたり。うん、貧乏な呑兵衛に高評価なのも納得。

入店から会計まで30分足らず。お会計は1500円也。生ビールをデカンタワインへ置き換えれば僅か1300円という事か。それでいて腹は満たされしっかり酔える。下手な居酒屋より優秀だぞ。他にもそそられる一品料理が目白押しだから退勤後の一杯は暫くサイゼ比率が高くなりそうな予感。

ペヤング たらこやきそば

Img_1624

痛風が怖くて魚卵系を避けてきた時期が長かったけど最近は普通に食うようになっちゃった。とは言え毎日じゃないし、たまに明太おにぎり食うぐらいなら平気だろと。初めてペヤングがたらこやきそば出してきたのは確か10年ぐらい前だったと思うが、あの時はスルーしたっけ。今回は欲望の赴くままに購入。

Img_1629

ペヤングの変化球シリーズは5点評価で2-3点が多い印象なれどこれには4点を献上したい。たらこと謳いつつ辛味が効いてて明太っぽいんだけど明太とはやや異なる不思議な味。ちょっと気になってメインブログの過去記事を掘ったら5年前に同じ事を書いてらぁ。

2023年2月 9日 (木)

日清 出前一丁どんぶり 雞蓉味

Img_1617

ここ最近、各メーカーがこぞって手を替え品を替え新作を打ち出してくるからカップ麺フリーク的に休むヒマがない。まだ人間ドック受診まで時間があるとは言え、何処かのタイミングで折り合いを付けなきゃと思っているのだが。

特に老舗定番商品の変化球攻めには弱い。俺、不勉強で全然知らなかったけど香港あたりじゃ出前一丁がシェアNo.1なんだ。多分、袋麺の方だろうけど。

Img_1620

雞蓉味って全然ピンと来なかったが中華フレーバーのよく効いたチキンスープって感じかな。これにごまラー油入り液体スープを加えると一気に出前一丁風味へ変貌する。そんなに量は多くないのに全体の印象を変えてしまうごまラー油の強烈な個性を再認識。もうプレーンなインスタント麺へ加えると何でもかんでも出前一丁になってしまうのでは思わされたり。そんな単純な物じゃないだろうけど。

それなりに美味くて好印象ではあったが、ここまで出前一丁風味が強いとベーシックので良いじゃんと思ってしまう事も確か。やはり定番は定番、変化球は変化球だな。

2023年2月 8日 (水)

ローソン限定 まさかの麺なし わかめラー わかめ6.3倍

Img_1615

今日は午後出社なので朝から映ちゃん号で近場のローソンへひとっ走り。店のイチ推しみたいな扱いで山積みされてたから取り敢えず2つ購入。

Img_1616

これもクッキングスケールを駆使してハーフ食い。全量食うとイヤになっちゃうボリュームなれど半分なら丁度良い。ラー油がカロリー稼いじゃうのでエネルギー量は1食あたり79kcal。ハーフなら40kcal足らず。

基本的にはごま・しょうゆ味へラー油が加わっただけの印象で割安感もない。これならベーシックなわかめラーにS&Bのラー油をかけても同じ事だな。

ついでに近所のスーパーを幾つか巡ってみたもののわかめラーは見つからず。昨日買ったのも高田馬場のピーコックストアだし、多摩地区上陸は数日後か。

エースコック 麺なし わかめラー 復活

Img_1613

一昨年前まで春先限定販売されてた麺なしわかめらーだが昨年は売っておらず、つい最近知ったんだけど紙箱入り12袋セットってのがweb限定発売されてたのね。今はもう完売して入手不可で、あれまぁと思ってたら待望の復活を遂げた。しかも定番商品化したとの情報も。

こいつの強みは一食あたり僅か46kcalという驚異のエネルギー量。俺はこれを二分割してハーフで食うのだが、

Img_1614

それでもこのボリューム感。小腹が減った時に食らえば小一時間は飢えをしのげるのでダイエット食に超最適。更にS&Bテーブルコショーやオイスターソース、ミツカン酢やハイミーなんかを加えればパンチ力倍増。初夏の人間ドック受診へ向けて買い占めたくなる逸品だ。

今ならローソン限定でわかめ6.3倍のラー油入りってのも売ってるらしいので買いに行くかな。

2023年2月 7日 (火)

マルちゃん でかまる 辛麻辣 海老ニンニク味マゼソバ

Img_1610

SUSURUさんがオリジナルを食った後にお店でこれを食らう動画に触れ、まあ立場上悪口は絶対に言えないだろうなとは思いつつも美味い美味い言いながら食う姿に毒され買ってしまった。

Img_1612

ニンニクや海老の風味はそこまで強いと思わなかったけど粉末を振りかけた瞬間にブワッと立ち上がる魚介の香りが食欲をそそる。辛味は強過ぎず弱過ぎず程良い刺激感。麺の食感もモチモチしてて悪くない。最近食った汁なしカップ麺では当たりの部類だな。常備したいと思わせるレベルではないが、ワゴンセールで見かけたら買い足したくなる程度に好印象。

しかしこのお店、立川のラースクで一時期店舗を構えてたらしいんだけど全然覚えがない。まあ、そんなマメにチェックしてないからな。

2023年2月 6日 (月)

はま寿司 満席につき

巷じゃ今こそ回転寿司屋へ積極的に足を運んで救済を、みたいな風潮があるみたいだけど俺はそういう風に考えた事ねえなぁ。単に今夜は寿司食いながら一杯やりてえと思ったから寄り道しただけ。

高田馬場駅前にはスシロー、はま寿司、くら寿司と三強が名を連ねてるが俺ははま寿司を利用する機会が一番多い。大した拘りはなく、スシローはBIGBOXの9F、くら寿司は稲門ビルの4Fだけどはま寿司は2Fだからエレベーターを待たずにスッと入店出来るとかその程度の理由。で、東京メトロの早稲田口からほど近いはま寿司を覗いたのだが、

Img_1599

なんか満席で待ちの客が20人ぐらい居るんですけど。誰だよ回転寿司屋に閑古鳥泣いてるとか言った奴はよぉ! 或いは騒動の渦中にあるのがスシローとくら寿司って事で客がはま寿司へ流れたか??

並んで待つほどはま寿司に愛着はないので稲門ビルのくら寿司へ。

Img_1600

こっちは客入り7割ぐらいですんなり入れた。いずれにせよ客離れは都市伝説らしい。昔からそうだけどマイノリティのネガティヴ意見を適当に拾い上げて話を大きくするのがマスゴミの常套手段だからね。あんなのに踊らされちゃダメよ。

Img_1604

あまり時間がないので今宵の布陣はこんな調子。厳選してもハンバーグ握りは外せない。

Img_1607

下が回転レーンで、注文品は他人が絶対イタズラ出来ないマッハの速度で上のレーンを飛んでくる。あれ、どういう仕組みなんだろ。磁器か何かを使ってるのかね。

Img_1605

まず大道のネタには久保田を合わせ、

Img_1606

ハンバーグ握りは生ビールで流し込む。これぞB級。これぞ回転寿司の醍醐味。

Img_1608

で、5皿流してびっくらポンやったらヨルさんの消しゴム当たった。俺の中でのくら寿司株急上昇。今日は良い日だ。

10年ぐらい前はイオン武蔵村山や西武立川駅近くのがってん寿司って回転寿司屋をよく利用したけど最近行ってないな。いずれも車じゃないと行き難いので一杯やりながら食うのがお約束になってからは足が遠のいてしまった。ちょっと割高だけどその分いいネタ使ってるんだよね。気が向いたら久々に行ってみるか。

2023年2月 5日 (日)

東京拉麺×エースコック ペペロンチーノ big CUP

Img_1596

駄菓子の名作、東京拉麺ペペロンチーノのフルスケール版がセブン限定で登場だ。これまでもエースコックはベビースターやブタメンとコラボしてきたけど正直これには意表を突かれた。デザインもオリジナルそのままでミニカップの化け物然としておる。

Img_1597

本家は粉末のみだけどこれには香味油が加わってる。それとパッケージ記載通りラーメン食いは不可。ラーメン食いなら粉末を全量使い、汁なしなら半分だけ使って残りはスープとして消化するのが何気に楽しかったのでこれは残念。

Img_1598

実際に食ってみると麺がモッチリしててハイグレード感を醸し出す。味もオリジナルイメージを損なわない再現度。だけど、両天秤にかけるとやっぱあのミニカップなんだよな。駄菓子って奴は美味きゃいいってもんじゃない。美味さを凌駕するチープ感が重要だったりするのだ。それにあっちは1食150kcal程度だから小腹が減った時のおやつに最適なボリューム感で万年ダイエッター的に好都合って事もある。これはこれで悪くないがミニカップに軍配。

2023年2月 3日 (金)

回転寿司 大好き!

時事ネタは意識的に避けてるんだけど、ちょっと思うところあってタイムリーなネタを。

まあ、やらかしちゃったお子ちゃまたちには多額の賠償金で大いに苦しんでいただく事として、俺が問題視してるのはむしろ今回の騒動で回転寿司なんかもう気持ち悪くて行けないって言ってる人たちの方。

そりゃあんな動画を見せつけられたら行く気が失せるのも分かるけど外食にリスクは付き物で、あんまり神経質になると外食なんか一切出来なくなっちゃうと思うんだけどな。それこそ食器類にせよ一体どんな奴が飲み食いしたか分からない物を使い回す訳だし。

前記通り、イタズラ小僧を擁護する気は毛頭ない。ただ回転寿司ってその性質上、創世記から衛生面でリスクが伴うシステムだと思うわけ。最近見かけなくなったけど昔はネタが乾いて反り返った寿司が何時までも回ってるのが当たり前だったし。

俺はそういう細かい事を全然気にしない奴なので今まで同様、有り難く回転寿司を利用させていただく(乾いた寿司は取らないが)。二貫100円でそこそこ美味い寿司が食えるんだから俺にとっちゃ天国よ。何時如何なる時も無菌状態で食事してる訳じゃないし、それを望んでる訳でもないんで。

それともう一つ。まあ何時もの事だけど騒ぎに便乗して迷惑客の記事を乱発する無能なマスコミね。回転寿司業界の経営に致命的なダメージを与えてるのはイタズラ小僧以上にお前らだからな。その事だけは自覚した方がいいぞ。

【追記】
あと思ったのはイタズラが発生するのって常にテーブル席で、俺なんかが好むカウンター席は逆に安全だという事(但し流れてくる注文品に手を加えられたらお手上げ)。そりゃホントに悪意のある奴ならカウンターでもやらかすだろうけどその確率は極めて低い。基本的にバカの内輪ウケ狙いなので仲間が居なきゃイタズラする理由はないんよ。

2023年2月 2日 (木)

幕張のベビメタ飲み 2023

楽しいライブが終われば恒例のベビメタ飲み。今回も匿名掲示板で名無しに呼びかけ両日とも大賑わい。3年前同様、初日はHUB海浜幕張店が何処ぞのコミュ二ティに貸し切られてしまったので適当なチェーン店に予約し、また幹事役を務める。3年前は席だけ予約し単品注文にしたらすげー高く付いたから今回は飲み放題コース。ただ、これだと会費が発生しちゃうし人数定めなきゃだし尻も決まっちゃうから本意じゃない。でも愛しのHUBが使えないんじゃ仕方ない。

掲示板の書き込み状況から15-20人集まるなと読んで15席押さえ、お店にはひょっとしたら1-2名減るかもと伝えておいたが蓋を開ければ15名ジャスト。俺を含め16名。この読みの正確さには参加された人たちも驚いてた。そりゃまあパフュとベビメタ合わせて20回ぐらい呼びかけ役を繰り返してきたから経験値の賜物ですわ。

ちなみに俺、その居酒屋じゃ食い物を何ひとつ口にしなかった(酒はガブ飲み)。ま、何時もの事だけど。そしてお開きの23:00頃にHUBが解放されたのでホテル泊の人たちとそっちで飲み直し。でも0:00閉店だからHUB飲みは小1時間。終電前にサクッと飲んで解散出来たから結果オーライではある。

で、2日目はお気楽なHUB会。こっちも15名前後集まったのかな。幾人かの方々から聞いた話では前日も来たかったけど満員御礼の書き込みを見て参加は諦めたとの事。これがあるから居酒屋飲みは避けたかったのだが・・ 

HUBは何時もオープンな雰囲気なので他のグループとも交流したり、最後にはさくら学院フリークのイギリス人やアメリカ人も入り交じるカオス状態。日本の居酒屋文化も俺は好きだけど、ライブ後にワイワイやろうと思ったらやっぱHUBなんだよな~

名無しとのベビメタ飲みはこれが10回目ぐらい。同じ場所で呼び掛けを繰り返せば当然ながら顔馴染みが増えてくる。俺としては一期一会を期待してる部分が多いので複雑な心境なのだが、常連は常連同士盛り上がってくれてるからお任せして、俺ははじめましての人と話し込むパターンが増えてきた。でもまあ、そんなでいいんじゃないのかね。

常連の人たちにはぴあアリーナでもまたよろしく~って言われてるし、俺は俺で自分が楽しむ為にやってるから今後も続けていくけど次回に関してはまずチケット取れるかどうかが問題。ぴあアリーナの最寄り駅桜木町にHUBはないけど隣の横浜駅前に4店舗あるから、そっちへご足労いただけば幹事しなくていいので気楽ではあるが。

今回も明朗会計で俺の中で名無しの株がまた上がった。ただ、怖いのは俺の呼び掛けに応じてくれる人たちじゃなく在宅のアンチ。やっぱり反感買っちゃったみたいだし、こっちはお店情報まで晒してるから下手に刺激すると今のご時世、冗談抜きにガソリン持って現れる可能性があるので発言内容にはホント気を付けてた。もう匿名掲示板にあるまじき礼儀正しさで、常に敬語だからすんげー不自然。でも焼き殺されたくないから今後も突発オフの人柱や幹事役を務める際には紳士な奴を演じ続けますよ。

再び武道家賢斗

B146c18e7730492189e844f68dceafb1

らぁ麺やまぐち辣式同様、東京メトロ東陽町駅の目と鼻の先にある家系の人気店武道家賢斗。何時か再訪をと思いつつ、ラーメンに無料ライスを付けて食うのは万年ダイエッター的に鬼門なので気にしつつパスする事の連続。ところが今日は仕事がちょっと忙しくて職場飯を食う暇がなかった。これは神が与えたもう武道家逝きのチャンスと解釈して約半年ぶりに再訪。外待ち客が数名居たけど回転が早いから10分と経たずに入店。

Img_1572

前回はビール飲んでライスは小盛りにしたが今回はビールをパスしてライス普通盛り。相変わらずガン!と来る濃厚スープ。麺の固さ・味の濃さ・油の量を自由にチョイス出来るけけど俺は麺カタで他は普通。でも味濃いめ油多めっていう客も結構居た。いやいや、これ以上濃厚こってりになったら濃い口好きな俺もギブアップだぜ。

最初は麺に集中し、半分食ったあたりでスープに浸した海苔をライスに巻いて食ったりラーメンにおろしニンニクと豆板醤を加えて味変したり。最後はレンゲにすくったライスをスープに浸して食ったりしたが、それよりライスはそのまま食い、追っかけてスープをレンゲですくって飲んだ方が効率的だな。

しかし家系は色んな食い方が出来るから面白い。また再訪したり他の家系を探求するのもいいが、ちょっとお腹いっぱいになっちゃったのでそれはまた気が向き次第。

2023年2月 1日 (水)

オタフク お好み焼こだわりセットで大成功

Img_1562

梅田のお好み焼ゆかりで学んだ技を試したくなりこんな物を購入。結構割高なので何時も粉だけ買って適当に具材をブチ込んでたが、今回はハイクオリティの物を作りたかったのでたまには良いかと。

Img_1568

久々に引っ張り出してきたホットプレート。何しろ年代物なのでテフロン加工がズタズタだけど、かろうじて使える。何時ごろ買った物なのか把握してないが、

Img_1569

ブランドロゴがパナじゃなくてナショナルだから恐らく80年代じゃないかな。

2人前用が2包入ってて計4人前。1枚あれば充分なので1包をクッキングスケールで二分割し、他の具材も全て半分に抑えて焼き始める。

Img_1563

6年前、広島風お好み焼きの練習用に100均で買ったヘラが大活躍。やはりヘラ2枚ないとお好み焼きは上手く作れない。

Img_1565

そして完成。大成功だ! まるで洋菓子みたいな美しさでしょう!!

ちなみにこの台詞、がきデカの次に山上たつひこさんが週チャンで連載したええじゃない課ってギャグマンガからの引用。これの5巻だけ持ってて、収録されてるお好み焼き回はグルメマンガ俺的ベスト10から絶対に外せない大傑作。

さておき実食。

Img_1567

うむ、見た目だけじゃなく味も食感も、自惚れではなくこれは私の最高傑作(byサニー千葉)。ゆかりで学んだ事は火力を控えめにして両面しっかり焼く事と、最終仕上げのソースは片面にだけ塗る事。両面塗ってホットプレートで保温するとすぐ焦げ焦げになって食えたもんじゃなくなる。

それとお好み焼きセットのレシピで学んだのはキャベツの量。俺、それまで正規の半分ぐらいしか入れてなかったわ。あと千切りじゃなくザク切りにしてた。1枚辺りのキャベツの適量は150gって書いてあり、そりゃいくらなんでも多過ぎじゃね?と思ったけどこの分量で作ってみたら自己記録を大幅に更新。なるほど、そういう事だったのか~

ただ、お好み焼きって最終仕上げにソースとマヨをふんだんに加えて青のりとかつおぶしをふりかけたら何とな~く様になっちゃう。だから深く考えず今日まで生きてきたけど今回のは今まで作ったのと食感がまるで違う。やはり我流に終始せず天下のオタフクのレシピを参考にした方が間違いないって事か。気付くの遅過ぎだけど。

2023年1月31日 (火)

砂町銀座のまぐろメンチ 実食

職場で食うつもりだったがタイミングを逸したので自宅に持ち帰ってきた。

Img_1550

これが砂町銀座商店街 手づくりの店さかいのまぐろメンチ。横幅を定規で測ったら約13cm。厚さは1cmちょい。目測で400kcal前後か。レンチンしてフニャっとなったらイヤだからトースターで再加熱。

五郎さんは醤油とソースを天秤にかけ、結局は醤油で食うのだが俺的にはどっちも試したいので順次味変を愉しむ。まず五郎さん同様に醤油で。

Img_1551

なるほど、こう来たか。揚げ物に醤油ってどうなんだろと思ったりしたが具材が魚なのでこれは大あり。続いてソース。

Img_1552

これはまあ大道。一気にメンチ感は増したけどマグロ感が吹き飛んだ事も確か。五郎さん、正解。

次に五郎さんが面倒臭がって試さなかったわさび醤油。

Img_1553

う~ん、悪くないけどわさびが揚げ物と喧嘩してる。これなら醤油オンリーの方が良い。更にからし醤油を。

Img_1554

今度は和がらしと醤油が喧嘩してる。そもそもからし醤油って単純にからしと醤油を混ぜるんじゃなくて砂糖も加えた方が良いとか書いてるサイトもあったり。だから適当に作ったからし醤油で結論付けるのは違う。

Img_1555

で、最後はソース&和がらしの黄金コンビ。これも前記通りだが普通のメンチになってしまうからわざわざ具材をマグロにした意味がなくなる。結局この5パターンで言えば醤油オンリーが至高か。

孤独のグルメ 聖地巡礼 砂町銀座商店街

孤独のグルメSeason2で印象的に登場する砂町銀座商店街だけど、実は職場から徒歩10数分の場所だったりする。それは東陽町へ移転してきた頃から知ってたものの、すぐ近くでもないから今まで行った事がなかった。今日はちょっと気が向いたので休憩時間を利用してちょいと散策する事に。

9b87440ec7c6455d9ba1c6e325d74b40

E10005c8ed9844489514bb3669c3dec4

この西口がマップ調べで職場から1.1km。今日みたく天候に恵まれればいいけど悪天候の日はちと辛い距離。

4de1293ae5954ac898fc2c67558dd44f

歴史を紐解くと此方に小規模な商店街が出来たのは昭和7年。これが空襲で焼け野原になり、昭和38年に復興し現在の規模に成長したそうな。こういう昔ながらの商店街は都内にも点在してるけどちょっと廃れた所が多い。ここは活気に満ちててシャッターの下りてる店はほんの数割って感じだった。

Img_1534

マスコットキャラのすなっちだって。これも調べたら2016年に誕生ですと。つい最近だな。

Img_1536

此方が東口。孤独のグルメでは五郎さんがここから入って西口へ抜けていく。マップ調べで東から西まで700m。結構長い。で、ここから折り返して再度お店をチェック。

8efad869ab8240d49551e2ed7a6585a9

かわいいかわいいあさり屋さん、だな。勿論あさりごはんも売っててかなりそそられたけど今回はスルー。

0ead3a3c097241acbd0715387f8dad09

スジ欲しかったスジ、のおでん屋さん増英かまぼこ店。此方も今日はパスしたが次回来た時はスジ買おう。

Img_1540

ドラマでも印象的に登場する手づくりの店さかい。往路の時点でハートを掴まれたのが、

Img_1542

これよこれ、マグロメンチ。かなりボリューミーなので五郎さんみたく大食漢じゃない俺は他をパスするしかなかったのだ。

ところで五郎さんが吉田類さんと出会う飲みスペースのある店や、ふらっとQUSUMIのコーナーで久住さんが立ち飲みする惣菜屋が見当たらないなぁと思ったら、いずれも結構前に閉店しちゃったらしい。思えばシーズン2が放映されたのって10年前だから変化があるのは当然の話か。

他にも魅力的な店が沢山あったので退勤後に一杯やるのも面白い。また気が向いたら再訪しよう。次は絶対あさりごはん買うぞ。

ペヤング 豚骨魚介やきそば

Img_1525

千葉みなと駅前のマルエツに売ってたので購入。大道の豚骨魚介をペヤングがどういうアプローチで攻めてくるか気になったので。

Img_1526

液体スープが分離してて上手く混ざらないのが難点。一応やきそばと謳ってるけど結局は和風まぜそばだね。スープ自体は純然たる豚骨魚介味で特筆すべき事もない。ただ、ペヤングの油揚げ麺とはあまり相性が良くない印象。こってり&こってりでクドいんよ。

これがノンフライ麺だったらバランス良いかも知れんけどそしたらペヤングじゃなくなっちゃうし、ちょっと残念なコンビネーションであった。

2023年1月30日 (月)

8ヶ月ぶりに麺や七彩

Img_1521

幕張と自宅の移動時は東京メトロ茅場町駅から京葉線八丁堀駅を徒歩移動するようにしてる。京葉線に東京駅で乗ろうとしたら相当な距離を歩く事になるけど茅場町から八丁堀はせいぜい徒歩5-6分なので都合が良い。

で、千葉みなとを出て八丁堀に着いたのが11:00ちょい過ぎ。そんなに腹は減ってなかったけど通り道に麺や七彩があり、ちょっと覗いたら開店直後という事ですんなり店内に入れそう。これは神の思し召しか。勿論、吸い込まれるように店内へ。

注文から配膳まで25分近いのが此方のお約束。麺打ちの様子をぼんやり眺めたり、

Img_1522

備忘録的に発券機を画像に収めたり、

Img_1523

カウンター前の文面を細かくチェックしたり。それでもまだ俺のラーメンは出来上がらない。混んでないのに待たされるこの焦らしプレイがたまらん。

Img_1524

そして今日は喜多方らーめん煮干し中盛りをセレクト。相変わらずハイクオリティな一杯で、無化調とはにわかに信じがたいコクとパンチ力があるスープ、打ち立てつるもちのちぢれ太麺、炙りチャーシュー、全部最高だ。あと今日改めて思ったのはメンマが美味い。ちょっとスパイシーで刺激的な香りが良いアクセントになってて正に上質な箸休め。隙がねえ、間合いに入れば死しかないのを肌で感じる(By伊之助)。

ここにもちょっと書いたけどネギとのハーモニーを堪能したければ煮干が正解だな。ネギ克服以前に煮干しを選択したら少しキツい印象だったけど、改めて食えばネギの清涼感とのバランスが絶妙。うむ、野菜嫌いのお子ちゃまには理解不能な聖域だな。

2023年1月29日 (日)

朝から酒カス

Img_1511

これですよ。まあホテル泊の醍醐味ですね。

しかし大阪でも食ったセブンのブロッコリー&チキンサンド、見た目こんなボリューミーなのにカロリー表記上209kcalしかない。サラダチキンに玉子のスライスと、あとは野菜ばっかりだからそういう事になるんだろうけど、このヘルシー感は驚異。

2023年1月28日 (土)

八丁堀で角打ち出来る酒屋

Img_1505

ちょっと前に書いた表題の酒屋前を通りかかったので画像だけ収めさせていただく。

時間に余裕があれば一杯やっていくんだけど、京葉線の発車時間が5分後に迫ってたから後ろ髪引かれつつスルー。また改めて。

セブンプレミアムゴールド 金のハンバーグ

Img_1503

折角画像押さえたからこれも上げとくか。中川翔子さんがYouTubeチャンネルで絶賛してて、安い方のハンバーグなら一時期ちょいちょい買ってたけど金のハンバーグは食った事なかったので。

Img_1504

そうねえ・・ 安いのだってそこそこ美味いからイマイチ差が分からない。多分、製造工程に大差はないけど素材のランクを上げてるんだろうな。あと、ファミマのハンバーグと比較してファミマをディスる動画も観たけど別にファミマのだって不味くはないと思うんよ。食った事ないけど。

ただ、以前セブン・ファミマ・ローソンの冷凍炭火焼鳥を比較した時に思ったのは美味い不味いじゃなく習慣性の問題なんだよね。とにかく俺はセブンの炭火焼鳥ばっかり食ってるから他のを食うと凄い違和感を覚える。もうあの味に飼い慣らされちゃってるわけ。しょこたんのセブン至上主義も結局はそういう事だろうな。

カップヌードル 謎肉キムチ

Img_1488Img_1489

不味くはない。タイトルに偽りなくキムチ風味がしっかり効いてるし。ただアジアン風(主に中華、韓国)ってカップヌードルの良い所を覆い尽くしてしまう物も幾つか含まれてて、これが正にそんな感じで諸刃の剣だなと。これが西洋風になるとカップヌードルの個性が勝ってタイトルにある料理とは似ても似つかなかったりする事があるから難しい。結局はベーシックが1番だな。

そんな中で4強に肩を並べたカップヌードルトムヤムクンは凄い。個性が強烈だから賛否両論だけどね。

連続更新記録ストップ

開設以来1日も欠かさず更新を続けてきた当飲み食いブログだが、遂に穴を開けてしまった。別にネタがなかった訳じゃなく、更新前に日を跨いでしまった(白状すると更新を忘れてた)からなのだが。

でもまあ、これで無理矢理更新を続ける必要がなくなり通常運転出来るようになったと言えなくもない。ご覧いただければお分かりの通り、ただただ連続更新を途切れさせぬようカップ麺画像に数行の無意味なコメントを乗せただけ、みたいな記事が大多数なので。

以前ユーチューバーのヒカルさんが最初はとにかく何でもいいから連日更新する事が重要なんだと述べてて、それは凄く共感出来るけどあまり意味がなく質も低い記事を乱発する事と、書きたい時にだけ熱い記事を単発で打ち出す事を両天秤に乗せたら、俺は後者の方が好感持てるかなと思ったり。

以後のスタンスはじっくり考えて決めるけど、取り敢えず無理矢理感満載の毎日更新は一昨日でおしまいかな。

2023年1月26日 (木)

エースコック わかめラーメン 魚介だし塩

Img_1434

近所のマルエツで定期的に安売りされるエースコックわかめラーメンの魚介だしやあさりだしの塩味だが、ブランドサイトの商品一覧をチェックすると何故かラインナップされてない。ずーっと前からその傾向が変わらないんだけど一体どういう扱いの商品なんだろ。

Img_1436

これも税抜き98円と激安ながら安定の美味さ。カロリーも300kcal前後で実に好印象。カップヌードル、ペヤング、エースコックわかめラーメンは俺の中じゃ不動のトップ3だな。

2023年1月25日 (水)

極寒に涼麺

D0dcfe9470c24b16a488e0e4b46ee795

現在立川は氷点下3度。寒い。寒過ぎる。こんな日は正に、

Img_1490

中華三昧 涼麺日和。今となっては何処のスーパー・コンビニにも売ってない激レアアイテムだぜぃ。毎年同じ事を繰り返してるが今日こそ貴様の出番だ。

Img_1493

真冬に食らう冷や中のメリットと言えば氷水を必要としない事。水道水が氷水レベルなんでね。凍傷になりそうな冷水でキュッと締めて麺量もハムもハーフでいただく。クッソうんめえ! 麺の締まり具合がハンパじゃねえぜ!! 

あと1個半残ってるので、この快感を今季もあと3回堪能出来る。嗚呼、変な趣向の持ち主で良かった。

今宵の晩酌230125 セコマのザ・ざんぎ

寒波来てるね~ 我が家なんて暖房効かせた俺の部屋だけは20度超えてるけど一歩廊下に出たら2度! 築30年の木造一軒家の常識は世間の非常識だな。

そんなクッソ寒い日に飲む酒のアテはこいつ。

Img_1485

セコマのザ・ざんぎ。冷凍唐揚げだから多くを期待せず買ったけどwebの評判は上々。一包170gで381kalあるから取り敢えずハーフで。

Img_1487

なるほど。冷凍なのにサクッと食感を味わえる技術力は凄い。味はまあ可もなく不可もなしの印象だったのでポッカレモンとマヨを加える。これで最強。そして極寒の日に暖かい部屋でぬくぬくしながら冷え冷えのアサヒマルエフを飲む。文明の利器に酔いしれる瞬間だぜ。廊下に出たら俺の体も冷えっ冷えだが。

2023年1月24日 (火)

今宵の晩酌230124 世界の山ちゃん 国産大手羽先煮

Img_1482

今宵のアテは昨年名古屋で買ってきたこいつ。レンチンで仕上げると固くなったりするからここは無難に湯煎で。

Img_1483

俺って昔から手羽先は食い難い物という偏見があり、世界の山ちゃんに入った事がない理由の一つもそれだったりする。これは骨離れが良くて思ったより食い易かったけど、やっぱ串物やケンタに比べたら色々面倒臭い。でも味は悪くなかった。パッケージ記載の通り旨辛スパイシーで濃い口。で、醤油味って書いてあるけど味噌っぽい一面もある。その辺が名古屋的だな。

2023年1月23日 (月)

日清の赤鬼どん兵衛 紅生姜天そば

Img_1432

確か去年の節分時期にも売ってたと思うがその時はスルー。今年は無視出来ず購入してみた。

Img_1433

そばはノーマルどん兵衛と大差なし。ただ、天ぷらに変化球が効いてる。ピリッと旨いの記述があるけどピリ感は大した事ない。でも風味がしっかり紅生姜してて何時もと違う感を十二分に満喫出来る。これは販売期間中にリピありだな。ワゴンセールに出れば尚良し。

2023年1月22日 (日)

液体ソースか 粉末ソースか

某掲示板のインスタント麺板でカップ焼きそば液体ソース派vs粉末ソース派の全面戦争勃発。こういうどーでもいい事で顔真っ赤にして言い争うバカバカしさこそが匿名掲示板の醍醐味。

俺自身はどっち派でもなく、それぞれに良さがあるんじゃね?って中立派。ただ、粉末ソースを満遍なく和えようと思ったら絶対に冷めるので3分のところ2分で湯切りし、ソースを和えたらレンチン30秒で最終仕上げってのが俺流。

で、醜いレスバトルを傍観してたら無性に粉末ソースのカップ焼きそばが食いたくなりダイソーでこんなのを買ってくる。

Img_1428

日清ソース焼そば。粉末ソースのカップ焼きそばと言えばこれでしょ。からしマヨネーズ付きと無しがあったけど値段は同じだからマヨ付きを購入。

Img_1430

まずはマヨを加えず数口。この液体ソースじゃ味わえないチープな駄菓子感が魅力。ただ、かなり甘ったるく感じたので、

Img_1431

S&Bテーブルコショーをパパッとふりかけ、からしマヨも加える。量は少ないけどこのマヨが結構刺激的で不用意にすすると咽せちゃうレベル。しかし久々に食ったが今となってはUFOやノーマルペヤングよりこっちの方が好みかも。100均で買えるし良い事ずくめ。

寿がきや 登里勝 えび塩らぁ麺

Img_1424

昨日ディスカウントストアジェーソンで見つけたこいつ、全然知らなかったな。賞味期限が2/18なので出たの結構前か。330kcal程度だからブレイクファストで。ちなみに寿がきやのノンフライ麺は4分じゃ戻り切らない事が多いので30秒レンチン推奨。これで麺がつるもち食感になる。

Img_1425

まず液体スープを溶かすとエビの香りがブワッと立ち上がり、かやくの干しエビを乗せれば更にエビ感倍増。こりゃエビ好きにはたまらん。しかし塩って書いてあるけどビジュアルがほぼ味噌。食えば確かに塩なのだが見た目が違うので脳内バグる。でもまあ美味しではあった。また買いに行こうとまでは思わんが。

2023年1月21日 (土)

まい泉のミニグラタンコロッケバーガー

進行方向に向いた座席で缶ビール飲みながら帰るのが快感過ぎて、高田馬場からの帰宅時間が17:00-22:00になると9割方拝島ライナーを利用してるな。僅か300円で上級国民気分を味わえる下町のファーストクラスって感じ。

で、今日はBIGBOXのスポーツクラブでひと汗流し、拝島ライナーの発車まで少し時間があったから駅前のピーコックストアへお疲れ生ですのアサヒマルエフを買いに行く。すると入り口付近にこんな物が。

Img_1423

これは初めて見た。40%オフなので躊躇なく購入。既にイートインは終了してるけどレンジが使えるから20秒ほど温めて路上食い。そうねえ、普通に美味いの域かな。やはりまい泉はヒレかつサンドに勝る物なし。

2023年1月20日 (金)

サンヨー食品 ビャンビャン麺風 辛口麻辣湯麺

Img_1417

昨日西友で発見。以前買った汁なしが結構良かったから湯麺はどうかなと。

Img_1419

うん、麻辣がしっかり効いてて刺激的。ビロビロ麺の食感も面白くて結構美味い。でも汁なしと比較したら少し落ちるかな~と。この幅広麺はまぜめんのタレをよく持ち上げるから汁ありより汁なしの方が本領を発揮する印象。でも最近カップはおろか冷凍の汁なしビャンビャン麺もあまり見かけない。また食ってみたいぞ。

2023年1月19日 (木)

東陽町の舎鈴でつけ麺

Img_1406

今日は晩飯に大道の魚介つけ麺が食いたかったので此方へお邪魔。つじ田でも良かったのだが舎鈴のつけ麺は10年来食ってないので。ちなみにほんの一時、武蔵村山に支店があったんだけどすぐ無くなっちゃった。あの時は人気の六厘舎にあやかった便乗店なのかなと思ったが、調べたら系列店であった。

Img_1409

RDBで事前に画像をチェックしたから分かってたけどネギがどっさり入ってて、これはもうネギつけ麺と謳っても間違いないレベル。別に抵抗はないが俺的にはこれの1/4ぐらいで丁度良かった。

基本的に六厘舎と大差ないけど150円安い分だけコスト削減を感じさせる。お約束の魚粉が乗ってないし、スープも濃厚って感じではない。とは言え一定水準レベルの味をキープしてるから普通に美味い。

Img_1412

カウンターにこんな案内が書いてあるので折角だから香辛料を色々試してみる。

Img_1410

まず黒七味。うん、これぐらいが適量か分からんけど悪くない。

Img_1411

次に柚子粉。これは良いぞ。柑橘系の香りが一気にワンランク上の風味へ引き上げる。あと粗挽き梅も試したのに画像押さえるの忘れた。これは一気に酸味が増すから味変には有効だけど印象がかなり変わるので一長一短。

麺量200gの小盛りでスープを半分余したからエネルギー摂取量は650kcal前後か。まあまあ満足感は味わえたけど六厘舎食いてぇ~で終わった感もあり。でも東京駅まで足を運ぶの面倒だし、職場から近くて少し安いので気が向いたらまた利用するのも有り。

2023年1月18日 (水)

寿がきや 岐阜タンメン 袋麺バージョン

Img_1399

寿がきやの岐阜タンメンは過去にカップ麺も袋麺も食った筈だけど過去記事が見当たらない。ネタにしたのは鍋つゆだけだったか。まあいいや。改めて袋麺の話題を。

Img_1400

半分食おうと思って麺を手割りしたら粉々になっちゃった。寿がきやのノンフライ麺はハーフ食いに向かんな。

Img_1401

お店イメージへ近付ける為に豚肉とキャベツを鍋で軽く炒め、250mlの水を加えて沸騰したら麺を投入し茹で時間3分。少し水分が飛んだので煮込む過程で水を3-40ml加えたのだがこれが災いして少し薄口になってしまった。麺の煮込みに必要な湯量は決まってくるから、液体スープを入れる前に少し湯を捨てるとかしてバランスを取れば完成度が上がりそうだ。残り半分はそれでいってみよう。

ちなみに再現性はまあまあ。濃い口に仕上げれば若干印象変わるかも。取り敢えず現時点では鍋つゆこそ至高って感じ。

2023年1月17日 (火)

ペヤング ガーリックシュリンプ味やきそば

Img_1323

ちょっと気になるペヤングの新種が売ってたので購入。

Img_1324

かやくのほとんどが麺の下へ埋もれて寂しいビジュアルになっちゃったけど乾燥エビもニンニクスライスも見た目の3倍は入ってる。あと、別添の塩が結構な量で塩っ辛いじゃねえの?と思ったけど満遍なくまじぇまじぇすれば俺みたいな濃い口好きには丁度良い。但し、ちゃんと混ぜないと塩の塊とか出来そう。

ネーミングに偽りなくガーリックとエビの風味と塩味がしっかり効いてて好印象ではあった。でもリピには至らずかな。

2023年1月16日 (月)

ニッポンハム にんにくマシマシソーセージ

Img_1322

二郎インスパイアの波がこんな所にも。そのままで美味しい!って書いてあるから冷えたまま食ったけど、少し加熱した方が絶対美味いだろうな。味の方はネーミングに偽りないニンニク風味の効いたソーセージ。それ以上でも以下でもない。

2023年1月15日 (日)

#HUBスタンプマラソン230115 近畿編その2

HUB あべのキューズモール店
Img_1287

梅田のホテルからあべのキューズモールまでは電車で10数分。チェックアウトが10:00で開店時間が11:00なのでモール内のマクドでブログ更新してから4FのテラスにあるHUBへ。このオープンイメージは実に良い。夏に飲んだら気持ちよさそう。ちなみにこちら、通天閣のすぐ近くなのだが移動は地下鉄だし結局見る事は出来なかった。俺、通天閣も実物を見た事がない。

HUB 京阪京橋店
Img_1304

1度梅田へ戻り、ゆかりでお好み焼きを食ってから京橋の此方へ移動。ここは2019年に名無したちとベビメタ飲みをした思い出の地。そんな場所が全国に点在してるってのも面白い。

大阪編はここまでで、在来線で30分程かけて京都へ移動。

HUB 三条木屋町店
Img_1306

ここがJR京都駅から思った以上に離れてて少しビビった。地図を見た時点では近そうに思えたもののアプリで確認したら2.7kmとか出て、こりゃ徒歩移動出来る距離じゃねえなと。時間に余裕があればテクテク歩いて行くのだが17:09新大阪発の新幹線に乗らなきゃいけないので地下鉄を利用。ところがその地下鉄の駅までも徒歩10分ぐらいある。気候の良さが災いしてN3-Bなんか着てるともう汗だく。

HUB 四条烏丸店
Img_1308

先の三条木屋町店から此方までも1.3kmとかあって移動手段は徒歩のみ。N3-Bを脱いでもTシャツとヒートテックを重ね着してるから暑い暑い。途中でTシャツも脱いでヒートテック1枚で移動。

HUB 京都ヨドバシ店
Img_1310

そして地下鉄で2駅先のJR京都駅へ戻り京都ヨドバシ店へ。近場から攻めずに外堀から埋めていったのは正解だったな。ちなみに京都着が14:15頃で、京都ヨドバシ店に辿り着いたのは15:30ぐらい。新大阪へ戻るなら丁度良い時間・・なのだが、どうせ新幹線で京都も通るんだから戻る必要ないんじゃね?と思いつつJRの窓口で確認すると京都からでも乗車可能との事(但し自動改札は使えないらしい)。おかげで少し時間に余裕出来た。これが分かってたらあんなに慌てて移動する必要なかったわ。

54bc7084e9ee4a8a919d239d92f84b38

そしてスタンプの穴は浅草店を残すのみ。ここまで来たら早々に穴を埋めちゃうのもつまらないので勿体ぶって、少し間を置いてから浅草へ向かう事にする。

鳥せい 焼き鳥弁当

Img_1316

帰りの新幹線は京都からの乗車なので何か京都らしい弁当をと思いつつ、色々目移りしたけどこの焼き鳥弁当をチョイス。焼き鳥って京都らしいかぁ?と思ったりもしたが鳥せいってのは伏見の老舗店らしい。これも510kcalというエネルギー量が決め手。

Img_1317

ほう、結構ボリューミーに見えるけどね。やはり鳥は低カロリー食のホームラン王だ。これも冷めウマだがやや冷め過ぎの感は否めず。それはいいけど肉の傍らにクタッたネギが鎮座しておられる。少し前の俺なら悲鳴を上げる所だが今はネギを克服した幸福に酔いしれる瞬間。さて、役者は揃ってるけど何から食おうか。俺は・・

Img_1318

ネギ!!

肉を横目に見つつネギを喰う・・ オレって・・ シブイなあ・・

ゆかり曾根崎本店でお好み焼き

たこ焼き明石焼きと来たらお好み焼きは外せないでしょって事で梅田界隈で屈指の人気を誇るというこちらへお邪魔。

Img_1291

お好み焼き ゆかり。行列店という話だったが12:00頃でもすんなり入れた。少しだけ外待ちの時間はあったけど10分に満たなかったし。しかし関西の人たちって粉もん食い飽きてるのか大行列をあんまり見かけない。すげー並んでる光景に出くわし近寄って様子を伺うと小洒落たカフェだったりチュロス専門店だったり。原宿とあんまり変わらんな。

こちらのお店は店員さんがしっかり仕上げてくれるので備忘録の意味を含め全記録。

Img_1293

生地の形を整えつつ軽く豚バラに火を通し、表面へ乗っけて待つこと5分。

Img_1294

これをひっくり返して更に5分。

Img_1295

もう一度ひっくり返して3−4分。

Img_1296

またひっくり返してソースを上面にだけ塗り、豪快にマヨをかけて完成。あとは青のりやかつおぶしをお好みで。

Img_1297

かつおぶしや薬味を加えるのは鉄板上じゃなく皿に取り分けてからの方が良かろう。これまたアツアツで美味し。しかし今まで適当に焼いてたけどしっかり仕上げるのには20分ぐらいかかるんだな。

Img_1299

2切れ目以降には一味も。これで輪をかけて俺好みになった。あと追いマヨ最強。

最近は自分でお好み焼きを作る事もなくなったけど、コツをしっかり学んできたので久々に自宅で焼いてみるかな。

阪急三番街の明石焼ぶぶ亭

三ノ宮のHUBへ行った際、webに頼る事なく道すがら気になる明石焼きの店に出会ったら入って食おうと思ってたのだが残念ながら出会えず。その後調べたら少し路地に入れば人気店があったらしいけど、そこはまあ縁がなかったって事で。

で、大阪へ舞い戻り梅田辺りで評判の明石焼きを調べたら阪急三番街B2のぶぶ亭って店がすぐ弾き出された。久々に梅田ダンジョン味わうかと思ったら比較的すんなり見つかったな。でも相変わらず分かり難い。以前ウチの番組のアウトレット店があった場所を見に行こうと思ったら辿り着けなかったし。

Img_1271Img_1274

飯時は行列必至というぶぶ亭の明石焼き。たこ焼きと同一線上でありながらあっさり和風だしが上品な雰囲気を醸し出す。美味し。

ところで目の前にこんな物が配膳されて俺を悩ませる。

Img_1272

左から新生姜、ソース、かつお粉、七味、青のり。どうすりゃいいのかweb検索しちまったよ。ソース塗ってからだしに漬けてもいいって書いてあったけど、そんな事したら折角の和風だしが濁ってしまう。

Img_1275

そこでかつお粉、七味、青のりだけパラリと乗せ、だしを濁さぬようそーっと漬けて食らう。これはこれで味変に有効だが何か違う気がする。そこで、

Img_1276

ソースをふんだんに加え、だしへ漬けずたこ焼き風に。美味いけど明石焼きのメリットが損なわれる気も。結局8個中6個はノーマル食いで堪能。

土曜の20:00過ぎって事もあり比較的空いてた。でも人気店の名に恥じぬ美味さだったし、三ノ宮で食えなかった無念は晴らせたかな。

大阪アメリカ村 大たこ焼き しらんがな!!

くいだおれの地、大阪の名物と言えばたこ焼き、お好み焼き、串カツ、パッと思い付くのはこの辺か。どて焼きとかてっちり鍋なんかもあるけど、やはり大阪と言ったら粉もんの印象が強い。で、大阪には仕事やプライベートで何度も来てるが人気店でたこ焼き食った覚えがないからHUB巡りの合間に難波あたりで評判のたこ焼きを食う事に。

C2e5959818b84951b7059d9688756857

こちら大阪アメリカ村の大たこ焼き しらんがな!!は複数のランキングサイトで上位だったから間違いなかろうと思いつつ来訪。5人ほど並んでるように見えるけど実際は出来上がりを待つ客が溜まっちゃったって感じ。

Img_1256

かなり大ぶりで6発400万円。500円玉を渡すとお釣り100万円なぁと言いつつ100円玉が戻ってくる。この関西ノリがたまらない。ちなみに2Fがフードコートみたいになってて、出来上がったたこ焼きとドリンクを持って上がっていく感じ。路上で食う人も多いみたい。

Img_1261

食ってみるとふわっトロの超アツアツで不用意に口へ放り込むと間違いなく火傷する。この食感は初体験だな。中に餅でも入ってるのか?と思ったりしたがそんな事はないらしく天かすが決め手だと。でも他にもつなぎに何か入ってそう。美味かったけどベーシックなソース味だと後半クドく感じるので、他の塩とか醤油とかポン酢とかをセレクトした方が最後まで飽きが来ないかも。

Img_1262

帰り際に押さえた1枚。この1角だけで3店ひしめきあってるけど他店の評判はどうなんだろ。しかし大昔、渋谷の東急ハンズ前がこんな感じだった事をふと思い出したり。

2023年1月14日 (土)

#HUBスタンプマラソン230114 近畿編その1

HUB LINKS UMEDA
Img_1238

HUB 梅田茶屋町アプローズ店
Img_1240

HUB 三宮ムーンライトビル店
Img_1243

HUB なんば戎橋店
Img_1245

HUB 心斎橋店
Img_1249

HUB 梅田東通り店
Img_1265

HUB 東梅田店
Img_1266

HUB 梅田茶屋町店
Img_1267

HUB 中之島フェスティバルプラザ店
Img_1270

今日は6店舗の予定だったが9店舗巡ってしまった。いや、神戸はさておき関西のHUBは梅田と難波に集中してるから余裕なんよ。それこそあと2店巡る余力も充分にあったのだが、そういう事すると明日やる事がなくなっちゃうので敢えて見送った。

Img_1241

今回メイン(・・ つーか全店)で飲んだのはこのHUBレモン レギュラーサイズ。目測200ml程しかなくアルコール度数も5%前後だろうから高速ハシゴ酒に最適。初めの2店では生ハム&サラミのハーフも頼んだけどそれ以降はこれだけ飲んで即退散って感じだった。

で、明日なんだけど通天閣あたりのHUBあべのキューズモール店と大阪城ホール近くのHUB京阪京橋店を巡れば大阪編は完結。でも帰りの新幹線が17:09発だから時間は有り余ってる・・という訳で在来線に乗って京都へ向かい、そっちの穴埋めも済ませてしまおうかと。京都まで行ってHUBで飲んだらトンボ返りってのもバカみたいだけど俺ってば古都巡りの趣味ないし、また改めてこっちの方へ来るのも不経済なんでね。

イエローラベル!

Img_1264

心斎橋のドンキ覗いたら都内じゃ絶滅危惧種のアーリータイムズ イエローラベルのデカボトルがあっっ!! いやぁ、ある所にはまだあるんだね。クッソ重いけど折角なので1本買って帰る。

 

新潟三新軒 鮭はらこうにのせ弁当

Img_1236Img_1237

今回は駅弁屋 祭で出会ったこいつにキメ。ネーミングにもそそられたけど440kcalと比較的低カロリーなのが決定打となった。いくらやうにといった高級食材よりキノコの煮物比率が高いので、これをどういうバランスで消化していくかが勝負の決め手・・ってな感じで相変わらず脳内夜行ごっこ。

しかし駅弁の美味さってのは味もさることながらシチュエーションだよ。旅の高揚感が無条件で飯を3割美味くする。そういう意味じゃ昨年9月に大型台風から逃げ帰ってきた際、広島駅で早朝に買ったあなご弁当は歴代トップクラスの美味さだった。今にして思えば台風様様だな。

2023年1月13日 (金)

明日 旅に出ます

はい、例によってHUB旅ですね。今回の目的地は大阪10店舗と神戸1店舗。週末を挟む連休がいただけたので一気に穴埋めしようかと。

宿付き新幹線パック旅行なので大阪を軸にして神戸へは在来線で向かう。今の予定じゃ明日は神戸1店舗と梅田に集中した5店舗、明後日は中心部から少し離れた5店舗を転々と巡り、合間に評判の粉もんでも食うつもり。ちなみに今回ラーメン屋訪問は考えてない。気になる人気店もある事はあるが土日じゃ激混みだろうし、長時間並んでまで食おうと思えないので。

取り敢えず今の悩みどころは行きの新幹線で何を食うか。最近よく旅に出るのでシウマイ弁当と国技館やきとりのローテはさすがにもう飽きた。駅弁屋で目に入ったグッとくる奴を買うか、或いはおにぎり2個程度に抑えて現地のうまいもんを満喫するか・・

岩崎食品の二郎インスパイア

Img_1223

ヤオコーに売ってるこいつ、結構前から気にしてたけど買うのは初めて。しかし二郎系ならGじゃなくてJじゃね。どうもGって書かれると別の物を連想してしまうので個人的には止めて欲しい。

Img_1232

折角なので本格派二郎インスパイアを目指してみようと色々買い込んできた。S&Bのにんにく背脂は以前買った時に少し違うかな~と思ったりしたけど確かあの時は二郎インスパイアで試さなかったから再確認の意味を含め購入。

Img_1234

麺とスープは例によってハーフ、山頭火のブタも取り敢えず1枚、もやしは100gほど。麺のワシワシ食感は実に二郎っぽくて雰囲気がよく出てるんじゃないのかね。とは言え俺ってば、直系の二郎は大昔の歌舞伎町店と10年近く前の新小金井街道店、それと大宮店の持ち帰りまぜそばしか食った事ないから再現性がよく分からなかったりする。

それに刻みにんにくとS&Bにんにく背脂の主張が強過ぎてスープのポテンシャルが全然分からない。最初に一口すすった時は濃い口だなと思ったけど、その後にんにく臭に支配されて何が何やら。残り半分はにんにくなしで逝ってみようか。あと、何気に伊藤ハムの山頭火チャーシューがポイント高かった。値段も高いが。

2023年1月12日 (木)

らぁ麺やまぐち辣式で再び麻婆まぜそば

ここにちょっと書いた消失ラーメン画像補完計画に着手。まずはこちら。

Img_1215

東陽町駅前のらぁ麺やまぐち辣式。メインブログの過去記事をチェックすると前回来たのは昨年2月。ほぼ1年ぶりか。

Img_1218Img_1216Img_1217

勤務日は何時もお店の前を通るので忘れがちだけど、業界の高評価を欲しいままにする屈指の名店なのでした。でもランチタイムを除けばそんなに混んでない。今日も15:00頃で先客二人、後客なし。ちなみに以前は15:00から中休みだったけど最近16:00からに変わったらしい。

Img_1220

消しちゃった画像を撮り直すのが目的だから今日も前回同様、お店イチ押しメニューの麻婆まぜそばで。RDBのレビューを見るとみんな辛い辛いって書いてるけど俺的にはさほどじゃない。ただ、花椒のシビ感は強力。これをみんな辛いと表現してるんだな。この刺激と麺のもっちり食感が相性抜群で美味し。

Img_1222

かなり意識的にタレを麺へ絡ませながら食い進めたのだが、どうしてもこれだけ残ってしまう。だから小ライスとのセットを頼んでミニ麻婆丼にして完食ってのが大道なんだけど、ヱビス飲んで腹いっぱいになっちゃったから後ろ髪引かれつつ残して退散。次回はビールをパスして小ライスセットだな。

これで残すところ11軒。慌てる必要はないからマイペースで逝きます。

2023年1月11日 (水)

サッポロ一番 菰田欣也監修 四川火鍋風 みそラーメン

Img_1063

菰田シェフにもウチの番組でよくお世話になってるので取り敢えず買ってみようかと。

Img_1065

そうねえ、別添のオイルが全てって感じだな。これを加えると風味も辛味もグッと増すけど、無ければベーシックなポロイチみそと大差なし。まあまあ美味かったが四川火鍋風と銘打つにはあまりにもマイルドな印象ではなる。

2023年1月10日 (火)

S&B 町中華 スタカレー

Img_1211

今日のランチはオートパーラー上尾へ行った時に近くのスーパーで売ってたこいつ。

Img_1208

うーん・・ 別に不味くはないけどカレーと言うより麻婆丼に近い印象だな。さあカレー食うかと思ったら別物を食わされた感ありありで、どうにもこうにもノット・サティスファイド。明日はサルサデスソース多めの丸美屋カレーでリベンジと洒落込むかぁ。

ねこにごはん@高田馬場で高菜チャーハン

今日は定時出勤なので高田馬場駅へ降り立ったのがAM8:30ぐらい。久々にねこにごはんの家系ラーメンむすびでも買ってくかと思ったのだが残念ながら無かったので高菜チャーハンを。

Img_1207

相変わらずコンビニおにぎりの1.5倍ぐらいある。箸も付いてるしレンチンしてほぐせば完全にミニ弁当。しかしチャーハンと呼ぶにはあまりにもしっとり系。でもパラパラしてたら握り飯に出来ないので仕方ないところ。これはこれで悪くないけど個人的にはベーシックな塩むすびの方が好みかな。次回は昆布とかおかかとかその辺を試してみよう。

2023年1月 9日 (月)

7iプレミアム 一風堂 博多明太風高菜飯

Img_1046

年末に食ったこれ、画像だけ押さえて公開するのを忘れてたので遅ればせながらネタにしてみる。

Img_1048

面白いのは明太切り身を模したかまぼこ。画像には4つしか写ってないけど実際は7-8個入ってて食感も風味も明太っぽい。

別添のオイルを加えればこってり感と獣臭が倍増して実にB級。このジャンク感は好みの分かれる所だが俺は好き。あと、一風堂のカップ麺を合わせてスープを加えると更に美味くなるとか書いてあるけど、俺的にカロリー摂取量過多だからそれはパス。単体なら300kcal足らずで小腹が減った時に丁度良いボリューム。

気が向いたらリピしようかと思ったのに最近はもう店頭で見かけない。回転早過ぎじゃね?

2023年1月 8日 (日)

東陽町駅前で角打ち

Img_1204

職場近くにある南砂団地。その敷地内に、

Img_1205

伊勢藤酒店という昔ながらの酒屋さんがある。ここがちょいちょいネタにしてる東陽町駅前で角打ち出来るお店。今日から暫く昼勤務なので折角だから仕事終わりにお邪魔してきた。しかし流石にディープだね。10年前の俺なら怖じ気付いて足を踏み入れる事すら出来なかったろうな。今はもう場数を踏んでるから全然抵抗なし。

Img_1206

乾き物や缶詰の他、あられの小袋や駄菓子なんかも売ってるのでスーパードライにチョコバットを合わせる。

此方は特別に飲みスペースを用意してる訳じゃなく、飲みたいなら別に中で飲んでっても構わないよ的なスタンス。一応小さなテーブルもひとつあったが数人で囲めるようなスケールじゃないし、他は画像の通り適当に積まれたビールケースがテーブル代わり。4-5人も入ればほぼ満杯だね。先客が一人居て、ご年配の店主さんと談笑してたけど話に加わりたい訳でもないから俺は俺でサクッと一杯飲み10分そこそこで退散。

余所の記述によると大半の常連さんは団地の住民らしい。家で飲んでると肩身の狭いお父さんにとっては憩いの場所だったりするんだろうな。頻繁に通ってその輪に加わろうとまでは思わんが、たま~に世間話したりするのも面白いかもね。

2023年1月 7日 (土)

さらば 昭島大勝軒

年明け早々に昭島大勝軒閉店の報が流れるとは正直驚いた。すげー繁盛してるのに。まあ何らかの事情があるんだろうけど客入り上々でも店を閉めちゃう事ってあるんだな。

ちなみに俺が初めて此方へお邪魔したのが何時頃なのか記憶がハッキリしない。立川へ越してきてすぐでは無かった筈。でも90年代中頃にはちょいちょい足を運んでた。そもそもどうやってお店の存在を知ったかもよく覚えてない。雑誌の紹介記事だったかなぁ。

それと随分前にこちらのサイトで知ったのだが昭島は直系の暖簾分けじゃないらしい。でも14年前に店主が変わってるから今じゃ状況が異なるかも。いずれにせよ永福町系の一定水準レベルは維持してるから直系と比較しても遜色ないと思うし俺は好きだったな。明らかにスープの温度が下がった時は正直なんだかなぁと思ったけど。

こうなると薬師の大番同様、徐々に馴染み客が増えて連日大行列になりかねない。閉店までまだ日があるから今なら比較的すんなり食えるかもと思いつつ中休み明けの17:00を狙ってお店へ向かう。すると既に外待ち客が20人以上! 但し、休み明けを待って早めに並んだ人が多かったみたいで10何名かはすぐ店内へ吸い込まれていった。俺は一巡目にギリギリ届かず外待ちって感じ。

Bc8f56f5b0224ba09de218edfbe98608

週末だから子連れが多く、すげー回転が悪い。結局40分以上外で待たされたもんな。平日でこの時間帯だったらもう少し早く入れるんじゃないのかね。

Img_1189

その間、貼り紙を画像へ収めたりスマホで時間を潰したり。そうこうするうちに後客の数も20人前後へ膨れ上がる。閉店の報が影響したか単に週末の飯時だから客が多いだけなのか。

Img_1190

備忘録的に発券機も画像に収める。でも俺は今日がお別れのつもりで来てるから単純に記録用だな。

Img_1193

並び始めから小一時間を経て俺の中華麺到着。最後なので2玉逝っちゃおうかなとも思ったが腹パンパンで苦しい思い出になっちゃうのはイヤだから気持ち良く完食出来る小盛り生玉子付きで。

Img_1194

思えばネギ克服チャレンジは田無だったから昭島でネギ入り食うの初めてか。薬師の大番同様、最後の最後に本来の味を堪能出来て良かった。ちなみにスープだけど春木屋並にアッツアツって事はなかったが一時期に比べたら温度が上がってて充分許容範囲。やっぱあのぬるぬるスープに納得いかない客が一定数居て、クレームとまでは言わずともスープはアツアツでとかのリクエストを受けたりして軌道修正したのかもね。

Img_1192

長年謎だったのはこの卓上調味料。コショウ、酢、ラー油はわかるのだが茶色いのが醤油かカエシなのか確認した事がない。餃子とかの一品料理もメニューに加わってれば醤油だろうなと思えるのだが此方はトッピング用のメンマとナルトぐらいしかないので、だったら醤油は要らんだろと思ったり、ひょっとしたら醤油をスープにドバドバかける人が居るのかもと思ったり。モヤモヤするので、

Img_1195

生玉子の器にちょいと垂らして味見してみる。うん、普通の醤油でした。長年の謎が解けてスッキリした。

Img_1196

何時も置いて帰っちゃう食券も大事な記念品なので持って帰る。今日も結構なお手前で大満足。美味しゅうございました。

そりゃあ長年お世話になった昭島大勝軒が無くなってしまうのは寂しいけど最近じゃせいぜい年イチとかの利用ペースだったから俺なんかに悲しむ資格はないのかも知れん。それでも閉めちゃう前に慣れ親しんだ美味いラーメンをしみじみ食えたのは幸福です。ありがとうございました。

1be340c4374548ab9a15fe65b09652ce

ココアシガレットドリンク

Img_1185

で、食後にディスカウントストアジェーソンで見つけたこいつを飲んでみる。いや、これがホントにココアシガレットそのものの味でかなり感動した。但し美味いかどうかは別問題ね。かなり甘ったるいしカロリーも高い。でも再現性は文句の付け所なし。

ポロイチ塩が3倍美味くなる方法?

年末に観たSUSURU TV.(元ネタはこちら)を参考にポロイチ塩のアレンジ例を試してみる。但しかなり半信半疑だったので毎度のハーフ食い。

Img_1184

SUSURUさんが味濃いと言ってたので水量300mlに対し味覇は3g、めんつゆ(鎌田だし醤油)は6mlに抑える。具材はザク切りキャベツのみ。

そうねえ、味覇入れればコクが増すのは確かだけどめんつゆは面白いぐらい存在感がない。まあ隠し味としては機能してると思うが。んで結論。こんな小手先の技で3倍美味くなるほどポロイチ塩のポテンシャルは甘くない。みんなあの完成度を見くびってるよ。そんな訳で残り半分はポロイチ塩の偉大さを再確認する意味でもノーマルで食う。

コンビーフトーストサンドを自作する

上尾で食ったトーストサンドの味が忘れられず自作にチャレンジ。あれもお手製だから再現は難しくなかろうと思って。コンビーフはノザキの買い置きがあるので、

Img_1180

キューピーのからしマヨネーズと、

Img_1181

パンはこんなのでいいか。小ぶりだけど1枚37kcalしかないので万年ダイエッター的には好都合。

Img_1182

片方にコンビーフ、もう片方にからしマヨを塗ってトースターで数分焼き、

Img_1183

ほい出来上がり。再現性はバッチリだ。でも上尾で食ったトーストの方が何故か美味く感じる。

結局あれだな。シチュエーションが味の印象を割増しするのだよ。自販機にお金を入れて1分待ち、火傷しないよう気を付けながらテーブルまで持って行き丁寧にホイルを開いて食う。その過程が重要って事。

思えば武蔵村山のBEAMで食ったニチレイフーズのホットスナックも同じ。確変中にアツアツの焼きおにぎりを食えば美味いに決まってる。

2023年1月 6日 (金)

2023初ラーはMURAYAMAホープ軒で

立川へ越してきた30年前から通い続けてるのでメインブログじゃ何度もネタにしたけど、こっちへ書くのは初めてだから思い出話込みでダラダラと。

土地勘が全然なかった頃、夜中に初代映ちゃん号ユーノスロードスター1600で近所を探索してたら結構規模の大きい団地の商店街に煌々と輝く赤いネオン(提灯だったかも)を発見。他の店は全部シャッターが閉まってたから凄く目立って、近付いてみたら0:00過ぎまで営業してるラーメン屋だった。その名も村山ホープ軒。後に知ったけど千駄ヶ谷ホープとは親戚関係に当たるらしい。

Img_1175Img_1174

この辺りは正に陸の孤島で、最寄り駅がないから再開発とは無縁の土地。団地の方は新しく建て替えられたり化粧直しされたりと若干変化が見受けられるものの、アーケードのある商店街や路地裏は30年間何も変わらない。いやいや、50年以上変わってないんじゃないのかね。

Img_1168

お店の外観も30年前のまま・・と言いたいところだけど黄色い軒が10年ぐらい前リニューアルされて真っ赤に生まれ変わった。それとこれは余所のラーメンブログ画像を見て初めて気付いたんだけど、

Img_1173

赤い軒の内側の壁に古い豚ちゃんの画が描いてある。恐らくオープン時はこれがトレードマークだったんだろうな。

Img_1169

初めて食った時は千駄ヶ谷と同一線上ではあるものの少しパンチが足りないかなと思ったりした。その後webで情報収集すると味濃いめとか麺固めとかのリクエストが可能で、お店用語で言う所のカラカタにすると千駄ヶ谷の味へグッと近付く。常連はそれが分かってるからみんなカラカタって言ってる。加えて俺は何時も麺を少なめにして食う。更にネギを克服する前はネギ抜きもコールしてたからカラカタショウネギヌキと呪文みたいになってた。あとアブラ多めも出来るみたいだけど普通に結構な量のラードが浮いてるから俺は頼んだ事ない。

見た目以上にこってりした口当たりで、ラードが完全に表面を覆っててスープが冷めない。この辺は春木屋と一緒。

Img_1171

半分食った辺りで卓上の赤い粉を投入。攻撃的なビジュアルに変貌するが思ったほど辛くない・・んだけど今日はちょっと入れ過ぎた。これの2割引ぐらいで丁度良かったかも。

このお店で外待ちの行列って見た事ないけど常に6-7割の席が埋まってる。今日もオープン直後の10:00ちょい過ぎに行ったら10人近い先客が居たし。人気はあるけど待たされる事もないという、ある意味理想的な客入り。そして美味い。正に名店と言って差し支えあるまい。

Img_1167

帰り際、パーキングのあるお店の真裏から覗くと古い軒はベリベリに破れてた。破れたから新しくしたのか、重ねて放置してたら破れちゃったのか。まあ客にしてみればどっちでもいい話だな。

2023年1月 5日 (木)

2ヶ月ぶりのセイコーマート

オートパーラー上尾からセイコーマートまちだ店は車で3-4kmの距離。そりゃ寄るでしょ。ちなみに過去記事を辿ると俺が此方へ伺うのは4回目、しかも前回は約2年前。11月の北海道遠征時に利用しまくったから久々な気が全然しないけど。

Img_1156

雲ひとつない晴天の空の下、今日もセコマは俺を待っていてくれた。一句詠みたくなるが面倒臭えので割愛。

Img_1160

まずはこいつ、ホットシェフのうま塩チキン。これは北海道で食えなかったからホントに約2年ぶり。店先で1ピースだけ食い、残りはお持ち帰り。

Img_1162

その隣に置いてあったポテトガーリックがあまりにも気になって購入。こっちは思った程じゃなかったな。これも半分だけ食って残りは今宵の酒のアテ。

カップ麺コーナーをチェックしたが特に新種は見当たらず。北海道で物色してから2ヶ月しか経ってないので当たり前か。でも折角だから、

Img_1165

ベーシックなしょうゆ、カレー、シーフードのトリオを購入。しょうゆは以前買った覚えがあるけどカレーとシーフードは未体験かも。

Img_1166

勿論ガーリックラスクの調達は忘れない。チマチマ消化すれば10日ぐらい持つか。あとは、

Img_1163

ザ・ざんぎ。ネーミングが秀逸。

Img_1164

この焼鳥パックは北海道でも気にしてたが他に食うべき物が沢山あったから結局買わずじまい。賞味期限が3日先だから数日後の酒のアテだな。ちなみに完熟トマト酎ハイは箱買いして毎日飲んでたら飽きちゃった。あと一缶残ってるし、それを飲み干したら少しブランク空けましょ。

オートパーラー上尾 レトロ自販機編

最近ちょっとハマってるそばうどんのレトロ自販機だがこちらのサイトを参考にすると正式名称は富士電機めん類自動調理販売機で、1975年から20年間に約3000台が製造されたそう。当時は提携会社が麺やつゆも卸してたんだろうけど当然ながら今はもう事業撤退してるから修理も麺やつゆの仕込みも管理するお店が独自に行う。だから場所によって味が全然違うんだと。

そんな訳で相模原の中古タイヤ市場以外で稼働してるお店を探したら埼玉のオートパーラー上尾って所が圏央道を利用すればアクセス良い。あと、すぐ近くにセイコーマートがあるからついでにガーリックラスクを仕入れに行こうって事で、夜番明けで少々寝不足だが午前中から映ちゃん号に乗り込みちょっとしたドライブと洒落込む。

C688ad85b1224759825af6c4b9231f26Img_1125

相模原の中古タイヤ市場はほとんどテーマパークの様相を呈してるが、こちらは昭和からずーっとこのスタイルでやってますって感じの佇まい。タイプこそ異なれど、いずれも魅力的ではある。

Img_1126Img_1129

相模原ではそばを食ったから此方じゃうどんをセレクト。加熱中はニキシー管の秒数表示と共に誤作動防止の為かうりきれランプが点灯する。

Img_1132

まあ、恐らくは業務スーパーとかで売ってるうどん玉やつゆを使ってるんだろうな。でもつゆは鰹だしがよく利いてて結構美味かった。ちなみに天ぷらは店主自ら仕込んだお手製というパターンが多いらしい。

Img_1133

うどんを掘り起こすと底に沈んでたうずらの卵やわかめが顔を出す。これがちょっと嬉しい。加熱の過程でどんぶりが脱水機みたいにグルグル回るらしいから、具が飛び出さないよう敢えて麺の下に仕込むんだろうな。

取り敢えずうどんは堪能した。しかし俺の目的がもう一つあり、

Img_1127

これよこれ。トーストサンド。相模原じゃ食わなかったから上尾では絶対食おうと心に決めてた。

Img_1134

webで情報収集すると右のコンビーフサンドってのが絶品らしい。

Img_1135

このトースト中ってのがいいねぇ。ニキシー管とはまた違った魅力がある。

Img_1136

不用意に掴むと火傷しそうな程アツアツのトーストがアルミホイルに包まれて出てくる。これまた店主のお手製感が凄い。○は多分コンビーフサンドの印なんだろうな。

Img_1139

ホイルを丁寧に開くとこんがり焼けたトーストが顔を出し、

Img_1138

めくるとこんな調子。いや、余所の記述にもあったけどからしマヨがすげー良い仕事しててマジ美味い。近所にあったらちょいちょい通いたくなるレベル。

Img_1140

レトロ自販機だとこんなのもあり、

Img_1142

ラインナップはご覧の通り。これはこれで食いたくなるけどカップヌードルやどん兵衛は全国何処で食っても同じ味だから今回はパス。

俺がお店に居た2-30分の間にうどんそば目当ての後客が数名来訪(一組は30代とおぼしきカップル)。NHK効果かレトロブームの影響だろうけど、このお店はそういったムーブメントとは全く無縁の風格すら感じさせる。

で、此方の話はこれだけじゃ終わらない。メインブログのレトロゲーム編へ続く・・

2023年1月 4日 (水)

ニッポンハム ふわたまオムレツ

Img_1055

冷蔵庫にストックしてる生玉子の賞味期限が近付くとこういう物を買ってきて消化するパターンが多いんだけど、何故か最近は行動範囲内で見かけない。web検索すると普通に売ってるみたいなのでたまたま近所がエアポケットなのかね。これは確か瑞穂のドンキで見つけた。2種買ってきて、まずは4種チーズ入りを作ってみると、

Img_1057

なんかベチャベチャしてる。レンチン時間が短かったかもと思いつつこの状態で1分ほど加熱したのだが状況に変化なし。今までこんな事なかったのにどういうこっちゃ?と思ったら、2のふりふりを忘れてた。

Img_1059

一夜明けてベーコン入りでリベンジ。

Img_1060

うむ、今回は上手くいった。味はまあ特筆するほど美味くもないけど玉子の消化に有効だし小腹が減った時に最適なボリュームなので常備しておきたいのだが、前記通り近所に売ってない。Amazonなら買えるけど割高だし6個の抱き合わせ販売だから持て余す。困ったもんだ。

サンヨー食品 真的中華 香酸辣湯麺

Img_1043

今宵のディナーは少し前に気になって買ったこいつ。

Img_1045

なるほど、パッケージにある通り味も香辛料の刺激も日本人に媚びない攻めた印象。ただ、それが美味いと感じられるかどうかは別問題。

例えばの話カップヌードルトムヤムクンは日本人の好みへ寄せた事で大ヒットに繋がって定番化を果たしてるし、企画物としての面白さは認めつつもあまり俺の好みじゃなかったってのが率直な感想。酸辣湯麺なら中華三昧の方が格段に俺好みかな~と。

2023年1月 3日 (火)

ラーメンスープを応用する

Img_1120

年末に10袋ほど貰った喜多方ラーメンスープ。最初はイオンで生麺買ってきて普通にラーメンとして消化したがまだ7袋あるし、そればっかりじゃ芸がない。そこで、

Img_1119

ほんの思い付きなのだがフリーザーで一ヶ月近く眠ってる豚ロースがあったので半日ほど漬けにして、

Img_1121

飯半合に乗せ卵黄をトッピングして豚丼に。使ったのは半分だけなので残りは添え物のスープとして消化。まあまあ悪くないのだがちと塩辛い。そこで卵白もぶっかけて食らうと良い感じに味が薄まった。これは応用のひとつとして使えるテかも知れない。他に何かあるかな。ヒントを求めてwebを徘徊するかぁ。

エースコックわかめラーメン しじみだし・しょうゆ

Img_1023

暴飲暴食の時期になると登場するしじみだしの縦型わかめラーメン、暴飲はさておき暴食なんてしてないが今年も出てたから今宵のディナーはこれで。

Img_1024

安定の美味さ。この貝出汁が身に染みるのだ。定番化しても良いんじゃねと思わされる完成度なれども年末年始しか出て来ないないって事はそれなりにコストがかかるのかもね。

2023年1月 2日 (月)

今宵の晩酌230102 酢だこ

Img_1106

とは言え、少しは正月っぽい物も食いたいのでおせちのコーナーに売ってた酢だこスライスに獺祭45を合わせる。しかし何で年始に酢だこなんだろと思って調べたら紅白で縁起が良く、酢漬けなのは日持ちするからですって。

2023年1月 1日 (日)

日清のおめでどん兵衛 年明けうどん

Img_1115

年末もどん兵衛、年始もどん兵衛だぜ。なんか毎年同じ事を繰り返してるな。

Img_1118

これが関西風のあっさり系で美味いのだ。329kcalと比較的低カロリーなのも好印象。

年の初めのペヤング超大盛伊勢崎焼うどん

Img_1113

おせち? 知らねーよそんなの。今日から夜番だし。

で、これは暫くスルーしてたのだがドンキで安かったのと、少し前に食ったペヨングのそばうどんが個人的にポイント高かったので買ってみようかと。

Img_1114

超大盛のハーフだから通常ペヤングとほぼ同等のボリューム。うん、これも美味かったな。液体スープか別添のかつお節の功績か判別が難しい所だけど、いい感じにチープな和風だしが食欲をそそる。ペヤングうどん、いいぞ。

2023年初飯は極寒のベランダで中華三昧を

Img_1112

現在、立川の気温は氷点下1度。メチャ寒。だからこそベランダで食らうアツアツの中華三昧味噌ハーフはあり得んほど美味い。あさま山荘事件で駆り出された機動隊員の気持ちがよ~く分かるぜ。

2022年12月31日 (土)

ベランダで年越しどん兵衛

Img_1109

夜中に食ったレトロ自販機のそばで年越し完了とも思ったのだが今日のためにストックしてあったどん兵衛天ぷらそばがあるからここでも試した酒割りで、それだけじゃ芸がないから気温2度のベランダで食らう愚行に走る。

いや、これマジ美味い。普通に食っても美味いどん兵衛天ぷらそばを寒空の下で堪能すると美味さ倍増。温そば最大の調味料は七味でもかつお節でもなく寒さだという事を再認識。

自販機のハンバーガー

Img_1105

これが深夜に相模原市の中古タイヤ市場 自販機コーナーで買ってきたハンバーガー。エガちゃんがマックのダブチを自動販売機みたいだと双方に失礼な言い方してたけど自販機のバーガーだって美味いんだぜ。

Img_1107

一度レンチンされたバーガーを温め直してるから見た目はまあご覧の通りだが味は変わらないから問題なし。ヤマザキの100円バーガーと少し印象が被るけど、このチープ感がいいのだ。

但し暖房の効いた自宅の部屋で食っても魅力は半減。こういうのは寒空の下で食うからこそ美味いんだよ。

今年の年越し蕎麦はレトロ自販機で

俺、NHKのドキュメント72時間ってちゃんと観た事がなかったんだけど先日放映された阿佐ヶ谷の角打ち回がとても良かったから、年末SPで再放された人気投票上位作品20編を全部録画。まだ1/3ぐらいしか観てないが、中でも凄く印象深かったのは秋田と島根のレトロ自販機。小銭を入れて30秒待つと暖かい生麺のそばうどんが食えるやつね。

72時間の間に様々な利用客が訪れるんだけど、個人事業を立ち上げたもののあまり上手くいってないという方が居て、インタビュアーの質問をはぐらかしつつ一筋涙を流し、笑いながらこれ美味いっすねって言うの。あれはもうグッと来た。俺らすぐ麺のコシが~とかつゆの出汁感が~とか御託を並べたがるけど、美味いってのはそういう事じゃないんだよな。なんつーか本質を突き付けられた気がする。

で、無性にレトロ自販機のそばうどんが食いたくなりweb検索したらこういうサイトを見つけた。何処へ行けばどんな自販機があるかの情報が網羅されてて、自宅から一番近いのは神奈川県相模原市の中古タイヤ市場 自販機コーナー。あ、ここ知ってる。少し前、DQNのバカップルが貴重な自販機のボタンを殴り壊す防犯カメラの映像が公開されて一部巷で話題になった場所だ。

パーツが無くて修理出来ないと管理者の方が嘆いてたけど、そのニュースを観た部品メーカーのご厚意により再現パーツが作られて今は無事に稼働してるそう。それはいいけどあのバカップル捕まったのかな。あんな奴ら吊るし首にしちまえばいいんだ。

さておき、思い付いたのは昨日の夜だけど酒が入ってるから車に乗れないし、NHK効果で同類が大挙して押し寄せる可能性もあるのでちょいと一寝入りして真夜中向かう事に。目を覚ましたのはAM2:30頃。アルコールはすっかり抜けたし、映ちゃん号で相模原へ向かえば現地着は真夜中の4時近く。色んな意味でバッチリだ。いざ出発。

最初ナビに打ち込んだ住所が間違ってておかしな場所へ案内されちゃったけど、再検索して辿り着いたのは3:40頃。道が空いてるから1時間かからなかった。

Img_1102

正にこの世の楽園か。ザッと数えて30台からのレトロ自販機が立ち並び、これが裏手にもう一列あるから全部で何台あるのかよく分からない。しかしこんな深い時間なのに若者の集団が数組居てワイワイやってた。地元民にしてみれば面白い遊び場なんだろうな。

Img_1088

一番端に目当てのそばうどん自販機が。さて、そばにするかうどんにしようか悩みつつ歩み寄ると、

Img_1090

ガガーン。何しに来たんだ俺。でもまあ、他にも色々あるので別の何かをと物色してたら、

Img_1093

同じそばうどんの自販機がもう1台あり、

Img_1094

肉そばあった~~! これは命拾いした。でも2つのボタンのうち一つにはうりきれ表示が。あぶねえあぶねえ。

Img_1095

これが念願のレトロ自販機そば。麺はボソッとしててつゆも化調が効き過ぎてて妙に甘ったるい。だがそれがいい。寒空の下で食らう温かいそばは絶品で心に染み入る。この一杯も俺にとっては良き思い出になるのかな。

小腹は満たされたし、折角だから他の自販機を見て回ると

Img_1100

おお。これ、中野体育館のB1や中野ブロードウェイ入り口付近の自販機コーナーに置いてあったなぁ。当時はカップヌードルのネギが食えなかったから利用したのはせいぜい1-2度だったけど。

Img_1099

へえ、オリエンタルマースカレーの自販機なんてあるんだ。これはガキの頃も見た事がない。

Img_1103

これは俺的に思い入れ深い。確か中野にもあったけど、もっぱら利用したのは高速のSAだったな。ちなみにDQNのバカップルが壊したのはこの台のボタンらしい。折角なので1個買って持ち帰り、ひと寝入りしたらブレイクファストで消化する。

Img_1104

このニキシー管の秒数表示も味があって良い。最高だ。

他にもアルミホイルに包まれたトーストの自販機とか色々あって目移りしたが何でもかんでも買って帰ると処理に困るので今回はバーガーのみにとどめる。先のサイトを参考にするとこういう場所が全国に点在してるみたいなので気が向いたら別の所にも行ってみたい。但し残念ながら都内にはなさげ。これ程の規模じゃなければ稼働してるレトロ自販機もちょいちょいあるだろうけどね。

2022年12月30日 (金)

2022年お店ラーメン食い納めは福しんのニラそばで

中華蕎麦とみ田、凪、ぶぶか、○つばき食堂、東京油組総本店、やまぐち辣式、ますたに、丸福、丸信、魁力屋、来来亭、神田味仙、荻窪丸長×3、日高屋、幸楽苑、村山ホープ、青葉、坂内、味源、じゃんがら、花の華、万世拉麺、桂花、七彩、だし廊、はやし田、つじ田、武道家賢斗、麺や独歩、がんこ立川、中本、好日、名代ラーメン亭、安全食堂、麺屋彩未、喜奴屋、薬師の大番、岐阜タンメン、Sugakiya、田無大勝軒

これがiPhoneにメモった2022年訪問のラーメン屋さん。記入漏れはない筈だから40店42杯でリピートは荻窪丸長だけ。月平均3.5杯か。まあ常識範囲ですね。

そして2022年最後の訪問店はこちら。

Img_1077

鷺ノ宮の福しん。約1年ぶりに食う冬限定メニュー、ニラそばで今年のお店ラーメン食い納めだ。

Img_1078

前々回は2辛、前回は1辛をチョイスし、どっちもお釣りが来るほど辛かったので今回は辛さ普通で。これでも充分に辛味を満喫出来るから俺的には以後これをベーシックとする。去年は白髪ネギを恐る恐る食ったもんだけど、もはや恐るるに足らず。で、ラーメンも美味いのだが、

Img_1079

アフターのニラ肉丼が至高。量的には中ライスが最適なんだろうけど俺は半ライスにてんこ盛りでいただく。激美味し。

多少スープを余したので半ライスと合わせ800kcalぐらいか。これでもう夜まで腹が減らないから食い過ぎって事はない。傍らに生ビールがあると最高なのだが腹パンになっちゃうので今回は自制。でもまあスープ完飲しなければ余力はあったな。次回はプラス生ビールで逝ってみよう。

2022年12月29日 (木)

1年ぶりに田無大勝軒

元旦から出勤だけど取り敢えず昨日が仕事納めで今日は三連休初日。前の連休で自分の部屋だけは大掃除を済ませたので、後はダイニングキッチンの掃除と廊下&階段の拭き掃除。その前に腹ごしらえをと思いつつ昭島大勝軒へ向かったらあり得ないほどの大行列が出来上がってた。SNSで情報収集すると今日が年内営業最終日らしい。車からザッと数えただけだが20人以上は並んでたので1時間待ち必至。これはもうパス以外の選択肢なし。ここのスープがアツアツになったというローカル情報を何処かで見たので試したかったけど、それは次の機会に。

それではと地元から7駅先の田無大勝軒へ向かう。昨年のネギ克服チャレンジ以来だから約1年ぶり。

Img_1073

暖簾が変な風に巻かれてるから営業終了か?と思ったりしたけど普通に営業してて外待ち客は2人ほど。でもすぐに3-4人の先客が出てきたので10分足らずで店内に入れた。

Img_1075

2玉ガッツリ逝くか1玉の小盛りにしておくか少し悩んだが、2玉食うと半日は何も食えなくなるし、自宅へ帰れば早く消化したい買い置きの食品もあるから小盛りをセレクト。それでもどんぶりは洗面器だから迫力満点。しかし永福町系は何時食っても安定の美味さ。ここ数年、年末か年始には必ず食ってるな。

Img_1074

備忘録的に発券機を画像に収めてきた。生玉子なら必ず頼むけど味玉は食った事ないかも。次回試してみるか。

さて、これでラーメン食い納め・・と言いたいところだがあと1軒、年内に食っておきたい店があるので明日か明後日出向く予定。

日清 神田まつや 鶏南ばんそば

Img_1021

そして毎日カップ麺健康生活再開。今宵は先日お店訪問した神田まつやのカップそばを。もはや冬の定番ですね。

Img_1022

鶏出汁の効いたつゆの香りと旨味がどん兵衛のワンランク上を激しく主張。実際どん兵衛より単価が高いので当然と言えば当然の話か。あと、ゴロゴロ入ってるフリーズドライの鶏肉がすげー優秀。但し5分だと芯まで戻り切ってなかったりするのでフタを開けたら底に沈めてそばを食い進め、半分食った辺りで鶏肉を食うのが吉。

そりゃお店で食う鴨南ばんそばとは比較にならないけど、これはこれでしっかり美味い。市場から姿を消す前に買い足してストックしておくかな。

2022年12月28日 (水)

100ロー 鮭ほぐし野沢菜飯

Img_1068

これが財布を落とした直後に買った記念すべき100ロー弁当。そんな記念クソ食らえだが。

リュックに財布が入ってなかったので車に置いて来ちゃったかなと思い店員さんにその旨を伝え、車へ戻ったものの幾ら探しても財布は見つからず。こういう時の保険に車載用財布ってのをグローブボックスに常備してて、そこから小銭を持ち出して支払ったけどPASMO決済で良かったじゃんと後で思った。まあ財布を落とした事に気付いて半パニック状態だったから仕方ないけど。

Img_1069

100ロー弁当を買うのは秋口以来か。相変わらずのコスパと万年ダイエッター的に好都合なボリューム感がポイント高し。しかし鮭ほぐしは絶対に期待を裏切らない安定の美味さ。財布紛失で凹んだハートを優しく癒やしてくれる。しっかし安いハートだな。

2022年12月27日 (火)

倍ダブチ

今日もカップ麺のストックがないし、ちょっと早めに家を出て高田馬場で何か食ってから出勤する事に。

Img_1061

夜マックは結構前から気にしてたけど一度も利用した事がなく、良い機会だから試してみる。エガちゃんの口には合わなかったようだが俺は好きだぜダブチ。こいつを倍で逝くと、

Img_1062

いやあ、なかなかの迫力。途中で飽きちゃうかもと思ったりしたが最後まで美味しくいただけた。ちなみに栄養成分表をチェックすると倍ダブチのエネルギー量は665kcal。ほぼラーメン一杯分相当か。でもガッツリ逝った感がハンパない。たまに食う分には良いかも。

夜マックのキングオブキングスと言えばやはり倍ビッグマックだが724kcalもあるし、食い難さも倍増する事は分かり切ってるのでよっぽど気が向かない限り食う事はないだろうな。

西友 国産しらすの彩り弁当

Img_1053

出来合いの弁当を職場で食うのは100ローの200円弁当に熱を上げた時以来か。おかげさまでストック分のカップ麺を食い尽くしたから久々に弁当でも買おうかと思って。

こういう和風弁当はアホみたくアツアツにしない方が良さげなので1分少々レンチンしてちょっと温まったかな程度でいただく。その判断は間違いなかったけど味はまあ可もなく不可もなし。ただ430kcalと比較的低カロリーな所が好印象。割引なのもポイント高し。

これはこれで添加物とか保存料とか色々入ってるんだろうけど1日2-3食カップ麺とかに比べたらまともな部類じゃないのかね。

2022年12月26日 (月)

玉子なし虚無リタン

web検索すると口内炎の痛みを2週間以上引きずるようなら医者へ行けと色んな所に書いてあり、おかしくなり始めたのが確か今月の14日頃だから今日で12日目。昨日辺りまでは受診を検討していたものの市販薬の恩恵もあってかようやく回復の兆しが見られてひと安心。でもまだ痛い。こんなタチの悪い口内炎に苛まれるのは下手したら人生初かも。

で、口内炎で痛い時はあれが良いとかこれが良いとか多方面に色々書いてあるけど、栄養価はさておき体感的に一番患部に優しいと感じたのは具なしの麺類。逆に絶対食えないのはスナック菓子類。肉料理もかなり辛いな。チキンレッグなんか痛みに涙を滲ませながら食ったし。

で、何か都合の良いレシピはないかしらとリュウジさんのチャンネルをチェックし虚無リタンってのを玉子なしで作ってみる。

Img_1049

実に味気ないビジュアルだけど、これにスライスソーセージだのタマネギだのピーマンだのを加えると食い難くなるからこれでいいのだ。調味料の分量を半分に抑えてハーフで作ったらちょっと薄味だった(・・つーか、パスタが10gほど多かった)のでタバスコ10振り&粉チーズを加える。

Img_1050

これでまあまあ俺好みの味付けになったか。ただ、茹で時間が短くアルデンテ以上に芯が残ってしまった。これは失敗。次回の課題だな。

経験上、あと2-3日は痛みを引きずるから暫くこんな食生活が続く。まあ、職場じゃカップ麺とか食うけどね。

2022年12月25日 (日)

まだ買ってるポケモンヌードル

Img_1041

今日のブレイクファスト&ランチはこれ。ピカチュウ出ねえかな~とか思いつつチマチマ買い続けてるという。でも手元のシールを見返すと4枚しかないからアホみたいには買ってない。で、今日もピカチュウ出なかった。俺の闘いは続く。

Img_1042

前回同様サルサデスソース小さじ半分(約2.5g)を加える。体調によりけりで増減ありだと思うけど口内炎が完治しない現時点ではやや入れ過ぎ。2gでお釣りが来たかも知れん。体調万全なら5gで勝負に出ても食えるとは思うが相当辛くなるので、普通に美味しくいただこうと思ったらこれぐらいが適量だな。

今宵の晩酌221225 炭火ローストチキンレッグ

Img_1026

AM3:30頃タク送で帰宅し、昼間買ったチキンレッグに赤星缶を合わせる。皿がちょっとアレだが細けえこたぁいいんだよ!

しかし見た目ボリューミーだがセブンのサイトで栄養成分をチェックすると233kcal。まあ1/3近くは骨だからね。しかしこれ、去年は確か500円ぐらいだった筈だけど値上がりしちゃって今じゃ税込み600円。こうなるとスーパーで買った方が安上がりかも。

2022年12月24日 (土)

寿がきや 本店の味

夜番シフトには16:00入りと18:00入りの2種あって、今日は18:00入りなのに勘違いして16:00入りのつもりで家を出てしまった。気付いたのは4駅先。いくらなんでも2時間は早過ぎるし、折角だから東陽町駅前の酒屋で角打ちをと一瞬思ったが、仕事終わりならまだしも出勤前に一杯引っかけてきたなんて事が明るみに出たらタダじゃ済まないので大人しく一時帰宅。丸々1時間無駄にしちまった。何やってんだ俺。

但し転んでもただじゃ起きないので駅前のセブンでチキンレッグを買って帰る。これはもうバターチキンカレーとか言ってないで今年もセブンのチキンを食えというジーザスクライストの思し召しなんだと思うようにする。人間、全てに於いてプラス思考で生きる事が肝心よ。

チキンは夜勤明けに食うとして、ちょいと小腹が減ったから名古屋で買ってきたこいつをハーフ食い。

Img_1019

寿がきや 本店の味。こういう商品名だけど店舗の看板メニュー和風とんこつラーメンとは似ても似つかない。ちょっと気になってメーカーサイトで調べたらこれは昭和45年に発売されたロングセラー商品で、店舗の方はSugakiyaチェーン第1号店オープンが昭和44年。

ひょっとしたらその頃は醤油ラーメンがメインだったのかもと思ったりしたのだが、創業当時から和風とんこつメインという記述もあり実際の所は分からない。お店のメニューと袋麺で完全にキャラ分けしてたのかもね。なお、和風とんこつラーメンのチルド麺が初めて市場に登場したのは平成6年8月(ノンフライ袋麺は平成9年、カップ麺は平成12年発売)。

Img_1020

とんこつ要素が皆無で味の印象はポロイチしょうゆに近く、油揚げ麺だけど食感も良い。そしてスパイスがよく効いてる。これがフックになって中部地区の人たちの胃袋を掴んで離さないらしく賞賛の声がチラホラ見受けられたり。物産展かアンテナショップに行かないと関東圏じゃ手に入らない事もコレクター気質を刺激する。色んな意味でそそられる商品なのだ。

ハウス こくまろ バターチキンカレー

Img_1017

今日のブレイクファスト兼ランチはフリーザーで半月近く眠ってた自作バターチキンカレー。いくらなんでも消化しなきゃと思って。で、気が付いたら今日は鳥を食う日じゃないの。例年セブンのチキンレッグを買ったりしてたけど今年はこれでいいや。

しかしこれ、まあまあ美味いのだがあまりにも辛くなさ過ぎ。もう4皿分の固形ルーが残ってるから追い追い消化するつもりだけどリピはないかな。やはりカレーは辛くないとノットサティスファイドだ。

Img_1018

 

2022年12月23日 (金)

阿佐ヶ谷 酒ノみつやで角打ち

5連休最終日、夜に都心で所用があるので少し早めに家を出て阿佐ヶ谷へ立ち寄り酒ノみつやさんにお邪魔。やはり角打ち童貞は此方で捨てようかと。

Img_1013

阿佐ヶ谷駅から青梅街道まで続くアーケードは非常に長く、此方はその中間点辺りか。駅からすぐ近くじゃないけど苦になるほど遠くもない。テレビで紹介された直後だし激混みだったらどうしようと思いつつ飲みスペースを外からチェック出来る裏手へ回ると先客は一人だけ。

Img_1012

何でも良かったけど赤星の中瓶をチョイス。レジに持って行くと角打ちですか~?と聞かれ、そうですと答えるとグラスを付けてくれる。これの貸し賃が飲酒スペース利用料になっててプラス50円。その後は何か買い足しても使い回せるので追加料金不要。

Img_1011

正にテレビで観たのと同じ風景(当たり前か)。10分程は先客と俺の二人だけで、特に言葉を交わす事もなく静かな時間が流れる。エアコンが設置してありそれなりに暖かいが今日みたいに寒い日は底冷えする。そもそもがコンクリ打ちっぱの倉庫を改良したスペースだからね。

番組じゃ秘密基地って表現されてたけど俺的には異空間へ迷い込んだ感覚。なんか良い。そうとしか言いようがない。

それから程なくして常連さんとおぼしき方々がわらわら現れMAX7人ぐらいになったか。約束の時間も近付いてきたし10人も入るとほぼ満員って感じだし、一見はさっさと引き上げましょって事で赤星1本だけ飲んで退散。

常連さんたちがNHKのドキュメンタリーの感想を語り合ってて、まだ観てない人の妨げになると申し訳ないから内容については伏せておくけど要は番組に都合の良い部分だけ切り出して小綺麗にまとめてたねって話。でもまあ、俺も作り手側の人間だからよく分かるけど番組制作ってのはそういうもんよ。ありのままをダラダラ放映したって番組として成り立たないからそれはもう仕方のない事。ひとつ言えるのは実際に現場を訪れてみるとお店の雰囲気も集う常連さんたちも番組で紹介されてた通り魅力的だったなと。そこに偽りはない。

こういうお店で輪に加わろうと思ったら足繁く通うしかない。そういう意味じゃ阿佐ヶ谷は行動範囲外だからホームに成り得ないかな。職場近くにある東陽町の角打ち可能な酒屋の方がちょいちょい寄れるので、むしろそっちを頻繁に利用した方が近道かも。とは言え俺の目的はまず酒で、常連さんとの談笑は二の次だから気が向き次第。

2022年12月22日 (木)

阿佐ヶ谷の酒屋 今日も一杯 角打ちで 再放送

ここでネタにしたNHKのドキュメンタリー番組が地上波で24日AM9:00から、BSで28日17:00から再放送されるらしい。とても良い番組だったので酒飲みは勿論のこと、酒を飲まない人にも是非ご覧頂きたく。人は何故酒を飲むのか、それも家飲みじゃなくわざわざ余計な金を払って外で飲むのか、正解とは言い切れずとも一つの解答が示されてる。

特に介護士の方、電機メーカー営業の方、このお店の主と呼ばれる方のコメントは深くハートに刺さった。悪者扱いされる事も多いけど、付き合い方さえ間違えなければ酒は良い物なんだと再認識させられる。

虚無焼きうどん

 

またこの動画に感化され試してみた。

Img_1010

うん、これも美味かった。リュウジさんの虚無シリーズで麺系が登場すると無条件で試したくなり、実際に作ってみれば実に簡単で、ちゃんと美味い物が出来上がる。大した人だわ。チャンネル登録者数346万人にも納得。

ただ個人的にはサラダ油を少し間引いた方が好みだったり。アブラギッシュなのが好きならレシピ通りで良いと思うけど俺は万年ダイエッターで油分控えめが身に付いちゃってるから小さじ1.5(約7.5g)で充分。調味料の分量は人それぞれ加減しろってリュウジさんも言ってるし、俺にとってはその方がベストだったというお話。

今宵の晩酌221222 国技館焼鳥 鶏つくね

Img_1001

少し前にどこぞのスーパーで見かけ、へえ~ こんなのあるんだと思いつつ購入。

Img_1003

冷めウマが真髄の国技館やきとりだからレンチンせずそのままでジャックコーラに合わせる。うん、美味し。保存食なので少々割高ではあるけど106kcalしかなく、寝る前の一杯に最適だ。

2022年12月21日 (水)

名古屋の戦利品

有意義かどうかなんて個人の価値観だし、自宅でダラダラ飲んだくれてるより有意義な時間の使い方だったと俺自身は思ってる。ひとつ残念だったのは舌の裏に大きめの口内炎が出来てて食事に集中出来ないの。もう5日ぐらい痛みを引きずってて、早く完治して欲しいけど歳のせいかなかなか治らない。取り敢えず今はスナック菓子とか絶対食えん。患部にトゲトゲした物が当たると飛び上がるほど痛いんで。

さておき、今回も色々と買い込んできた。リュックひとつで出かけたから量的制限はあるけど。

Img_0993

寿がきや3品。岐阜タンメンの袋麺は都内でも売ってるけど折角なので。本店の味はメチャ美味って事もないが名古屋にしか売ってないから行く度に買って帰ってくる。味付メンマは初めて見た。今まで気付かなかっただけかも。

Img_0995

コーミソースの小ボトル。やや割高なれど俺ってソースの消費量が少ないんでこれでも2年近く持て余す。パッケージにある通りえびふりゃーに合うらしい。

Img_0996

何処のお土産屋にも置いてある味仙の台湾ラーメン。パッケージの印象が変わらないから店舗で売ってるのと同じかと思ってたけど、

Img_0971

これは名古屋駅構内にある支店の店先で盗撮したお土産台湾ラーメン。パッケージが微妙に異なり値段も400円ぐらい高くて賞味期限は1ヶ月ほど(お土産屋のは半年以上持つ)。よく見るとお土産屋のには監修って書いてあるから同じ物じゃないんだな。賞味期限は長い方が有り難いけど。

Img_0999

世界の山ちゃんの手羽先。お土産屋ではスルーしたものの改札くぐったら急に欲しくなり新幹線ホームの売店を見て回ったんだけど全然置いてなくて、さっき買えば良かったな~と思いつつ発車3分前に最後の望みをかけて覗いた売店に売ってて声が出かかった。で、イロイロイロイロ~が鳴り出したので新幹線へ駆け込む。正にギリギリセーフの思い出の品。しかし思い返せば俺ってば世界の山ちゃん入った事ないや。

Img_0994

これは名古屋と関係ないけど行動範囲内じゃ全然出会えなかったほていのからあげ缶。マックスバリュに売ってたので購入。これでほていのやきとり缶はフルコンプかな。まあ食い終わったら捨てちゃうけど。

取り敢えずこんな感じ。刺激物多いし、口内炎が治ったら食う事にしましょ。

旅の締めくくりは神田まつやで

10:00頃にSugakiyaのラーメン、12:00頃に住よしのきしめん、そして15:00頃に神田まつやと5時間余りで麺類3食とはどうにも・・ まあ朝昼晩エースコックわかめラーメンよりはマシか。前回訪問時の画像を誤って消しちゃったのと、ここの鴨南ばんが食いたくて何時か再訪をと思ってたけど結局10ヶ月近くブランクを空けてしまった。

神田へ降り立ったのが14:40頃で、いい感じのアイドルタイムだからすんなり店内に入れるだろとタカをくくってたのだが、

51fade28929d4fb9a8c10b6c63073938

外待ちの行列が出来上がってる。ザッと数えて12-3人だから大した事はないけど、やはり年の瀬になると混むんだな。折角来たので最後尾にロックオン。店内へ入れたのは30分後ぐらいだったか。ラーメン屋と比べたら回転早くないね。

Img_0985Img_0987

すげえ年季の入り方。外待ち時間にちょっと調べたら神田まつやは明治17年、かんだやぶそばは明治13年創業。ほぼ同時期なんだな。

Img_0989

老舗のそば屋でぬる燗を飲りつつそばの到着を待つ。嗚呼、独占おとなの時間。しかし此方もやぶも酒のアテは練り味噌なのね。

Img_0991

これが念願の鴨南ばん。比べちゃダメだと分かってるけどカップ麺の100倍美味い。この鴨がね、全然臭味なくてうんめえの。それと油脂がつゆに染み出てコクを増す感じ。1個だけ乗ってる肉団子がまた激ウマ。つゆも濃い口で最高だ。

Img_0990

ただ、結構お高い。お品書きを見ると上段左から下段右にかけて価格が上がっていくので鴨南ばんは上から4番目の高額メニュー。でもそれだけの対価を支払う価値は充分にある。そんな金は出せねえってんならカップ麺でも食ってろっての。ちなみに今年も日清から鶏南ばんそばが発売中。俺はあっちも好きだけどね。

お店を出ると外待ちの客が10人以上。今の時期だと何時に行っても状況は変わらないんだな。ちなみに徒歩1-2分の距離なのでかんだやぶそばへ視察に行くと、

Img_0992

定休日であった。蕎麦好きが分散しないから混んじゃったって事情もあるのかね。

名古屋の立ち食いきしめん 住よし

昨日名古屋へ着いたとき激しく気になったのはプラットホームの立ち食いきしめん屋。HUB巡り前なのでパスしたけど評判が気になりweb検索すると食レポがわらわらヒット。それなりに美味いみたいね。あと、新幹線のホームは何時も混んでて揚げ物も作り置きだけど在来線のホームなら揚げたてを提供してくれるので在来線ホームの方がお勧めという記述もあったりして。

Sugakiyaラーメン食って間もないが栄養成分表によるとあれはスープ飲み干しても378.8kcal程度らしいし胃袋にもまだ余力があるし、何より新幹線の発車時間までヒマだからそのアドバイスに習って在来線ホームへ行ってきしめんを食らう事に。

Img_0968

それでも昼飯時に近かったからどのホームの店も繁盛してた。見たところ全ホームにあるみたいだけど俺がセレクトしたのは3.4番ホーム。

Img_0970

帰京後に寄りたい店があるので揚げ物はパスしてベーシックなきしめんを。そばとの二択みたいだが黙ってるときしめんが出てくる。多めのかつおぶしとオマケの小さなお揚げが嬉しい。つゆが温くてややノットサティスファイドだったけどきしめんの食感は及第点で、立ち食いにありがちなボソボソ感がなくもっちりしてて美味い。揚げ物も食ってみたかったが、それは次回のお楽しみって事で。

3年ぶりに名古屋のSugakiya

今日のブレイクファストはこちら。

Img_0965

基本Sugakiyaは何処も11:00オープンなのだが名古屋駅からほど近いマックスバリュのテナントは例外的に10:00オープン。思えば2019年のもあ誕の時に寄ったSugakiyaもここだったっけ。

Img_0966

チャーシューが5枚乗ってる肉入ラーメンにするか少し悩んだのだが、この貧相なビジュアルも魅力の一つという事でベーシックなラーメンを。これで360円とは驚異のコスパ。しかし改めて食ってもスーパーで売ってるチルド麺とな〜んも変わらない。不味いって意味じゃなく同じ物が市販されているのだ。それはそれで賞賛すべき。一蘭も少しは見習った方がいい。

同じ物でも本拠地の店舗で食うと一味違う。ただただホッとする名古屋のソウルフード。これでいい。いや、これがいい。

今宵の晩酌221221 国技館やきとり

Img_0962

ホテルでブログ更新しながら昼に買った国技館やきとりの残りを食らう。これもまた旅の楽しみのひとつ。

2022年12月20日 (火)

HUBスタンプマラソン221220 名古屋編その2

Img_0948

石刀から名古屋へ戻り、その足で栄のHUB2店舗を目指す。しかしこのテレビ塔を望む風景、札幌と印象が被るな。で、目的地であるHUB GRAMPUS PUB MIRAI TOWER店ってのが、

Img_0950

この塔の真下にあるのでした。そのロケーションやイルミネーションの影響もあってか店内に空席なし。でもまあ俺はサクッと飲んで次へ行くだけなのでハブエール1/2パイントを立ち飲みして数分で退散。

Img_0951

そこから何分か歩いた場所にあるパチンカスの聖地サンシャイン栄のすぐ先に、

Img_0954

今回の旅の終着点HUB名古屋栄錦通り店がある。テラスがビニールで覆われてる辺りガード下っぽくて和洋折衷なのが面白い。

Img_0959

名古屋編終焉って事で祝杯はジャックコーラとラムケバブ。それなりに空いた静かな店内でまったり飲んでたら若者のグループが現れ、一気に騒々しくなったので撤退。

E78fcd855e3c4ea58ca9b78584f45fa2

あとこれだけ&浅草店でフルコンプ。内訳は京都3、大阪10、神戸1。これを一泊で消化するハードスケジュールを強行するか、京都と大阪&神戸の2回に分けるか。今回のゆったりしたスケジュールがなかなかに心地良いので今のところは2回に分ける方向へ気持ちが傾いてる。来月は年始の健診に向けて恒例の断酒期間を設けるので実施は春先かな。

お店で食らう岐阜タンメン

名古屋は仕事とプライベート、合わせて10数回訪れている土地なのでひつまぶしの名店も味仙もSugakiyaも訪問済み。そんな訳でHUB以外に行きたい場所もなかったりするのだが、ちょっと調べたらカップ麺や鍋つゆでお馴染みの岐阜タンメンの支店がある。しかも本場岐阜より愛知の方が多い。

だったら折角なので寄っていくかと思ったのだが名古屋の中心部から結構離れてて、駅からも遠い店ばっかり。距離的には稲沢板谷店ってのが一番近いんだけど最寄り駅から1.5kmぐらい離れてる。更に調べていくと一宮にある岐阜タンメンの町中華って店が電車で20分以上かかるけど駅からは徒歩数分。行くならここだなって事で名鉄に乗り石刀駅で下車し、4-500mテクテク歩いて此方へお邪魔。

Img_0943

町中華をコンセプトとした店舗でサイドメニューが充実してるけど、まだHUB巡りも控えてるので岐阜タンメンのみ注文。

Img_0944

見た目はシンプル。まずレンゲでスープを啜る。うおっ!メチャ美味え!・・つーか俺の好みにドストライク。ニンニクの効いた濃い口の塩味で麺は博多のバリカタを彷彿させるパツンとした食感の固茹で細麺。あと、寿がきやの鍋つゆが実に再現性の高い商品だという事も分かった。

公式サイトを覗くと岐阜タンメンは辛さゼロから5辛まで選択可能なのだが此方のお店のメニューにはその記述がない。代わりに、

Img_0945

卓上にこんな物が。辛さレベルは勝手に決めろって事か。

Img_0946

取り敢えずこれだけ入れてみたが辛味は大した事ない。他店舗の見本写真を見る限り2辛ぐらいの量なんだけどね。更にこれの半分ぐらい加えたら俺的ピリ辛になった。それ以上入れるとオリジナルの味が損なわれそうなので自制。

地方展開のチェーン店と侮ってたけど、これは都心に支店が出来たら通いたくなるレベル。替え玉も出来るからHUB巡りさえなければお願いしてたかも。うん、結構なお手前でした。

 

HUBスタンプマラソン221220 名古屋編その1

はい、今回もHUBスタンプマラソンの穴埋めだけを目的とした名古屋旅行なのでした。日帰りも可能っちゃ可能だけど新幹線パックツアーなら数千円プラスで一泊出来ちゃうし、慌てて帰る必要がないから優雅に逝こうかと。

Img_0938Img_0939

まずはこちら名駅店。2019年のもあ誕で名無し連中と飲んだ思い出の地。無難にハッピーアワーセットのグラスワイン赤と生ハム&サラミのハーフをサクッとやって15分程で撤退。

Img_0940Img_0941

続いて徒歩数分の名駅四丁目店へ移動しHUBレモン(所謂レモンサワー)と生ハム&サラミ。ところが見ての通りサラミがない。カロリー摂取量を5ー60kcal抑えられ結果オーライだけど俺みたいな客ばっかりじゃないからホールの兄ちゃんお気を付けを〜

新幹線でスーパードライ500ml、名古屋着と同時に駆け付けでグラスワインとレモンサワーを飲んで出来上がっちゃったから小休止。もう一つの目的地で飯を食ったら栄にある残り2店へ突入しますか。閉店までまだまだ時間あるし。

旅のお供に国技館やきとり

Img_0926Img_0928

今回みたく飲み食い目的で、尚且つ移動時間の短い名古屋行きだと車内飯は国技館やきとりが最適。荒野のグルメで描かれてた程には美味いと思わんし5本700円と割高ではあるけど、崎陽軒シウマイ弁当だと少し重いのでこのボリューム感が丁度いい。3本だけ食って残り2本はホテルで酒のアテに出来たりもするし。

で、何時も七味が欲しくなるから八幡屋礒五郎 七味唐からしを小袋に入れて持ってきた。俺ってば旅の達人だな。

酒割りどん兵衛

15:00東京発の新幹線で名古屋へ向かうから時間はまだあるし小腹が減った。

で、少し前にYouTubeで観た日本酒を10倍希釈し沸騰させ、切りだし昆布3-5cmを加えてカップそばうどん(ラーメンも)を作ると100倍美味くなるってのを試してみる。リュウジさんもだけど、こういうのは大風呂敷広げないと再生数稼げないから100倍とか言ってるだけで、実際の所は倍も美味くならないだろうなと思いつつ、気になるし失う物は何もないので。

Img_0924

ああ、でも意外とコクが増して美味くなったかも。劇的に変わるわけじゃないが深みは出た気がする。ちなみに日本酒を沸騰させるとアルコールが飛んで風味だけが残る。それが旨味を感じさせるんだな。

しかしこの手法でラーメン作っても美味くなるかどうかは疑問。物によるだろうけど気が向いたら試してみるか。

2022年12月19日 (月)

角打ち出来る酒屋

阿佐ヶ谷もいいけど俺の行動範囲を少し外れてるので東京 角打ちとかの語句でweb検索。すると地元立川にもその筋じゃ名の通った角打ち可能な酒屋がある事を知る。酒場放浪記でも紹介されたみたいね。ただ、地図を見ると陸の孤島で最寄り駅がない。一番近い多摩モノレールの駅からも10分以上歩く必要があるので其方はちょっとパスかな。車じゃ行ける訳がないし、頑張りゃチャリで行けるけどそれだって立派な飲酒運転になるから論外。

アクセスを重視すると職場の最寄り駅、東京メトロ東陽町の近くにもあった。お店自体は利用した事ないけど以前ネタにしたガハハビールのすぐ近くだから場所なら把握してる。ただ、今は夜番メインで何時も退勤時間がてっぺん超えてタク送だから昼勤務へ移行しない限り寄りようがない。

そう言えば移転前の職場近く(中央区新川)にも角打ち出来る老舗の酒屋があった事を思い出す。ただ、そのお店は風格あり過ぎと言うか一見お断り的な敷居の高さを感じたので下手したら缶ビール1本すら買った事なかったかも。でも今はちょっと寄ってみたいなと思ってたり。そこから何分か歩いた八丁堀付近にも雰囲気ある酒屋があり、気になってたけどそこも角打ち出来たのね。

そもそも俺は常連さんの輪に加わりたい訳じゃなく、まずは角打ちの雰囲気を堪能したいだけなので西武新宿線沿線でアクセスの良いお店をチョイスし近々訪問してみようかと。鷺ノ宮にも田無にも小平にもあるみたいだし選び放題だな。

7iプレミアム 一風堂 トムヤムクン豚骨ヌードル

Img_0918

今日のブレイクファスト兼ランチはこれ。カップ麺や袋麺は結構バリエーションがあるけど冷凍のトムヤムクンヌードルは初めて見た。一風堂ってこんなメニューも加わったんだと思ったりしたがパッケージを見ると2014年にオープンしたタイ支店からの逆輸入って事らしい。

Img_0921

どんぶりで希釈したスープにレンチンした麺と具を加えるスタイル。具材は乾燥じゃなく冷凍だからカップ麺より本格派。沈んで見えないけどエビは6尾ぐらいだったか。

スープを一口すするとこれまた本格的で、本来のトムヤムクンに限りなく近い。但し酸味が強いから豚骨風味はほとんど体感出来ず。言われれば豚骨の要素も含まれてるかな~ぐらいなもんで。麺は冷凍特有のボソッとした食感なれどフォーに近い印象で結果オーライ。或いはメーカーの狙い通りなのか。

ちょっと割高かな~と思ったが良品ではあった。レンチンじゃなく鍋で茹でて作る事も可能らしいから次回はそのスタイルで調理し麺の食感を試してみたいところだけど取扱店が限られてるのか何処のセブンへ行っても買えるわけじゃない。まあ、その辺はまたこいつに出会えたら考える事にする。

2022年12月18日 (日)

ドキュメント72時間「阿佐ヶ谷の酒屋 今日も一杯 角打ちで」

一昨日NHKで放映された表題の番組を録画して観たんだけど良かったな。俺、角打ちって未体験だからちょっと行きたくなった。でも阿佐ヶ谷に限らずああいう隠れ家的な酒屋って全国に沢山あるんだろうなぁ。思えば茅場町のニューカヤバも限りなく角打ちに近い雰囲気だった。まあ、あそこは昭和の趣を色濃く残す立ち飲み屋なのだが。

お店自体も魅力的だったけどそれ以上に集う客たちが実に良い。何時も顔を出す常連客、居合わせた呑兵衛とほんのひととき他愛ない話で盛り上がる客、その空気感に浸りながら独り呑みを満喫する客、そしてみんな泥酔する事なくサクッと飲んだら心をリフレッシュして日常生活へと戻っていく。粋だねぇ。

で、思うに俺がよくやってる名無したちとのパフュ飲みやベビメタ飲みも根幹は一緒だなと。ライブ終わりに見ず知らずの同類を集めて死ぬほど盛り上がり、自己紹介すらせずにお開き。でもその楽しい時間は間違いなく明日への活力になる。ノリは異なるけどしがらみや後腐れが一切ない点は共通してる。ああ、そう言えばまた年明けのベビメタ公演後に居酒屋で幹事役を務める事になってしまった。ま、今までトラブった事ないし、そもそも自分が楽しむ為に始めた宴だから問題ない。最悪俺が全会計を被りゃいい話なんで楽勝よ。

話はちょっとズレるけど最近掴んだ耳寄り情報がひとつ。毎月お世話になってるヘアサロンのスタイリストさんが近所に住んでるらしくて(オフの日に家の近くで俺を見かけたらしい)なんとなーく自宅付近にある飲み屋の話になった。で、立川へ越してきた頃から気になってる小さな居酒屋があるのだが、どうにも入り難い雰囲気でずっとスルーしてた。するとスタイリストさん曰く、そこは店主と幼馴染みの常連客が何時も幅を利かせて居心地悪いんだと。なるほどねぇ。あの一見客を寄せ付けないオーラの理由が一発で分かったわ。

そのお店や常連客に罪はない。ただ、俺にとって魅力的な場所じゃなさそうだという話。そりゃ良い感じにその輪の中へ加えて貰えたらかけがえのない空間になるかもしれない。でもそこまでして入っていこうとは思えなかったり。気楽に飲みたきゃHUBや鳥貴族の方が好都合だし、何の不満もないんでね。

今宵の晩酌221218 さば塩焼

Img_0910

ほっけ塩焼が俺的にノット・サティスファイドだったから随分間が空いたけど今宵のアテはこいつ。

Img_0912

青魚の缶詰を器に空けてレンチンするとポンポン跳ねて最悪のビジュアルになるんだよな。それどころかラップを吹き飛ばす事もあったりして。さておき、これもそのまま食うと俺には味気ないのでかき醤油を加える。それでも物足りず、

Img_0914

伝家の宝刀S&Bさんしょうの粉と八幡屋礒五郎 七味唐からしにご登場いただく。これで刺激感は俺好みになったがオリジナルの風味は跡形もなくなった。やはりマルハの缶詰はさんま蒲焼を買うのが無難と再認識したのでこれもリピ無し。

2022年12月17日 (土)

丸美屋カレー中辛 x サルサデスソース

鬼滅やスパイファミリーのシール目当てで買った丸美屋のお子様向けレトルトカレーにはチリペッパー、ガラムマサラ、クミン、ターメリックを振りかけて食うのが私的定番だけど、これを職場でやろうとしたら小瓶4つを自宅から持って行く形になる。そんなお荷物じゃないにせよスマートじゃねえなと常々思ってて、ふと気付いたのはサルサデスソースをダイソーで買ったタレビンへ移し替えて職場の冷蔵庫に常備すればカレーと飯を持っていくだけで済む事。

昨夜これを目分量で適当に試したらベストな配合だったので、忘れないうちにデータ化しようと今夜はカレーと飯に加え計量スプーンも持って出勤。

Img_0915

昨夜加えた量を思い出しながら計量スプーンに注ぐとこんな感じ。小さじ約半分だから2.5ml相当か。

Img_0916

カレーをかき混ぜたスプーンでレンチンした飯をほぐしたからビジュアルが少々アレだけど辛さは昨夜と同等。辛口と大辛の中間って感じで頭頂部にじんわり汗が滲む程度には辛いが決して辛過ぎないという実に心地良い辛味(個人の感想)。

ガラムマサラを入れちゃうと香りと味の印象が大きく変わるものの、これならオリジナルの味をあまり崩さず辛味だけ足せるので色々と好都合。あと3-4杯分のサルサデスソースが職場に常備されてるので暫くはスマートに丸美屋カレーを消化出来そう。

あ、ちなみにサルサデスソースはドンキでよく見かけるアフターデスソースやサドンデスソースよりはマイルドな香辛料なので、アフターやサドンを同量加えたら多分口から火を噴きます。興味がお有りの貴兄にはお間違いなきよう。

2022年12月16日 (金)

ペヤングやきそば ポテトチップス ソース味

Img_0892

ちょいちょいコンビニに姿を現すペヤングコラボ菓子の新種・・かと思いきや数年前からあったみたいね。そう言えば獄激辛のポテチも少し前に売ってたっけ。全く買う気になれなかったけど。

まあ普通にソース味のポテチと言えなくもないがペヤングの雰囲気は出てるんじゃないかな。とは言えすんげー美味いとも思えず普通に美味いのレベル。ちなみに歴代ペヤングコラボ商品で今も忘れられない秀作として即座に思い付くのはBefcoの激辛ペヤング味ばかうけ。あれ再発してくれないかな。

2022年12月15日 (木)

ポケモンヌードル オニオンコンソメ風ラーメン

Img_0888

今日のブレイクファストはこれ。

Img_0890

乾燥タマネギがゴロゴロ入ってるから数年前の俺は食えんかったな。しかし最近の子供にせよタマネギ嫌い傾向は強い筈だが実際の所どうなんだろ。シール欲しさも手伝い喜んで食ってたりするのかね。

もうこの程度のタマネギは抵抗なく食えるし、ヤオコーのオニオンコンソメスープを職場で毎日飲んでる事もあり先のトマトクリーム味よりは俺好み。それでもテーブルコショーぐらいは加えたくなる。基本お子様向けだからね。

Img_0889

で、シールは相変わらず絵柄が分からん。雑魚キャラならいいけどピカチュウ出たら開封したい衝動に駆られる予感。

エースコック わかめラーメン ご当地編 秋田 比内地鶏だししょうゆ

Img_0903

そしてトリはこいつ(鶏だけに)。前回のご当地シリーズは三種とも海鮮だしだったが、今回これが唯一鶏だし。

Img_0905

はい、予想通りこれがNo.1でした。とにかく鶏油の香りとコクが素晴らしい。油揚げ麺はチープでもスープに品格が漂う。そしてわかめラーメンらしさは損なわれていない。今年食ったカップ麺の上位に君臨する事は間違いない名品。

そして極私的ランキングは醤油>塩>味噌で。

2022年12月14日 (水)

エースコック わかめラーメン ご当地編 三重 伊勢海老だししお

Img_0900

醤油と塩、どっちから先に食うか少し悩んだが俺の予想じゃ醤油が一番美味いだろうという事で最後のお楽しみに取っておき、遅めのランチはこいつで。

Img_0902

別添のオイルを加えた瞬間ブワッ!とエビの香りが立ち上がる。旨味も出ていい感じ。それと量は少ないが白ゴマが良い仕事してる。ただ俺的にはもう少し塩気が効いててもいいかなと。この辺は湯量を調節すればいいので次回食う時にはその辺でバランスを取りますか。

やはりわかめラーメンは味噌より塩。これはもう揺るぎない。

エースコック わかめラーメン ご当地編 北海道 鮭だしみそ

我ながらアホかと思いつつ今日はブレイクファスト、ランチ、ディナー、全てわかめラーメンのわかめラーメンDAYと定めた。まあ1日も早くカップ麺休息期間へ突入する為の措置なのだが。まずブレイクファストはこれ。

Img_0896

北海道鮭だしみそ。ちなみに俺、わかめラーメン大好き野郎だけど食うのはもっぱら醤油か塩で味噌をほとんど食わない・・つーか、こういう限定メニューが出た時しか買わない。理由は味噌より醤油や塩の方が圧倒的に美味いから。とは言え鮭だしって結構そそられる響き。こいつはどうか。

Img_0899

ふうん・・だな。確かに鮭の香りが良い感じだしスープに浮いてる油はサーモンのオイルか。でもこの先待ってる醤油と塩の方が美味いであろう事は決定的だし、正直こんなもんかって印象。次回に期待しましょう。

なお、ランチとディナーは職場で食うから完成画像のクオリティが一気に下がります。

ななチキレッド復活

Img_0895

近所のセブンイレブンに売ってたので購入。ガーリックの香りが食欲をそそり、しっかり辛くて好印象なれど個人的にはノーマルのななチキに軍配。あと、基本コンビニ前でかぶりつきだけど自宅へ持って帰りポッカレモンをふりかけると3割美味い。

しかしななチキと揚げ鶏なら断然揚げ鶏派だったのに最近はななチキを買う比率の方が高い。素揚げっぽい揚げ鶏の美味さは間違いのない所だが、ななチキのスパイシーな味付けもクセになる。表記上173kcalと低カロリーなのも魅力。ファミチキLチキに比べ量が少ないだけなのかも知れんけど万年ダイエッター的には好都合なのだ。

2022年12月13日 (火)

ポケモンヌードル トマトクリーム風ラーメン

Img_0886

1日か。儚い小休止であった。でもこれと一緒に買ってきたオニオンコンソメ味と、3種のわかめラーメンを食い尽くせば今度こそ1週間やそこらのブレイク期間を挟める筈(大手カップ麺系ブログのリリース情報を見る限り、暫く琴線に触れる新商品は出ないので)。

で、ポケモンヌードルの話。通常は150kcal前後のミニラーメンなのだがこれは縦型の通常サイズに近いボリュームで280kcal前後。コレクター的にはありがた迷惑だな。それと前にも書いたけど、

Img_0887

開封しないと絵柄が確認出来ないの止めて欲しいんだよな~ ちなみに裏面の通し番を見たらNo.702とか書いてある。そんなに歴史があるのか。フルコンプしてるマニアとか居るのかね。

で、肝心のラーメン画像を撮り忘れた。味は俺的に甘過ぎの印象だったのでサルサデスソースを小さじ半分ほど加えて食らう。可もなく不可もなし。

2022年12月12日 (月)

岐阜タンメン鍋つゆでもつ鍋を作ろう

Img_0878

少し前にマイ・フェイバリットの寿がきや 岐阜タンメン監修 塩タンメン鍋つゆを買ってきてストックしてたのだが、これって博多風もつ鍋のベースにも成り得るんじゃね?と思い立ち今宵のディナーで実践してみる事に。

Img_0877

近所のマルエツで買ってきた桜もち豚 白もつ。雑多に袋詰めされてるのじゃなくこうやってパッケージされてる物に関しては処理済みだったりするらしいが、もつはお店で食ってもちょいちょいハズレに当たるから万全を喫して下処理を施す事に。

webで得た情報を参考に一度湯通ししてから冷水へ浸け、脂肪分を削ぎ落としていく。この作業があり得ないほど面倒臭くて途中からやっつけ仕事になってしまった。美味いもつ鍋を作ろうと思ったらこんな大変な思いをしなくちゃならんのか! もつ鍋屋の見方が少し変わったわ。

Img_0879

これでおしまいでも良いんだろうが更に念を入れて青ネギ、生姜スライス、酒大さじ1を加え圧力鍋で処理を施す。

Img_0880

見た目だけじゃ上手くいったかどうか分からんがこれにて下処理完了。使うのは半分だけなので残り半分はフリーザー逝き。

Img_0882

こいつをスライスにんにくと共に鍋つゆで数10分トロトロ煮込み、

Img_0883

豆腐とキャベツを加えニラと唐辛子の輪切りを乗せて完成。ビジュアルはお店レベルだな。

Img_0884

おおう! 苦労した甲斐あってもつの臭味が全然ねえ! 美味し!! ちなみにニラはつゆに浸してクタらせた方が4割美味い。

100ml20kcalの鍋つゆ350ml使用で70kcal、もつは表記上100gで160kcalって事になってるが脂肪分を削ぎ落として120g使ったから2割引として約150kcal、豆腐150gで80kcal、野菜は限りなくゼロカロリーに近いからトータル300kcal前後。これを半分食ったら満足しちゃったので約150kcal。アホみたいにヘルシー! 

残り半分は深夜に食うか朝起き出して食うか。今夜はもう食う気になれないから明日のランチですかね。ちなみにもつがイマイチ美味くなかった時の為に保険として豚ロースも用意したけど活躍機会はなかった。まあ、こいつにも暫く冷凍睡眠していただき後日消化すればよろし。

さらば 薬師の大番

夜番明けで午前の診察だから酷い寝不足。もう何処へも寄らず早く帰って昼寝しようと思いつつ高田馬場に着くと急行が15分待ち。各停なら数分待ちだから取り敢えず各停に乗り、急行が追い付いてくるのを待つ事に。ホームでボケーッと突っ立ってるのがイヤだからこれはよくやるパターン。

で、すげー気まぐれにTwitterで荻窪丸長のローカル情報をチェックしたら薬師丸長に関する記述も検索に引っかかり、新井薬師前駅再開発の絡みで今月遂に閉店するとの事。数年前から危惧されてたけど時は来たって感じだな。そうなると同じビルの裏手にある薬師の大番はどうなっちゃうんだろと思って検索したら同様に今月17日で閉店との記述が。5日後か。その情報を掴んだのがひとつ手前の中井駅付近。乗ってるのは各停。時間は昼飯時を少し超えた13:00過ぎ。そして神の囁き声が聞こえる。

お前、今日寄らないと一生後悔するぞ

運命ってのはこういうもんか。途中下車以外の選択肢なし。ちなみにメインブログの過去記事をチェックしたら前回大番でつけ麺を食ったのが2021年の12月9日。ほぼほぼ1年前か。そこにも運命的な物を感じるな。

F75db52ebcd54ca2a5e9f5f5d1e0018c

この年季が入った建物も見納めか。ちなみにこの画像を押さえた数秒後、丸長前に外待ち客が並び始めた。そして裏手に回ると、

4652474d43734966ae5e1913da376a9cE45706450cdc40288df4612d727e5376

ゲッ! こっちにも外待ちの行列が。今までこんなの見た事ねえぞ。俺同様、閉店を惜しむ馴染み客が詰めかけてるんだな。とは言え10人に満たないので迷わず最後尾へロックオン。回転が早くて外待ち時間は15分ぐらいだったか。で、俺が先頭になった時間が数分あったので店先の様子を画像に収めさせていただく。

Img_0870Img_0871Img_0874

ガラス窓に常連客のメッセージ書きが。多くの地元民に愛されてきた店なんだな。

ちなみに店内へ入るとカレンダーに37年間ありがとうございましたとか書いてあったけど、いやいやちょっと待ってよ。俺がこのお店を一番よく利用したのは17-8歳の頃だから38年前にはもうあった筈だぞ。

さておき、こちらの看板メニューはコテ丸というこってり系ラーメン。でも学生時代に最もよく食ったのはつけ麺。しかしながらつけ麺なら1年前に食ったので、

Img_0876

ラストダンスはベーシックなラーメンで。東亜英健時代にコテ丸はなかったし、郷愁に耽るならこれしかない。しかし学生時代・・どころかほんの少し前までネギもやし抜きコールがお約束だったけど、今じゃどっちも抵抗なく食えるようになりましたよ大将。最後の最後に本来の味を堪能出来てよかった。

今流行りのラーメンと比べたら地味かも知れないけどしっかり美味いソウルフード。そして懐かしの味。此処も間違いなく俺のラヲタ人生のスタート地点なのでした。東亜卒業後は少し疎遠になっちゃったけど立川へ越した後もちょいちょい寄らせていただいてたし、なくなっちゃうのはとっても寂しいです。長年、美味いラーメンつけ麺をありがとうございました。さらば薬師の大番。

大野屋のツナマヨおにぎり再び

Img_0863

3ヶ月に一度のお楽しみ、診察前の大野屋精米店おにぎり。今日は何を食おうかな〜と思いつつツナマヨを選択したのだが、過去記事チェックしたら3ヶ月前に食ったのもツナマヨじゃないか。健忘症め!

まあ、これはこれで美味いから不満はないのだが未経験ゾーンも試したかったな。未食なのは天むす、高菜、昆布あたりか。忘れないよう備忘録をっと。

今宵の晩酌221212 ほうれん草ソテー

Img_0862

スライスベーコンを数パック持て余してるので、ほうれん草のソテーを作りバドに合わせる。

味はまあ悪くないと思うのだが見た目イマイチ。どうも俺が作ると何時もほうれん草がどす黒くなる。恐らく冷凍ほうれん草を解凍せずに炒めるからだろうな。そういうひと手間を省いちゃダメ。

2022年12月11日 (日)

カップヌードルトムヤムクンにナンプラーとポッカレモン

Img_0860

この動画を観たら真似せずにいられなくなり実践。いや、しょこたんやスタッフたちのリアクションに触れればそりゃ試したくなるでしょ。但しネギ油がないのでナンプラーとポッカレモンだけ。分量がよく分からないけど動画から察するに双方小さじ1杯ぐらいか。

ナンプラーはさほどじゃないがポッカレモンの効果は絶大。逆輸入版トムヤムヌードルに近い印象で、麺は日本人向けの味付けだから良いとこ取りなんだな。但しアジアンヌードル特有の香りと酸味が倍増するので素人にはお勧めしない。俺みたいなカップヌードルトムヤムクン愛好家は一度お試しをって感じ。

【追記】
しょこたんスペシャルの適量をデータ化する為に後日検証してみた。クッキングスケールで計量しつつポッカレモン8gナンプラー6gを加えたら酸味がレッドゾーンを越えたので、ポッカレモンは5g前後で充分かも(個人の感想)。ナンプラーは入れ過ぎって印象もなかったからアジアンヌードル好きならこんなでいいかも(個人の感想) 。

2022年12月10日 (土)

あっさりおいしいカップヌードル シーフード

Img_0857

今日のブレイクファスト兼ランチはこいつ。随分前に出た商品だけどシーフードは一度も食った事ないのと、ブタメンシーフード同様のアレンジを試そうと思ったらベーシックなシーフードより低カロリーなこっちの方が色々と好都合なので。

Img_0858

まず何も加える前にスープと麺を一口づつ。うん、ベーシックと比較して何ら遜色ない。量が少ないから低カロリーなだけって印象。そしてとろけるチーズとタバスコ投入。このチーズを麺に絡ませながら食うと風味や食感が何時もと違って面白いのだ。あとタバスコも思った量の倍入れると3割美味い。但し個人の感想なので人それぞれの適量があるんじゃないかと。

これで手元にあるカップ麺のストックはカップヌードルトムヤムクン1個とブタメンシーフード2個のみ。それを食い尽くしたらまた一時のブレイク期間だな。

エースコック 宮崎辛麺 激辛

Img_0854

昨日の夜食は数日前にダイソーで発見したこいつ。ブタメン並のボリュームでエネルギー量も150kcal程度。それで108円は割高かなと思いつつ気になったので購入。

Img_0855

いや、100均カップ麺と侮るなかれ。しっかり辛い。麺をすすってる分には問題ないがスープ単体で飲むのはかなりキツい。そんな訳でほとんど残しちゃったからカロリー摂取量は120kcal程度。夜中食う分には結果オーライか。味はまあまあ。

2022年12月 9日 (金)

ペヤング わらじかつ風やきそば

Img_0852

なんか毎日ペヤング健康生活になってるな。今日はベルク限定の秩父わらじかつ風やきそば。自宅から車で10分程度の場所にベルクがオープンしたので買いに行ったら山積みされてた。しかしこれ、

Img_0853

通常ペヤングの2倍近く分厚い。でも実際に作ってみたら、

Img_0856

厚底にする意味あるんかこれ。で、まあ見ての通り駄菓子のソースカツが通常のペヤングに入ってるだけ。しかしペヤングのソースやきそば久々に食ったけどこんなに味気なかったっけ。もう妙チクリンなアレンジ物ばっかり食わされてきたから味覚がおかしくなっちまったぜ。

2022年12月 8日 (木)

ペヨング やき蕎麦風

Img_0843

今日のランチはこれだ。

Img_0848

こちらもかやくはネギと少量の揚げ玉のみ。そう言えばやきうどんの方にも揚げ玉は入ってるのね。保護色だから見落としたわ。

いやあ、これも良いぞ。正にコストに対するパフォーマンスが高品位。和風ペヨング侮り難し。あと液体スープを見たらそば用って書いてあったからうどんの使い回しじゃないのか。まあ味の傾向は一緒だから若干手を加えただけで基本は同じ物なのかもしれんが。

2022年12月 7日 (水)

ダイショー 麺屋武蔵監修つけ麺だれ

Img_0842

ドンキで発見。小袋入りの液体スープなら沢山あるけどペットボトル入りは珍しい。ダイショーx麺屋武蔵コラボは鍋つゆなら食ったけどあまり印象残ってない。こっちはどうか。

Img_0845

麺は西友◎みなさまのお墨付き中太で。麺量60gのハーフ食いだから一食あたり60g2倍希釈のところ40g使用にとどめる。これは結構ポイント高い。教科書通りの魚介豚骨つけ汁で少なくとも鍋つゆより印象的。ただ俺には甘過ぎる気がしたので、

Img_0846

一味をしこたま振りかける。これで刺激倍増・・つーか入れ過ぎ。自己責任だが1/3ぐらい間引くとベストであった。内容量420gで一回につき40gしか使わないのであと10杯分。今の時期、ラードが冷えて分離しちゃうので少し温める必要があって面倒臭いけど美味いのでちょいちょい消化していこうかと。問題は最後に麺屋武蔵のつけ麺を食ったのが10年以上前だからオリジナルの味を忘れちゃってて再現性が全く分からない事ですかね。

ペヨング やきうどん

Img_0840

ペヨングの新作が2種出てたので購入。まずはこいつ、やきうどん。

Img_0841

かやくはネギのみ。さすがペヤングの廉価版というか実に潔い。あと量が2割引になってて400kcal前後。これは万年ダイエッター的に好都合。

実際に食ってみると結構いけるぞこれ。ペヤングは少し前にうどんも出しててそれのフィードバックか。つゆは恐らくやき蕎麦の使い回しだと思うけど悪くない。具材が貧相な分は自前で何か足せばよし。これだったらかつお節と刻んだかまぼことお揚げなんか乗せると良いかも。ドンキなら100円以下だし、なかなかの良品だ。

2022年12月 6日 (火)

今宵の晩酌221206 アイリスフーズ いなりもち

Img_0769

近所のホームセンターで発見。アイリスさんってば家電やらペット用品やら食品やら手広くやってんな。

Img_0835

開封するとこんな感じ。餅は個包装だけど稲荷が1パック2枚入り。

Img_0834

何を合わせるか少し悩んだが、ここはおつとめ品の獺祭45で。

パッケージには餅を稲荷に入れて5-600Wで40秒レンチンと書いてあり、その通りにしたら温まり切ってないように見えたから700Wで数秒加熱。すると、

Img_0836

思いっきり膨らんで中の餅が飛び出してこの有様。中へ戻そうと思ったけど熱くて上手く戻せない。大失敗だ!

Img_0837

もう1個は少しブランクを開けて食おうと思ってたが納得いかないので間髪入れず再チャレンジ。こちらは余計な事をしなかったので上手く出来た。まあ珍味って感じかな。取り敢えず獺祭にはあんまり合わなかった。

Img_0839

パッケージを見返すとこんなアレンジ例が。うん、酒に合わせるよりこっちの方が美味そうなので残り2個はこんな感じで消化しようかと。

ブタメン シーフード味

Img_0813

新発売みたいな扱いでダイソーに置いてあったけどブタメンシーフードって前も出てなかったっけと思いつつ調べたらドンキ限定ってのがありましたね。でもフタが欲しいから買っちゃう。

シーフードヌードルと言えば何年か前に匿名掲示板で読んだアレンジ例が気に入って今もちょいちょい実践してる。

Img_0814

チーズとタバスコをかけるだけ。これで一気に印象が変わり結構俺好み。本来はとろけるチーズと緑のタバスコを使うのだが、どっちストックがないので粉チーズとベーシックなタバスコで代用。美味し。でもチーズの食感が今ひとつだったので、

Img_0832

2つめはとろけるチーズを買ってきてトッピング。美味さ3割増し。子供のおやつが大人の駄菓子に変わるので興味がお有りの貴兄はお試しを。

2022年12月 5日 (月)

ほていのやきとり缶コレクター

Img_0827

ほていのやきとりってコンビニやスーパーじゃ基本たれと塩ぐらいしか置いてないけど実はこんなに種類がある。ディスカウントストアや酒のやまやには他のも結構置いてあり、面白がって買ってたらほぼフルコンプ。これ以外に唐揚げってのもあったりするのだが唐揚げの缶詰ってどうなんだろ。あんまり美味そうとは思えんなぁ。

幾つか面白いのをピックアップすると、

Img_0828

いずれもたれ味だけどパッケージが異なり、

Img_0830

内容量も違う。上はスーパー、下は100均で買ったやつ。ちなみに公式サイトを覗くと塩味も同様に2パターンある。

Img_0829

これは他と比べて一回り大きい世界の山ちゃん監修やきとり。ドンキに売ってて、手羽先風味って書いてあるからリアルに手羽先じゃないのかも。

ほていのやきとり缶は酒のアテに最適で大抵は小鉢に開けてレンチンして食い、たれは残しちゃうのが通例だけどあのたれも美味いので余すところなく消化しようと思えば、

Img_0831

こうするしかない。少量だから飯も100g程度にとどめミニ焼鳥丼で食らう。これはこれで美味いけど、やっぱり単体で酒に合わせるのが至高だな。あと10缶あるのでそのまま食ったリ、また丼にしたりと気の向くまま消化していこうかと。

カップヌードルSiOでカルボナーラ

SUSURU TV.に感化されて作るカップヌードルアレンジ第2弾って事で今回はこちら。これもSUSURUさんったら色々やらかしてたんで、そちらを反面教師に作っていく。

Img_0822

別添のオリーブオイルでタマネギ50gとベーコン20gを炒める。SUSURUさんもレシピの見本画像もタマネギは粗めに切られてたけど俺は相変わらず大ぶりなタマネギ炒めに若干抵抗があるのでそこそこ細かくカット。

Img_0823

SUSURUさんは牛乳250mlに粉チーズと生玉子を混ぜてたけど、そんな事したらドロドロになるに決まってるので俺はレシピ通り牛乳のみで煮込む。モタモタしてると麺がほぐれるのに3分以上かかってしまうので何度もひっくり返して早く水分を行き渡らせる。すると1分ちょいで麺がほぐれてくれた。

Img_0824

水分を飛ばし過ぎないよう気を付けながら3分煮込み、

Img_0826

皿に盛って卵黄と粉チーズで仕上げて完成。これは上手くいった。味も悪くない。

ただ、麺が凄く伸びやすいのでササッと平らげないと食感がどんどん落ちていく。あと結構大味だから2/3も食うと飽きちゃう。これも俺的にはハーフぐらいが丁度良いボリュームだけど分量を全部半分にして調理すると失敗する可能性が高い。フライパンで煮込もうと思ったら最低限の水量は決まってくるからね。

ちなみ数口食ったら黒胡椒を振りかけ、半分食ったあたりでタバスコも加えたんだけどタバスコはマジ余計。黒胡椒だけで充分であった。

バドワイザーのFIFA2022タンブラー

Img_0818

バドをケースで買うとFIFA2022のタンブラーくれるってんで買ってきた。どうせこんなの半月足らずで飲んじゃうし。

Img_0819

バドのロゴ以外はビールを注いで冷えると絵柄が浮き出るって事になってるけど今は寒いから常時見えててあんまり有難味ない。あと500ml相当なので350ml缶を注ぐとこうして泡が貧相になる。

うっすーいアルミ製だから落としたりぶつけたりするとすぐ凹んじゃうので取扱注意。オマケだし品質はそんなもんか。

今宵の晩酌221205 カップヌードル シーフードピラフ

Img_0817

SUSURU TV.に感化されてこちらのレシピを参考にシーフードピラフを作り、セコマの完熟トマト酎ハイに合わせる。さすがに一合は重過ぎるので取り敢えず1/3ぐらい。

SUSURUさんはレシピ通りに作ったら飯が凄く固いと言ってたので色々検証しながら作業を進める。まず分量通りの水を加える前に米をしっかり研ぎ、210mlの水を注いだら15分ほど漬けておく。結果としてSUSURUさんが作ったのよりは見た目まともだけどやっぱり固かった。逆に麺はやわやわで食感イマイチ。52点。

ちなみにレシピの水210mlってのは米一合を炊くには適量(計量して釜に入れたらジャスト一合の目盛り分だった)。そこへ約80gの油揚げ麺を加えるからそっちに水分を持って行かれてしまうんだな。100mlぐらい足すといい感じに仕上がりそうな気もするけど、そうしたらピラフじゃなく炊き込みご飯になっちゃうからバランスが難しい。

とは言え、これに関してはパーフェクトに仕上げてもすんげー俺好みって訳じゃなさそうなのでリベンジ無し。

2022年12月 4日 (日)

新宿中村屋監修 麻婆メシ

Img_0815

カップメシの新作が売ってたから無条件で購入。

Img_0816

別添のオイルを垂らすとかなり攻撃的なビジュアル。でもパッケージには辛さ2と記載されてるし見た目ほど辛くはない・・けどしっかり辛い。このバランス感が絶妙。味も良いね。それと豆腐のなめらか食感が見事。これは歴代アジア系カップメシの中でも上位に食い込む逸品だ。リピ有りでレギュラー化希望。

どん兵衛 きつねうどん 西

Img_0764

去年あたりから俺の中できつねうどんと天ぷらそばの優先順位が逆転してそばばっかり食ってるけど、これのうどんも試しておきたいって事で少し前に買い、ストックしてあったのを実食。

Img_0765

いや、見た目も味も天ぷらそば以上に関西風。俺、うどんとそばのつゆって使い回しだと思ってたけど違うみたいね。或いはうどんってそば以上にナチュラルな味だからそう感じだたけかな。ちょいと追い七味したけど何も手を加えなくても充分美味い。何時もこれじゃなくてもいいが定期的に食いたくなる。秀作。

今宵の晩酌221204 しじみ醤油冷奴

Img_0796

ヒゲタのしじみ醤油って初めて見たので購入。

Img_0797

これを豆腐にかけて上善に合わせる。うん、貝出汁が効いてていい感じだけど愛用してるキッコーマンかき醤油と等価値でそれ以上でも以下でもない。あと、これもかき醤油同様だけど用途が限られちゃうんだよな。気が付けばかき醤油の方は賞味期限切れてるし。積極的に消化しないとかき醤油の二の舞だわ。

2022年12月 3日 (土)

はなまるうどんの温玉ぶっかけ

フリーザーに冷凍讃岐うどんが一玉残ってて、何時も温玉ぶっかけで食うのだが今日は気まぐれに温うどんで食らう。すると強いコシが若干損なわれてしまった。まあ熱いつゆに浸ければ当然か。

で、思ったのが少し前に食ったはなまる温うどんの印象。あの時は随分柔く感じられたけど冷ぶっかけで食えば冷凍讃岐に負けないコシを堪能出来るのではと思いつつ職場近くのはなまるうどんへ足を運び、何年かぶりに温玉ぶっかけを食らう。

Img_0812

うむ、やはり温うどんとは比較にならないほどキュッと締まってて食感5割増し。ただ、だしつゆは日々愛用してる鎌田だし醤油の方が好みかなと。こればっか食ってるから味をすり込まれてるのかも知れんが。

同様になんか柔いなと思わされた丸亀製麺もぶっかけを食わないと真価は掴めないな。また気が向いたら試してみよ。

7iのガパオまんとグリーンカレーまん

Img_0799Img_0809

いずれも小ぶりなのに200円とかするので割高ではあるけど150kcal前後と低カロリーなのが万年ダイエッター的に好印象。

ガパオまんが思った以上にしっかり辛くてポイント高しだが好みで言えばグリーンカレーまんに軍配。この香りがたまらん。

今宵の晩酌221203 ランチョンミート

Img_0792

ノザキのコンビーフならちょいちょい買うけどランチョンミートは買った事ねえなと思いつつ購入。パッケージ通りゴーヤチャンプルーでも作れば良いんだろうがゴーヤって買った事も調理した事もなく、失敗するのがイヤだったので適当にスクランブルエッグと和えるのみ。

Img_0793

ふむ、悪くはないがスパムに比べると薄味の印象。これなら塩コショウを多めに振っても良かったか。あと玉子が固くなり過ぎ。もう少しトロトロの状態で上げちゃった方が美味いかも知れん。その辺の事を踏まえて後日リベンジと洒落込むか。

2022年12月 2日 (金)

今宵の晩酌221202 塩昆布キャベツ

俺は焼そばを作る時にキャベツ1/4パックを買うんだけどあれって350-400gあり、焼そば一食に5-60gしか使わないから3食作っても半分以上持て余す。少し前、これをザク切りで冷凍保存したんだけど解凍するとシニャシニャ。鍋物とかで消化する分には問題なさげだが、焼そばに使ったら食感最悪で折角のマルちゃん焼そばが美味さ5割減になってしまった。

以来、余ったキャベツは冷凍とかそういう事をせず早々に消化するよう心がけてて、今宵は150gほどのキャベツでこんなのを作ってみる。

Img_0800

塩昆布とキャベツの蒸し料理。webで拾ったレシピを参考にくらこんの塩こん部長15g・・のつもりが勢い余って約17gと、ごま油12gを加え700wで2分レンチン。レシピではごま油大さじ1になってたけど油をドバドバかける事に抵抗があるので少し間引く。

まあ食えなくはないものの塩昆布がやや多い(これは自己責任)、ごま油が多過ぎギトギトな印象って事で58点ぐらい。体感的には塩昆布10g前後、ごま油は8g程度で充分だった。それと飲み屋のお通しに比べたら随分落ちる。シチュエーションの違いもあるし、素材や調理法も異なるんだろうな。

2022年12月 1日 (木)

今宵の晩酌221201 茶碗蒸し

Img_0791

万年ダイエッター的にウェイトコントロールモードへ突入すると必ずお世話になるのが市販の茶碗蒸し。このイオンでよく売ってるふじや食品のなんか一食50kcalしかない。原材料表には書かれてないけど多分、寒天か何かが大半を占めるんだろうな。その分、就寝前の晩酌時に罪悪感なく食えるので重宝する。今宵はこいつにセコマの完熟トマト酎ハイを合わせる。ミスマッチだろとかそういう声はガン無視の方向で。

« ワクチン接種4回目 | トップページ | 4回目の副反応は »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ワクチン接種4回目 | トップページ | 4回目の副反応は »

2024年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ