« 2023年1月 | トップページ | 2023年3月 »

2023年2月26日 (日)

ブロードウェイミュージカル ジャニス・ジョプリン

BDレコーダーに貯めまくった1.5TBほどの録画データを数日前から整理してて不要な物は削除、殿堂入りはディスクへコピーしてるんだけど去年の夏にWOWOWで放映された表題のミュージカルが未見のまま放置されてたので観る事に。いや、これは良かったな。一応ミュージカルって事になってるけど実際のところビートルズ トリビュート・ライブショー的な内容で物語云々よりジャニスのものまねパフォーマンスを2時間満喫する感じ。

で、ジャニスを演じたメアリー・ブリジット・デイヴィスって人のパフォーマンスが見事。容姿は似ても似つかないけど歌声に限って言えば再現性がハンパなく、どれだけ似てるかと言えば栗貫のルパン三世レベル。あまりにも素晴らしいので容姿に違和感を覚えたのは序盤だけだったな。ちなみに劇中、アレサ・フランクリンと共演する架空のシーンがあって丁度その頃BS4Kでブルースブラザースが放映されてて録画中という不思議な巡り合わせ。これも守護神のイタズラか。

ベッド・ミドラーのローズとは全く異なるアプローチのジャニス物語で個人的に相当ツボだったからBDへ焼いて永久保存確定。その後、関連情報を求めてweb検索したらこのミュージカルがBiSHのアイナ主演でも上演されてるのね。マジ観てえ!!

初代 仮面ライダー 第1話

結局シン仮面ライダーチップスは50袋前後買い込み、46種まで揃ったので残り2種はヤフオクで埋めてコンプリートしてしまった。で、残念ながらラッキーカードは引けず。ダブりは早々に売り捌き、51枚が3416円に。出費額の半分以上をまかなえた形だね。やはり浜辺美波カードと西野七瀬カードの人気が高く、これだけで1000円ぐらいになった。勿論、数ヶ月後には下落する事が分かり切ってるので鉄は熱いうちに打てだよ。

そんな事をしてたら無性に初代ライダーが観返したくなり、アマプラで探したら初代は無し。でもYouTubeで1.2話だけ無料で観られるから取り敢えず1話を鑑賞。いや、ムチャクチャ面白えなこれ。話の展開もだけど、とにかく演出が良くてショッカーの不穏さとか小学生低学年が観たら泣き出すレベル。それを単にカッコいいだけじゃなく不気味な要素を伴った仮面ライダーがバッタバッタとなぎ倒すカタルシス。大人の鑑賞にも充分堪えうるし、そりゃ巷で大人気になるのも当然の話。

あと個人的にグッと来たのが島田陽子さん! wikiによると1953年生まれだから1971年放映開始の初代ライダー撮影時は17歳か18歳。78年放映の白い巨塔辺りになれば押しも押されぬ超絶美女だけど初代ライダーの頃はまだ全然垢抜けてなくて、むしろそれが俺の萌え萌えポイント。

観てて思ったのはシン仮面ライダーカードと同じ構図のシーンが沢山出てくる・・って事は、初代ライダーの第1話を忠実にリスペクトしてるって事か。期待が高まるぜ。ついでに書くと旧ライダーカードは撮影スタジオの片隅で押さえた宣材スチルとかをよく使ってるんだけど、シン仮面ライダーカードはその辺もしっかり再現してる。庵野さんが何処までタッチしてるか分からんが、カルビーの中の人も含めヲタ心が分かり過ぎてて怖い。

 

2023年2月20日 (月)

追悼 松本零士

85歳で急性心不全との事だから大往生と言っても差し支えない気が。しかしご存命の巨匠はちばてつや先生や楳図かずお先生ぐらいになってしまった。あと美内すずえ先生。お願いだから俺が生きてる間にガラスの仮面の続きを!!!

松本零士さんと言えば世代的に第2次アニメブームを牽引した立役者という印象が強く、大四畳半シリーズは断片的にしか読んだ事がないし戦記物に関しては下手したら1作すら読んでない。ああ、思い出したけど大人向けのちょっとエッチなマンガを小学生の頃にドキドキしながら読んだっけ。それ以外に読んだ松本作品と言えばマンガ版ヤマトと銀河鉄道999を途中まで。マンガ作品にはそれほど深い思い入れはなかったりする。

アニメ版ヤマトが大ブームになった70年代中盤、書店には2種のマンガ本が並んでてひとつは松本御代執筆、もうひとつはひおあきらさんという方の執筆。当時ひおあきらさんはパチモン、松本御代がオリジナルだと思ってたけどいずれもコミカライズ的作品で、立ち位置に大差はなかったりする。まあ小学生のクソガキにそんな裏事情が分かる筈もないか。

999は俺の記憶に間違いがなければ少年キング初連載から読み始めてる。或いは連載開始のキングを後追いで読んだか。いずれにせよ単行本化やアニメ化される前からの付き合いなのは確か。ヤマトで一世風靡した松本先生が描くSFマンガを連載で堪能出来るという事で10巻が出る辺りまでは夢中で読んだけど途中で飽きちゃって最終回まで読んでない。劇場版アニメの1作目で満足しちゃったという事もある。

ハーロックやエメラルダスはアニメすらまともに観てないし、そう考えると松本先生と俺の接点って意外と少ない。こんな奴に追悼文を書く資格はないかも知れないけど敬愛すべきクリエイターである事は間違いないので、ここに哀悼の意を表し合掌。手元に松本作品は1冊もないけど足塚不二雄(藤子不二雄)先生のUTOPIA最後の世界大戦復刻版が松本先生の私物を複写した物らしいので、これ読んで超間接的に偉大なる巨匠を偲ぶことにする。

2023年2月14日 (火)

YOU REALLY GOT ME Sheena&The Rokkets シーナ&ロケッツ

酒飲みながらYouTube掘ってたらこの最高な動画に辿り着いた。今やシーナも鮎川さんもヒデキも故人、か・・

2023年2月13日 (月)

最高額のカルビー仮面ライダーカード

まだライダーカードの話を続けます。中野ブロードウェイのまんだらけカード館を覗くと何時も旧ライダーカードの高額品がショーケースに鎮座されており、あっちの世界も大変だねぇと他人事のように冷やかすだけで深く掘り下げた事はなかったのだが昨夜あたりから頂点に君臨するのはどれで幾らぐらいするのか超絶気になって調べてみた。

カルビー ライダーカード レア 高額 等の検索ワードで弾き出された情報を総括すると、歴代最高額のカルビー仮面ライダーカードはこいつらしい。

49d160a8b9eb44019c17db7004fed01c 1d1669c5c996426ea183df26cd5efca8 009ea5a0f17d44319cc91475689e3521

#73 表25局 ラッキーカード。ライダーカードに関してはズブの素人なれどもカードコレクターの端くれとして最低限の基礎知識は持ち得てるので、その筋の猛者共を差し置いて僭越ながら解説なんぞを。

表25局というのはカード表面下部に毎日放送 NETテレビ 他25局ネット 提供 カルビー製菓の文字が印刷されたカードの事。後にC・東映・石森プロ・毎日放送と印刷されたカードへ差し替えられ、初期に出回った前者の方が希少な上、裏面がラッキーカードになってるパラレル仕様のショートプリントで、アルバムを貰う為カルビーへ送付すると戻ってこなかった時期の物で(後に使用済みスタンプが押されて返送されるようになる)、どういう訳か他のラッキーカードよりも現存数が少ない、といった複合的な要素が絡み合い、状態良好なら150万を超えた履歴もあるという。

画像はオークファンで拾った2017年のヤフオク履歴だから落札価格は不明。但し入札件数105となってるから、かなりの高額に跳ね上がった事は容易に想像出来る。コンディションから察すると50万以上100万以下ってところじゃないかね。バンドが広過ぎるけど。

2023年2月12日 (日)

2006 カルビー 仮面ライダーチップス #555 さようなら! 滝

Img_1653

カルビー仮面ライダーカードネタを続けるけど、旧ライダーカードはバリエーションを度外視すれば全546種で復刻版は1999年に#1-216、2003年に#217-546が出て完結。前記通り手元には#216までしかないんだけど2006と書かれたカードと、綺麗にコーティングされた新旧のライダーカードが19枚づつ1999年版のコンプセットと一緒に保管されてた。その存在自体長らく忘れてたのだがこれを見た瞬間に色々思い出した。

Img_1654

これ、復刻版じゃなくて2006年に初めてカード化された代物。その経緯が何とも魅力的で、旧サイトにも書いたけど15年前の話だから改めて熱く語ってしまう。

カルビー仮面ライダーカード最後の3種(#544-546)は悪の首領で、ファン的に少し後味の悪い締めくくりとなった。その後、ラストはこういうカードなら最高だったのにというファンの願望が一人歩きして、何時しかヒーローが旅立つカードで終わるという都市伝説が自然発生したそうな。それをカルビーさんが2006年にローソン限定商品で現実化してしまったのがこれ。もう粋としか言いようがない。

気になって調べたらこのローソン限定ライダーカード(#547-555&シークレット9種)、ちょっとレア物扱いされてる。とは言え#555 さようなら! 滝 はまんだらけ通販で1500円だからビックリするほど高額って事もない。でもまあ、一夜の酒代ぐらいにはなりそうだから隠居して金に困ったら放出するかも。

旧 仮面ライダーカード

Img_1652

手元にあるのはこの9枚のみ。そもそも旧ライダーカード収集には全く力を入れてなくて、これもヤフオク黎明期に面白がって入手しただけ。いずれもコンディションはイマイチで10点評価ならせいぜい3-4点。右下の#141だけは状態が良いけど別にレアじゃないから今も100円ぐらいで買えるんじゃねえの。

カルビー仮面ライダースナックが発売されたのは1971年。俺様は5歳ぐらいでテレビなら夢中で観てたけどライダースナックの思い出は皆無に等しい。単純に買って貰えなかったからだと思うけど。ひょっとしたら1-2個は買って貰ったかも知れんが覚えてないって事は怪人のカードが出ておしまいとか、そういうちびまる子ちゃんレベルの距離感だったんだろうね。

その反動か1999年に復刻版が出た時は狂人レベルで大人買いして、今もフルコンプセットが手元にある。但し#98の印刷エラー版は誤って手放してしまった。一時期3-4枚持ってたのに惜しい事したな。

画像の旧ライダーカードは中央列右の#139と下列右の#141を除き、全てバリエーションが存在するカード。カルビーの中の人は今も昔も分かってる人で、通し版は同じで写真が違うとかそういうのまでご丁寧に復刻してくれて、#138.140に至っては裏面エラーをやらかして復刻エラーエラーカードという訳の分からん事になった。コレクターはそういうの大好きだから高額取引されてたけど、気まぐれにヤフオクを覗いたら#138.140のオリジナルが数百円で幾つも出品されてたから話のネタに落札して今に至ると。

それ以降に出た復刻ライダーカードは全然買ってなくて、2003年版なんか1枚も手元に無い。2006年のは2-30枚あるかな。そんな調子だからシン・仮面ライダーチップスは10数年ぶりに向き合うライダーカードだったりする。実はもう30袋ぐらい買っちゃって34種まで揃った。ラッキーカードは引けてないけどあれって多分、かなりの難物だと思うので深追いしないようにしてる。ヤフオクでの取引価格から察するに1:120とか1:240レベルじゃないかね。

2023年2月 9日 (木)

カルビー シン・仮面ライダーチップス

Img_1621

今朝イオンへ行ったらオールドタイプ的に無視出来ない代物を発見。全種揃える気はないので取り敢えず3袋。

Img_1622

内訳はこんな調子。カード構成が全然分からないけどキラとかあるんかね。取り敢えずブランドサイトを覗きに行ったらカードリストは明日公開ですと。

Img_1623

裏面デザインが旧ライダーカードを踏襲してて実に良い。それに古ぼけた感じを出すため真っ白じゃなくてくすんだベージュ色だったりして芸が細かい。あとパッケージ裏面を見る限りではラッキーカードも昔ながらの裏面バリエーションっぽいけど実際の所どうなんだろ。

取り敢えずカードリストを見てから今後の方針を決める予定。

【追記】
ヤフオクを覗いたらほぼ全貌が掴めた。まずキラカードは無し。ラッキーカードは#47.48の2種のみのバリエーション。で、例によって女性キャラのカードが割高。この辺を狙いつつチマチマ摘まむと楽しめるな。

2023年2月 4日 (土)

Led Zeppelin - Train Kept A Rollin (Texas 31/8/1969)

シナロケのレモンティーが聴き返したくなりYouTube検索してたらヤードバーズのTrain Kept A Rollinをツェッペリンがカバーしてる音源に辿り着いた。何も知らない人が聴いたらシナロケ(サンハウスでも可)のレモンティーをツェッペリンがカバーしとる!!ってなるのかな。

【追記】
ちょっと掘り下げたらヤードバーズもカバーで、オリジナルは1951年のTiny Bradshawって人らしい。

PANTAの追っかけ時代

俺、全然知らなかったけど2/6に頭脳警察とシナロケの対バンが予定されてたものの鮎川誠さんの体調が優れず頭警のワンマンライブへ変更(その矢先に鮎川さん逝去)。更にPANTAさんも体調を崩して公演自体が中止になってしまったらしい。日本ロック黎明期のヒーローたちが病に倒れていくのは寂しい事この上ないが皆さんご高齢だからなぁ。俺だって棺桶に片足突っ込んでるし、これはもう仕方ないのかも知れない。

俺が最後に頭脳警察のライブへ参戦したのは2013/6/21か。もう10年近く前になるんだな。あの時のライブも素晴らしかったけど、病み上がりのPANTAさんはハイスツールへ常に腰掛けた状態で、やはり言いようのない寂しさに苛まれた。仕方ないけど割り切れない。何しろ俺は血気盛んだった事のPANTAさんのライブに幾度となく足を運んだからね。

Img_1594

今手元に残ってるPANTAさん絡みの半券はこれだけ。でもこれが全てじゃない。日清パワステには最低でも4回行った筈だし大宮フリークスにプチ遠征した時のチケットも残ってない。ああいう小規模なライブハウスでは半券自体渡されなかった可能性もあるな。

とにかく追っかけレベルでPANTAさんのライブへ足を運んだのは1988-1990年。俺は23-25歳でPANTAさんは38-40歳。俺もPANTAさんも若かったなぁ。で、以前からよく書いてるけど1990/6/15の頭脳警察再始動ライブで騒ぎ過ぎて酸欠になり、体力の限界を感じて暫くライブハウスから足が遠のいてしまう。そうそう、帰り際の出口付近にアナーキーの寺岡さんとコバンが居て妙にアガった事を思い出した。

当時のライブハウスはチェックが緩かったからカメラを持ち込んで撮影もしたっけ。銀塩の一眼レフから始まり、後にシネ8mmへ持ち替えたり。撮影クオリティは最低だけど当時の熱量がそのまま真空パックされてるから今観ると懐かしい。30年以上前の話だし二次利用とかは一切してないので大目に見てね。

で、ライブとは別に今もやたら印象に残ってるのが、どのライブ会場へ足を運んでも必ず居た常連たちの事。多分ファンクラブの会員か何かだと思うけど、何時も和気あいあいと楽しそうで、恐らく終演後は何処ぞの飲み屋で盛り上がるんだろうなぁ、羨ましいなぁと思いつつ、人見知りで常にぼっち参戦の俺は一人寂しく電車へ乗り込み、嗚呼今日のPANTA良かったなぁとかブツブツ言いながら帰路へ就いた。

結局、この歳になって匿名掲示板で名無しに呼び掛けてパフュ飲みやベビメタ飲みを繰り返すのはあの時の反動なんだと思う。ただね、PANTAさんや頭脳警察のファンって思想の偏向してる人が多いから、勇気を振り絞ってあの人たちの輪へ加わり飲みに行ったところであんまり楽しめなかったかも知れんな~と思ったりもしてる。まあ、やっかみ半分だけど。

毎年恒例の年明け健診だが

今年は対象外だから受診しなくていいんだと。あれって深夜勤務者が対象で、去年は朝勤務中心だったからな。

まあ受けなくていいなら受けないけど、あれの結果を指針に初夏の人間ドックへ備えるのが通例だったから計画が少し狂った。取り敢えず年始には例年半月ほど断酒しウェイトも数kg絞ってたけどその必要がなくなっちゃったし。言わずもがな今も飲んだくれ。今月中旬の受診を見据えて今日あたりから酒を断とうかと思ってたんだけどね。

とは言え、初夏の人間ドック受診は例年通りだからそこへ向かっての体作りは欠かせない。昨年の教訓を活かしウェイトコントロールは4月から開始して最低でも3kg絞る。酒は俺の生誕祭が5/7だからその日を最後の晩餐として約2ヶ月断つ。あと、去年は糞詰まりで相当苦しんだからヨーグルトとシリアル食品を連日欠かさず食う。これで車検は無事クリア出来るかなと。

健診時期に毎年書いてるけど近年の悩みは体形の崩れ。ウェイトは大して変わらないのに腹が出るんよ。広く言われてる通り筋肉量の低下って奴ですね。10年前の体形を取り戻そうと思ったらウェイトを5-6kg落とした上で、今まで以上に筋トレへ注力せねばならない。それもこれも健康維持の為なので今年はしっかり取り組みますかぁ。

 

2023年2月 3日 (金)

BABYMETAL - METAL KINGDOM (OFFICIAL)

あの感動が甦るの

会場でウザいほどドローンが飛び交ってたけどこういう画になるのか。もうウィングカムはご用済みだな。

それにしても、もあちゃんちょっと太(ry

2023年1月に劇場以外で観た映画

リボルバー、キネマの神様

以上2本。録画したの去年の夏だしもうダメぽ。でも折角なので寸評なんぞを。

リボルバーはバブル景気真っ只中の空気感が全編に漂うシネロッポニカ最終作。今の世代はロッポニカなんて知らんだろうな。雰囲気こそ低予算っぽいけど結構な豪華キャスト。この辺が時代かね。個々に展開される群像劇が徐々に集約され、ラストで結び付く構成はある意味アルトマンを彷彿させ個人的には好き。他にも往年の名作を思わせる要素が多いんだよな。ウィンチェスター銃73とか。

キネマの神様はとても良い作品だった。ジュリーも好演してるし。でもねぇ、何事もなければあの飲んだくれ不良ジジイは志村さんだったんだよなって事はどーしても考えてしまう。突然代役を任された盟友ジュリーは辛かったと思う。ホンも演出も他の役者さんたちも良かったけど、やはり最大の功労者はジュリーだよ。

・・で、これを上げてなかったので一応書いておくけど2022年12月の自宅鑑賞作は、

ハロウィンKILLS

これ1本。ジェミー・リー・カーティス老けたなあって事しか印象に残ってないので寸評も書けない。結局2022年に劇場以外で観た映画は67本に止まりました。この氷河期は何時になったら明けるんだか・・

2023年2月 2日 (木)

BABYMETAL RETURNS - THE OTHER ONE - 2023/1/28.29 幕張メッセ

Img_1509

千葉みなとのホテルにチェックインしたのが16:00頃で会場入りは17:30過ぎだったか。整理番号順に入場したってベストポジは取れないし、ベビメタのオルスタはサークルモッシュのタイミングで人民大移動が起こるからドサクサに紛れて最後列からでも最前近くへのテレポートが可能で、100番以内とかでなければ早めに会場入りするメリットがないのだ。

これまでのベビメタライブとオーディエンスの数は大差ないのだが、やはりみんな一定の距離を保つから3年前より断然多く感じられる。これは始まってからも同様で例え最前付近でも圧縮は起こらない。ギリギリ隣と触れあう事のない距離感で、時折振り上げた手がちょいと当たるぐらい。ま、こういうご時世だから仕方ないし、ギューギュー押されない分快適ではある。でも熱くなった後ろの客が押してくれると更に数メートルステージへ近付けるから、圧縮が全然ないってのも一長一短。

しかし演者も客もブランクが長かったからカンを取り戻すのに時間を要した感じ。すぅさん声が結構裏返ってたしイヤモニのバランスが悪かったのかところどころリズムを見失ったり。客は客でサークルが綺麗に決まらずコケてる人も居たらしい・・つーか、アフターのベビメタ飲みでコケた話を聞かされた。あとすぅさん、RORのシンガロングでもテンポの補助を忘れてたっぽい。初期にありがちだったけどRORはリズムが打ち込みだからちょいちょいサポートを入れなきゃ神バンドのブレイク明けとズレるんだよね。

とは言いつつも声出し解禁でWODもサークルもOKなのと中盤以降の怒濤のセトリで会場全体が燃えに燃えて最後は超汗だく。うむ、やはりこれぞライブ。祭りだ祭りだ踊って騒げだぜ。

Img_1510

退場時にブロック図を画像に収める。俺が居たのは南Hでスタート時は左下の方、途中から右上付近へ移動。ABEFの丁度真ん中が移動ステージのホームポジションという事が分かったから翌日はここを目指せば良い。その事をしっかり頭に叩き込んで初日終了。それにしても若い女性客が増えた。みんなマスクしてて歳が分かり難くいからそう見えただけかも知れんが、少なくとも3年前は女性客がもっと少なかった筈。

Img_1516     

2日目は開演時間が1h早いので16:30頃会場入り。この日も南Hの後方でスタンバイし、結構早いタイミングでスススッと右上を目指す。やはりブロック構成が把握出来てるから前日よりすんなり移動出来たな。最後は柵から7-8人の所まで来られたけど人口密度が上がるからすんげー暑い。初日はロンTとベビTの2枚重ねでロンTを途中で脱いだが、この日は最初から重ね着なし。それでも外の寒さを充分凌げるユニクロのウルトラライトダウンは至高。カッコ悪いのが難点だけど。

しかし2日目はしっかり修正してきてすぅさん声が裏返らないしリズムを見失う事もなかった。客も徐々にカンを取り戻してサークルは綺麗に決まってたみたいだし合いの手のお釣りも前日よりは減った印象。2日ともセトリは同じだったが初日は緊張感があり2日目は完成度が上がる。これはもうどっちもライブの醍醐味だから優劣付けられないね。

さて、次回は4月のぴあアリーナMM。2年前Perfumeで行ったけどシート間隔が狭いからあんまり好きな会場じゃなかったりするのだが、どうせPITに降りちゃうからシートは関係ないか。ただ、あそこは詰め込んでもキャパ12000ぐらいだからチケット争奪戦が予想される。少しでも早くエントリーする為、術中にハマって登録コード付きCD買っちゃったけど、すんなり2Days当選するとは思えなかったり。どうなる事やら。

公演2日目最後、ステージ上に3つ目の棺桶が姿を現し、次回のライブで遂に3人目の正式メンバー発表かとベビメタ界隈がザワついてる。まだゆいちゃん復活の夢を捨てきれない貴兄が多いようだが、さすがにもう諦めましょうよ。で、みんな色々と勘ぐってるけど2015年のトリロジーがSUのSSA、MOAの幕張、YUIの横アリだったからMMって事は百々子で決まりだろうと言った名無しがいる。なかなか鋭い読みだね。俺もその推測に一票。

なおベビメタ飲みの話は飲み食いブログにて。

« 2023年1月 | トップページ | 2023年3月 »

2024年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ