« 2023年8月 | トップページ | 2023年12月 »

2023年11月 6日 (月)

料理研究家のくせに「味の素」を使うのですか?

表題のリュウジさん著書を読み進めてるけど面白いなぁ。それだけじゃなく凄え勉強になる。俺も食の好き嫌いは多いから化調否定派諸氏にこれ読んで味の素好きになってねとか言う気ないけど、基礎知識なしに先入観で毛嫌いしてる人は読んだ方が良いかもとだけ言っておく。

記述によれば化学調味料という俗称がうまみ調味料へ移行したのは1985年とのこと。化調と言えば切っても切り離せないのが美味しんぼの化調ディスりだけど、ちょっと気になって連載開始時期をwikiで調べたら1983年。マンガの悪影響で化調がイメージダウンした時期と見事に重なる。ただ当時は自然食ブームとかもあったから、世間的イメージが低下してるところへ美味しんぼが追い打ちをかけたってのが実情かも。

しかしながら、その遥か以前に化調をディスった伝説的グルメマンガがある。

Img_3242_20231106133201

包丁人味平。これは最終章となったラーメン祭りの1ページで連載時期は1976年頃か。俺が読んだのは美味しんぼ登場の少し前だったと思うけど、このエピソードに触れて化調にネガティヴなイメージを植え付けられた直後、山岡さんや海原雄山から散々悪口を聞かされ徹底的に感化されて化調の類いを避けるようになった。とは言え当時も今もラーメンが大好物でコンビニおにぎりとか好んで食うし、言わずもがな市販されてる食品の大半に化調が含まれてるから避けても意味ねえと思うに至り偏見は消えていった。リュウジさんも書いてるけど味の素を徹底的に批判してる人がほんだしは愛用してるとか滑稽でしかない訳で。

それでも食卓に化調を置かない時期は続き、久々に使ったのが2014年3月。結構最近だな。この頃から積極的に自炊を始め、どうにもこうにも上手くいかなかったので藁をも掴む心境で使い始め今に至る。それでも味の素じゃなくトップバリュのうまみ調味料を買ったのは最後の抵抗だったのかな。

で、先の記述通りガキの頃はそんなに好きじゃなかったんだけどその理由もリュウジさんの著書に触れて明確になった。要は入れ過ぎてたんよ。極端な話、ラーメンに味の素を大さじ一杯入れたら食えたもんじゃなくなるからね。砂糖や塩をアホみたいに振りかけたら何でも不味くなるのと一緒。

でも適量加えると俺の下手クソな料理がまともに食える代物へ変貌する。正に魔法の粉。嫌いなら仕方ないけど俺は嫌う理由がない。むしろ救いの神と崇め奉り愛用してる。俺の化調観はそんな感じか。

んじゃ続きを読む事に。読みやすいから夕方には読了だな。

2023年11月 4日 (土)

荻窪丸長閉店

俺が初めて荻窪の丸長中華そば店の存在を知ったのは何時頃なのか記憶が曖昧でハッキリしない。よく覚えてるのは中野の栄楽は高一の時に同級生から話を聞き、一度食ったら病み付きになりヘビロテした事と、警備員のバイトをしてた20歳の時、交通誘導のため目白の私道で半日つっ立ってたら近所のおばちゃんがあそこのつけそばが美味しいのよ~と目白の丸長を教えてくれ、食ってみたら栄楽との共通点が多いのに驚いた事。

多分その流れで本店の荻窪丸長を知ったんだと思うが当時はネットもないし、よく話のネタにする別冊Angleのラーメン特集号だったかなと思いつつ手元の古本をチェックしたら荻窪丸長の記述はない。他の雑誌で見たのか此処も友人に教えて貰ったのか全く思い出せないや。

初めて食った時から一貫して変わらないのは強烈なパンチ力を持つ個性的なスープ。初訪の際、厨房の様子を見てたら湯飲み茶碗みたいな小さい器に大量の酢とザラメを加えてレンゲでカエシに馴染ませてて大丈夫なのかこれ???と不安に駆られた事を思い出す。でも実際食ってみるとクセになるんだよな。とは言え甘味と酸味がもの凄いので万人受けはしない・・つーか、しなくていい、分かる奴だけ分かればいいという姿勢。それでも多くの支持者を獲得し半世紀以上ラーメン業界のレジェンドして君臨したんだから紛れもない名店だと思う。俺も大好きだったし。

しかし俺、荻窪丸長はトータル何回ぐらい行ったかな。ザックリだけど50回以上100回未満か。閉鎖した飲み食いブログのデータを確認したら昨年3.7.9月にそれぞれ1回赴き、今年は一度も行ってない。SNSでローカル情報だけはチェックしてたものの誰もが閉店が近い事を察知し連日大行列だったみたいで敬遠したのと、俺はもう去年の訪問時これで最後になっても後悔しないよう毎回噛みしめるように堪能したから寂しさ隠しきれずとも悔いはない。そこが突然終焉を迎えた中野栄楽との大きな違い。あの時はホントに悲しかったけど今回はしっかりお別れ出来たのでラヲタ的に幸運だった。

Img_0121

Img_0124

これが俺にとっては最後となった2022/9/29のつけそば&持ち帰りラーメン画像。もうここへ来る事もないんだなと思うと寂しいけど、その遺伝子は多くのお店へ受け継がれてるので今後は其方へ赴き、元祖の味に思いを馳せる。さらば荻窪丸長。長年お世話になりました。

« 2023年8月 | トップページ | 2023年12月 »

2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29    
無料ブログはココログ