2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

2019年9月 7日 (土)

TOSHIBAのポータブルBDプレーヤー放出。そして、

結局こいつは一度も実用する事なくヤフオクへ出品してしまった。やはり録画BDのリジューム機能が無効というのは俺にとって有り得ないレベルのウィークポイントなのだ。

それでも予備機の必要性は感じるので物色したものの、現在市販されてる全てのポータブルBDプレーヤーが録画BDのリジュームに対応してないっぽい。Avoxなるブランドの機種で気になるのがあったんだけどリジューム効かないんじゃ入手する意味がない。

そうなると結論はひとつだけ・・という事でヤフオクでこの中古品を落札。

Img_3289

歴代三台目のSONY BDP-SX910。デッドストックにはプレミアが付いちゃってるけど中古なら2万前後。

オークション履歴をチェックしてザッと相場を弾き出すと製造年が新しく元箱や付属品に欠品が無い物なら3万近くに跳ね上がる事もあるけど、使用感があったり製造年が古かったり、付属品に欠品があったりすると15000円前後でも充分に入手可能。

これは元箱や取説がなく、リモコンの電池接点が錆びてて使用不能(紙ヤスリをかけたら普通に使えたけど)で落札価格16000円ぐらい。予備機だから俺的にはそんなで充分なのだ。

Img_3290

上が2015年に購入し、一度不調に陥ったものの修理して今も現役バリバリの愛機。下は今回落札した2016年製の同機種。表向きは大差ないけど裏返すと、

Img_3291

PC用のインナーケースに収めてはいるものの何しろ外出時は9割方持ち歩いてるので使用感がケタ違い。動作チェックしたら完調みたいだし、これは良い買い物だったかもしれない。見ての通り愛機の方は使用頻度から考えても何時不調に陥ったって不思議じゃない状態だし。

これで暫くは安泰だけど家電品のアフターサービス期間は製造終了から5年程度なので将来的に不安が残る。需要が少ないからこいつほど気の利いたポータブル機はもう市場に現れないだろうし。まあそれもこれも5年先の話だから、先の事はその時になったら考えればよろし。

2019年7月31日 (水)

Bose Solo 5 復活

Img_3206

修理持ち込みから完了まで1週間そこそこ。迅速な対応に感動すら覚える。やるなビックカメラ。

ただ修理明細を確認すると原因はスピーカー本体じゃなくACアダプター。そちらの新品交換だけで修理費13000円ってのは割高な気も・・ まあいいや、不具合さえ解決すれば問題ないんで。

これでまたSoundLink Mini IIをPC用へ戻し、SoundLink Revolveは予備機として暫く冬眠。短い活躍期間だったなぁ。

 

2019年7月22日 (月)

Bose Solo 5 ドック入り

1ヶ月ぐらい前だったか突然Bose Solo 5の電源が入らなくなり、その時は電源ケーブルの抜き差しをしつこく続けたら目覚めて暫く普通に使えた。ところが今回は何をどうやっても目覚めず、もはや諦めの境地で修理を依頼。価格.comの最安値店が25000円程度で、聞くと修理費は13000円前後らしいから買い換えより修理を迷わず選択。ただ、ついでに市場調査したら同クラスのSONYやYAMAHAのサウンドバーが断然格安なので、修理後再度不調に陥ったらもうBoseに拘らず国内メーカー品へ買い換えようかと。

修理完了まで2-3週間。その間ぐらいはテレビ本体のスピーカーで我慢しようかと思ったものの日々Boseのスピーカーを愛用してた身からすればサウンドクオリティが雲泥なので、ここはモバイルスピーカーを流用する事で急場をしのごうかと。

Img_3169

普段はPC用に使ってるSoundLink Mini IIをテレビ用に、

Img_3167

予備機としてストックしてたSoundLink RevolveをPC用に。いや、早まって売り払わないで良かったわ。まあ、こういう時しか活躍機会ないんだが。

しかしスピーカーからヘッドホンまでバカのひとつ覚えみたいにBose製品ばかり使ってるけど前記通り、最近は国内メーカーの性能が気になって仕方ないから次に何かを買い足す際はBose以外でいってみようかと。

2019年7月 1日 (月)

どこでもディーガ好調

あかん、二度寝を試みたが寝るに寝られん。水も飲めず9:00を待つのは少々辛いが仕方ないので二度寝は諦め、おしんが始まるまで暇潰しにブログ更新をもう一丁。

表題のどこでもディーガの宅外視聴を通勤途中に試してみたけどSONYのVideo & TV SideViewよりは使えるかなってのがファーストインプレッション。土曜に西武線と東京メトロで試したところ日本橋で音が途切れた事(あそこは何故かエアポケットの様に受信が悪い)を除けば再生途中に映像がブチブチ切れる事はなかった。ただ、受信状態は土日と平日でも異なる感があるから土曜1日だけの実用じゃ結論出せない。

あと西武線で2時間番組の早送りを試みたら動画がダウン。これも受信が安定してる場所なら問題なさそうだから移動中の電車ってのが鬼門なんだな。一番の使用目的が朝ドラ鑑賞なので早送り機能を使う事はほぼないし、大枚はたいてパナのレコーダーを導入した意義はあったんじゃないかと。

ただ、アプリ自体の使い勝手はSONYの方がやや上な気はする。慣れの問題も否定出来ないけど予約確認や動画の呼び出しはSONYの方が簡単に感じられるので。とは言え転送動画の安定度が最大のキモだからね。そこだけは今のところパナに軍配。

 

2019年6月27日 (木)

Panasonic DMR-BCW1060

企業によって多少前後するけどウチの職場は給料日と同日の今月25日に夏の棒茄子が支給される。で、例によって小金持ち気分を満喫する為に何か買おうと思いつつ数日前から検討を続け、辿り着いた結論が表題のブルーレイレコーダー。

Img_3032

歴代5台目、しかも手元にSONY製の現役選手が2台鎮座しており、レコーダーの必要性は皆無に等しかったりするものの何故ここにきてパナ製のレコーダーを導入したかと言えば、ここでもちょっと触れたSONYの外出先視聴機能に少々不満があったから。

レコーダーとしての性能には満足してるしアプリを使った出先からの録画予約やiPhone・iPadへ取り込んでのおでかけ転送に文句なし。ただ、移動中の電車とかで外出先視聴を試みると再生中に画が途切れたりアプリが落ちたり。これがストレス溜まる。

ちょっと調べたら他メーカーのBDレコーダーもそれぞれ独自のシステムで転送機能を備えており、パナ・東芝・シャープで比較するとパナ製が群を抜いて高評価だったので試してみようと。ちなみにSONYの転送アプリVideo & TV SideView(有料)はAPPストアのユーザーレビューで星2つ。対するパナのどこでもディーガ(フリー)は星4.5個。そりゃ気になるわ。

とにかく俺が使いたいのは転送機能だけなので現行のラインナップでは一番グレードの低いこいつを4万程度で購入。楽天ポイントが12000pほど残ってたから現金の出費は28000円程度。安いもんです。

ちょいと設定に手こずりつつセットアップを済ませ、軽くテストしてみたけど現時点では普通に使えそうだという事しか分からない。実際に夜勤明けの帰宅途中、東京メトロや西武線で朝ドラ観てみないと結論は出せないな。明日も休みだからテスト出来るのは明明後日の朝。さてどうなる事やら。

で、ウチのAV機器用ラックはこんな感じに変貌。

Img_3033

奥のBDZ-L55に使ってたアンテナ&HDMIケーブルをそのままパナへ繋いだからL-55は今のところオブジェ状態。明日にでも安いHDMIケーブルを買ってきて再生機としてだけでも使えるようにするつもり。まあ、更に2台あるからリタイヤさせたっていいんだけどi-Link端子付きのレコーダーがL-55だけなので置いとく意義はあるのだ。

しかし録画した番組を出先で見たいだけならオンデマンドを利用するなり、もっと気の利いた機器を導入するなり賢いやり方がありそうだけど、俺そっち方面は疎いんで・・

2019年5月27日 (月)

お出かけ転送、再び

Img_2959

以前のバージョンでは結構活用してたものの最近全く使ってなかった予約録画&転送アプリVideo & TV SideViewのおでかけ転送機能を数日前からまた使い始めた。

使わなくなった理由は主に2つ。まず溜め込むほどテレビ番組を録画しなかった事と、Video & TV SideViewには外出先視聴という機能も備わってて、そっちを使えば取り込まずとも出先で録画データを呼び出せるから。但しこれだとリジュームが効かないし通信環境によってブツブツ途切れたりアプリ自体がダウンしたりとイマイチ使えない。

それでも朝ドラ1本ぐらいなら我慢して観られたので数ヶ月前からちょいちょい使ってたものの長編ドラマだとストレス溜まるし、気まぐれに白い巨塔の録画データをお出かけ転送でiPadへ取り込んだら通信環境に左右されずしっかり観られる上、リジュームもキャプチャもCM飛ばしに有効な15秒早送りも有効になるからこいつは使えるぞ、と。気付くの遅過ぎか。

更に最近やたらドラマやドキュメンタリー番組をよく観てて、WOWOW録画BDも消化してるからすぐ未見データが溜まってしまう。こりゃ出先の時間も活用しないと追っつかない。

白い巨塔は昨日で終わったけど他にも溜め込みがちなのが大河ドラマのいだてん。あとWOWOWでやってる母をたずねて三千里。母を~は1回転送したら終わりなのでもう少し自宅鑑賞に固執するけど10回コピー可能の地デジやBSの番組は以後こいつを駆使して通勤途中や職場の休み時間に消化していこうかと。

しかしユーザーレビューを見ると相変わらずVideo & TV SideViewの評判は最悪。前記通り、有料アプリのクセして性能イマイチだったりするからなあ。でも使える機能は使えてるので俺自身はあまり文句垂れないようにしてる。

2019年5月21日 (火)

TOSHIBA REGZA SD-BP900S

愛機SONY BDP-SX910の製造終了に強い危機感を覚え、webでポータブルブルーレイプレイヤーのラインナップをチェックしたら国内メーカー品は既にTOSHIBA製の1種のみで、それも2014年モデルだったりする。以前から需要の少ない市場だなとは思ってたが、これはもう数年後に消滅しても不思議じゃないレベル。

まあ海外メーカーの物は幾つか出てるし、以前俺もBLUEDOTという中国製のポータブルDVDを長年愛用してたから問題視してないけど、予備機としてストックするなら国内メーカー品の方が良いかな~と思いつつ市場から消え去る前に表題のプレイヤーを楽天ポイントで入手。30000P以上あって、何に使うか悩んでた所だから好都合かと。なお、今回はwebでしっかり価格を比較し最安値店で購入。

Img_2942

使い勝手はまあまあ。ユーザーレビューには重いとかモーター音が大きいとかネガティヴな事も書かれてたけど、そこはSONY製と大差ないのでNO問題。

但し大きなデメリットがあり、録画BDのリジューム機能が効かない。製品版BDやDVDならしっかり働いてくれてるけど、最も使用頻度の高い録画BDでリジューム無効って事になると普段使いは無理。よって当初の予定通り、こいつはメイン機のBDP-SX910が不調に陥りドックインした時の予備機として活用する事に。

液晶モニターが光沢なのも俺的にマイナスポイント。主に通勤電車内で使うから反射が強いと見難いのだ。やはりSONYのを大事に使い続けるのが得策か・・

2019年5月16日 (木)

Bose SoundSport Free wireless headphones

何気なく国営放送にチャンネルを合わせたらトーク番組に早見優さんと森口博子さんが出てて、全然老けてないので気になってweb検索したら早見さん俺とタメだし森口さんは2つ下。あり得ん・・ 

つい最近ウチの番組に辺見えみりさんが出演されてて、ちょいとスタジオでお姿を拝見したらやっぱり容姿が半端なかった。アイドルって現役時代は憧れの対象だったけど今は希望だわ。努力と心懸け次第で若さは維持出来るというね。俺も見習わなきゃいかん。

***

さておき表題の件。ここでネタにした黒い方のBoseインナーヘッドホンがまた断線したので地元の量販店へ持ち込み修理。割高なのは承知の上なれど放置するのもゴミ箱へポイするのも買い換えより精神的に苦痛なので。

ついでにAV機器売り場で市場調査を。まずポータブルBDプレイヤーのコーナーを覗いたら愛機SONY BDP-SX910が陳列されておらず、調べたら製造終了らしい。やっぱ需要が無いのか、あれ。

今のウチに予備機を買っておくかと思いつつweb検索したらデッドストックはプレミア付きで取引価格も定価の約倍額へ跳ね上がってる模様。取り敢えず愛機は完調だしポータブルBDプレイヤーなら他メーカーからも出てるので困りゃしないけど先行き思いやられる感じではある。

続いてヘッドホンのコーナーへ。最近、通勤電車で乗り合わせた人がワイヤレスヘッドホンを愛用してる姿をよく見かけるので気になり、見たらBoseからも3種ラインナップされてて、多少は普及したらしく価格も何年か前に比べたらお手頃になってる。

ワイヤレスを導入すれば今回みたいな断線トラブルは皆無という事もあり突然所有欲に支配され、悩み抜いた挙げ句3種からこいつをセレクトして購入。

Img_2913

SoundSport Free wireless headphones。Bluetooth接続だからポータブルBDには使えないのがネックなれども、正規対応品じゃない第7世代iPod nanoともしっかりリンクしてくれる。今までずっとBoseを愛用してきたから音質的にビックリするほどの差異は感じられずとも、中低音が更に重みを増した印象ではある。それこそがここ数年の進化だろうか。

怖いのはバッテリー切れと紛失。このケース自体が充電式チャージャーになってて、しっかり充電されていれば出先でもチャージ出来るものの、肝心のチャージャーもバッテリー切れならお手上げ。装着してみればフィット感は抜群で、殴り合いの喧嘩でもしない限り吹き飛ぶ事はなさそうだけどモノ自体が小さいから失くし易い事も確か。その点にだけ気を付けて、暫くはこいつをメイン機として活用するつもり。

【追記】
購入後、価格.comを覗いたら最安値店は購入額より約2000円安かった。毎度の如く貧乏性の俺は悔しさに唇を噛みしめつつ、買い物ってのは現物を目前にして時間をかけ比較検討するのが一番の楽しみであり、web通販との差額はそのお楽しみ代なのだと思う事で納得するようにしてる。

2018年10月 6日 (土)

そしてアンテナ華麗に復活

うむ、当然だけどBS/CS共にしっかり受信出来ててバッチリだ。しかしながらアンテナ代プラス工賃で10万近く吹き飛んだ。工賃に関しては現金払いだから楽天ポイントも付かないし、改めて叫ばせていただく。チャーミー死ね!!!!! まあ、既に消滅してるんだが。

工事業者の話だと台風被害の影響で全国的にアンテナが品薄らしく、早めに入手したのは大正解だったらしい。寝不足覚悟の上で夜勤の谷間にアンテナを買いに逝った俺、ナイス。

ご覧の通り地デジアンテナの直線上にマンションが建ってるけど、これが角度的にベストなんだって。同じ話を10年前にも担当業者から聞いたのでまあ間違いないんでしょ。

転んでもただじゃ起きない俺は今回、4K8K放送対応のBSアンテナを導入。これも業者の話によると分配器さえ対応機種へ買い換えればケーブル類は今のままで4K放送を問題なく受信出来るそうな。とは言え、モニターやら何やら全て買い換えないと4K放送を堪能出来ないので、その辺は実際に放送が始まってから考える事にする。

2018年10月 1日 (月)

アンテナがぁ~

昨夜まで普通に観られてたBS/CS局にチャンネルを合わせてみたらこの通り。イヤな予感がして屋根のアンテナをチェックすると・・

ああ~!見事に倒れちょる。チャーミーのバカーーーーーーーー!!

しかし完全にそっぽ向いた状態だけど地デジは受信出来てる。あと不幸中の幸いは暫くの間、絶対録り逃せない類いの番組がBSじゃ放映されない事。不都合あるとすれば毎週楽しみにしてたBS-TBSの酒場放浪記を観られない事ぐらいですかね。

とは言え、このまま放っとけないので業者に工事を依頼しなければ。確か今の地デジアンテナとBS/CSのパラボラアンテナを導入したのは2008年頃だから買い換え時と言えなくもないし、良い機会だから新調するかぁ。

より以前の記事一覧