2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

2018年9月30日 (日)

山口百恵&三浦友和の文芸シリーズ

何故この時期に特集が組まれたのか分からないけど5月にWOWOWで放映された山口百恵&三浦友和のゴールデンコンビが出演した文芸シリーズ4本を一昨日辺りから観始める。内訳は伊豆の踊子、潮騒、春琴抄、風立ちぬ。今のところ観たのは伊豆の踊子と潮騒のみだけど気まぐれに寸評なんぞを。

伊豆の踊子は世評も上々で、観たら実際に良作だった。ちなみに当時百恵さんは若干15歳で、今やヤクザの大親分を堂々と演じる三浦友和さんも22歳の超絶イケメン。二人とも若くて涙が出るぜ(俺様は当時8歳)。

この作品、百恵さん演じる踊子の娘が露天風呂から全裸で三浦友和さんへ手を振るカットがあり、世評を調べる為にwebを徘徊したらみんなこのシーンの事を言及してて笑った。

こう書くと観たくなるでしょ? その気持ちは痛いほどよく分かるので俺様が問題のカットをリピーター諸氏の為に画像へ収めて公開しちゃう。

遠景から素早いズームをかけ、寄り切るとすぐ次のカットへ変わるので写るのはほんの一瞬。最初は背格好の似たスタンドインかなと思ったりしたけど、こう観るとご本人が肌色の全身タイツか何かを着て演じてるみたいね。ちなみに俺と同じ事する奴が絶対居るだろうなと思いつつ画像検索かけたらやっぱり居たわ。気になる人はYAHOO!辺りで検索してみればよろし。

ところで俺、30代の頃に古典文学を読み漁った時期があり、確か川端康成の伊豆の踊子も読んだ筈なんだけど内容を何一つ覚えてない。ひょっとしたら読んでないのか?と思いつつ大昔に作成した読破リストを見返したらやっぱり読んでる。完全に忘れてしまったんだな。

続く潮騒。こちらは三島由紀夫の原作未読で、有名なこの火を飛び越えて来いのシーンしか知らない。伊豆の踊子と違って世評もイマイチだし期待せずに観たら、まあ確かにやっす~い青春ラブストーリーだった。取って付けたようなハッピーエンドも???だし、これって原作に忠実なんだろうか。ちょっと気になるので原作を読んでみたくなった。

これから観る春琴抄に関しては、たけしさんのDollsのモチーフにもなってるし谷崎の原作が強烈だから内容をしっかり把握してる。あの変態劇を百恵&友和がどう演じたのか興味津々だったり。

そう言えば大昔に読んだ蓮實先生の批評本で百恵さんが絶賛されてた事をふと思い出した。よく覚えてないけど、作品の質はさておき山口百恵という女優が定着されている事に価値がある云々とか書いてあった気がする。ひょっとしたら蓮實さんって単なる百恵ファンだったのかも。あの人、時折そういう面を見せるから恐れ多くも親近感を覚えてしまう。

参考までに調べてみたら伊豆の踊子が公開された1974年当時、蓮實先生は38歳。ドルヲタ適齢期じゃないですか。

これ以上バカな事を書き続けると信者からお経みたいな抗議文を叩き付けられそうな気がするのでこれ位にしておく。

2018年8月30日 (木)

カメラを止めるな!

はい、観てきました。な~るほど、こういう構成の作品なのね。評判が耳に届いてきた段階で完全に情報をシャットアウトしたから素直に楽しめたし、想像とは全然違った。

俺がネタバレするとシャレにならんので内容については触れず、なるべく控えめに書くけど最初俺は凄く斬新な構成を持つ新感覚の作品なんだろうと思ってた。ところがいざ蓋を開けてみたら手作り感満載で、言ってみれば古典的な手法の作品なのね。

それでもアイディアは巧みで、目の付け所が360度回って非凡。確かに今まで無かったタイプの新種ゾンビ映画と言っても差し支えない。ウソだと思ったら劇場へGO! 人によって好みが分かれるだろうけど俺は好きだな。あと、恐らくは全ての支持派と同様にもう一度頭から観返したくなった。

ところで製作者と原作者が権利問題で揉めてるみたいなwebニュースが出回ってるけど、やっぱり売れてしまうとこういう事態に発展しちゃうんだな。荒野の用心棒とかもそうだし、大してヒットせずひっそり公開されてれば良かったんだろうけど、金と名誉が絡むとどうしてもね。

でも制作者側は特にごねたりせず円満解決を目指してるみたいだし、折角の良作が金の問題でイメージ悪くなるのは勿体ない話なので、穏便に事態が収束する事を映画界へ僅かばかり立ち入った経験のある業界人の一人として陰ながら祈らせていただきます。

2018年5月 2日 (水)

嫌われ松子の一生

はい、全部観ました。

え~と、2006年制作だから12年も前の作品ですか。今更レビューを長々書くのもマヌケなのでサラッと書くけど凄く良かったな。不幸極まりない女性の生涯をミュージカル仕立てでファンタジックに描いた作品という点でダンサー・イン・ザ・ダークを連想したり。作風は全く異なるけど。

ちなみに俺、中島哲也監督作品はこれと告白、渇き。の3本しか観てない・・けど、アマチュア時代のシネ8ミリ映画はの字忘れては学生の頃しっかり観てるという。勤勉なのか不勉強なのか分からん奴だな。

一応書いておくと、はの字~は学生時代の俺にとっては大人のドラマ過ぎて理解不能だった。ただ、技術力が素人離れしてたので今も幾つかのシーンは断片的によく覚えてる。

フィルモグラフィをチェックすると下妻物語も未見だから、これは近日中にレンタルDVDを利用して観ておこうかと思ってる。

2018年2月22日 (木)

追悼 大杉漣

年明け間もないというのに敬愛するアーティストの訃報が続き凹むなあ・・ 漣さん、早過ぎるよ。

大杉漣さんと言えばやはり北野組の常連という印象が強い。俺自身その存在を知ったのはソナチネだったし、それ以前にも充分キャリアを積んできた役者さんなれどもソナチネでの好演がターニングポイントとなったであろう事は間違いない。

ソナチネ公開に併せてBSで放映された特番でたけしさん自身が語ったエピソードとして印象深かったのは、そもそも大杉さん扮する片桐は東京編のみの出演予定だったものの、あまりにも良かったのでシナリオを変更して沖縄編の後半まで引っ張ったんだそうな。

確かにソナチネの大杉さんはあり得ないほど素晴らしい。普段は物静かで礼儀をわきまえた男なのに突然ブチ切れて相手を怒鳴り散らしたりする。この二面性を持つ危険な佇まいはグッドフェローズでアカデミー助演男優賞を受賞したジョー・ペシを彷彿とさせる。

後にHANA-BIやBROTHERでもその演技力を遺憾なく発揮し日本屈指の名バイプレイヤーとしての地位を築き上げる。そして奇しくも劇場用映画の遺作は北野監督のアウトレイジ最終章になったのか。不謹慎極まりないけど、それはある意味大杉さんにとって幸せな事だったのかも知れない・・と言うか、一ファンとしてそう思いたい。

アウトレイジ最終章の封切りに併せて放映されたしゃべくり007で大杉さんの素顔に触れるとペットを溺愛し、現場の雰囲気を明るくする楽しい人だったらしい。そういう方の訃報に触れ湿っぽくなるのもご本人の意思に反すると思うので、当ブログでも過去に紹介した楽しい動画を再掲載し故人を偲ぶ事にする。大杉さんありがとう。大好きでした。

2017年11月26日 (日)

おっぱいバレー

数日前にWOWOWで録画し、今日の通勤途中に観てたんだけど話が後半に差し掛かったところで、こりゃ電車で観たらダメな奴だと判断して鑑賞中断。続きは自宅で酒飲みながら観たら、やっぱ俺泣いてんの。

世評は微妙な感じだけど俺は好きだな。これもダメダメ集団が途中から本気出して成長していく大道の定型パターンだけど、このステレオタイプは昭和世代のハートを掴んで離さない。機会ある度に繰り返し書いてるけど、もう潜在意識の奥底に擦り込まれてるから酷評出来ないんだな。

ちなみに観てる間、な~んか既視感めいた印象があるなと思ったら逆境ナインと監督が一緒だったか。あとワイルド7も。この2本は俺の中で微妙だったけど手腕は確かな人だと思うので、今に大傑作を手掛けそうな予感がするな。

2017年10月28日 (土)

リップヴァンウィンクルの花嫁

少し前にWOWOWで録画したものの3時間という長尺に尻込みして暫し保留。昨日今日と2日に渡りようやく鑑賞。

結論から言えば岩井俊二さん、長らく偏見を持ってて本当にごめんなさいと詫びを入れたくなるほど良かった。先が読めないホンも良かったしビジュアルを含む演出も良い。それより何より黒木華さんの演技が素晴らし過ぎる。

ちなみに俺、黒木さんの出演作は本作以外だと小さいおうち、幕が上がる、あとNHK朝ドラの花子とアンしか観てない。この4作中3作は内向的な女性役なので、それだけ観ると実際もこういう人なんだろうな思わされるんだけど幕が上がるではちょっと男勝りで頼り甲斐ある演劇部顧問の先生を演じてて、それがあり得ないほど板に付いてる。

その上で本作を観ると、内向的な上に呂律も回らない女性を完璧に演じる黒木さんのカメレオンぶりに驚愕するしかない。天性の女優って凄い・・と言うか恐怖心すら覚える。

岩井監督に関しても少し書くと、俺が観たのはゴーストスープ、スワロウテイル、四月物語、花とアリス、リリイ・シュシュのすべて、それと本作の計6本。ゴーストスープは深夜たまたまチャンネルを合わせたら放映されてたのを偶然観たんだけどヒロインを演じたブレイク前の鈴木蘭々嬢に触れ、この娘いいなと思っただけ。他は全く印象に残ってない。

少し前に書いたけどリリイ・シュシュ~は個人的に全然ダメ。スワロウテイルもダメだったな。だからこれを機に岩井監督作を掘り下げようとは思わない。でも四月物語、花とアリスはちょっと好きだし、本作には深くハートをえぐられたので、取り敢えず次回作は劇場へ足を運んで拝見しようと思ったりして。

2017年10月17日 (火)

アウトレイジ最終章

観てきたよバカヤロー。最高だったぜコノヤロウ。で、俺のキタノフリークぶりを自慢しようと'89の凶暴から封切り時に買い続けてきたパンフを並べて画像公開しようと思ったらアキレスと亀がいくら探しても見つからねえよバカヤロー。おっかしいなあ・・ 俺がたけしさんの映画のパンフ買い忘れる筈ないんだけど・・

さておき、相変わらず唐突に始まり一瞬で終わるバイオレンス描写は見事としか言いようがない。それと一作目からのお約束でもある私刑のデパートが最高。ネタバレになるから書かないけど、あの人とあの人の死に方は素晴らしかった。

個人的な好みで書かせていただくと一作目の歯医者と首吊り(じゃなくて引っ張り??)、ビヨンドのバッティングセンターも大好きだけど、今回のあの人の死に様はそれに匹敵する。何つーか、色んな視点から楽しめる残酷エンタテイメント。俺もガキの頃、全体の展開とかそっちのけで登場人物が凝った死に方をする映画のアイディアばっかり妄想してた事を思い出す。それはオーメンの悪影響なんだけどね。

表面的な話はさておき、少しシネフィルを気取りつつ書かせて貰うと前作前々作同様登場人物は多いものの相関図がないと理解不能なほど入り組んでおらず人間関係が把握し易い。とは言え複雑な事は確かで凡庸な構成じゃない。そのバランス感が絶妙。

役者さん達の顔も良いなあ。シン・ゴジラ同様、大写しされる登場人物の顔を観てるだけで酔いしれちゃう。

最近ベビメタとさ学にうつつを抜かして映画離れを起こしてたけど、この作品で一気に映画の世界へ引き戻された感じ。WOWOW録画BDも貯まってきたし、また映画鑑賞モードへ移行しようかなと。

ところで公式サイトで本予告を観たらネタバレっぽいね。あれが解禁された頃、俺はベビメタ熱にうかれてて公開された事に気付かず、観なかった事が功を奏した印象。そういう意味じゃ作品カラーは明確に伝わるのに映像が断片的で内容を全く把握出来ない特報の方が俺好みだったりして。

2017年5月 2日 (火)

聖地巡礼 シン・ゴジラ篇

天気が良いので愛車ZRX1100で聖地巡礼と洒落込む・・とは言え、いずれも自宅から単車で4-5分の近所だけど。


多摩都市モノレール運営基地。矢口とカヨコが東京への熱核攻撃の話をするシーンの背景がここ。関係者以外立ち入り禁止なれど、丁度撮影ポイントの脇に一般開放された広場があり、柵の間から手を伸ばすとクリアにロケ地を撮影出来る。

自衛隊立川駐屯地敷地内の格納庫。こちらも当然立ち入り禁止なので金網越しにズームをかけて撮るのみ。本編を確認したところ、ヤシオリ作戦直前に行われる矢口の演説シーンは一番左の格納庫前で撮影されたと思われる。

あと、立川広域防災基地の撮影に使われた建物もすぐ近くにあるけど門番が居るし、カメラを向けたら絶対に怒られそうなので撮影自粛。

2017年3月21日 (火)

シン・ゴジラBD字幕付き鑑賞



Amazonからシン・ゴジラのブルーレイが届いたので早速本編を字幕付きで観る。視覚情報過多になるけど劇場で3回観たし、分析モードへ移行するのも悪くないかな、と。実際こうする事で劇場じゃ聞き取れなかった難解な専門用語等も把握出来るので字幕表示の意義は充分にあり。

その後特典ディスクのメイキング映像を見始め、原知佐子さんが何処に出ているかようやく分かった。自衛隊の攻撃直前に踏切を渡る、逃げ遅れた夫婦の老婆役。引き画でワンカットだけだから言われなきゃ絶対に分からないや。

ちなみに俺が買ったのは特典ディスク2枚付属の3枚組。昨夜は特典を半分観た辺りで寝落ちしたので、朝っぱらから酒飲みながら続きを観ようかと。

2017年2月18日 (土)

変態仮面の字幕

WOWOWで変態仮面が放映されたので、録画して大好きなシーンを再確認してみる。




こうやって字幕を表示するとバカ度が増して良い感じ。惜しむべくは、ちんこじゃなくティンコが正解。ちんこをティンコと発音する所が最高に笑えるんだけどねえ。ひょっとしたらシナリオ的にはちんこが正解で、ティンコはムロツヨシ氏の天才的即興なのかも知れない。

【追記】
webで調べたらティンコは福田雄一監督による映倫対策らしい。

より以前の記事一覧