2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

2018年7月11日 (水)

1999年カルビープロ野球スターカード

気まぐれに1999年のカルビープロ野球スターカードを引っ張り出してきて今さっき引き当てた松坂&松井スターカードと並べてみる。上列中央のS-11松坂スターカードが当時のプロ野球カードコレクターにとっては垂涎の的で、こいつを放出すれば大抵のレアカードを入手出来るという強力な手玉だった。

アホみたいな大人買いの結果、俺は一時期これを3-4枚所有してて当時コンプリートを目指してた1994年のカルビーカードの抜け番をトレードで入手する為に大活躍していただいた。そういう意味でもカルビーの松坂カードには強い思い入れがある。

しかし改めて1999年のスターカード全55種を見返すとメンツが半端ない。松坂&松井稼を初めとしてヒデキ松井が居てイチローが居て大魔神佐々木が居て上原が居て、ヨシノブは現役2年目だしKKも健在だし新庄も前田も古田も居る。そんなの盛り上がらない訳ないじゃん。

今も気が向けばテレビでプロ野球観戦と洒落込む事があるものの、当時程のめり込む事はないなぁ。ま、役者が違うから仕方ないか。

カルビー2018プロ野球チップスのスターカード

近所のマルエツへ買い物に行ったら置いてあったので2袋つまみ、自宅で酒飲みながら開封したらこの2枚が出た。松坂大輔サイン入りパラレル&松井稼頭央のスターカードだ。二人共俺がNPBに狂ってた頃に大活躍したプレイヤーだから素直に嬉しい。もう、これだけで今日はラッキーデイ♪

しかし松坂ルーキーカード狙いで三多摩の問屋へ出向いて業者顔負けの大人買いをしたのが1999年だから約20年前ですか・・ こうやって現役で頑張る姿に触れると元気が出るねぇ。俺も飲んだくれてる場合じゃねえぞと発憤させられたり。 

 

2017年7月22日 (土)

007トレカ人間封大会

ここで1パック摘んでスカ引いたJAMES BOND ARCHIVES TRADING CARDS FINAL EDITIONだけど、立川駅前に出た時は3パック購入して持ち帰り、酒の肴に開封って事を3回繰り返したものの全部スカ。例によって我慢の限界に達し、残る店頭在庫11パックを大人買いしてようやく直筆サインカード2枚を引き当てる。しかしこの歳になっても行動パターンが昔と変わらん。

で、引けたサインカードはと言えば・・

Jb1

Jb2

一目見てコモンと分かりますなあ。Wikiで調べるとRufus Wrightは慰めの報酬で財務省エージェントを、Shane Rimmerは私を愛したスパイでカーター艦長(米海軍)を演じた人。いずれも脇役というより端役に近い。

これで俺のハートに火が点いちゃったのと、webで調べたら今年5月に亡くなられたロジャー・ムーアのサインが12箱に1枚(パック買いなら1:288)と比較的高確率で封入されてる事を知る。更にダニエル・クレイグやジョージ・レーゼンビー等々、歴代ジェームズ・ボンド役のサインも含まれてる夢多きタイトルで、箱買い衝動を抑えきれず水道橋のトレカ専門店へ再度足を運ぶ。




シールのナンバリングで総生産数8500箱という事が分かる。12箱に1枚って事はロジャーさん、晩年に約700枚もサインを書かされたのね。

期待に胸を膨らませつつ1箱目ご開帳・・

Jb3

Jb4

これまた一目でコモンと分かるハズレ箱。Christina Huiはムーンレイカー、Femi Gardinerはリビング・デイライツに出演した人らしいけどWikiじゃ出演者リストにも載ってない。

気を取り直して2箱目・・

Jb5

Jb6

こちらもハズレ感満載。Helena Roneeは女王陛下の007に、Lawrence Makoareはダイ・アナザー・デイに出演した人なれど先の2枚同様、Wikiの出演者リストには載ってない。

これまで紹介した6枚のサインカードはe-bay辺りじゃ1000円前後で出品されてる。安価な事以上に、映画は観たけど全然印象に残ってない事の方が悲しい・・

これだけだと泣いちゃうけど、最後の箱からこんなのも出た。

Jb7

6箱に1枚というちょっとレアな衣装カード。スカイフォールの悪役美女を演じた人で、先の6人に比べたらキャラが立ってる。e-bayでのプライスも5-6000円と、この1枚に救われた感が否めず。

その後調べたらこのタイトルには55種のサインがあるらしい。そのうちスターと呼べるサインは10種に満たないからサイン自体の封入率が高くても当たりを引く確率はかなり低い。ロジャー・ムーアのサインとてe-bayなら10000円ちょっとで落札出来るから未開封箱を買い続けるのは不経済極まりない。もはやこれまでか・・

2017年7月 9日 (日)

再びノンスポトレカ人間封大会

やはり休火山を刺激しちゃダメね。先日のエイリアンアンソロジー箱買いでちょっと俺のトレカ開封熱が再燃しちゃって、追加で2箱開けてしまった。水道橋の店にはもう在庫がないらしいので、まず渋谷のカードファナティックへ足を運び1箱。レアカードの内訳はこちら。

Pr

エイリアン2で悪役バークを好演したポール・ライザーの直筆サイン。俺的にはランス・ヘンリクセンに次ぐ小当たり的な位置付けなので結構嬉しい。で、調子に乗ってもう1箱購入。送料と交通費がほぼ一緒なので3箱目は通販。その結果は・・

S1

どハズレの1of1スケッチカード。絵柄も面白くないし、これでちょっと冷静さを取り戻した。ちなみにこのシリーズ、1ケースの開封報告によればスケッチカード入りのスカ箱が12箱中3つ含まれてるらしい。

もう箱買いを続ける気は失せたけど、冷めやらぬ運試し欲を満たす為に地元のミント立川店へ逝き、以下のトレカをバラ買い。



エイリアン4パックに加えスパイダーマン、乃木坂46、あと007を2タイトル。これだけで5000円近いんだからトレカってホントに高い。

スパイダーマンを除きいずれのタイトルにも直筆サインカードが封入されてる。では何故サインが入ってないスパイダーマンを買ったのかと言えば単純に安かったから。インサートのレンチキュラーカードが出たら少しだけ己の幸運に酔いしれられるなと思いつつ開けてみたらスカ。乃木坂もスカだったな。

エイリアンに関してはこいつが出た。

S2

2枚目の1of1スケッチカード。箱買いでこれだと脱力しちゃうけど4パックつまみ買いならまあ納得。絵柄も先の卵よりは面白いし。

で、007シリーズ。白いパックのファイナルエディションはスカだったけど、黒いパックのクラシックではこれを引き当てた。

Ms

マデリン・スミスなる人の直筆サイン。知らないなあと思いつつ調べたら007死ぬのは奴らだに美女役で出演した人。e-bayをチェックすると1-2000円の値しか付いてないけど、1パック摘んでサインが引けたから満足度高し。

8パック購入で直筆サイン含むレアカードが2枚引ければ御の字でしょう。ただ、この結果に味を占め、また散財しそうな悪い予感・・

2017年6月26日 (月)

e-bayで拾った激レア直筆サインカード画像

現在e-bayに出品されてる最高額の海外ノンスポ直筆サインカードの画像を無断転載。

Sw

2014年リリースのスターウォーズ クロームトレカに封入されたハリソン・フォード、マーク・ハミル、キャリー・フィッシャーのトリプルサインでプライスは$17500.00(日本円で約200万)。まあ確かにレアなんだろうけど高過ぎ。売る気は無いけど自慢したいんだよ~ん、な冷やかし出品って気がする。

あと、過去e-bayで拾って個人的に保管してる画像が幾つかあるのでそちらも無断転載。

Ss1
Gl1
Hf1

インディ・ジョーンズのトレカに封入されたスピルバーグ、ルーカス、ハリソン・フォードの直筆サインで、いずれも極めて出難かったらしく天文学的な値段が付いてた。

As
Js
Jc

懐かしのバットマン&ロビン。バットガールは当時コレクター仲間から自引き報告を受けたもののジョージ・クルーニーと監督のサインはe-bayの画像しか見た事がない。この3種を入手すれば全6種コンプ達成だったりするけど今更大枚はたいて入手する気なし。それ以前に最近はe-bayでも全く出品されないのでお話にならない。

渋~い直筆サインカードコレクション

久々の人間封大会で俺の直筆サインカード熱が高まったので、手元にある渋めのコレクションを公開。

Auto2Auto1

レイダース失われたアークとインディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国でマリオンを演じたカレン・アレンと、インディ・ジョーンズ/魔宮の伝説でショート・ラウンドを好演したキー・ホイ・クァンの直筆サイン。いずれもe-bayで落札し、価格は2-3000円と比較的安価。

Auto3

トワイライト・ゾーンのトレカは名バイプレイヤーのサインが多く封入されててシネフィル的にたまらない。まずはリチャード・キール。何たって007私を愛したスパイとムーンレイカーのジョーズ役が有名だけど、俺的にはペイルライダーのちょっと抜けた用心棒役が印象深い。

Auto5

ヴェラ・マイルズ。ヒッチコック監督作の間違えられた男でヘンリー・フォンダの奥さん役を演じ、次作めまいでヒロイン役が内定してたのに妊娠・出産の為に実現ならず。それでもヒッチコック的に相当お気に入りだったらしく、数年後サイコでヒロインの妹役を演じてる。

Aoto7

ロッド・テイラー。ヒッチコック繋がりになるけど、鳥でヒロインの恋人役を演じた人。リリース当時は二束三文だったのに、e-bayをチェックしたら今じゃ1万前後で取引されてる模様。既に故人だからかな。

Auto4

デニス・ウィーバー。世間的には刑事マクロードで有名なれど、シネフィル的にはスピルバーグの出世作、激突!でタンクローリーに追い回される哀れなドライバーの印象が強烈。この人だって故人なのにe-bay辺りじゃ今も5-6000円で入手が可能っぽい。

Auto6

ブルース・キャンベル。サム・ライミ監督の盟友で、死霊のはらわたシリーズのアッシュ役から始まりXYZマーダーズやダークマン、スパイダーマンシリーズ等々ライミ作品で隠し味的にちょいちょい顔を出すのが嬉しい。

この中で自引きしたのはリチャード・キールとロッド・テイラーだけで他は全てe-bayで入手。でも送料込み3000円程度だから高額品じゃない。前記通り、ちょっと値上がりした物もあるみたいだけどね。

ちょー久々の海外ノンスポトレカ人間封大会

束の間の小金持ち気分を満喫する為にちょっと贅沢がしたい・・と言うより僅かばかり無駄遣いしたい。そんな訳でまず買ってきたのがこいつ。これはまあボーナス時期じゃなくてもちょいちょい買ってるけど。

結果は3000円が600円に変わってTHE END。で、これを削ってたらとっても素敵な無駄遣いを思い付いてしまった。約20年前に熱を上げたトレーディングカード、それも海外ノンスポーツカードの箱買いね。

90年代末は何処のディスカウントストアにもトレカ売り場があったけど、今となっては海外ノンスポトレカ取扱店なんぞweb検索しないと見つからない。嗚呼、昔は新宿や秋葉、吉祥寺にトライソフトって専門店があったなあ・・と過去を懐かしんだり。

さておき、海外トレカの語句で検索したら渋谷と水道橋のトレカ専門店がヒットし、秋葉へ変換コネクターを買いに行く用があったので水道橋の店へ立ち寄る事にした。スターウォーズ、スタートレックを中心に20タイトルほどの海外ノンスポトレカが売ってて、俺のハートにグッと来たのはこいつ。


UPPER DECKのエイリアンアンソロジー。これのウリは箱イチの直筆サインカードで大当たりはシガニー・ウィーバー。但し、このテの商品の常として大スターのサインは相当出難いと推測される。でもまあ夢を買うのもいいかなと思いつつレジへ持って行くとお値段は20パック入り1BOXで10800円。高いなあ。昔はこんなのを狂ったように買ってたんだよな。

トレカ依存症の時期には未開封のまま家へ持って帰る事なんぞ到底出来ず店先で開封し、レアカードが出なかったら追加購入という愚行を繰り返してたけど今は極めて冷静だから自宅で1パック1パックゆ~っくりと噛みしめるように開封。何しろ1パック540円もするのでホイホイ開けちゃ勿体ない。

箱の記述を見ると1箱に封入されてるレアカードは2種あって、直筆サインの他にドッグタグカードってのも入ってる。これのサイン入りもあるらしいけど俺が引いたのは通常版のハリー・ディーン・スタントン。

Lh

ランス・ヘンリクセン!! これは嬉しい!!!!!

ちなみにe-bayを覗きに行くと即決価格4000円ぐらいだから大して高くはない。ただ16種あるサインの中では上位の人気アイテムっぽい。で、シガニーサインも何枚か出品されてるものの売り手はいずれも強気で80000円とかする。オークションなのでこれが市場価格って事はないだろうけど、まあ高いんだろうな。

更にザッと出品物をチェックするとシガニーサインの次に高額なのはビル・パクストンのサイン。確かにエイリアン2では印象的な役を演じてたけどスターって訳でもない。これは一体どういう事だろ?と思って調べたら今年の頭に亡くなられてるのね。店員曰く故人のサインが2種含まれてるって話だったからその1種という事か(もう1種は不明)。

なお、買ったお店のサイトでチェックリストが公開されてたから転載・・

Actor Autographs Set Checklist 16 cards
SA-BP Bill Paxton
SA-CD Charles S. Dutton
SA-CH Carrie Henn
SA-CS Cynthia Scott
SA-DK Daniel Kash
SA-DP Dominique Pinon
SA-GD Gary Dourdan
SA-HS Harry Dean Stanton
SA-LH Lance Henriksen
SA-MR Mark Rolston
SA-PR Paul Reiser
SA-RP Ron Perlman
SA-RR Ricco Ross
SA-SW Sigourney Weaver
SA-TS Tom Skerritt
SA-VC Veronica Cartwright

Dual Actor Autographs Set Checklist 15 cards.
DA-CH Lance Henriksen Carrie Henn
DA-CS Harry Dean Stanton Veronica Cartwright
DA-DD Charles Dance Charles S. Dutton
DA-DR Daniel Kash Ricco Ross
DA-HR Mark Rolston Lance Henriksen
DA-PD Dominique Pinon Gary Dourdan
DA-PH Bill Paxton Lance Henriksen
DA-PR Mark Rolston Bill Paxton
DA-PW Bill Paxton Sigourney Weaver
DA-RH Carrie Henn Paul Reiser
DA-SC Tom Skerritt Veronica Cartwright
DA-SR Ricco Ross Cynthia Scott
DA-SS Harry Dean Stanton Tom Skerritt
DA-WH Sigourney Weaver Carrie Henn
DA-WS Sigourney Weaver Tom Skerritt

2人のサインが書かれたディアルオートなんてのもある。あと、サインの代わりに画家のスケッチカードが入ってる場合もあるらしいけどこれはハズレ。ビショップのサインの方が100倍いい。

さておき、10数年ぶりの人間封大会だったけど結構楽しめた。俺の買った箱がラスイチの店頭在庫だったらしいし、シガニーサイン狙いでバカスカ買う事は絶対にないでしょう。

2016年11月 1日 (火)

映画のポケットカレンダー

ヤフオクを覗くと下方に表示されるお勧めコレクションにこいつが混ざってて衝動的に入札。もう少し高額に跳ね上がるかと思ったら比較的安価で落札(15枚セット2500円)。

色々あるけど俺の狙い目はこの2枚。

正直、これだけで数千円の価値を見出せる。ただ、ポケットカレンダーって映画関連グッズの中では不人気で、何処のシネショップを覗いても二束三文。恐らくこの2種も市場価格は数百円じゃないのかな。店頭で見た事ないけど。

俺にとっても収集に力を入れてるグッズじゃないので以前から手元にあるのは2枚のみだったりする。その2枚ってのがこれ。

いずれも公開当時に入手。本屋のレジ脇か、劇場に置かれてた物を貰ってきて今も後生大事に持ってる。折角なのでジョーズ2と、今回入手したジョーズの裏面を公開。

構成が一緒。多分、担当者も同じなんだろうね。

2016年10月14日 (金)

松井秀喜サインカードコレクション

直筆サインネタをもう一丁。俺が最も数多くサインを書いて頂いたのはシンガーソングライターの森恵さん。2013年5月の時点でCD16枚と限定ステッカー1枚、予約特典のピック1枚を含めれば18枚で、以後も実際に書いて貰ったり購入特典や抽プレ当選で数が増え続け、今や30枚以上の直筆サインが手元にある。

次点で松井秀喜選手の10枚。詳しくは旧サイトここにも書いた通り2000-2002年のオフシーズンにジャイアンツ球場へ幾度となく足を運び書いて貰った。

Gファンとの情報交換で聞いたところによると歴代のG四番打者は伝統的にサインを拒まず、長嶋さんも王さんも原さんも余程の事がない限りファンの期待に応えてくれたそうな。

実際、練習を終えた多くの選手たちが出待ちのファンをスルーし走り去っていく中、松井さんは何時も駐車場出口付近に愛車のBMW840iを停めて降り立ち、100人だろうが200人だろうが出待ちのファン全員にサインを書いてくれた。打撃力も神だけど、ファンへの対応はそれ以上に神だったね。

いずれのサインも過去に公開済みなれど、昔はサーバー容量100MBのwebサイトという事で極小画像だったから、もう少し大きめの画像で全種再公開・・

M1
M2
M3_2

以前ネタにした通り、状況によりけりで筆跡が全く異なって面白い。事情を知らない人が見たらニセモノじゃね??と思うかもしれないけど全部本物だよ。書いて貰った本人が言うんだから間違いない。

ちなみに基本形はこれ。

M4

当時、G球場の即席サイン会が終わり松井さんが去った後はファンたちが貰ったサインを見せ合ってこの基本形に近いサインが当たり、そうでない場合はハズレと称して大いに盛り上がった事を思い出す。書いて貰えただけで全部大当たりなのにね~ 何時の時代もファンなんて身勝手なもんです(俺含む)。

2016年10月11日 (火)

カルビー2016プロ野球チップス第2弾 ラッキーカード

俺が狂ったように大人買いした1998-2001年カルビープロ野球チップスのラッキーカードは箱イチ(1:24)程度の封入率だったからアホみたいに箱買いした挙げ句、数10枚溜め込んで正直持て余してた。

それが2002年辺りから急に出難くなり、体感的には3箱イチ(1:72)から4箱イチ(1:96)にまでレアリティが上昇。丁度その頃、敬愛なる松井秀喜選手がメジャーリーグへ移籍して大人買いを止めてしまったので、ラッキーカードを引き当てたのは約14年ぶりという事になる。ヤフオクをチェックすればこいつも2-3000円で取引されてるから相変わらず封入率は低い模様。そんなレアカードをサクッと引き当てちゃった幸運に暫し酔いしれつつ美酒にも酔う。

ご覧の通り、応募券部分を切り取って葉書に貼り付けカルビーへ送れば箔押しサイン入りスターカード2種が貰える。とは言え欲しいカードもないので俺が掴んだ幸運の印として無傷のまま保管しておこうかと思ったり。

より以前の記事一覧