2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

2019年11月 6日 (水)

今夜の飲み屋巡りその2 LADY JANE@下北沢

Img_3529

亀有の江戸っ子とは180度趣の異なる此方が今夜の二軒目。しかし亀有から下北って千代田線1本で移動出来るのか。そんな事すら今日初めて知ったぐらい亀有も下北も俺にとっては縁遠い地なのだ。

Img_3530

ここで外観だけ眺めて帰った事をブログネタにしてから早や3年半が経過。以後、場数をこなして今じゃ大抵の店には独りでも突入出来る度胸を身に付けたので躊躇せず入店。

Img_3531

いやー、雰囲気ある店だった。終始ジャズが最適な音量で店内に流れてて、こんな小洒落た空間でバーボンのロックなんか呑んじゃう俺ってカッコイイ、みたいな気分になれる。

ちなみに先客が3人ほど居たけど、誰一人つまみとか頼まず酒だけ飲んでる。嗚呼、この人達は酒とか食い物じゃなく、この店の空気感へ金を落としに来たんだなと思わされたり。俺、そういう店にほとんど行かない奴だから色々とカルチャーショック。

バーテンの出しゃばらない佇まいや客の雰囲気も良い。みんなタバコ吸ってたけど、それすら煙たく感じないどころか何で俺ってばタバコ止めちゃったんだと思ってしまうぐらい酒とタバコに酔える店。名店には名客も集うという事か。

Img_3532

お店の人に指摘されて初めて気が付いたんだけど、今日って優作さんの命日なのね。そんな事、全く意識せず・・つーか知りもせず気まぐれにお店へ行ったから心底驚いた。

以前書いた通り、通夜の席でお焼香だけはさせていただいたものの生前の優作さんとは縁もゆかりもない一ファンに過ぎない俺だけど、こんな日に優作さんが愛した店へ偶然出向いてしまうのも何かの縁なのかなと思ったりして。

2019年8月30日 (金)

また断酒

ここ数日どうにも体調が優れず、昨夜も電車移動中にスマホを眺めてたら頭がグルグルして気持ち悪くなっちゃった。あと毎日腹がゆるい。

いずれも原因は酒の飲み過ぎ以外に考えられず、実を言うと買い置きの酒を飲み尽くして9月から断酒しようとか思ってたものの強い危機感を覚えたので今日から始める事にした。こういうキッカケがあると苦もなくスタート出来るのは怪我の功名と言えなくもない。

特に期間は設けず、まず1週間ぐらい様子見。その後は体調次第でチマチマ飲み始めるか断酒を継続するか決めるつもり。

 

2019年8月14日 (水)

断酒の思わぬ恩恵

去年ここでもネタにした通り暑い季節になると腕時計をはめてる左腕が汗で蒸れ、酸味を帯びたイヤな臭いがして不快なので外を出歩く時は腕時計を外す事が多かった。ところが、今年はいくら汗をかいても悪臭が一切しない。

これは一体どういう事??と思いを巡らせると先の記述にもある通り臭いの元凶はやはり肝機能障害で、約3ヶ月間の断酒により肝臓が浄化されたから体臭も消えたと考えるのが最も自然で、去年と今年の違いがあるとすればそれしか思い付かない。こう分かり易い現実を突きつけられるとアルコール過剰摂取の弊害と断酒の重要性が身に染みるねぇ。

それはいいんだけど人間ドック受診後から1日も欠かさず飲んだくれてるので、このままいけばまた何時の日か肝臓が悲鳴を上げて体臭も復活という未来が見える。

これも先日書いたけど、冷え冷えのビールやストロング缶チューハイが美味い今の季節は充分に酒を堪能するとして、涼しい時期が到来したらまた一定期間の断酒に着手し大事な大事な肝臓様を労ろうかと。

Img_3215

 

2019年7月 4日 (木)

今夜からまた節酒

また妙な時間に寝落ちして真夜中に目覚めてしまった。夜勤生活の為、休みの日も雨戸を閉めっぱなしだから目が覚めた際に時計を見て2:00とか3:00だと昼か夜か分からなかったりするんだよね。

人間ドックを終え、天下御免だってんで3日連続で飲んだくれてるけど弊害が幾つか。断酒中はこうやって真夜中に目覚めた時、気まぐれに深夜のドライブへ洒落込む事があったけど酒を飲んじゃうと当然ながらそれは出来ない。更に言えば電車もバスも動いてないから身動き出来ず、せいぜい徒歩圏内のコンビニへ足を伸ばすのが関の山。別に深夜出歩く必要はなかったりするものの家で悶々としてると息が詰まる瞬間もあり、そういう時は酒って足枷でしかない。

あと寝覚めが重いつーかダルいつーか、二日酔いじゃないんだけど体内に残された毒素が悪さして行動制限をかけられてる印象。1ヶ月断酒してきたからそれがすげーよく分かる。何しろ6月は連日寝覚めが爽やかだったので。

飲んでる間は愉快だし得る物がゼロじゃないにせよこういうデメリットもあるので、今夜からまた仕事の日は飲まず休みの日に飲むという4-5月のスタンスを再開する予定。健康的に酒を嗜む、それこそが今後の課題ですわ。

2019年5月 4日 (土)

今度こそ家飲み禁止再開

但し今はまだ飲んでる。何しろ夜勤続きで昼夜逆転してるから俺の中では5/3がまだ終わってないのだ。BSプレミアムで朝ドラ観た後に寝床へ入り、目覚めたところから俺の禁酒生活は始まる。

まず今月は家飲みを完全に断ちつつ、HUBや鳥貴族でちょっと一杯ならOKというユルユルの縛りから始めて6月は完全断酒。そして7/1の人間ドック受診を迎えるという流れ。気張れ俺。

しかし2.3月の断酒以降、酒を飲むと翌日へ引きずる事が多くなった。二日酔いってのとは少し違うけど、なんかダルいんよ。断酒中はそんなこと一切無かったから、まあ体が毒素に反応してる状況なんでしょ。飲んでる最中、偏頭痛に苛まれるパターンも多いな。そして市販の頭痛薬を服用しながら酒を飲み続けるという。もうバカとしか言いようがない。

健康維持の為にも一時期酒を断つのは有意義かつ大切な事かも知れない・・と自分に言い聞かせ、この時みたく我が肝臓が青い地球へと返り咲く様を強くイメージしながら頑張ります。

2019年4月27日 (土)

小型連休は飲んだく令和

世間的には今日から大型10連休スタートですか。例によってこちとらカレンダーと無縁の日々で、今日はたまたま休みなれど明後日から普通に仕事。で、5/1-3と3日間の小型連休が確定してる。ただ、何処へ行っても激混みが予想されるので恐らくは出不精になり酒を買い込み終始自宅で飲んだくれ。俺みたいな天邪鬼野郎にふさわしい新元号の始まりだな。

なお4/30-5/1にかけても夜勤だから令和スタートの瞬間は思いっきり仕事中。HUB辺りじゃ呑兵衛どもがカウントダウンで大盛り上がりだろうなと思えば少々羨ましくもあり、元号が変わる瞬間も仕事に勤しむエコノミックアニマルを気取りつつ悦へ入るのも悪かねえと思ったり。

ああ、そう言えば今月15日から家飲み禁止って書いたけど全然守れてなくて毎日飲んだくれてる。丁度この頃から謎の不眠症に苛まれたのが災いした。寝られないから飲むしかねえ、みたいな。残念ながら飲んでも不眠症は解消されず飲み損に終わったのだが。

とは言え7月の人間ドック受診へ向けての節酒は必須事項なので取り敢えず5/1-3の私的小型連休は心ゆくまで飲んだくれ、翌4日から今度こそ心を鬼にして断酒を再スタート予定。そして7/1受診予定の人間ドックで絶対に肝機能良好の履歴を残すのだ。頑張れ俺。

ちなみに最近飲む酒はジャックダニエルの水割りがメイン。数年前はロックでガバガバ飲んで700mlボトルを2-3日でカラにしてたけど今はそんな無茶も出来なくなった。結果的にストロング缶チューハイをガブ飲みしてた頃みたく腹を下さなくなり、1ボトルで1週間近く持つからリーズナブルでもあるし、小型連休終焉まではジャックメインで攻めようかと。

2019年4月16日 (火)

そして断酒再開

はい、公言通り今日からまた断酒生活に入ります。但し今回は家飲みだけを断ち、外で飲むのは可という激甘仕様。まあ、ここのところ夜勤続きで仕事終わりに何処かへ寄ろうにもやってる店なんかほとんど無いし、せいぜい新宿の寿司屋で一杯やる機会が週に一度あるかないかって感じだから外飲みOKでも飲酒量が激減する事は間違いない。

しかし4/1に解禁して毎日飲んでたら、やっぱり飲む量が以前と同じに戻ってしまった。昨日は日本酒一合に加え350mlのストロング缶チューハイを6-7本飲んだか。そしたら思いっきり腹を壊し、激しく体調不良に。おかげさまで今は全く飲む気になれず断酒再開には好都合な日となった。結果オーライだけど。

2019年4月 8日 (月)

飲酒量をセーブ出来ない男

飲酒を解禁して約1週間経過。それによりハッキリしたのは・・つーか以前から分かってたけど俺という人間は一定期間の断酒なら難なく出来るものの、日々のアルコール摂取量を上手くセーブする事が出来ない。

今のところまだ朝から晩まで飲み続ける様な真似はしないし出来ないけど4/1から1日も欠かさず飲んでるし、スローペースながら徐々に飲む量が増えてる事も間違いなく、恐らくこのまま逝くと10日後には以前のペースに戻ってしまう。すると折角浄化された(・・であろう)肝臓がまた悲鳴を上げ始めるだろうし、それは勿体ない事なので6月から再開予定だった断酒を早めようかと。

取り敢えず4/15辺りから断酒を再開し半月程で解禁。これを4-5月の間に2回繰り返し、6月は本格的な断酒月間にしようかと。多分これなら出来る。

しかしタバコもそうだったけどスッパリ止めるより量を減らす事の方が断然難しい。依存性が如何に厄介な代物かを肌身で感じるわ。

2019年4月 4日 (木)

雲海、飲み干す

Img_2800

4日で一升ってのはややハイペースだったかな。ただ、これに関しては飲みたい欲求を抑えきれずというより、早く邪魔者を片付けたいという意識の方が強かった事を告白しておく。

ちなみに2011年の禁煙突入時にも一箱ほどのセブンスターが手元に残ってたものの、それは人にあげちゃった。今回そうしなかったのはタバコと違って酒は止めるつもりがないから。リラクゼーショングッズとして、或いは合法ドラッグとしての有効性もさることながらコミュニケーションツールとしての酒は我が人生に欠かす事が出来ないので。

で、そこに価値を見出すのなら家飲みは控えればいい。これも以前から書いてる通り俺の場合、家飲みさえ断てばアルコール摂取量が約8割減となる。そりゃ時には家でウダウダ飲みたくなる日もあるから絶対禁止事項にはせず、但し連日は御法度にして節度ある酒との付き合い方を体得するのだ。

しかし45日間の断酒で俺、明らかに酒の耐性が落ちた。弱くなったって事はないけど量が飲めなくなってる。例えば昨日の列車旅だけど、以前は500mlのストロング缶チューハイなんぞ瞬時に飲み干しちゃったのに今回は終点が近付いてもまだ余ってた。家飲みの雲海もそうだな。一合もロックでいただけば暫しブランクを置かないと飲み続けられない。それこそ肝臓が浄化された証拠なんでしょ。良い傾向ですわ。

取り敢えずこれで暫くの間は酒を買い置きしない。飲みたくなれば外で飲め、と。

 

2019年4月 1日 (月)

酒、一時解禁

65c6ca171c7c4f029e8471c400df7927

公言通り2/14から45日間続けてきた断酒は本日4/1をもって一時解禁。但し今日からバカ飲みする気は毛頭なく、断酒再開の6/1迄に節度ある飲み方を体得する猶予期間ってのが正直なところ。

まず買い置きのそば焼酎雲海一升を飲み干し、その後は基本的に家飲みを控え、飲みたくなったら外で飲むというスタンスを確立させる。それも連日とかじゃなく3-4日に一度というペースがベストか。な〜んか、こんな事を今までも何度となく書いてきて全く実践出来てないから今回も口だけで終わりそうな気が無きにしも非ず。

今現在、一月半ぶりに雲海を二合ほどロックでいただきホゲ〜っとなってるところ。2日禁煙してタバコを吸った時はクラックラしたけど酒ではそんな事もなく普通にリラックスする程度。但しこれが明日以降へどういう影響を及ぼすかは神のみぞ知る。ま、この調子なら4日後に買い置きの雲海を飲み干しちゃうし、発狂して買い足す愚行へ走らない限りNO問題かと。

より以前の記事一覧