2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

COVERS Grace of The Guitar+ 森恵

無料ブログはココログ

2017年6月20日 (火)

缶赤星 2017年版


近所のスーパーで見つけ、嬉しくてつい買ってしまった。節酒中だけど買うだけなら問題あるまい・・と言いつつ、例のビアサーバーで飲んでみたい衝動に駆られて1本飲んじゃった事を白状しておく。人間ドックまであと13日。大丈夫か?今年の俺。

俺、外で飲む時はビールの銘柄に全然拘らないけど家呑みの場合バドとアサヒスーパードライの二択。でも昨年の夏からこれが売ってると赤星を優先しちゃう。別に大差ないんだけど微妙に何かが違う。まろやかというかクセがないというか・・ 少なくともプレモルより俺好みな事は確か。それをプレモルのビアサーバーで飲む背徳心がたまらん。

2017年6月16日 (金)

プレモルの缶ビール用ビアサーバー

Img_3730

節酒生活に突入したばかりだけど、こういう物が手元に届いたら試さずにいられない・・という事でビール一杯ぐらい飲んでも問題あるまいと思いつつ早速使ってみたのでそのルポなんぞを。

そもそも何故いきなりこんな物を入手したのかと言えば、つい先日ウチの番組で似たような缶ビール用ビアサーバーを紹介して凄く気になったから。社割も効くし買っちゃおうかと思ったものの約8000円と決して安くはない。

で、類似品なら世に溢れてるだろうとAmazon検索したら、中古で送料込み2000円という激安価格のこいつを見つけた。この値段なら仮に使えなくても文句はないので即座に発注。そして今さっき到着。

同梱の取説を見ると、2015年にポイントを集めて応募すれば必ず貰えたプレミアムモルツのキャンペーン商品らしい。

うん、なかなかフォトジェニックに仕上がった。ただ、ビールを美味しくいただく為のツールというよりはパーティーグッズ的な要素が強い。8000円だったらちょっと残念な感じだけど2000円だし、これと比べれば格段に使える。故にヤフオクで売却などせず、気が向いたら時折こいつで生ビール気分を味わおうかと。

2017年5月18日 (木)

酒亭 玉河@立川

オフ会と称しNiftyで知り合ったカードコレクター達と頻繁に飲み会をしていた20世紀末、俺の地元でもあり、当時とみさわさんの事務所があった立川で一度飲もうという話になって利用したのがこの店。とみさわさん曰く午前中からやってる居酒屋で、地元の呑兵衛には馴染み深い店なんだそうな。

ただ、この店で飲んだのはその時が最初で最後。以後、立川駅前には数え切れないほど行ったけど常にスルー。まあ、地元に飲み仲間が居ないし一人飲みは苦手だったからなあ。

ところが最近は一人飲みが趣味みたいになってしまい、地元立川で俺好みの店を求めて飲み歩いてる。そうなると店内の様子とかを再確認する意味でも入りたくなり、今日はビックカメラに用があって立川駅前へ行ったので折角だから寄ってみるかと思い立ち約20年ぶりに玉河の暖簾をくぐる。

メニューがすげー豊富で目移りしちゃう。取り敢えず生ビールとまぐろの山かけとししゃもを注文。

普通に飲み始めて食っちゃったからお通しとまぐろ山かけの画像を押さえるの忘れた。

雰囲気ある佇まいも良いし料理も美味い。但し店に入ったのが19:00過ぎで、満席に近い盛況ぶりでかなりうるさいし隣にスモーカーが居て煙たかったからビール一杯とつまみ2品だけで早々に退散。

幾度となく書いてる通り飲み屋ってのはそういう空間だから特に文句はない。ただ、俺自身が気分良く飲みたいと思ったら利用時間を選ぶ必要はあるな~と。そういう意味じゃ開店直後か、ランチタイムとディナータイムの狭間が狙い目かな。

2017年5月10日 (水)

茅場町で吉呑み再び


茅場町駅前の吉牛は2Fの吉呑みを味わえるので、これを体感せず結論出すのも違うと思いつつ仕事帰りにちょいと寄り道。ダウンライトって程じゃないけど通常営業の1Fより70%ほど照明が落ちてる気はした。40%ぐらいまで下げた方が俺的には居心地良いのにな~と思ったりして。

今日も牛皿をタマネギ残さず完食。俺、もう牛丼もタマネギ抜かずに逝けるかも。さておき2F営業の吉呑みなら時折利用するのも悪くない。先客が5-6人居たし、結構人気みたいね。ちなみに今日は生ビール一杯と牛皿で計680円也。お財布にも優しいちょい呑みでございました。

2017年5月 8日 (月)

吉呑み

思えば俺、吉呑みは利用した事がないので今日はこいつを体感してみようと思いつつバスに乗って立川駅前へ。

注文したのは牛皿&煮玉子&生ビール(ジョッキ)。吉呑みって2階席のある吉野屋限定の営業スタイルで、ダウンライト調にアレンジされた店内で酒とつまみを随時注文・・ってな雰囲気をイメージしてたものの立川駅前店に関して言えば2階は準備中。普通に1階のカウンター席で牛丼目当ての野郎共と一緒に吉呑みメニューを飲み食いするだけ。これはTHE期待外れだったなあ。 

今もタマネギ克服の努力を続けてて、この牛皿もネギ抜きコールせず注文。真っ茶色に変色したつゆシミシミのタマネギなら苦もなく食えるけど、煮込みが足りず白いままのデカいタマネギは相変わらず抵抗ある。

そこで、こんな感じにして無理矢理食らう。

いえ~い完食! 酔って抵抗感が薄らいでた事もあるけど吉牛でタマネギ残さず食ったのは数10年ぶり。

さておき、想像と違った事もあり俺の吉呑み利用は恐らくこれが最初で最後。二階席でダウンライト営業してる店舗があれば逝ってみたいけどね。

2017年3月16日 (木)

立川はしご酒その2



昨年末にオープンしたHUB立川店。コンセプトに沿って作られた空間とは言え、やはり空いてる時間帯のHUBは居心地が良い。オープンから間もないのであまりタバコ臭くない所が俺的にポイント高し。何年か前までは俺自身がタバコ臭さを周囲へふりまいてたと言うのに人は変われば変わるもの。


鳥貴族は高田馬場の串鐵が無かったらもっと頻繁に利用してたろうな。それでも気が向くと生ビールないしトリキルージュと料理2品で軽く一杯やって帰る事がしばしば。しかし立川店はタバコの煙が充満し過ぎで即退散。そういうニーズの店だから文句はないけどね。

立川はしご酒その1

夜勤中心の頃は休みの日にスポーツセンターで筋トレするのが通例だったものの、今は仕事終わりに行けてしまうので休みの日は地元立川でダラダラしてる事が多い。で、先週先々週と休みの日にバスで立川駅前まで出て飲み屋巡りをした時の画像があるのでそれをネタにブログ更新なんぞを。





ずっと以前から気にしつつ入った事のなかった立川ビアホール。外観や店内の奥は非常に雰囲気があるけど厨房周りがちょっと明る過ぎかな~と。そしてwebで評判の良かったローストビーフを食う。美味いけど値段もそれなり。


ダンダダン酒場同様、以前テイクアウトした事はあるけど店で焼きたてを食った事がないので四つ角飯店へ移動して餃子を食らう。美味い。やはり餃子は焼きたてをビール飲みながら食うのが一番。

2017年1月21日 (土)

禁酒なし崩しなのだが

結局、俺の禁酒は1/6-12の約一週間で終わってしまった。泌尿器科で酒が諸悪の根源だよとか言われたら継続したろうけど、逆に正常のお墨付きを貰っちゃったのが運の尽き。それでも一応アルコール摂取量を気遣っててウィスキーや焼酎等、度数の高い酒は飲まずビールばっかり。

しかしながら、健康診断へ向け今夜から再度禁酒生活に突入。X-DAYは2/1だから10日間ですか。年始同様、お茶や0kcal炭酸飲料で誤魔化しつつ肝臓様と腎臓様をいたわって受診する予定。

2017年1月 6日 (金)

さあ、いよいよ禁酒生活の幕開けだ

思う所あってわたくし、今日から家飲みを辞めます。その誓いをビジュアル化したらこんな感じ。

理由は二つあり、まず健康診断が2月上旬に迫った事。もう一つは体調の問題。年明けから背中が少し痛いんよ。例によって椎間板ヘルニアの影響も考えられるけど痛みが腎臓に近い位置で、web検索したら肝臓のみならず腎臓も酒の飲み過ぎで機能障害に陥る事が多いって書いてあったから酒を断って体調がどう変化するか見てみようと。

しかし内臓疾患の事をweb検索するとホント、ナーバスになるよね。そして、いつも最後はガン絡みの記述に辿り着いて震え上がる。ただ、仮に腎臓ガンを発症すると尿の出が悪くなり、色が濁り、血尿が出て、そして痩せるらしい。いずれも当てはまらず、痩せるどころか気を抜くと太っちゃうから食事量制限でウェイト維持してるのが現状。だからまずガンって事は考えられない。

でも気になるので近日中に泌尿器科へ行って検査を受けるつもり。何事もなければそれに超した事はないし、何らかの疾患があるようなら早急に手を打った方が良いし。

今日は禁酒1日目で、去年の人間ドック受診前には20日間の断酒も難なくこなした俺だから苦痛ゼロ。ただ、何時も酒飲みながらPCに向かったりブルーレイ観たりしてたので少し口寂しい。ここでスナック菓子とか食うのも問題だからダイエットコークや鶏ガラスープなんかを飲んでた。それこそお茶でもOKだな。日々こんな調子でアルコールにやられた内臓を休めて健康体を取り戻すのだ。

で、冒頭に書いた通り家飲みを辞めても外ではたま~に飲む。量は思いっきりセーブするけどね。そして酒は毎日飲む物じゃなくスペシャルな日に僅かばかり嗜む物という感覚を身に付けたい。ここ最近、宴会出席の機会なんてせいぜい二ヶ月に1-2回だからアルコール摂取量は1/60程度に抑えられるし、これ位ならまあ飲んでも問題ないでしょ・・と今は思ってるけど、さてどうなる事やら・・

2016年12月31日 (土)

赤霧島と茜霧島

入手困難・・とまでは言わないものの数量限定生産で何処の店にも置いてある訳じゃないこいつらが職場近くにある肉のハナマサに整然と陳列されてたので併せて購入。

実際に飲んでみると、やはり芋焼酎特有のクセが俺の性に合わなかったり。それが良いって人も多いと思うけど俺的にはクセのないそば焼酎雲海へ軍配。リーズナブルだし。

より以前の記事一覧