2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

COVERS Grace of The Guitar+ 森恵

無料ブログはココログ

2017年12月16日 (土)

スナック飲み



昨夜は久々に中平先輩と飲み、二軒目は先輩行きつけのスナック。前回ここへ来たのは1年以上前なのに何故かママさんは俺の事をよく覚えてて色々いじってくれる。そんな調子で終電間際までのひととき、楽しい時間を過ごす。

俺、いい歳こいて数年前ようやく独り呑みデビューした初級レベルの酒飲みなのでスナックはまだまだ敷居が高くて、昨夜みたく誰かの行きつけの店へ付いていく事はあっても単身で見知らぬ店へ入った経験がなく、その勇気もない。

ただ、あの空気感はいいなあと。店を覗けば気の良いママさんが居て顔見知りの常連さんが居て一時盛り上がれるあの感じ。ドラマとかではよく観る光景なれども俺自身には行きつけの店が無いから、そういうのって羨ましいし憧れちゃう。

スナックとはちょっと違うけど村上春樹氏のデビュー作を大森一樹さんが監督した風の歌を聴けにもそんな飲み屋が出てきて、あれは学生時代ホントに憧れた。ちょいと勇気を振り絞って探求し、俺にとって居心地の良いああいう店に出会えたら、今より少しだけ豊かな人生を送れる気がするな。

2017年11月27日 (月)

居酒屋 万喜@中野

昨日俺が中野へ行ったのはブロードウェイセンター脇にあるこの店で一杯やりたかったからなんだけど、予約いっぱいで無情の門前払い。仕方なくブロードウェイでコレクターズアイテムの市場調査だけして帰路へ就いたのでした。

で、今日こそはと仕事帰りに再び中野に寄り道したら昨日の盛況ぶりがウソのようで、俺が飲んでた3-40分の間に居たのは常連とおぼしき先客のおっさんと俺の二人のみ。人気店ではあるけど何時も満席って事はないみたい。

ちなみにこの店は俺が中野に住んでた20年以上前からあり、昔はもっと小汚い感じで路地にまで席を出して営業してた覚えがある。当時は独り飲みに全く興味がなかったから一度も利用した事がないんだけど、最近ここの店をふいに思い出して一度飲んでみたくなったのと、web検索したら料理の評価が上々だったので逝ってみようかと。

最初に頼んだのはヘルシーな野菜串2品と、

わさびささみに加え、ここの看板料理だという網レバー。事前に公式サイトで調べたらレアとよく焼きの二択らしいけけど、注文したとき何も聞かれなかったので黙ってたら中が柔らかい状態のが出てきた。だから多分これがレア。半生なのにクセが無くて美味い。それだけ新鮮な素材を使ってるんだろうな。

ねぎまは画像を撮り忘れたので残したネギのみ。じゃあねぎまなんか頼むなよ!と突っ込まれそうだけど、ここにせよ鳥貴族にせよ、普通のモモ肉を食いたければねぎまを頼むしかないのだよ。

追加注文した月見つくね。これも美味かったな~ 接客も気持ち良かったし俺的に好印象な店。

ただ、孤独のグルメにはちょっと不向き。ビールを飲み干した瞬間、若い店員がおかわりいかがですか?って聞いてくるんだけど、これはちょっと放っといて欲しかった。その点、高田馬場の鳥やすにせよ鳥貴族にせよ完全に放置プレイだから俺にとっては好都合。そんな訳で、また利用する事があったとしても独りでは来ないだろうな。

で、昨日も今日も帰りはJR中野駅へ戻らず、歩いて西武新宿線新井薬師前駅へ。その途中、懐かしい物を発見。

このHONDAラクーン50、俺の学生時代から同じ場所に放置されてる。時が止まってるな~

ちょっと30年以上前にタイプスリップした感覚・・

2017年9月30日 (土)

セブンイレブンのイートイン


コンビニのイートインコーナーって飲酒お断りが普通だけど、職場近くのセブンイレブンはその警告文が何処にも見あたらない・・つーか、以前あった筈なのになくなってる。しかも普通に缶ビール飲んでるおっさんが2人居た。そこから徒歩数分のコンビニじゃ飲酒OKをウリにしてたりするから対抗したのかな。

いずれにせよ、飲んでいいんだったら俺も飲む。しかし仕事中に抜け出してシラフで食うおでんより、こうやって仕事終わりにビール飲みながら食うおでんの方が三割うまい。酒の相乗効果って凄いな。

2017年9月26日 (火)

大宮のHUB



HUBは何処へ行っても外観と内装が小洒落てますこと。ライブ前はガラガラだけど、恐らくライブ後はベビメタT来た同類に埋め尽くされる筈。その頃また来るから待ってろよ。

2017年9月21日 (木)

久々の鳥やす3号店 串鐵

仕事を終え、高田馬場へ降り立ったのが18:00頃。今日は久々に鳥やす3号店串鐵で一杯やって帰る事に。

思えば俺の独り呑みスタートラインは何年か前に立ち寄ったこの店だっけ。やはり18時前後はまだ空いてて孤独のグルメ的にも居心地良く、なごむ。

一ノ蔵とイカの塩辛をちびちびやりつつ焼き物の出来上がりを待ち、低カロリーのもつ&ささみの到着と共に生ビールを追加注文。アツアツの焼き鳥と冷え冷えのビールを交互に堪能したらほろ酔い気分で店を後にする。滞在時間20分前後。これが俺流馬場呑みの基本。

HUBでお洒落気分も悪くないけど、焼き鳥屋で一杯やってると俺ってやっぱり日本人だなあと思う。でも甲乙は付けたくない。その日の気分で使い分けるのが正しき半アル中の立ち回り、なのだ。

 

2017年9月20日 (水)

マカ ストロング陶陶酒・辛口

つけめん屋 麺楽へ逝った帰り道、やまやがあったので寄り道して面白そうな酒を物色。そしたらこれが目に入ったので買ってみる。

主成分は醸造用アルコール、マカ、ケイヒ、リュウガン、高麗人参、クコの実、コリアンダー、マムシエキス、ウンシュウミカン皮、ウイキョウ、ナツメ、ドクダミ、カンゾウ、ガジュツ、ソルビトール、アミノ酸、パントテン酸カルシウム、酸味料、香料、カラメル色素など・・だそうな。体に良さそうじゃないですか。ちなみにアルコール度数は29%と結構強力。

で、今飲んでるけど、酒と言うより薬を飲んでる印象でそんなに美味くない。効いてるかどうかも酔っぱらってるからよくわかんねえや。

2017年9月 5日 (火)

カンナビア 4本一気飲み

結論から言うと小一時間で4本飲み干してもラリっちゃう事はないです。・・つーか、飲めば飲むほど酔っ払うのでよく分かんない。

web検索すれば精製しないと麻薬には成り得ないからこそ合法品なんだという記述がちらほら。確かに原料の葉っぱをそのままかじったって無意味なのと一緒か。

しかしこれ、独特の香りと苦味がある。これが大麻味なんだろうか・・

立川ルミネのビアガーデン

今日は午前中から単車で立川駅前へ行き、北口の駐輪場に停めて南口へ向かう途中、脳天直撃の文言が俺の目に飛び込んできた。

Img_4338

Img_4330

ほほう、ルミネの屋上でビアガーデン、しかも朝11:00からですと。これはもう覗かずにいられない。

とは言え単車で来てるから軽く一杯って訳にもいかず、まずは目的の店へ向かう。すると作業完了まで1時間ちょいかかるという話だったので、それなら一度自宅へ戻り、改めてバスで駅前へ向かい、ブツを引き取ったらその足でビアガーデンへ向かう事に。

ロケーションはこんな感じ。奥に見えるのはフットサルコート。もう長いこと立川に住んでるけどルミネの屋上へ上がったのは初めてだわ。

秋口の真っ昼間という事もあり閑散としてたけど、実はグラスの向こう側に親子連れが一組いたりして。それと俺の後に女性3人組が現れた。ビアガーデンならではの小洒落たBGMがそれなりの音量でスピーカーから終始流れてたものの人が少なく落ち着いた雰囲気で、なかなかに居心地が良い。

生ビールは国産じゃなく北欧の本格派でお値段もそれなり。適当に白ビールを注文したらマスターとおぼしき人が色々と説明してくれたけど全然頭に入ってこなかった。グラスにはフランツィスカーナー・ヴァイスビアのラベルが印刷されてるけど、俺が頼んだのがこれだったかどうかもうろ覚え・・

Img_4334

いつも独り飲みでは本を読んだりポータブルプレイヤーで映画を観たりしてる俺だけど、このシチュエーションはじっくり堪能しないと勿体ないので、流れる雲をポケ~ッと眺めながら一品料理の到着を待つ。

写真も見ずに注文したケバブプレート。美味いしビールにも合うけど、こりゃあ俺にはちょっとボリューミー過ぎ。

そんな訳でケバブ1個は持ち帰る事に。皿に乗って出てきたら食い尽くすしかなかったけど、こういうテイクアウト可能っぽいランチボックスなのが俺的に好都合。

サブマリ様の風防にも流れる雲が写り込む優雅な昼飯時。たまにはこんな時間の使い方も悪くない。

ビールいろいろ

9月に入ったら一気に秋が押し寄せてきて、ビールの美味い季節も終焉を迎えた感がありますねえ。

今年の夏はマンガの影響で実によくビールを飲んだ。その証拠に買い置きの焼酎がなかなか減らず、酒といえばビールがメイン。今もその余波が続いてて、やまやみたいに大規模な酒屋へ逝けば今まで飲んだ事のない銘柄のビールを物色し数本買ってくる事の繰り返し。


黒の発泡酒2種。サッポロの麦とホップは黒ビールと比較しても何ら遜色なし。韓国原産のぐぐっと生は値段分だけ少し落ちる気がした。まあ100円だからね。その分コスパ高し。

ちなみにこのスーパードライジョッキ、たまたま覗いた酒屋に200円で売ってて思わず購入。こうして無駄にグラスが増えていく・・


エチゴビールはこれ以外にもホワイトエールとスタウトを飲んだけど、いずれもなかなかにいける。ちょっと割高だけど。

中国No.1の呼び声も高い青島ビール。まあ普通に飲みやすい。しかし、これもそうだしインドネシアのビンタンにせよタイのシンハーにせよ、アジア産ビールには共通のクセがある。製法が似通ってるのかね。

Img_4325

近所のディスカウントストアで見つけた忍者ラガー。国内産かと思ったらベルギー産。かなりイヤな予感がしたけど、普通に飲み易いビール(発泡酒?)だった。ちなみに食器棚の奥の方に懐かしの樹氷グラスがあったので蔵出し。

あと、捨てる前にここ数日で飲んだビールの空き瓶と空き缶を画像に収めておく。

ベルギー産の白濁ってのがフルーティで美味かった。今更ながらホワイトビールの魅力に気付かされた感じ。

そう言えば昨日また東大和のやまやへ逝ってカンナビアを4本買い込んできた。

Img_4326

こればっかりガバガバ飲んだら少しはラリっちゃったりして・・と思ったら試さずにいられなくなったのだ。合法品として輸入・販売されてる以上そんな事は万が一にも無いだろうけど、取り敢えず今晩試してみます。

2017年9月 4日 (月)

飲んだくれ電車旅計画

俺は国内旅行をほとんどしない人間なれど、長距離ドライブなら結構する。これは旅先でのんびりする事よりも移動という行為の方が楽しいからで、取り敢えず目的地を定めても俺にとっては折り返し地点でしかないから数10分(下手したら数分)で帰路に就いたりして。

ただ、せっかく遠出したんだから一杯飲りつつ現地の美味い物を食いたいなあと思う時もある。言わずもがな車や単車で来てるから一杯やる訳にはいかない。最近はこれが寂しくてね。

だったら一泊して一晩飲み明かすのも有りなんだろうけど、俺は一泊旅行をあまり好まない。でも旅先で飲みたい。嗚呼・・どうしたらいいんだ~!と自問自答を繰り返した末、極めて単純が答えが導き出された。車じゃなく電車で旅すればいいのだ。

でも俺は長時間電車に揺られるのも苦手。せいぜい片道一時間半が限界かな。そんな訳で立川から一時間半の距離で美味い物が食える格好の場所を物色中。なお、移動中は一滴の酒も飲まない。旅先で飲み食いし、いい気分で帰るのが理想。

立川から一時間半だと海にも山にも逝けるので選択肢は豊富。故に目的地がなかなか定まらない。逆に何を食うか決めてから絞り込んだ方が早かったりするのかな。別に慌てる必要もないし、色々思いを巡らせて決める事にしましょ。

より以前の記事一覧