2019年1月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

2018年12月20日 (木)

日本酒をおでんつゆで割る

酒場放浪記の録画を観たら日本酒をおでんつゆで割るってのをやってて、猛烈に真似したくなり近所のファミマへ走りおでんを買い、試してみたらうっま! 番組じゃ1:2で割ってたけどストロングの1:1でもいける。こりゃ良いネタ掴んだ。吉田類さん万歳。

ところでお前、家飲み禁止じゃなかったのか?とかそういう野暮なツッコミは勘弁してね。

2018年11月13日 (火)

家飲み禁止開始。そして

今朝方ウチにある買い置きの酒を飲み尽くしたので今夜から家飲み禁止生活が開始される。そして、ダイニングキッチンはこの有様。

普段自宅じゃほとんど飲まないスープの素だらけ。例年、人間ドック受診の少し前から始める節酒期間もスープばっかり飲んでる。あとゼロカロリーの炭酸ジュースとか。

以前も書いたけど俺の場合アルコール依存と言うよりは飲料依存症で、こうやってPCに向かってる時や録画番組を観てる時は傍らに飲み物がないと落ち着かない。逆に言えば、スープでも何でも飲み物さえあれば平静を保つ事が出来る、と。禁煙中のスモーカーが電子タバコを吸うのと同じ理論。いや、少し違うか。

ただ、スープはスープで塩分が結構含まれてるから飲み過ぎるとそれはそれで問題。まあ、酒と同じペースで飲みまくる訳じゃないから大丈夫だと思うけど、味噌汁なんか一杯の塩分量が2.2gもあるから要注意。

なお、今回の家飲み禁止は特に期限を設けてない。行けるところまで行くって感じ。何しろ、飲みたくなったら外で飲めばいいというユル~いスタンスだから今月いっぱい!とか決める必要がない。

それでも先日書いた通り俺の飲酒は8割方家飲みだから、これを止めるだけで休肝の効果は絶大な筈。ウェイト調整にも効果あるだろうし懐へも優しい。良い事ずくめだ!

2018年11月10日 (土)

休肝月

俺が休肝をネタにするのはこれで何回目だ?? まあ、不定期とは言えこれをちょいちょい実践する事で健康を維持してるのは間違いなく、買い置きの酒を飲み干したら表題通りに今月は家飲み禁止の休肝月と定める事に。

まずはこちらをご覧下さい。

前回の空き缶回収が10/22。徳島行きで3日間家を空けたから約15日分って事になるけど7-80缶あるだろうか。これに加えて紙パックの雲海もあるので、まあ飲み過ぎですよ。

7月に受診した人間ドックの血液検査結果を見返すとγ-GTPの数値は110のC判定。それはまあ良しとして、同時に受けたエコー検査で軽度の脂肪肝を指摘されてる。あの日以来、俺は1日も欠かさず酒を飲み続けてるので悪化する事があっても回復する事は万が一にもあり得ない。

webを徘徊すれば重度の肝機能障害で食生活に多大なる制約を課せられた元グルメや元酒豪の悲痛な叫び声が幾つも見受けられる。食いたい物が食えず、飲みたい物を飲めない人生、これほど味気ない物はない。だからこそ、時折自制して一つしか無い俺様の大切な肝臓を労らなくてはいけない。そして肝臓・肝臓を労る時、嗚呼それは今。

現在自宅にある買い置きの酒はこの5缶と、8割ほど残ってる紙パックの雲海が1本。こいつらを飲み干したら家飲み禁止を開始する。何故今この瞬間に始めないのかと言えば、買い置きがあると俺の決心は即揺らぐから。まず家に酒がない状況を作り上げる事が先決なのだ。

但し、外では呑むというハンパな節酒生活を想定してる。それでも俺の場合、外飲み2:8家飲みだから家で飲むのを止めるとアルコール摂取量は劇的に減少する。

それは良いけど、あと一つ問題なのが食生活。

以前より炭水化物の摂取量は控えるよう心がけてるものの、鬼のように毎週リリースされる新種のカップ麺探求がどうにも止まらない。ここ半月ほど琴線に触れる新種が少なくて助かってるけど豊作の週もあるからマジやばい。

まんぷくの影響も大きいなあ。あのドラマ、インスタント麺誕生のエピソードはまだまだ先だけど視聴者への目配せが巧みで、登場人物達が美味そうにラーメン食うシチュエーションをちょいちょい挟み込んでくる。

これが俺的に厄介で、おお~!こうして萬平さんはインスタント麺開発の着想を得て、世紀の大発明へ至るのかぁ!と勝手に盛り上がって次の瞬間コンビニへ走りチキンラーメンorカップヌードルを買ってるという。もう、相変わらずバカの見本。

この手法に関しては以前読んだヒッチコック/トリュフォーの映画術にも書かれてたっけ。ヒッチコックの鶏・・じゃねえ、鳥は本格的に鳥の群れが人間を襲撃し始めるまで約1時間待たされるんだけど、それまで何も起こらないと観客が飽きちゃうから、ちょいちょい鳥の襲撃を暗喩するカットやシーンを挟む事で客の集中力を持続させてるんだと。

すなわち、まんぷくはヒッチコックの鳥をリスペクトしてるという事か!チキンだけに!!(酔っ払いの戯れ言)

もう、何の話を書いてるのか分からなくなってきたな。取り敢えず今月は酒と共にインスタント麺も控えるよう心がけ、俺のレバーに連休を差し上げます。

2018年10月13日 (土)

極私的ストロング缶チューハイ ベスト3

コンビニやスーパーを覗けば無数のストロング缶チューハイが陳列されてて目移りしまくるけど、あれって美味いのは美味いけど不味いのはひたすら不味い。

今もメインに嗜むのはそば焼酎雲海なれども初夏から相当数の缶チューハイを試した結果、超個人的に選定したベスト3を唐突に公開しちゃったりなんかして。但し、あくまでも個人の意見なので口に合わなかったからと言ってクレーム付けるのとかマジ勘弁。

それでは第三位から。

キリン ザ・ストロング ALC9%ホワイトサワー。一言で表せばカルピスサワーですね。口当たりが良いので結構気に入ってる。

続いて第二位。

サッポロ キレートレモンサワーSTRONG。数多のレモンサワーの中じゃこれが個人的に一番美味く感じる。

そして栄えあるナンバーワンは、

サッポロ 超男梅サワー ガツンと!ALC.9%。夜勤明けやスポーツクラブ帰りの拝島ライナーでこいつを飲みながら帰るのが最近のお約束。程良い酸味とクセの無さは他の追随を許さない。正に俺的大傑作。

ちなみにもう少ししたら高田馬場のスポーツクラブへ向かうけど帰りは勿論、拝島ライナー&こいつで決まり。それが休日のささやかな愉しみでもある。

2018年8月 6日 (月)

赤星のグラス

6缶セットにオマケのグラスが付いてたので条件反射的に購入。こうして販促キャンペーンのグラスが無駄に増えていく・・


2018年7月10日 (火)

嗚呼、獺祭

広く報道されてる通り獺祭の製造元である旭酒造が今回の豪雨で壊滅的な被害を受け、製造も暫くストップしてしまうらしい。では何時頃再開されるんだろうかと思いつつwebニュースを見回すと2ヶ月から2ヶ月半での再開を目指してるそうな。思ってたよりは早く復活するみたいね。

こういう事があるとすぐ金の亡者が法外なプレミア価格で売りに出したりする世知辛い時代だけど、今のところは店頭在庫が豊富らしく妙なプレミアも付いてない。取り敢えずネット通販で獺祭50の一升瓶と、一時期好んでよく飲んでた米焼酎の四合瓶を発注。それと今日地元のビックカメラを覗いたら獺祭39が整然と陳列されてたので購入。こいつらをチマチマ飲りつつ酔っ払って平穏な日々を送るのが俺なりの復興支援、なのだ。

自粛したい人はご自由にどうぞ。俺は何時も通りにバカやって経済を回しまくるよ。

2018年5月24日 (木)

Yomeishu フルーツとハーブのお酒

コンビニに売ってた希釈タイプの酒を買ってみる。最初1:3にしてみたけど薄く感じられたので結局は1:1にして一気飲み。別に不味くはないんだが、強炭酸で割ってもマドラーでちょちょいとかき混ぜた時に気が抜けちゃうのが俺の趣向に合わない。炭酸水も半端に余っちゃったし、やはりチューハイは店で飲むか無難に缶チューハイ呑んでた方がいいや。

・・と言いつつ店でチューハイって全然呑まないな。最後に店でチューハイ呑んだのは多分10年近く前。ガリガリ君サワーとかメニューに書いてあったので気になって頼んだらグラスにガリガリ君がそのまま突っ込んである代物でビビった事を思い出す。

2018年5月19日 (土)

缶チューハイ

ヒデキを偲んでハウスバーモントカレーを買ってきた。ひょっとしたら俺、自分でこれ買うの初めてかも。ホントは6皿分が欲しかったものの行動範囲内のスーパーじゃ6皿分は甘口と中辛しか置いてないので12皿分の辛口購入。ま、賞味期限は来年の秋口だからゆっくり消化しますよ。取り敢えず一杯目はヒデキの告別式が営まれる26日に食おうかと。

さておき表題の件。以前、家飲みはジャックダニエルのロックがメインだったものの数年前からそば焼酎雲海へスイッチ。これも最近、休みの日に一日中ダラダラ呑んでると頭が痛くなるので先月あたりから缶チューハイをメインに飲むようになった。酒に弱くなるのは寂しいものもあるけど、アルコール摂取量がセーブされるので結果オーライではある。

呑むのはもっぱらアルコール度数9%のストロングだけど面白そうなのを見つけると3%のもちょいちょい買ってる。今呑んでるのは画像の右から2番目にあるサンガリアのバナナ&ミルクハイってやつ。甘くてほとんどジュースだな、これ。

ほぼほぼ一通り試した感があり、他に面白いのないかな~と思いつつ酔っ払いがひらめいた。商品化されてなければ自分で作れば良いのだ。

そして思い付きでドクターペッパーハイを作ってみる。う~ん・・ なんか味がぼやけるだけの印象だな。市販の炭酸飲料を雲海で割って氷を入れると気が抜けて味も薄まるから美味いものには仕上がらない。濃縮ジュースと強炭酸を使うとか、それなりに工夫が必要みたいね。少しweb検索で勉強してみますか。

2018年2月11日 (日)

日立のはしご酒

日立って所には初めて来たけど、駅は凄く綺麗で整備されてるものの人通りが極端に少ない。ホテルへチェックインし駅前へ来たのは20:00頃だったものの、雰囲気的に都心の深夜3:00頃に近い。

それでも折角なので良い感じの飲み屋で一杯やろうかと思いつつ駅前を徘徊するも営業してるのはチェーン店ばかり。ここまで来てチェーン店は寂しいので寒空の下、駅前を探索すると少し離れた所に良い感じの店が点在するポイントを発見。

海鮮居酒屋と焼き鳥屋が営業しててweb検索するといずれも星三つで甲乙付け難し。どっちにするか悩み抜いた末どっちへも逝くという結論に達し、まず海鮮系の店へ。


此方では八海山と刺身盛り合わせを注文。お通しのキュウリが相変わらず食えないので選り分けてたら刺身が到着。


選り分けたキュウリ以外は刺身のつまも完食。終始静かに飲めて好印象だったけど俺以外には後客の三人組のみ。

続いて数件隣の焼き鳥屋へ。

こっちのお通しはキュウリもネギも含まれてないから全部食えるぞ。



適当に頼んだモツは少々ゴムっぽかったけど他の串物は美味かった・・けど、ネギマのネギは苦手なので一つ無理矢理食ってもう一つは残す。

コスパが高いせいか先の海鮮居酒屋よりこっちの方が流行ってる印象で、周囲を見渡すと出来上がった吞兵衛だらけ。そのアウェイ感も旅先の醍醐味ではある。


ホテルへ戻る帰り道に雰囲気ある建物があったので画像に収めたり。深夜という事もあり、今も稼働してるか否かは分からず。

2017年12月17日 (日)

宇都宮の居酒屋

先週、出張で宇都宮へ行き、仕事自体は17:00頃済んだけど予約した帰りの新幹線が19:30頃で、早める事も可能なれど折角だから雰囲気ある飲み屋で一杯やって帰ろうかと駅前の飲み屋街を物色。気になる店は幾つもあったけど俺が選択したのはこの店。

Img_0396

何つーか、この場末感がツボに来た。

店内の雰囲気は悪くない・・けど、年配のグループがポツポツ見受けられるのみで後客もなく常にガラガラ。これは一体どういう事??と思いつつweb検索したら評価がイマイチ。口コミを見るとコスパが悪く料理もさほど美味くないんだと。


俺が頼んだのは地元の酒と刺身とイカの塩辛だけなのでまあまあ美味しくいただけた。でも確かにコスパはイマイチだったかな。それも含めて旅の醍醐味、と思うようにしてる。

より以前の記事一覧