2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

2019年5月24日 (金)

岡田准一版白い巨塔 雑感

第2夜をリアルタイムで観るか、スポーツクラブで一汗かくか両天秤に乗せた結果、明日からは夜勤でリアルタイム鑑賞が出来なくなるという理由により白い巨塔の第2夜鑑賞を選択。

Twitter辺りでハッシュタグ検索すると正に賛否両論。但し不評の大半が過去のバージョンと比較して昔の方が良かったという内容。まあ比較するなって言う方が無理という事は重々知りつつ、もう少し寛容に視野を広げて作品単体で評価すれば良い部分も多いし楽しめるのになあと思ったり。とは言え俺もここまで悟りを開くのに相当な時間を要したから価値観の無理強いをせず、楽しめなかった人へはお気の毒様でしたと言うに止める。

俺個人はかなり楽しめてる。恐らく岡田准一さんは財前五郎を演じるにあたり過去作品をひたすら研究し、手本にするなら唐沢版より田宮版だろうなという結論に達したと思われ、とにかく一つ一つの表情がモノマネレベルで田宮二郎さんに酷似してる。これが俺的にかなりツボ。そこが気に入らないって人も居ると思うけど俺は好印象を持ったな。

現代風脚色の常套手段と言ってもいいのがキャラの性別変換。本作では野坂教授が女性に代わってて、それを市川実日子嬢に演じさせるのが面白い。シン・ゴジラの尾頭さんを彷彿とさせるクールビューティーなキャリアウーマンでシネフィル的にたまらん。

それとやっぱり松重さんが良い。日曜日なんかテレ東で孤独のグルメが再放されるから、ちょっと前まで呑気に飯食ってた奴がいきなり大学病院のタヌキオヤジへ化けたりするのが楽し過ぎる。テレ東の五郎ちゃんが数時間後にはテレ朝の五郎ちゃんに翻弄される、みたいな。残念ながら日曜は夜勤だからこれを堪能出来ないんだよなぁ。

あ、ちなみに数年前から当ブログで語尾に小文字の「ぁ」を多用するようになったのは山崎豊子さんの影響だという事を白状しておく。

俺とて田宮版や唐沢版の印象は拭いきれず、ここはあっちの方が良かったな~って箇所がない訳じゃ無いけど、今回のリメイク版も良作だと思うし今のところ十二分に楽しませていただいてる。故に明日からはリアルタイムで観られないのが非常に残念。

2019年5月21日 (火)

明日から5夜連続で白い巨塔

暇潰しに地デジの番組表をチェックしてたら見つけてしまった表題作。即座に全話の予約録画設定を済ませたのでぬかりなし。昨日は国営放送のなつぞら特番(13-15:00)がニュースを挟んだ前後編である事を見落とし、後半1時間録り逃すという大失態をやらかしたので今回の予約は慎重に行う。実を言うと5夜と5週を一瞬見間違え、此方でも失態を演じかけたというのが正直なところ。

しかし昨日のごごナマ後編、録ったリピーターはいらっしゃらないかしら・・ ボソリ

さておき白い巨塔。数年前に遅ればせながら田宮二郎版を全話観て思いっきり魅せられ、その勢いで唐沢寿明版も観て原作まで読破してしまったから内容は頭に叩き込まれてるけど、この物語は各々のキャラクターが強烈かつ魅力的だから誰が演じるかによって何度でも楽しめる。

公式サイトでキャストをチェックすると鵜飼医学部長の松重豊さん、佐々木庸平の柳葉敏郎さん、関口弁護士の斎藤工さん、この辺は期待に胸がはち切れるレベル。他にも気になる役者さんが沢山出てるから非常に楽しみ。朝ドラの他にも消化すべき録画データが色々あって5夜連続で観る事は出来ないかもしれないけど、慌てる必要ないのでBR-Rへ焼いて保管し、じっくり堪能させていただこうかと。

2019年5月 7日 (火)

なつぞら本

なつぞらに始まりNHKのガンダムやマクロス特番やらWOWOW放映のリメイク版ヤマトやら、どうもここ最近アニメづいてる印象が強いなあ。ひとつ言えるのはトータル的にネタが古いって事だが。

さておき昨日のなつぞらに登場した元警察官のアニメーターって大塚康生さんがモデルなんだと。そうなれば当然、故・高畑勲さんや宮崎駿御代も今後登場してくる訳で、俺とてガチのアニヲタではないにせよ期待に胸膨らむ。あと、下世話だけど小田部羊一さん(リアルワールドではなつの旦那)のモデルが誰なのか気になって仕方ないという。ようが被ってるから天陽君ないし陽平さんが怪しいと踏んでいるのだが・・ まあ、それを含め毎朝楽しませていただいてる。

で、表題のこれ。

Img_2851

ゲゲゲの女房とかあまちゃんとか、放映後に古本屋で見つけて買った事なら過去にもあるけど放映中の朝ドラガイド本を買うのは初めてだったりする。で、パラパラめくるとこれがネタバレの応酬。いや、核心に触れる事は書いてないけど今後登場するキャラクターと、誰が演じるかまで書かれてればそれはもう視聴者的に立派なネタバレよ。

俺なんかOPクレジットの出演者も観ないようにしてる位だから現時点じゃこの本は絶対読めない。そんな訳で全エピソードが放映された後にゆっくり読もうかと。

2019年4月25日 (木)

朝ドラ二本立て堪能中

なつぞらの番長ええなあ。もう、昭和世代的にああいう単純バカなキャラは大好物。しかし最近ようやく普通にほっこり出来るドラマ展開でひと安心してるものの、やはり突如泣きのツボを刺激してくる瞬間があるから気を抜けない。

同時進行で観てるおしんも凄えなあ。物語序盤にしてヒロインを襲う不幸の連鎖は一体・・ 特に先週の展開は酷くて、全国の視聴者と共に束の間の幸福から奈落の底へ叩き落とされ絶句。嗚呼、俊作兄ちゃん・・

Twitter辺りで語句検索すれば例によって2作を比較して他方を貶める駄文のオンパレードなれども、それとて風物詩みたいなもんだから笑い飛ばすのが吉。俺自身は心底楽しんでるよ、この二本立て。

面白いのは双方に小林綾子さんが出演されててかたや健気な幼女役、かたやヒロインのイケメン過ぎる友人の母親役。これを同時に堪能すると時間の重みも感じられ、私的には貴重な体験をさせて貰ってるという解釈。1つ苦言を呈するならおしんの頃って1シリーズが半年じゃなく1年続くから、なつぞらが終わってもおしんはまだ折り返しって所が寂しいと言えば寂しい。

ちなみに俺、おしんはホントに初見で情報も極力シャットアウトしてるから、おしん役が小林綾子さんから田中裕子さんへスイッチするタイミングが何時なのかも知らなかったりする。それはそれで幸福じゃないかなと思いつつ、気になる事があってもWikiとかでの検索は控えてたりして。我ながら時代に取り残されたおめでたい奴だと思うわ。

2019年4月 9日 (火)

なつぞらは反則です

Img_2812

しかし今年ほど鼻炎に悩まされたのは下手したら学生以来で、例年今の時期になれば症状が落ち着いてたのに今年は鼻炎薬が手放せず、しかも徐々に効きが悪くなるもんだから別の薬へ乗り換える事を約1ヶ月続けてる。アレグラに始まりストナリニZ、ロートアルガードと来て今飲んでるのはコンタックZ。これもパッケージには1日1回と書いてあるけど2日に3錠飲んでるし。さすがにこれを飲み尽くす頃には花粉も気候も落ち着いてくれてると思うし、そうである事を切に祈るのみ。

***

で、表題の件。先週から始まったNHKドラマ小説なつぞらだけど、アニメーターを目指すヒロインの物語という事で国営放送的にどういうアプローチで攻めてくるか自分なりに予測してたらほぼほぼ想像通りで、オープニングアニメも舞台背景も登場人物も俺が日本歴代アニメNo.1と信じて疑わないアルプスの少女ハイジをリスペクトしてる。草刈正雄さんの役なんて誰がどう観たってアルムおんじだし。

今後の展開にせよ恐らくは物語の要所要所にアニメシーンを挟み込んでくるだろうし、上京後に心折れたヒロインが十勝へ戻るエピソードも描かれるだろうし、これからヒロインが手がけるであろうアニメはハイジに代表される世界名作劇場イメージの作品になるだろうし、そういう事されると無条件で涙腺が緩むから困るんですよ、俺ら世代的に。

もうね、俺らの世代はハイジの三文字を見ただけで目が潤んでしまう感性を幼少期に植え付けられてるからダメなんよ。朝ドラ歴代100作目という事で尋常なく気合いが入ってるのも分かるけどこれは反則だって。前作まんぷくは夜勤明けに携帯で観ながら帰る事もよくしてたけど、なつぞらでは急に泣きのスイッチが入り周囲の人々をドン引きさせる危険性があるから無理。

なんかねえ・・悲しいシーンじゃないのに泣きのツボが突然襲って来るから怖いんよ。そういう意味でドラマとしては高く評価するけど通勤途中に観られないという点はマイナスポイント。

ちなみにちょっと観返したくなり久々にハイジの録画DVD引っ張り出してきたら1.2話観ただけで号泣。先の展開を知ってると何気ないシーンでおんじが笑うだけでも泣きのスイッチが入っちゃう。掛け値なしに傑作だし個人的に大好きだけど取扱い注意という点で非常に困った作品。その要素を朝ドラに含めちゃダメだって。実際、困るのは俺だけじゃないと思うよ~

【追記】
今のところ公式発表がないけど、webを徘徊するとウッチャン担当の語りはなつの亡き父という設定が濃厚だそうな。もうさあ・・ただでさえ涙腺ヤバいんだから、これ以上そういう余計な情報は要らんて!

2019年3月30日 (土)

まんぷく終わってなつぞらとおしん始まる

地上波の人より一足早くBSプレミアムでまんぷく最終回を観て、めでたく半年の長旅にピリオドが打たれた。後世に残る傑作とは言い難いものの良作ではあったかと。個人的に充分楽しませてもらったし。

自動録画設定してるので当然ながら全話録画済み。折角録った物を消すのもアレだからBD-Rへコピーしてて、これにて完全版ライブラリーが出来上がった・・けど、頭から見返す事は多分ない。

ちょいちょいネタにしてた通り、まんぷくは山あり谷ありと言うより谷間比率の高いドラマなのでトータル的には点が辛め。戦時下や度重なる身柄拘束のエピソードをもう1度観たいとは思わないもんなあ。ラーメン作りが始まってからは文句なしに面白かったけど、これが冒頭から延々続いてもそれはそれで面白くない訳で、超長編のトータルバランスって難しいなあと改めて思う。

で、来週からはなつぞらですか。インスタントラーメンの次はアニメねえ・・ もう完全に俺ら世代がターゲットにされちょる。そして国営放送の思惑通りにハートを射抜かれる俺。ヒロイン広瀬すず嬢はPrefume繋がりという縁もあるし、毎週月~土NHK08:00-08:15の自動録画設定をまだキャンセルしてないのでこのまま半年間付き合うことに決定。

更にBSではおしん再放ですと。俺、リアルタイムじゃ全く観てない・・つーか当時は流行り物アレルギーの天邪鬼だったから巷で話題になればなるほど意識的に距離を置いてた。今は歴代最高視聴率を叩き出した朝ドラが一体どんな作品だったか気になって観ずに死ねるかの心境。そんな訳で4月からは朝ドラ2本立てでございます。

2019年1月26日 (土)

解説なしのスポーツ中継

今回の全豪オープン女子テニス、準々決勝と今夜の決勝はたまたま自宅に居たのでガッツリ観てたけど、いずれも素晴らしいゲーム内容でシビれたなぁ。ひょっとしたら歴史的瞬間を記録出来るかもという予感がして録画したんだけど、これはもう永久保存版だわ。

大坂なおみ選手の雄姿は勿論のこと対戦相手のクビトバ選手も敵ながらあっぱれ。いや、3ブレークポイント取られたら普通メゲて崩れる筈なのに何であそこから巻き返せるんだろ。錦織選手もそうだし、あのメンタルの強さから我々凡人も学ぶべき物は沢山あると思わされたり。

ちなみに今回の全豪オープン中継は副音声が解説なしという事で試しにちょいちょい聴いてたものの、やっぱりにわかファン的には解説がないと寂しくて主音声へ戻す事の連続。ルールや観戦スタイルを熟知してれば生観戦気分を味わえて良い事が多いんだろうけどね。

スポーツ中継の解説や実況に関しては昔から是非が問われてるし、地上波のサッカー中継やNPB中継になると非難されたって仕方ない例が多々ある事も否定出来ないものの国営放送の盛り上げ過ぎないスタンスは俺的に有りじゃないかと思ったりしてる。ただオリンピックになると国営放送もはしゃぎ過ぎかな~と思わされる事とて無きにしも非ず、だけど。

それでも名スポーツ実況は確かに存在し、思い付くところで例を挙げると東京オリンピックの女子バレーボール決勝戦、アテネオリンピックの男子体操団体、2001年の近鉄バファローズリーグ優勝、この辺は観る者の興奮と感動を倍増させる効果があるので断然あり。何つーか、解説者が視聴者の代表となって興奮し、泣き笑いしてるんよ。

世のスポーツ中継が全てこういう感じだったら叩かれる事もないんだろうけけど、名実況と呼ばれる例はこの半世紀でも指折りだから難しいんだろうな。

2018年12月22日 (土)

まんぷくとハイジと素晴らしき哉、人生

毎朝観てる人には説明不要だけど、ここ最近まんぷくのドラマ展開は精神衛生上芳しくありませんねえ。超長編の朝ドラにアップダウンは付き物なれどもこれだけ辛い状況が続くと少々メゲる。以前ゲゲゲの女房のレビューでも書いた通り、最後の最後に大逆転劇が待ってる事が分かっていても登場人物達の苦悩に延々付き合わされるとカタルシスは半減しちゃうんよ。

こういう話題になると即座に思い出すのがフランク・キャプラ監督の素晴らしき哉、人生。古典映画の人気投票では必ず上位に挙がる不朽の名作的扱いだけど、俺は大好きじゃなかったりする。理由は前記通り。辛い日々を送ってきた主人公がラストで報われるものの、そこへ至るまでの道程がキツ過ぎ。この辛さは終わり良ければ全て良しの一言じゃ片付けられない。だから俺の点も辛い。

同様に長編ドラマのアップダウンで極めて印象深いのがアニメ版アルプスの少女ハイジ。全編多幸感に溢れた作品というイメージが強いけど、ハイジにもフランクフルト編という地獄が用意されてる。これはもうマジでキツい。そりゃクララとの出会いやおばあさまとのエピソード等々それなりに楽しい時間も描かれるけど、もう息が詰まる。とにかく密室劇中心だから空が恋しくなる。

ちょっと気になってWikiで調べたらフランクフルト編って全52話中16話もあるのか。故にアルムへ戻る回のカタルシスはレッドゾーンを振り切って号泣必至。その後、多幸感溢れる展開が最終話まで続くからこそ名実共に不朽の名作たり得た、と。

要はこのバランス感覚が作品の質を決定付けるって事。まんぷくはちょっとダウンへ傾き過ぎの感があり、今後の展開に少々不安を抱えてたりして。まあ結論を出すのは早いし、ここまで来たらチキンラーメンとカップヌードル開発のエピソードを観ない訳にはいかないので最後まで付き合いますよ。

2018年12月 8日 (土)

チャーリー・タナカって

岡崎体育だったのか!!

俺、朝ドラのOPクレジットはネタバレっぽいから観ないようにしてるので今日の今日まで気付かんかった・・と、ブログへTwitterめいたつぶやきを書いて終了。

2018年10月 1日 (月)

まんぷく

以前も書いた通りNHKの朝ドラって観れば面白いんだけど長丁場だから忙しい時期は観続ける事が苦痛になったりもする。自動録画設定で観逃す事がなくなった分、10話とか溜め込んじゃうと消化するのも大変だったり面倒だったり。

そんな訳で暫く無視を決め込んでたものの今日から始まったまんぷくはインスタントラーメン誕生の物語という事で愛好家的に無視出来ず、更にアンテナがブチ折れてBS/CSは受信出来ないものの地デジの受信だけは可能という事に運命的な物を勝手に感じてしまって第1話鑑賞。これが話題作になるか凡作に終わるのかは分からないけど、観てしまったからには半年間付き合おうかと。また長旅の始まりかぁ・・

でもまあ長谷川博己氏は好きな役者さんだし個人的に推してた松井玲奈嬢も出てるし、それなりに楽しみではある。それより何より早くインスタント麺開発のエピソードが観たいけど、恐らく数ヶ月後になっちゃうんだろうな。

【追記】
ちょっと調べたら安藤百福って人は太平洋戦争を挟み様々な苦悩や事業の失敗を乗り越えてインスタントラーメンの開発へ漕ぎ着ける人らしいので、チキンラーメン誕生は早くとも3-4ヶ月先かぁ。長いよ~~

より以前の記事一覧