2022年5月22日 (日)

私的ウルトラマン大会

シン・ウルトラマンを観たらオリジナルも観返したくなり手元の録画BDライブラリーを物色。とにかく分類がアバウト&数が多くてなかなか見つからず数10分奮闘し、ようやく見つけた。初代は2012年にWOWOWで放映された時に録画した5話のみ。10年前だから5話しか録画しなかったのか、放映されたエピソードがこれだけだったかの記憶が曖昧。内訳は1.2.15.23及び最終回の39話。いずれも定評ある神回ですね。特に23話のジャミラは個人的に最も印象深いエピソードで、後のセブンにも通ずる人類ってホントに正しいの?という疑問符を視聴者へ投げかけるダーク&ヘビーな一作。

世代的に俺は初代より帰ってきたウルトラマンの方が思い入れ深かったりする。初代は1966年7月からの放映で俺はまだ生後2ヶ月。次のセブンも1歳の1967年10月に放映開始。帰ってきたウルトラマン、俗に言う新マンは5歳間近の1971年4月スタートなので俺もようやくリアルタイムでの視聴が可能になったと。悲しいかな大人になってから観返すと初代やセブンの方が作品クオリティは上だったりするんだけどね。でも新マンのオープニングやワンダバを聴くと今も燃える。実体験としての記憶があるからか。

初代は前記5話、セブンは12話を除く全エピソードの録画データが手元にあるけど新マンはたった1話のみ。2016年にBSプレミアムで放映された怪獣使いと少年ですね。

Img_8883

これもセブンを彷彿させるヘビーなエピソードで非常に印象深い。個人的趣味の問題だが俺の中じゃウルトラシリーズと言えばセブンが基準になっちゃってる。他とはなんか違うんよ。全シリーズ網羅した訳じゃないから無責任な事を言えないけど。

それと、こんなのが手元にあったりして。

Img_8884

DAICON FILM、後のガイナックスが1983年に制作した庵野秀明監督の8mm映画 帰ってきたウルトラマン マットアロー1号発進命令のDVD。10年以上前に円谷プロの承諾を得て特別に商品化され、今じゃプレミア物。驚愕の作品クオリティのみならず庵野監督のブレのなさがよく分かる。ビジュアルイメージや世界観が完全にEVAで、怪獣のバリアなんかATフィールドそのもの。公開時に観た時も卒倒したけど、今観返すと別の側面からも堪能出来る逸品。取っといてよかった。

そんなこんなで飲んだくれつつ私的ウルトラマン大会を開催中。

2022年3月31日 (木)

NONFIX ラーメン二郎という奇跡 ~総帥・山田拓美の”遺言”~

昨夜放映された表題の番組を今観てたんだけど良かったな。ラーメン業界には巨人が沢山居るけど、この方も間違いなくその一人だね。しかし、他界された方なのかと思ったら今もご健在で厨房に立たれてるそうじゃないの。紛らわしいタイトル付けるよなぁ。

これ観たらちょっと三田本店に逝きたくなったが、度々書いてる通り小食だから二郎とは相性が悪い。インスパイア店立川マシマシでもミニラーメンの麺半分・野菜半分を頼む奴だからね。ただ、俺って直系の二郎は3店舗しか逝った事がないから真髄を知らなかったりする。三田が発祥ならその味を知る事なく人生を終えるのもラヲタ的に違うかな~と。でも食い切れず残しちゃうのは大将に申し訳ないし、何とも悩ましい所ではある。

2022年2月20日 (日)

北京冬季五輪雑感

Img_8369

数年前に買ったグリコの宇野昌磨選手オマケカードがこれだけダブってて、見事メダリストになった事で引き取り手が現れるかもと思いつつヤフオクを覗きに行ったら即決30円でも捌けない模様。ダメだこりゃ。逆に激安カードへ入札しまくってコンプしたくなったり。

***

今大会でもまた色々あったが、いずれの問題も選手たちとは直接関係のない所で展開されてたりするし、もう五輪が利権まみれのイベントだなんて事は分かりきってるので、そういった諸問題と選手たちの活躍とは完全に切り離して捉えないと楽しむ事が出来ない。

裏舞台が真っ黒でドロドロでも選手たちは純粋に頑張ってて、少し前に放映されたアナザーストーリーズで有森裕子さんが語っていたスポーツ選手にとっては悲しいかなオリンピックしかないという言葉がやたらハートに響いた事もあり、釈然としない問題には目を瞑り連日連夜テレビ観戦。しかし今さっきまでフィギュアスケートのエキシビション観てたら、伊藤みどりさんの頃に比べるともうサーカスだね。ちょっと気になって伊藤選手が銀メダルを獲得したアルベールビル大会って何時だったか調べたら1992年。30年も前か・・

さておき個人的に印象的だったのはスノボ各種目の華麗な演技と会場の空気感、男子フィギュアスケートの世代交代、女子カーリングの頭脳プレイ。そして最も記憶に残った競技と言えば、やっぱりスピードスケート女子団体パシュート決勝だろうな。

俺ごときに結果云々を語る資格なんてないからそこはノーコメント。ただああいう時、観戦者の一人として最も適切な振る舞いは選手を励ましたり慰めたりする事じゃなく、選手と一緒に悲しみ悔しがる事じゃないかなと。

ドーハの悲劇もそうだったしリレハンメル大会での原田雅彦選手失速もそう。責めるのは勿論違うし慰めるのも違う。悲しむ選手たちと同化するしかないんだよ。女子パシュート決勝の日はたまたま休みだったからリアルタイムで観てたけど、俺はもう完全に同化し泣き崩れてた。酒飲みながらだが。

栄冠に輝く選手の姿に感動するのも、あともう少しの所で栄冠を逃し悲しむ姿に涙するのもスポーツ観戦の醍醐味。そう思うしかない瞬間だった。で、手元には平昌大会の女子パシュート金メダル獲得時の録画データがあったりするのでそれを観返し気持ちを立て直したり。こういう時こそ俺のコレクター気質がものを言うのだ。

2022年2月 7日 (月)

北京冬季五輪開幕

やっぱ観ちゃうねぇ。4K対応50V型レグザ導入直後だからこれを心ゆくまで堪能しようという側面もあり自宅に居る時は4Kで五輪ガン見。思い返すと立川へ越してきた頃は24型ブラウン管モニターで、中野在住時代に至っては14型で五輪を観てた。もうあの頃には戻れない、戻りたくない。

昨夜は女子モーグル競技に釘付けで、あー惜しかったなー、でもみんな頑張ったよなーとか思いつつ競技終了後にチャンネル変えたらジャンプ競技で小林陵侑選手が金メダル決めた後だった。4K放送ってメダル獲得の速報流れないのか?? まあ、あれって結構ウザいから無ければ無いで構わんけど。

あと昼にやってた女子スノーボードも凄く良かった。最終競技者の演技が終わった直後、惜しくもメダルを逃した選手たちとメダリストたちが抱き合いながら雪上に倒れ込み健闘を讃え合うシーンに心打たれ、TOKYO2020のスケボー女子と全くおんなじだと思わされたり。スポーツの祭典の神髄、此処にありだよなー。

若い頃は俺も頑張れニッポンの意識に囚われメダル獲得数に拘る部分があったけど歳を食うと捉え方は少し変わってきて、今じゃ国籍にかかわらず参加する全てのアスリートに後悔のないパフォーマンスを披露して欲しいという意識の方が強くなった。夏季大会のスケボーや冬季のスノボではそれが特に強く、メダル以上に頑張ってる選手たちの方が断然美しいと思える。

しかし夏季も冬季も五輪開催時と新型ウィルス感染拡大の時期が全く重なるのは一体どういうこっちゃ?? 

2021年11月 5日 (金)

しじ美醤油やきそば

Img_7832Img_7834

またマツコさんにやられちゃった。今回買ってきたのはおおぞら三昧しじ美醤油。番組内じゃラーメン屋で出してるみたいな言い方してたけどラベル違うし、ちょいと調べたらラーメン虎ってお店が製造元とコラボして限定ラベル版を販売というのが正解らしい。だから北海道のラーメン屋まで行かずとも、ららぽーと立川立飛の北海道うまいもの館で普通に買える。

Img_7837

小野瀬さんのレシピ通りだが麺はシマダヤ。有楽町のアンテナショップまで沖縄そば買いに行くの面倒臭いし、味は大して変わらんでしょ。

これまたちょっと不思議な仕上がり。ソースじゃなく醤油で味付けしてるから焼きそばじゃない何かという印象が強い・・けど、貝出汁がよく効いてて美味し。和風だから一味もよく合う。個人的にはちょっと濃い味に仕上げた方が好みか。有楽町なら仕事帰りに寄れるので気が向いたら沖縄そばでも試してみよう。

しかしこの醤油は汎用性高いぞ。日々愛用してるキッコーマン牡蠣しょうゆの同一線上だけど、こっちはしじみなので味わいが異なる。冷や奴とかにも合うな。但し高いのが難点(750円)。

そう言えば北海道うまいもの館に気になるビールも売ってて買ってみたら、

Img_7836

ゲッ! 青い。しかもよく見たら発泡酒って書いてある。でも一缶250円ぐらいする。面白アイテムではあるがリピはないな。

2021年10月13日 (水)

餃子雪松の無人直売所

世の主婦たち同様マツコの知らない世界と共に生きる人生を送ってるなぁ。

ちなみに今回やられちゃったのは昨夜放映分で紹介された雪松の生餃子無人直売所。自宅から車で数分の武蔵村山に昨年だったか突然出現し、ずーっと気にしてたのだが36個1000円というボリュームがネックとなり静観。でもマツコさんに推されてしまったら買うしかない。正直な話、あの番組に感化されて買った食品の中でホントに美味えなこれ!と思えたのは全体の2-3割程度だったりするんだけどね。

Img_7711_20211015134901

此処の凄いところは自販機とか電子マネー精算じゃなく、フリーの冷凍庫から必要な分だけ取り出して賽銭箱みたいなボックスへ金を入れるという人間の良心を信頼しきったシステム。そりゃ一応防犯カメラは設置されてるけど万引きする奴も居るだろうな。でも既に全国250店舗ぐらいあるらしいから一握りのバカに盗まれたって採算合うだけの儲けは出るって事か。

Img_7712

折角なので200円の餃子たれも買ってきた。でもやっぱ36個は多い。まあ賞味期限が2ヶ月ぐらいあるから慌てず騒がず消化すればいいのだが。

Img_7714

取り敢えず4個のみ。もうちょい焼き目付けた方が良かったかなーと思いつつ、まず本来の味を堪能する為にラー油は加えないたれで1個食らう。うむ、マツコさんも言ってた通り家庭の餃子といった印象の懐かしい味。ただちょっと餡が柔いな。これは此処の餃子の特徴というより俺の焼きが足りなかったか、蒸し焼き時の水分量が多過ぎたせいかもしれない。

まだあと32個あるんでこれから精度を上げていきますよ。最近、味の素の冷凍餃子ばっか食ってて焼きのカンが鈍ってる事もあるし。

2021年9月30日 (木)

口裂け女vs四つんば女

先週でプロジェクトX 4Kリストア版の放映が終わり、寂しい思いをしてると今週からアナザーストーリーズの新シリーズがスタート。正に捨てる神あれば拾う神ありだ。

で、今週のお題は口裂け女。あれが世間を賑わせたのは1979年だから当時俺は13歳の中一時代。まあ直撃世代ではあるけど、俺より2-3歳若い世代が超どストライクじゃないかね。ああいうのって小学生と中学生では温度差が微妙に違うし。

番組観てて興味深かったのは地域によって撃退法が異なる点で、俺は江戸っ子だからポマードが定説。これが横浜になるとシウマイだったり薩摩だと芋焼酎だったり。そんなの初耳だし、ホントかよ!?と思いつつ爆笑してしまった。好物のシウマイをむさぼり、芋焼酎でほろ酔い加減の口裂け女とか可愛いよね。

で、俺ら世代的には口裂け女と共に忘れられない都市伝説が正丸峠の四つんば女。こっちも結構なインパクトを誇るキャラなのだけれど口裂け女が横綱とすれば四つんば女はせいぜい小結。地下アイドルの域を抜けない。番組内でも検証されていた通り、これって口裂け女の設定が単なるオカルトに終始しない点も大きい気がする。

例えるならば口裂け女ってジェイソンやフレディ、ブギーマンよりもレザーフェイスに近い。得体の知れない奴じゃなく、ホントに居そうな雰囲気が子供たちの恐怖心を煽ったんだろうね。

そこへ行くと四つんば女は完全に幽霊だし、どう考えても実在しそうにないし、それより何より単車乗り限定ネタという広がりのなさが災いして国民的アイドルになり損ねた。怪談でありながら笑いの要素を含んでるのも敗因。まあ単車乗ってる時点で16歳以上がクチコミの中心だから、それはもう仕方ないのかもしれん。

2021年9月 5日 (日)

TOKYO2020パラリンピック雑感

五輪閉幕直前から番組表を張ってるんだが今回は国営放送の総集編やらないのかぁ。民放の総集編と五輪閉会式翌日に放映されたNHKスペシャルならぬかりなく録画したけど、毎大会恒例のあの総集編が観たいんよ。こういうご時世だから自粛モードなんだろうか。嗚呼、悲しい・・

さておき史上最悪のタイミングで開催されたスポーツの祭典も取り敢えず終了。その是非に関しては様々な意見が飛び交ってるし俺自身、見送るべきだったのではと今も思ってたりするのだが、仮に中止してしまえば今大会で輝いたアスリートたちは活躍の場を奪われモスクワ大会時の日本選手団と同等の絶望感を味わう事になった訳で、そう考えると選手たちの立場になればやって良かったんだろうなとも思ったり。もうホント、意見がまとまらない。

しかしパラスポーツって性質上、捉え方が難しい。アナウンサーや解説者やコメンテーターが、どういう経緯で選手がハンディキャップを背負いそれを乗り越えてきたか熱く語ったりして、それって凄く大切な事ではあるんだけど、そこへあまりフォーカスするとそれこそ感動ポルノに成り下がる。とは言え、何も考えずかっけー面白えーに終始しちゃうのも違うし。まあ、どっちかと言えば何も考えずかっけーの方がいいのかな。

それを再認識させられたのは競技の合間だったかデイリーダイジェストだったかに寄せられた視聴者メッセージで、ウチの子供は健常者だけどゴールボールを自分もやりたいと言ってるという内容。偏見も先入観もゼロで面白そうだからやりたいって思うのが正解だろうし、それは凄く印象に残ってる。

でもゴールボールって実際にやろうとしたらあり得ないほど難しい競技だと思う。それはブラインドサッカーも同様で選手たちの動きを見てると、いやいやあんた絶対見えてるでしょとしか思えない瞬間があるんだけどデイリーダイジェストで練習風景が紹介されててそれ観たら、その域へ到達するまでとんでもなく厳しい練習を積んでるみたいだし、観るのとやるのじゃ大違い。

競技中継では健常者と障がい者の垣根があらゆる意味で取り去られ真のバリアフリーな世界が訪れる事を願うとコメンテーターが繰り返し言ってて、俺も完全同意なれど実現が難しい事も否定出来ない。人間という生き物には異種を排除しようとする差別意識がDNAに組み込まれてるらしいんで。この問題を考えるとき何時も思い出すのはエレファントマンが空前の大ヒットを放った際に荻昌弘さんが冷静に述べた一言。曰く、劇中ジョン・メリックを人間扱いしたのは看護師のおばさんだけだったねと。

貶めず特別視せず美化もせず、あの看護師さんみたくメリックと普通に接する事が俺には出来ただろうかと今もふと考えさせられたりする。結局、こんな事を考える必要がない・・否、思い付きさえしない開かれた世界こそが理想的なワンダフルワールドなんだろうな。

車いすバスケットボール男子

競技に優劣付けるのも野暮だと思うが個人的にオリンピックのスケボー女子とパラリンピックの車いすバスケ男子がTOKYO2020ではズバ抜けて印象深く、特に今さっき終わった車いすバスケ決勝戦はヤバすぎ。絶対王者へ挑むチャレンジャーという図式がアポロ・クリードvsロッキー・バルボア、ホセ・メンドーサvs矢吹丈を彷彿させザワザワしまくり。いや、団体競技という点で青葉学院vs墨谷二中が一番しっくり来るか。世代が知れるけど。

そして夢が叶うまであとこれだけ(byムーンライト・グラハム)な試合展開がもうね、涙腺爆発ですよ。勿論勝って欲しかった。でも僅差で勝てなかったという展開がロッキーやあしたのジョーやキャプテン並にハートを貫く。しかし俺も生粋の日本人だね。

表彰式を見てて驚いたのは今大会大活躍の鳥海選手、両足だけじゃなく両手の指も欠けてる。イケメンでプレイスタイルもスマートでカッコいいから全然気付かなかった。それは他の選手も同様だけど試合に没頭してると選手たちが健常者じゃない事を完全に忘れてしまう。シュートが決まった瞬間のカタルシスは普通のバスケと何も変わらないし、車いす移動のスピード感が凄いからだろうな。

コメンテーターの人も言ってた通り、これを一過性の盛り上がりで終わらせちゃダメなんだろうなと。感動をありがとうって言葉は美しいけど数日後に忘れちゃったら意味がないので、この素晴らしい試合で得た物を何時までも忘れず日々生きる事が俺らの役割なのかなと思ったりして。

2021年8月30日 (月)

パラスポーツの装具

日々熱戦が繰り広げられてるパラリンピックだけど、カメラマンなんかを生業にしてると選手たちの活躍と同時に装具へも目を奪われてしまう。特に印象的なのは義足と車いす。

俺、競技用の義足はリオ大会で初めてその存在を知った。いわゆる義足とは全く印象が異なる合理性重視の作りに感心するやら驚くやら。それを完璧に使いこなして健常者顔負けのパフォーマンスを披露する選手の姿にも驚愕。あとこれは今大会も同様だけど、スレンダーで腹筋バキバキの女性アスリートがあの義足を装着してフィールドへ佇む姿は文句なしにカッコよくてシビれる。正直プラネットテラーかと思うわ。

車いすも競技によって作りが異なるけど、機能性を追求すれば造形美へ行き着くという事実を再認識させられる。例えばスプリント競技用の三輪車いす。ドラッグレース用のウイリーバーとは真逆の目的であの形状へ落ち着いたんだろうけど、あり得ないほどスタイリッシュ。車いすラグビーのプロテクターも武骨でカッコいい。ローラーボールみたい。

しかし今じゃパラスポーツ界で定番化してるハの字型の車いすって思い付いた奴は天才だね。確かにタイヤを斜めにするだけで運動性が飛躍的に向上するもんな。思えば俺が生まれて初めて車いすバスケの事を知ったのは百恵さん主演の赤い衝撃だけど、あの時はまだタイヤが垂直だった筈。ちょっと調べたら赤い衝撃は1976年放映。そこから進化して何処かのタイミングでハの字タイヤが一気に普及するんでしょ。

トップアスリートになるとこのハの字型車いすの使いこなしがハンパない。昨日観てた車いすバスケ男子の鳥海選手なんか曲芸レベルで乗りこなしてるし、ハンディキャップとか一切関係なく尊敬するのみ。ちなみに男子バスケは決勝リーグ進出してるからあの神業がまだまだ観られる。楽しみだぜ。

より以前の記事一覧

2022年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ