2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

2020年1月 4日 (土)

年の初めの永福系

Img_3098

年末に満たせなかった永福町系欲を満たす為に昭島大勝軒へ。開店時間の2分前に着いたら既に20人ほどの列が。正月休みで禁断症状に陥った地元の永福ジャンキーが大挙して押し寄せたんだな。座席数が20位だから最低でも店内で待てるなと思いつつ入店。やはり俺の1人前で満席となり店内の椅子で暫し待機。でも俺が食券を買った頃には最初の客が食い始めてたから待ち時間も大した事なかった。

Img_3096_20200104134601

今日はちょっとガッツリ逝きたかったので小盛りじゃなく普通盛りをセレクト。但しそのままだと食い切れないので麺少なめをリクエスト。すると、麺少なめはもうやってないという無情の答えが。う~む、ちょっと前まで小盛り、麺少なめ、普通盛りの三択だったのに・・ 仕方ないので小盛りへスイッチ。結果、スープまでしっかり飲み干せたから結果オーライだったかも。

ラーメンデータベースにはスープが熱くて不用意に食うと火傷するとか書いてあったから温度変わったのかな?と思いつつ食ってみたら、なーんも変わらない。ここはもうぬるめのスープが個性の店と割り切るしかない。それでも十二分に美味かったので満足度高し。実を言うとアツアツスープの田無大勝軒へ逝きたかったのだが今日はまだ正月休みという情報を事前に掴んだので、そっちはまた改めて。

2019年12月31日 (火)

大晦日のラーメン難民

Img_3083

これが今年俺の逝ったラーメン屋メモ。夏頃までは月一ペースだったもののカップ麺を買い控えるようになってからややペースが上がり月4-5軒。で、昨日のいつ樹が35軒目。最もリピ率が高いのは来来亭だけど食うのは何時も小ラーメンだから5杯で他所の3杯分相当か。

【追記】
どーでもいい話だけどこのメモ、12/24に食った新宿の天一が抜けてたわ。

そして昨日のリベンジを果たすため午前中から愛車映ちゃん号に乗り込む。さ~て、何処でキメるか思いを巡らせた結果、小金井のラーショ椿を目指しつつ途中で一橋大勝軒に寄って営業してたら大勝軒、ダメなら椿という戦法をとる。

大勝軒は残念ながら昨日から年末休み。そこは想定内なので気を取り直し椿へ向かう。するとこっちも休みの貼り紙が! 全敗かよ~!

そこからほんの数キロ先に神バンドのBOHさんが時折利用するという小金井大勝軒(こっちは東池袋系)があるので様子を見に行くとそっちも休み。嗚呼・・ こんな所まで何しに来たんだろ。

こうなったら地元立川の適当な店へ逝くかと思いつつ帰り道に数軒チェック。東大和のラーショマルキは営業してる。ここでにんにくドバドバラーメンを食らうのも悪くないが取り敢えずキープで。そこから車で数分の大冬樹を覗く。こっちもやってるが家族連れで混んでる。こりゃ回転悪そうだと思ったのと、今は上品な魚介スープじゃなくもっとガサツで下品なジャンク系を食らいたい気分なのでパス。なんか、大晦日ラーメン屋を求め徘徊する変な奴に成り果ててるな。

結局、辿り着いたのはここ。

Img_3087

この雄姿!正にラーメン難民のオアシスに見えたよ。しかし立地上ここの外観は通りを挟んでズームかけて押さえてたけど、11ProMAXのワイドレンズなら狭い歩道からもしっかり全景を捉える事が可能なのだ。3眼レンズ偉大なり。

Img_3084

うほほほ、こういうのを俺の胃袋は欲していたのだ。香り立つニンニクの香り。塩分量過多の濃い口スープ。たまらん。正にジャンクで最高だ。

Img_3086

しかしながら麺量が多く、もやし食い切れずスープも飲み干せず。何時も通り麺少なめにすればよかったか。久々にノーマル量の麺を食ったが、ここの麺少なめはハーフじゃないな。体感的に2/3程度な気がする。

さておき、これで昨日の不満は一気に解消された。夜食うためのどん兵衛 鴨だしそばもストックしてあるけど、もう今年の年越しそばはこれでいいんじゃないかと思えるほど満足度の高い一杯であった。

さて、今はもう酒入っちゃって車で出歩けないし、孤独のグルメ年末スペシャルが始まるまで特にやる事もない。未見のBDを消化しつつ、暇潰しにあと1-2回ブログ更新するかもね。

2019年12月30日 (月)

らーめん いつ樹 本店で海老つけ麺

大掃除は昨日のうちに済ませ、今日は床のワックス掛けのみ。断捨離はよく考えたら初夏に大がかりな物品整理をしたから今のところ捨てる物が思い付かず保留する事に。それでも例年の1.5倍ぐらい気合いを入れて掃除したし、大晦日はゆっくり出来るのでなかなかに気分がよろしい。

そして今日は2019ラストラーメンを、と思いつつ映ちゃん号で地元徘徊。こういう時は宿題店の探求よりマイ・フェイバリット店が良い。で、思い付くのは何時も永福町系だったり。ふむ、永福町系なら先月大宮で食ったし他の選択肢もあるかなとは思ったが朝からポテチだけの腹が鳴るので取り敢えず昭島へ向かう。

すると昭島大勝軒は既に年末休み。仕方ねえ、気分を変えて東池袋系逝ってみるかと思いつつ徒歩数分の東池袋大勝軒を覗きに行ったら準備中の看板が。あれまあ、今日は昭島と相性が悪いらしい。

脳内が永福町系に支配されたので13kmほど離れた河辺大勝軒を目指す。

Img_3079

ガビーンだな。もう腹の虫が限界なのでラーメンマップで近場の人気店を検索。そして俺が選んだのはここ。

Img_3080

結構前から気にしてたものの一番人気が海老つけ麺という事で保留してた青梅の宿題店、いつ樹本店。鯛塩ラーメンってのも人気らしいけどラーメンデータベースのレビューを見ても海老つけ麺の数が圧倒的なのでこいつをセレクト。

Img_3081_20191230213501

もんの凄く濃厚な海老風味のつけ汁。これが麺とよく絡む&麺量が多いので加減しないと最後までつけ汁が持たない。周りの客の誰1人として割りスープを頼まないのはそういう事だったか。

最後の方は江戸っ子食いでバランスを取りつつ麺とつけ汁を同時に完食。なかなかに美味かったけど今日はつけ麺って気分じゃなかったんだよなぁ。イマイチ納得いかないので明日また改めて近場のアツアツラーメンを食いに行くか・・

Img_3082_20191230213501

帰り際、店の裏手を見たらナンバー無しのトゥクトゥクが置いてある。メニューに台湾ビールも含まれてたから店主が台湾贔屓なのかも。

2019年12月 6日 (金)

立川のらんぶると八王子の壱発ラーメン

Img_2952_20191206154601

車でJR立川駅前へ行く際ほぼ確実に通る道沿いにこの店があり、以前はホームラン軒だったんだけど10何年か前に今の屋号へ変更。立川へ越してきた四半世紀以上前から気にはしつつも別に人気店じゃないし佇まいがアレだし・・って感じで常にスルー。

webで得た情報によると何故かバイカー達から支持されてて、地元チームのミーティング会場になったりするらしい。ちょっと調べたら今の店主が単車乗りで、そういう流れになったそうな。

ちょっと気になり先週の休みに暖簾をくぐってみた。

Img_2953_20191206154601

昔ながらの醤油ラーメンが出てくるかと思いきやラードと背脂たっぷりの結構ジャンクなとんこつラーメン。ちょっと千駄ヶ谷ホープ軒を彷彿させる味とビジュアルでなかなかに美味し。

また気が向いたら出向いてみたいと思ったりしたものの駅から徒歩5-6分とややアクセスが悪いのと、駅前に気になるラーメン屋がうなってるから再訪はホントに気が向き次第って感じ。

***

話は変わって先月の話。日テレの今夜くべてみましたってバラエティ番組にBiSHのセントチヒロ・チッチがゲスト出演するという事でタイマー録画したら八王子特集みたいな内容で、同様にゲスト出演したマキシマム ザ ホルモンのナヲが壱発ラーメンのめかとろラーメンを熱く語っててそれが凄く面白かったのと、めかとろは以前つけ麺なら食ったけどラーメンを食った事ないので気になり過ぎて今日逝ってきた。

そもそも利用頻度が低い上に近年は福生店ばかり利用してたから八王子の本店へ出向くのは6年ぶりになるのか。


Img_2966

Img_2971_20191206154601

店先には誇らしげに今くらの貼り紙が。好意的な内容だったし、宣伝効果は絶大だったんじゃないかな。

関係ないけど店に入ったらJKだらけでビックリ。八王子店って20席ぐらいなんだけど、うち7割がJK。ラーメン屋の店内がJKで埋め尽くされてる光景に出会った事は恐らく初めてなのでかなり面食らった。別に今くら効果じゃなく、近くに女子校でもあって昼飯時にグループで押し寄せたんでしょ。

Img_2968_20191206154601

壁を見るとチッチはじめ地元愛に溢れたミュージシャンや芸人のサイン色紙がズラリ。ホルモンの色紙も2枚飾ってあったけどいずれもナヲのサインじゃなかった。番組内のコメントを聞く限り相当通い詰めてるっぽかったので、もはや店的にサインを貰うまでもない存在という事なのかね。知らんけど。

Img_2969

これが海と山のハーモニー、いってらっしゃい! のめかとろラーメン(ネギ抜き)。つけ麺は俺的にイマイチだったけどこれは美味い。特にめかぶ&とろろの旨味と醤油とんこつのスープが良い意味で喧嘩してて得も言われぬ個性を醸し出す。こんなラーメン余所じゃ食った事ない。唯一無二の味。

1つ苦言を呈するなら、具のめかとろが冷たいからアツアツのスープと相殺してる点。とは言え、めかとろをアツアツにしちゃうと風味も食感も損なわれトータルバランスが崩れるだろうから、まあこれが正解なんだろうな。

Img_2970

超満腹してスープを余したかったが、いい食べっぷりで励みになります! を聞きたくてスープ完飲。久々だったけど、やはり壱発のラーメンは美味しであった。

2019年11月29日 (金)

また来来亭

Img_3499

前回の訪問で背脂多めはちとキツいかな~と思ったので、これを少なめにしたら如何なものか試したくなり数日前に来来亭再訪。

Img_3500

これが全然物足りねえの。醤油を濃いめにしたら背脂も多めにしないとトータルバランスが崩れる。

Img_2944

本日再々訪し、改めて醤油濃いめ背脂多めで。ビジュアル含めこれよこれって感じ。

Img_2945_20191129201701

無意味に11ProMaxの広角レンズで押さえてみたり。不自然なだけやね。

掟さんも提唱する通り、この油分塩分過多のジャンクフードを食らう背徳感がクセになる。例年リピート率の最も高いチェーン店は一蘭だったが今年は来来亭に5回も逝ってるのか。但し食らうのは何時も小ラーメンだからスープ飲み干してもせいぜい550kcal。万年ダイエッター的にそれが最大の魅力かも。

2019年11月24日 (日)

さいたま市大宮区の大勝軒と大阪市淀川区の人類みな麺類

はい、孤独のグルメ風の表題でベビメタ遠征ルポの前に遠征先のラーメンレビューなんぞを。まず11/17のSSA公演前に逝った大宮大勝軒。こっちは遠征って程の距離でもないか。

Img_3581Img_3583

ステンレスのお盆にデカいレンゲという正しき永福町系ビジュアル。香り立つ煮干しの風味もTHE永福町で激ウマなれど昭島並にぬるいスープの温度が個人的やや残念だったか。しかし永福町系ってスープの温度が低めの店も少なくないから、これは恐らく店主の拘りなんでしょ。

Img_3582

発券機を見ると夏季限定の冷製煮干しそばってのが気になりまくり。きのこ汁つけ麺も気になるな。とは言え大宮なんてSSAで誰かのライブがない限り来ない土地なので次回ここへ訪れるのは相当先。

***

続いて11/21の大阪城ホール公演前に寄った人類みな麺類。実に関西っぽい冗談めいた屋号なれどRDBでは99.503ptと桁外れに高評価。

Img_3601

飯時を少し外してみたもののこれだけの行列。それでも外待ち20人くらいで回転も速いから躊躇なく最後尾へロックオン。見ての通り、店先から少し離れた所に並ぶというべんてんスタイル。

Img_3604Img_3606

店主の好みなのか店内にはミスチルの曲が流れ続け、CDやDVDが誇らしげに陳列されてる。ラーメン屋にミスチルという何とも妙な組み合わせ。

Img_3605

原点ってのがベーシックらしいがweb情報によると一番人気はmacro。少し悩んだけど、次回いつ来られるか分からないのでここは一番人気のmacroを選択。

Img_3607

クッソ美味え。強烈に貝出汁が利いてて旨味の北斗百裂拳が俺の舌に襲いかかる。た、たすけてく・・たわば!!

あとチャーシューの厚みが凄い。ボリュームでは新宿の満来に及ばずとも厚みの部分では満来以上。これが箸で持つとホロホロ崩れて柔らかく激ウマ。うむ、寒空の下40分近く外待ちした甲斐は十二分にあった。

印象的だったのは調理場の兄ちゃんが麺をザルから丼へ開けた後、仕上げ担当のお姉さんがトングみたいなのを使って麺を整えてる事。結果このビジュアルですよ。見た目にも気を配る辺り、さすが人気店って感じ。今度大阪へ来るのは何時になるやらだけど、次回はベーシックの原点も試してみたいと思える名店。結構なお手前でございました。

2019年11月13日 (水)

博多だるまJAPAN@海浜幕張

今日は毎年この時期に開催される国際放送機器展InterBee見学の為に海浜幕張へ。ちなみに俺、幕張にはInterBeeか誰かのライブ参戦でしか行かないので今年は初めてだし去年も2回しか来なかったのか。

で、前回は他に寄りたい店があったような気がしたものの全く思い出せず直帰。しかしながら今年は何の店かを数日前に思い出してしまった。それがイオンのフードコートにある博多だるまの支店。カップ麺とチルド麺しか食った事ないから本物を一度体感したくてね。但しラーメンマップの評価はイマイチなので多くは期待せず幕張メッセを尻目にその先のイオンへ足を運ぶ。

Img_3555
Img_3560
Img_3559

2012年辺りの古い物が多いものの各界著名人のサイン色紙(複製)が誇らしく掲げられ、常に数名の行列が絶えない。とは言えフードコートなので回転が速くてストレスはゼロ。

で、実際に食ってみると、そうねえ・・ 美味いっちゃ美味いけど近所の博多ラーメン専門屋でも堪能出来る味で特筆すべき事もなし。あと、これは個人的な問題だけど此所の青ネギはやや自己主張が強く、克服したばかりの俺にとってはやや酷な印象であった。

そんな訳で宿題を終えた充実感こそ得られたもの、また来年のベビメタ公演で幕張へ来た時は絶対に寄るぜ!とまでは思えず。

2019年10月 8日 (火)

ラーメンショップ マルキチェーン@東大和

Img_3420

地元武蔵砂川の2つ手前、東大和市駅前にラーショがオープンしたのは1年ぐらい前だったか。気にしつつもラーショに思い入れがなかったり途中下車が億劫だったりグルメサイト辺りじゃ星3つの微妙な評価が中心だったりでスルーの連続。ただ先週だったか車で店先を通った時に小腹が減ってたのと、一度試したい衝動に駆られて初訪と洒落込む。

Img_3421

新しいから店内が明るくて綺麗。そして調味料が豊富。辛味系が多い。

Img_3422

とんこつと鶏ガラスープがあったけどラーショのベーシックはとんこつ・・という事でとんこつラーメンのネギ抜き。うん、確かに無難で特筆すべき点もないジャンクな味わいのラーメンだけど個人的には嫌いじゃない。チャーシューにやや臭味が感じられて惜しかったがホロホロ崩れる柔らかさは好印象であった。

Img_3424

ラーショの醍醐味はこれよこれ。おろしニンニクを途中で大量投下してもトータルバランスが崩れず心痛まない。正しきソウルフード。

個人的に失敗したのはその後追加で卓上の豆板醤を投下したら折角のニンニク風味が覆い尽くされバランスが崩れた事。ここの豆板醤、キャラが強過ぎるわ。1つ学習した。

接客も気持ち良く、コスパは高く、発券機を見るとメニューが豊富なので、また気が向いたら来る事あるかも。ただ、他に逝きたいラーメン屋が多いから優先順位は低いかな。

2019年10月 2日 (水)

大冬樹@東大和と凪@渋谷で煮干しをキメる

インスタント麺を買い控えるようになってからラーメン屋へ逝く機会が増えた。まあ極めて単純な話だけどインスタント麺を買い込めば消化する必要があり、外食の機会を減らすしかないという悪循環から解き放たれただけの事。

最近はもっぱら新規開拓よりも長らく逝ってなかった地元の人気店やマイ・フェイバリット店で味を再確認したい気分。そんな訳で先月末に約二年半ぶりで訪れたのが東大和の大冬樹。この界隈じゃ唯一ラーメンマップで赤ピンを誇る高評価の店なれど夕方辺りなら店も空いててすんなり入れる。最寄り駅のない陸の孤島みたいな立地ゆえ地域住民と俺らみたいなラヲタしか来ないからでしょ。

ちなみに斜向かいに約15年間お世話になってる動物病院がある。だからこそこの店の存在に気付いた訳だが。

Img_3378Img_3380

此所の看板メニューたる煮干し中華そばが上品な味付けでうんめえの。良く言えば繊細、悪く言えば意識高い系。

Img_3381

・・とまあ減らず口叩きつつも完飲してしまう魅力的なスープを堪能出来る名店なのでした。思えば俺、ここに来るの3回目だけど何時もハーフラーメンを食ってたからフルスケールは初。それでもこのスープは一滴も残せんかった。

Img_3382

帰り際に店先の立て看板を見たらこいつが気になり過ぎ。また近々寄らせていただき試してみるか。

***

で、昨日の話。半年に一度の診察で原宿へ出たから採血後の診察待ち時間を利用して渋谷の凪へ足を運ぶ。大冬樹の上品な煮干しラーメンもいいのだが、煮干しと言えば上品さをかなぐり捨てた凪の無骨な味がひたすら恋しくなる。

Img_3413Img_3414

凪も約2年ぶりになるのか。メニューが若干変わったみたいたけど大道の煮干しラーメンにブレなし。麺カタだの味濃いめだのアブラ多めだの一応リクエストは効くものの、ここのはベーシックで十二分にパンチ力あるから俺の注文はネギ抜きのみ。相変わらずガツンとくるなあ。塩分量がハンパないので多少スープを余すかと思いつつ、

Img_3415

結局飲み干してしまう俺。毎日じゃないし、たまになら問題なかろう。

Img_3416

自分用に発券機画像を収めておく。前回来た時にはなかった冷やし煮干しそばが気になりまくり。逆に塩ラーメンが渋谷店からは消えてしまったようで一抹の寂しさを覚える。

2019年9月20日 (金)

上を向いていこうという名のラーメン屋さん

Img_3352

この一風変わった屋号のラーメン屋さん、ちょいちょい覗かせて貰ってる人気ラーメンブログの管理人氏が度々絶賛するもんで随分前から気にしてた宿題店のひとつ。自宅から車で15-20分という遠くはないけど近くもない微妙な距離感。

Img_3353

管理人氏がベタ褒めしてたのはとんしおやさいというメニューなのだが発券機を見ると完売したのかX印が付いてた。仕方ないのでしおとんこつをセレクト。スープの粘度が高く動物臭も強い、典型的な熊本辺りの九州ラーメン。

Img_3356

充分にパンチ力あるスープではあったが九州ラーメンの醍醐味は何と言っても豊富なトッピング。例によって半分食った辺りで辛子高菜とニンニクを投入。これまたきクぜ!!

Img_3357

結構スープが減って冷めちゃったけど先の管理人氏のマネをしたくなり半替え玉の赤をバリカタで。これは個人的にカタメ程度へ止めた方が好みだったか。

そういう訳でハイクオリティな九州ラーメンではあったが俺の中じゃ九州系自体の優先順位が低いので再訪は気が向き次第。

より以前の記事一覧