2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

COVERS Grace of The Guitar+ 森恵

無料ブログはココログ

2017年11月28日 (火)

日清チリチリ♪チリトマトヌードル

Img_0227

最近、辛い物への耐性が弱まったというのに店頭でこういう物を見つけてしまうと買わずにいられない。パッケージやペーストの袋にも書いてある通り、こいつを半分入れると辛さ9倍、全部入れると18倍ですと。

まず恐る恐る1/5ほど加えてみる。これだけだとややピリ辛程度のライト感覚。

1/4ほど食ったところで更に1/5投入。これでパッケージ記載の辛さ9倍チリ♪チリトマトヌードル相当か。これは結構くるね。食後の胃袋がやや重い。

これ以上ペーストを加えるのは無謀な気がしたので俺の辛味チャレンジはここまで。

で、残り約半分のペーストはこうやって冷凍保存。ちなみに奥の赤いソースはこれのやつね。まだ使い切ってないという。

2017年10月29日 (日)

エースコックの大吉ラーメン

近所のミニストップで発見。懐かしいな~ ガキの頃よく食ったわ。北海道限定とか書いてあるし、地方で細々販売され続けてたんだな。

取り敢えずシュリンクだけ剥がしておみくじを確認したらハズレ。昭和ならではの油揚げ麺で、取り立てて美味くもなかった事はなんとな~く記憶してるから実食は先送り。

2017年10月24日 (火)

新作カップ麺3種

今に始まった事じゃないけどカップ麺業界の商品サイクルって1クール完結のテレビドラマ以上に早いよね。一週間空けてスーパーの陳列棚をチェックすれば必ずと言っていいほど新作が幾つか並んでるし。多分そうしないと売れないんだろうけど、次から次へとアイディア捻出を強いられる企画部も大変だろうな。

ちなみに今日発見した3種の新作がこれ。

どれもこれも痛いツボを付いてくるなあ。例によって実食はまだ。もう最近は自宅じゃ食いきれないので職場へ持っていく事にしてる。取り敢えず明日は蒙古タンメン中本のチーズ味かなあ。あの辛味がチーズによってどれだけマイルド化されてるか気になり過ぎる。

2017年10月12日 (木)

せきもと 生ラーメン しじみのだし しょうゆ味

地元のヤオコーを覗いたら関本製麺の新作がぁっっっ!!! 

しおとしょうゆ、あさりとしじみの違いこそあれど、これはマイ・フェイバリットのあさりのだし しお味が全国的に好評だったので姉妹品を出してきたと勝手に解釈する。



早速いつものハーフ食い。冷蔵庫になるとがあったのでこれだけトッピングしてみる。ちょっと寂しいけど何もないよりマシ。

うん、これも貝出汁がよく効いてて美味い。しかしながら個人的な好みで言えばあさりのだし しお味に遠く及ばずの印象。何つーか、しお味の方は素材の旨味を邪魔する物がなくダイレクトに伝わってくるのに対し、こっちは醤油の風味が立ってる分だけ貝出汁の旨味が少しぼやけた印象なのね。良く言えば融合、悪く言えば喧嘩。

こんな事を書いてたらまたあさりのだし しお味が食いたくなってきた。明日買いに逝くかあ。

2017年9月25日 (月)

俺的袋麺&チルド麺トップ3

カップ・袋・チルドの中で最も購入頻度が少ないのは袋麺。一番歴史ある商品で、ガキの頃は即席ラーメンと言えば袋麺って感じでよく食ったけど、今となっては商品ラインナップもカップやチルドに比べたら地味な印象だよね。

そんな袋麺のトップ3を思い付きで挙げるとやはりサッポロ一番塩らーめん、明星チャルメラ、日清出前一丁というビッグ3揃い踏みになっちゃう。サッポロ一番に関してはしょうゆ、みそ以上に塩。これはもう好みでしかない。

しかしこのビッグ3って、ベーシック・ほたて・ごまラー油という明確なキャラ分けが出来てるからこそ長年共存してるんだろうね。

他で言うと中華三昧も好きで一時期よく食ったけど、デフォルトの醤油・味噌・塩は10年以上食ってないなあ。あと藤原製麺から出てる熊出没注意のシリーズが美味くて昔よく食った。寿がきやの和風とんこつラーメンも地味に好きで、これは気が向いたら時折食ってる。

チルドに関しては数年前絶賛したせきもと 生ラーメン あさりのだし しお味がダントツ。先々週辺り久々に買ってきて食ったらレンゲでスープをすすった瞬間、涙腺が緩むほど美味かった。世評とか正直どーでもいい。正にマイ・フェイバリット。

ファースト・インプレッションで関本製麺の塩ラーメンに匹敵すると思わされたのが喜多方らーめん本舗の鶏がら塩味なんだけど、もう行動範囲内じゃ全く見かけない。あんな俺好みだったのにレギュラー化しなかったんだ。悲しい・・

アイランド食品の銘店伝説シリーズも時折ネタにするけど、俺的にはホープ軒本舗とぜんやがツートップ。あと、割高だけど春木屋のチルド麺も結構美味い。スープをレンチンして沸騰寸前まで熱するとオリジナルに近付くんだよね。

な~んかトップ3でも何でもなくなっちゃった。酔っぱらって書いてるので勘弁してね。

ちなみに冷やし中華とカップ焼きそばはラーメンに非ずと判断し、あえて選考から外しました。

俺的カップ麺トップ3

俺がよく覗きに行くカップ麺ブログがここ。凄い情報量で、高評価の商品にほぼハズレが無く、ニューリリース情報を週一で発信してくれるから日々参考にさせていただいてる。難を言えば、おかげで節食ペースが崩れてしまう事。

先週だったか過去ログを拝見したらセブンイレブンやファミマの廉価版中華そばを高評価してて、試しに食ったらホントにあなどれない美味さだった。あと、セブンイレブンやイトーヨーカドーに売ってるもちもちの木ってのも絶賛されてたので試してみるとマジ美味い。そんな調子で恩恵を十二分に受けてる・・が故にウェイト落ちん・・

で、そちらの足元にも及ばないけど当ブログの即席ラーメンネタも結構な数に達してて、カップ麺のみならずチルドや袋麺を含めると軽く100オーバー。良い機会なので、それぞれの俺的トップ3なんかを書いてみたりして。

まずカップ麺。まず即座に思い付くのは数年前の大ブレイクで定番化した日清トムヤムクンヌードル。これはブレイク前から高く評価しててここここでもネタにしてるね。やはり良い物は何時か何処かのタイミングで大衆に受け入れられるんだという事を再認識させられたり。

ただ、昨日これ食ったら腹壊しちゃって、この程度の辛味にやられたとしたら俺の胃腸マジで弱ってるな。

次に印象深かったのはニュータッチ 九州じゃんがら 辛とんこつラーメン からぼん。九州じゃんがらは後にシリーズ化され何種か出たけど、これの美味さは一歩秀でてた。ただ、これも結構辛かったから今食うと腹壊したりするかも・・

それと前記のカップ麺をひたすら食いまくるブログでも絶賛されてた日清 有名店シリーズ 東京小石川 魚雷 稲庭中華そば。これも最高に美味くて店にまで逝っちゃったもんな。

次点でカップヌードルのしお、中華三昧タテ型の酸辣湯麺、今ちょうど店頭に並んでる季節物の日清 味仙本店監修台湾ラーメン辺りが大好き。辛味や酸味のキツい物を好む傾向が如実に表れてるな。

長くなりそうなので一旦切り、次に袋麺編・チルド麺編を書きましょう。

2017年9月13日 (水)

エースコック MEGAカツオ 荒ぶる中華そば




最近食ったカップ麺の中ではこれが結構面白かった。基本、魚介系煮干しラーメンなれども2種のふりかけが鰹節系なので、煮干しラーメン特有のエグみが少なく上品感漂う味。400kcal以下と比較的低カロリーな事も俺的にポイント高し。

ただ、魚粉が沈殿してスープを飲み干すと粉っぽいのが難点。

2017年9月 5日 (火)

見切り冷や中

今年もインスタントの冷やし中華が叩き売りされる時期がやってまいりました。例年通り真冬に食う為、5袋パックx2の計10袋を購入。これで冬は越せるかな~と。

しかし昨今、生麺風で完成度の高いインスタント冷や中が各社から沢山出てるけど、結局マルちゃんの冷しラーメンが恋しくなり原点回帰する事の繰り返し。ガキの頃、インスタント冷や中はこれしかなくて一時期やたら食いまくったので潜在意識の奥底に擦り込まれちゃってるんだろうな。

2017年8月 5日 (土)

鳥取スラーメン

ここでネタにしたブレンドラーメン液体スープバージョン、醤油:塩:味噌の比率を2:2:1で試したらサッポロ一番三兄弟ブレンドに近い正体不明感溢れる珍味となった。これに気を良くして更にとんこつスープをブレンドしたらどうなるか試したくなり少量混ぜてみたら一気に不味くなる。やはり何事もやり過ぎは禁物。

で、今度は孤独のグルメ2巻で紹介されてた中華麺をうどんつゆで食う鳥取スラーメンを試す。

本来これにネギとモヤシを加えるんだけど相変わらずネギは苦手だしモヤシが無かったので具はかまぼこ&揚げ玉のみ。つゆの量が少なめになってしまい、あまり美味そうに見えないのが難点なれど、これもなかなかに珍味・・つーか、うどんつゆなのに麺をすすると印象が超ラーメンな事に驚く。中華麺ってこんな自己主張の強い具材だったのかと今さら気付かされたりして。

逆にブレンドラーメンスープでうどんを食ってみる。

こっちはアンバランス感が激しくて失敗。15分煮込んでも芯が残る極太の村山うどんを使った事も敗因の一つか。しかしさすがにブレンドラーメンも飽きてきた。最初は新鮮だったのに、慣れちゃうとトータルバランスの崩れたスープでしかない。もはやブレンド遊びもここまでかな。

2017年7月29日 (土)

液体スープでブレンドラーメン

早速チャルメラと出前一丁を買ってきてブレンドラーメン第二弾。

手順はサッポロ一番三兄弟と一緒。但し、出前一丁のごまラー油を入れてしまうと出前一丁色が強くなり過ぎる事が予想されるのでこれだけは未使用。

そして実食。うむ、前回ほどの面白味はない。強いて挙げれば粉末スープは三種とも同量なのにチャルメラ感が強く、ホタテだしのパワーを再認識させられたぐらい。

更にこれを液体スープで試したらどうなるか気になって職場近くのイオンで菊水の北海道ラーメンスープを3種購入。

粉末より計測し易いのでそれぞれ1/6使ってハーフラーメンにする。こちらは味噌味が勝ってしまい、ちょっと塩気の効いた味噌ラーメンという印象。味噌スープの量を抑えればバランスが取れそうなので次回はそれで試してみよう。

しかしこの遊びは組み合わせが無限大で色々楽しめる。バリエーション豊富な中華三昧で作るブレンド三昧とか面白そうだし。個人の感想を述べさせていただくと、全く異なる要素のスープを混ぜ合わせて喧嘩させた方が意外性あって良い感じ。でもwebを徘徊すると醤油・味噌・塩を混ぜたら不味くて食えたもんじゃない的なレビューも見受けられるのでそこは人それぞれ。

ブレンドって事で言えばカレールーも様々なメーカーの物を混ぜるとコクが出て美味いと姉貴に教わった事がある。視野を広げると様々な料理に応用出来る手法なので思い付いたら他でも試してみようかな~と。

但し、ペヤングとUFOのブレンドだけは無意味な気がする。どう考えてもUFOの方が強いからペヤングカラーをねじ伏せられて終わりでしょ。

より以前の記事一覧