2022年5月 2日 (月)

私的No.1の獄激辛Final動画

ヒカキンセイキン兄弟やはじめしゃちょー、木下ゆうかさん、中川翔子さん等々、人気どころユーチューバーの獄激辛Final動画は一通り観たけど、私的No.1はこれ。

これはもうコンセプトの勝利。俺、獄激辛Finalだけは全く食う気になれないけど、それまでの5商品なら一応体感済みで口にしたら尋常じゃ居られない事は分かってる。それを踏まえてこの動画に触れると、もう腹を抱えて笑うしかない。

この人の過去動画を辿ると獄激辛シリーズはほぼ網羅してて、どれを観ても面白い。辛い物を食って苦しむ様をアピールするのではなく、無表情を貫くという企画を思い付いた仕掛け人に心から敬意を表する。

2022年3月 8日 (火)

ペヤングやきそば わさび醤油味

最近は週イチのお楽しみになってるカップ麺だが、今週はこれ。

Img_8443

ペヤングのわさび醤油味だ。なお、わさび系カップ麺は例外なく催涙ガスを発生させるので顔を近付けると涙が止まらず、不用意にすすり込めば100%むせる。そこで、

Img_8444

パスタ流にフォーク&スプーンで一口大にくるみ、目をつぶって食う。すると苦しい思いは一切せず心地良いピリ辛風味を堪能出来る。そうやって食らうわさび醤油味はポイント高くて美味し。正にこういうのでいいんだよ、こういうので。獄激辛みたいなイロモノ追求も結構だが、まるかさんにはこうして普通に美味しくいただける商品をもっと出して欲しいと一消費者的に願うのみ。

2022年3月 7日 (月)

生わさびの価格差

休みの日恒例、朝のお買い物でイオンへ行くと、

Img_8437

獄激辛Final売ってましたね。でも今回はさすがにチャレンジしようと思えずスルー。勇気あるバカ共の食レポだけでお腹いっぱい。

それと青果コーナーへ行ったら、

Img_8438

高いなぁ。11月に買った時は400円だったのに。生わさびって時期によって価格が変動するんだろうか。ちなみに別のスーパーでは、

Img_8439

これですよ。約13倍って価格差あり過ぎ。以前から気にはなってたけど流通ルートとかの絡みでこういう差額が生じるのかね。

しかしわさび丼の自作を目的として気まぐれに買い始めた生わさびだが、こればっかり使ってたらチューブわさびに戻れなくなってしまった。仕方ない事ではあるけどチューブわさびって辛味が不自然だし、すりたて生わさびと比較すれば雑味が多くて品質は歴然。これ、わさび丼より刺身やサイコロステーキに併せた時の方が明白。香りが強いのに辛味はマイルドで雑味もない。入れ過ぎるとキツいけど、適量加えて食うステーキや刺身は5割増しで美味い。

ただ前記通り店舗によって価格差が激しいのと、今回みたく100円で買える事なんて皆無に等しかったから常備は出来ない。でも1000円近いのはパスし、2-300円で売ってる店に出会ったら買って数日嗜むというレア感が妙に楽しかったりする。しかし取扱店によりけりでここまで価格差が激しい青果を俺は知らない。ボッタクリとかそういう事じゃないと思うけど実際の所は謎。

2021年10月25日 (月)

ペヤング超大盛やきそば ペヤング社員が一番美味しいと思う辛さに仕上げました。

Img_7787

最近は悪ノリが過ぎるので全網羅を度外視してるペヤングだけど、相変わらず気になる商品が出れば無視出来ない俺。今年も何だかんだで全種中2/3は買ってるのかな。そしてまた一度は試さずにいられないおかしな代物が登場。

余所のレビューによると赤ペヤング程じゃないけど辛いの苦手な人はイヤになるレベルという話。ある程度想像は付くのだが実際に体感しなきゃ始まらない、納得がいかない。とは言え一気食い出来ないので今回もハーフ食い(超大盛半分だからレギュラーサイズ相当)。

Img_7788

ソースの色はかなり極悪。少し不安がよぎる。

Img_7789

半分なら25g程だが勢い余って2g多く使ってしまった。まあ誤差範囲か。

確かに大辛以上激辛未満でビギナーは要注意だが、食えない事もない辛味。少し食って我慢出来なかったらお助けマヨに頼ろうと思ってたものの、ハーフ食いならマヨなしでも逝ける。ただちょっと後を引くので冷却水は必須。

原材料をチェックするとみそとか豆板醤なんて書かれてるし、西洋のスパッ!と切れ味が良い辛さじゃなくジワジワと長続きする中華系の辛さ。味は可もなく不可もなし。取り敢えずリピはないな。あと半分残ってるし。

個人的にもうちょいマイルドな方が好印象だったけど、そしたら一部の激辛マニアからブッ叩かれる可能性もあり、ここ数年に渡り常識外れの激辛カップやきそばを打ち出し続けたペヤング的には商品名に対してこのレベルが無難な落としどころだったのかな、と。

2021年10月 1日 (金)

ペヤングやきそば にんにく納豆

ああ~ん、こんな土砂降りじゃ回転寿司逝けねえじゃん。そりゃ傘さして行けばいいんだろうけど、くら寿司もはま寿司も自宅から1.5kmぐらいあるからこの天候じゃ辛い。明日は晴れるみたいだから1日持ち越しか。でも土曜って回転寿司混むんだよなぁ。嗚呼、忌々しい台風だぜ。

仕方ないので買い置きのカップ焼きそばをアテに家呑みと洒落込む。

Img_7620

色々あるが、ここはペヤングにんにく納豆をセレクト。

Img_7621

湯切りしてソースかけた瞬間のにんにく臭が凄まじくて不安に駆られたものの、いざ食ってみるとさほどじゃない。自覚が足りないだけかも知れんが。

ちなみに後乗せトッピングが納豆のペヤングって俺の知る限り近年3作目だと思うけど、いずれも奥歯に挟まって気持ち悪いんよ。そのクセ、にんにくに負けて存在感希薄だし、過剰なにんにくフレーバーって飽きやすい側面もあるし。失敗作とまでは言わないが俺的に高ポイントの商品じゃなかった。残念な香り、次回に期待しましょう。

2021年9月 7日 (火)

よっしゃ逝くぞ ペヤングやきそば獄激辛麻婆(但しワンサード食い)

Img_7495

前回お助けアイテム少なめのハーフ食いで地獄を見たから今回また1/3に戻り、サポーターも充実させた。

Img_7496

ソース袋のビジュアルは歴代最も優しい印象。勿論、中身は悪魔。

Img_7497

かやくのネギは綺麗さっぱり選り分ける。

Img_7499

今回の頼れる相棒は十勝よつ葉牛乳、惣菜の厚焼きたまご&冷却水。

香りがマイルドなので匂いを嗅いでる限り、極悪な激辛食品とは到底思えなかったりする。そしてストップウォッチ計測スタートと共に一気食い。やはり平静でいられたのは30秒だけだった。男のオーガズム曲線並に辛さがググググ~~~ッ!と襲いかかり鼻水エンドレス。にんにくの時はまずヨダレが止まらなくなったし、毎回ダメージの性質が微妙に異なって面白い(面白くねえよ)。

意外だったのが今回、頭頂部の発汗は大した事なかった。単に涼しいからなのかもしれないけど。

お助けアイテムはこれだけにしておこうと思ったのだが胃壁へのダメージが怖かったので和風ツナマヨ追加。でもノンオイルのシーチキンだからあまり効果が期待出来なかったりする(余所のサイトの記述を見るとオイル成分が胃のダメージを緩和するらしい)。まあ、少しでも多くの物を胃袋に入れて中和した方がより安全かなと。

Img_7500

今回も2-30分で沈静化。その間思ったのはこのシリーズ、味がするのは最初の数10秒だけで苦味が長時間残る。これが辛味の元凶だろうな。

Img_7501

祭りのあと。このソースは再利用出来ない(したくない)ので廃棄。容器は残り2/3の油揚げ麺を消化する時に使うので洗って保存。どうせ湯切りはザルだから取っておく必要もないのだが、ペヤング食う時はこれじゃないとどうにも気分が出ないんで。

2021年9月 6日 (月)

ペヤングやきそば獄激辛麻婆チャレンジ 予告篇

Img_7488

また出たよ。もうイヤなんですけど。だったら買うなと言う声はガン無視の方向で。

ちなみにここ数日、酒の飲み過ぎでお腹ユルユルだから今日のチャレンジは見送り。2日前から正露丸を飲み続け胃腸が回復してきたのでX-DAYは明日ですかね。しかし、これでまた腹壊したらシャレにならん。

2021年7月29日 (木)

よっしゃ逝くぞ ペヤングやきそば獄激辛にんにく

Img_7382

獄激辛坦々チャレンジから僅か3週間、またこんなのを出してきやがったので購入して無謀な闘いに挑む(但し言わずもがなのハーフ食い)。

Img_7385

今回のお助けアイテムは無脂肪乳一杯のみ。その後、コーラと酒の世話にはなるけどツナマヨや玉子は用意しなかった。理由としては単に面倒臭かったから。ちなみに画像はソース計測時のクッキングスケール。袋ごと計測で20.5gだから9.5g程度で充分だったのだが勢い余って少々入れ過ぎ。それでも誤差範囲か。

今回は食い始めと同時にストップウォッチ発動。麺量はハーフなれどかやくが全量という事もあってガーリックフレーバーが強烈で、これちょっと美味いのでは?と思えたのは30秒前後。そこから10分ほど発汗と涙と鼻水とヨダレが止まらず、胃壁灼熱状態が20分以上続き、約30分経過してようやく沈静化。獄激辛シリーズの中で一番ファーストインプレッションがマイルドな分、最もタチが悪いかもしれん。しょこたんの獄激辛チャレンジYouTube動画でニコニコして近付いてきたクセにそのあと全部脱ぐと評してたけど正にそんな感じ。もう勘弁してよペヤング。普通に美味そうな商品だけ作ってくれよ~!

とは言え一部で話題の商品ではあるから今後も続くんだろうなぁ。予想されるのは麻辣、からし、わさび系か。あとハバネロとかジョロキアとかデスソースとのコラボとか。どれも試したくないけど試さずにいられない俺がイヤ。

2021年7月22日 (木)

焼ペヤングメーカーで焼ペタマックス醤油ラーメンのオクタゴン食い

Img_7349Img_7350

色々と課題多き内容であった。まず油揚げ麺のブロックが通常のペヤングより分厚いので規定の水量だとなかなかほぐれてくれず、煮込みに10分近く要した。結果、麺がデロデロになり、味も濃いので液体スープの量を加減するなり野菜トッピングを多めにするなり対策は必要。

まだ5/8残ってるから何度でも再チャレンジ可能。この教訓を活かし、次回はもっと完成度を上げていこう。

2021年7月18日 (日)

久々の赤ペヤング

Img_7309

過去記事を見返すともっともっと激辛MAXが2017年11月、ENDが2018年8月、獄激辛が2020年3月。もはや何処を目指してるか意味不明の領域へ到達したペヤング激辛シリーズのスタートラインとも言える赤ペヤングだけど、これ買うのは恐らく5-6年ぶり。初めて食った時には白旗揚げたものの、極悪な激辛商品にチャレンジし続けてきたから少しは耐性出来たかな~と思いつつ久々に試してみようかと。

でも恐いので、お約束のハーフ食い。

Img_7310

うん、やっぱ辛い。ただ、お助けアイテムはゼロでいけたし頭頂部からの発汗も数分で収まった。まあ常識範囲の激辛ですよ。1個食うのはイヤだけど半分ならちょっと刺激が欲しい時のジャストサイズって感じ。ちなみに残り半分はマヨでも和えて平和に消化します。

より以前の記事一覧

2022年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ