2021年2月22日 (月)

さらば茅場町B級グルメ最終章、からの焼肉ライク

Img_6163

このシリーズの最終章はラーメン屋・昭和の辛味噌ラーメンと決めていたのだが、仕事終わりの14:00過ぎに店を訪れたら中休みか臨休か分からんけどやってなかった。RDBには15:00から中休みって書いてあったのに。

此処の辛味噌ラーメンは辛味が7段階で、そのネーミングが独特。webで情報収集したところ普通、ちょい辛、大辛、激辛、尻泣かせ、救急車、霊柩車だって。最後の方は食欲なくなるよな。でも尻泣かせで~とか霊柩車で~とか言う客はあまり居なくて5辛とか7辛でも通じるらしい。

レビューを見る限り名前負けしてて激辛は大辛レベル、大辛はちょい辛レベルだと。じゃあ霊柩車はどれ位のレベルなのか知る由もないが、大辛ないし激辛辺りを一度試してみようかと数年前から思いつつ遂に食いそびれたな。明日は祝日で定休だし、今後それ目当てで途中下車する事は恐らくないので。

【追記】
その後も検索を続けたら尻泣かせには弱と強の二段階があり弱は余裕。強からグワッ!と辛味が増してその先の救急車・霊柩車は異次元の辛さだと。俺には無縁の世界だな。

仕方なく店先の画像だけ収め、ラーメン食えなかった悔しさで燃えたぎる心の炎を高田馬場の焼肉ライクで肉どもにぶつける。

Img_6164

ふははは! 燃えよホルモン!!

2021年2月16日 (火)

さらば茅場町B級グルメその4 越後十日町そば がんぎ

Img_6088

昨日逝った亀島よりも更に利用頻度の低い此処がんぎ、周囲の蕎麦好きには評判良いみたいだしwebのレビューを見てもそこそこ高評価・・なんだけど俺は何時も普通の日本蕎麦の方がよくね?と思ってしまう。

煮込みが足りない訳じゃないのにバリカタ並の歯応え、不自然とすら思えるツルツル食感、いずれも不味い訳ではないけど乗り切れない。越後へぎそばってのはそういう物なんだという話だから好きな人にはたまらんのだと思う。ただ俺はちょっと・・って感じ。

これは主に温そばを食った事が影響してるのかもと思いつつ、茅場町を離れる前にもりそばを試してみる。

Img_6089

ただでさえシンプルなもりそばのネギを抜いちゃったからこの上なく味気ないビジュアル・・だがボリューミー。大盛り頼まなくて正解だった。

で、やっぱり不味くはないけど俺は普通の日本蕎麦の方が好きという感想に落ち着いてしまう。此処は立ち飲み屋でもあるから日本酒飲りながら食うと違うのかな~ 蕎麦を極めれば俺も此処の良さが分かるようになるのかな~ とモヤモヤした気分で店を後にする。

そう言えば以前マツコの知らない世界でマツコさんが蕎麦通の事を悪意を込めて蕎麦マフィアと形容してたのが面白かった。そうだよね、ちょっと胡散臭いところあるもんな。全ての蕎麦通がそうだとは言わんけど。

2021年2月15日 (月)

さらば茅場町B級グルメその3 そば処 亀島

Img_6080

東京メトロ東西線茅場町駅4番出口を出ると目の前にあるそば処 亀島。俺が茅場町へ通うようになった約20年前から年季を感じさせる佇まいだったので歴史は古そう。ただ正直言うとここの利用頻度はそれほど高くなかった。理由は立ち食いの割に待ち時間が長い事(4-5分待ちは当たり前)、それとネギ抜きでって言ってるのに間違えてネギ入れられちゃう比率が高い事。ワンオペだから仕方ないんだけどさ。

でもまあ幾度となく利用した事は間違いないので別れを惜しみつつ今日のランチは亀島でキメる。

Img_6082

きつねそばにちくわ天トッピングという邪道メニュー。ビジュアルは良いしちくわ天は揚げたてサクサクだし濃い口のつゆも俺好み。なんだかんだ言いつつ味のクオリティは高いのだよ。永代通りを挟んで向かいにある小諸そばの方が利用頻度は高かったけど、今思えばもう少しマメに通っても良かったかなと。

なおこのシリーズ、職場が移転しても時折食いに逝くであろうマイ・フェイバリット店に加え、さほど思い入れはないものの最後に味を確認しておこう的スタンスの2店、計3店舗の訪問を予定してる。平日に茅場町へ出勤する機会はあと3日しかないからギリのギリ。でもマイ・フェイバリット店は確か日曜祝日も営業してた筈だし、途中下車してでも食いに行く価値大ありだから今回のお別れ企画では優先順位が低いかも。

2021年2月12日 (金)

スチーミー

Img_6056

武蔵村山のイオンへ行くと精肉売り場に味の素スチーミーのCFがエンドレスで流れてて、少し売り場を離れても聞こえてくるからあのスチ~ミ~という気持ち悪い歌が潜在意識の奥底に刷り込まれる。もう五月蠅いので一度買ってやるかと思いつつブロック肉と共に購入。イオンの思惑通りに動かされた感ありありで悔しいぜ。

Img_6058

ブロック肉を袋に放り込み600Wで8分レンチン。そのまま5分蒸らして完成。

Img_6061

近所のマルエツで見つけた明太ドレッシングを和えたカット野菜と共に実食。う~む、雑味が多い印象。それと当然ながら肉の質によりけりで旨味は大きく変動する。別にアメリカ産ポークに恨みはないが、ワンランク上の国産ヒレ肉とかで作った方が美味いかも。俺はもう分かった気になってるからリピなしだけど、気になってる貴兄はその辺を踏まえて試してみるがよろし。

2021年2月 9日 (火)

さらば茅場町B級グルメその1 生蕎麦 亀よし

職場移転に伴い約20年間通い詰めた茅場町からお別れの日が近付いてきた。そこで今月は出勤時よく利用したお店を幾つかピックアップし、最後の刻を満喫しようかと。まあ移転ったって3駅先だから途中下車すれば何時でも寄れるけど、そこまでして食いに逝く事もそうそうなかろうと思うので。

今日は此方へ訪問。

Img_6012

生蕎麦 亀よし。ここのつゆが凄え濃くて甘くて小諸そばや富士そば、ゆで太郎とは明らかに異なるB級感を醸し出す。茅場町駅から徒歩6-7分(職場からは数分)だけど、駅前には亀島という老舗の立ち食いそば屋もあって味の傾向が少し似てる。いずれも屋号に亀が含まれてるから何らかのつながりがあるのかも。

Img_6013

何時もはかけそばだけど今日は最後の晩餐なので奮発してえび天そば。ここの海老天、衣は立派だけど身がすっげえ細い。だがそれがいい・・とは言い難く。でも特濃甘口のつゆは相変わらず。これに七味をしこたまふりかけて鼻水垂らしながら食うのが美味いのだ。

ここ数年、昼勤務時に一番利用した店は多分ここ。すき家、なか卯、はなまるうどんもよく利用したがその辺は何時でも何処でも食えるんで今回のお別れ企画から度外視。明日は10年以上前に見つけて一時期よく通ったラーメン屋へ逝く事に。

2021年2月 8日 (月)

ダイショー うにくしゃぶ 鍋用スープ

Img_6008

近所のマルエツに何時も置いてあって気にしつつもネーミング安直過ぎじゃね?と敬遠してた表題の鍋用スープ、やはり一度は試したくなり食ってみたらこれまた結構な優れ物。その名の通りうに風味のしゃぶしゃぶベースだが普通に鍋として肉を煮込んでも美味い。白状するとパッケージの記載をちゃんと確認せず、肉と野菜を煮込んで食ったら美味かったという話なのだが。

Img_6009Img_6011

今宵は本来のしゃぶしゃぶ食い。豚でも牛でもいける。すき焼き的に溶き卵で食えと書いてあるからその通りにすると何時もより残り汁が多く、これは無視出来ねえなと〆に雑炊を。これがまた有り得ん美味さ。お気に入りのストレート鍋スープが一つ増えたぜ。

最近、自宅で夕飯食う時はBGV的に某TV通販を流してて、観たら幾度となく飲み交わした昔の仕事仲間がナビゲーターとして登場。もう長いこと会ってないけど元気そうで何より。しかし、たった一言だけど全集中とコメントした事は聞き逃さなかったぞ。やはりあんたも鬼滅にハマったか。それがちょっとだけ嬉しかったり。

はま寿司で牡蠣三昧

Img_5955

テレビCFだったかWEB広告だったか忘れたけど牡蠣の握り動画にハートを貫かれ、ず~っと気になってたはま寿司の牡蠣握りを食いに逝く。

Img_5956

広島県産牡蠣握り一貫100円。値段相応だがグッとくるぜ。2/17までの限定メニューだから早めに体感しておいて正解。以前、何のメニューだったか忘れたけど限定期間終わっちゃってて悔い損ね、悔しい思いをした事があるので。まあ忘れてる時点で優先順位は低いのだが。

しかし美味い牡蠣を食うと4年前の広島遠征を思い出す。

Img_5957

そこで邪道メニューの大道、広島県産カキフライ軍艦<タルタルソース>2貫150円で〆。絶対アンバランスだろと思いつつも、これが意外に美味し。酢飯が完全に負けてる事実はこの際置いといてだ。

タッチパネルで注文すると応対してくれる声が炭治郎っぽいなと思ったら、やはり花江夏樹さんであったか。炭治郎に応対される疑似体験をしたい貴兄ははま寿司へGO!

2021年2月 4日 (木)

チキンタツタ 瀬戸内レモンタルタル

B級グルメネタその2って事で数日前に食ったこいつの事も書いておく。

Img_5924Img_5925

今更タッチとコラボってどういう事なんだろ。しかし昨年辺りからマックの限定メニューに食い付くパターンが多いけどその理由が分かった。SNSの広告にやられちゃうんよ。それまで存在も知らぬままスルーしてたのに。そう考えるとあのウザい広告って企業側にしてみればメチャメチャ効果的なんだな。

相変わらずチキンタツタは美味いが昨年5月のめんたいチーズに至らずの印象(個人の感想)。そう言えば何年か前、アイドルだったかミュージシャンだったか女優だったか忘れたけどテレビでチキンタツタを大絶賛してた事を唐突に思い出す。それが誰かも忘れてるので、結局は何も覚えてないのと一緒。

銀だこそば

Img_5969

ちょっと早めの出勤前、高田馬場駅前へ降り立つと富士そばの前に無視出来ないタペストリーが。朝食うには少々重いなと思いつつもフラリフラリ店内へ吸い込まれる俺。

Img_5968

適当にたこ焼き乗せただけなんじゃね?と思ってたら表面をカリカリに揚げた銀だこ風たこ焼き&鰹節が乗ってて好印象。ただ、日本蕎麦とたこ焼きがベストマッチかと問われれば、少しアンバランスとしか言いようがない。ペヤング変わり種シリーズの失敗作っぽいやつと印象が少し被る。これもまた話のネタにどうぞって感じ。

2021年1月30日 (土)

寿がきや 岐阜タンメン監修 塩タンメン鍋つゆ

Img_5907

最近このテのストレートタイプ鍋つゆをよく買ってて、何日か前もマツコの知らない世界で鍋奉行の主婦の方が絶賛してた叙々苑キムチチゲやまつやのとり野菜みそとか試したり。それはそれで美味かったけどブログネタにするほどハートに響かなかった。でもこれは響いたな。パッケージにもある通りニンニクフレーバーが結構強烈で、それにやられちゃったって事もある。確かこれってカップ麺バージョンも以前出てたと思うけど、鍋つゆの方が格段に印象的。カップ麺は食った筈という記憶しかなく、美味かったかどうか覚えてないもん。

材料例を見ると豚バラ肉推奨って事になってるが、フリーザーで眠っていた鶏モモ肉やむきエビも入れちゃう。美味けりゃ何だっていいんだよ。備忘録的に書いておくと豚バラ30g、鶏モモ75g、むきエビ5尾、ミックス野菜120g、マロニーちゃん15g、鍋つゆ375gで計400kcal程度。それでも腹持ちが良く、今食ったら夜まで腹減らない。野菜の食物繊維と動物性タンパクをしっかり摂取出来て体は温まりビールが美味い。理想的な冬のグルメだぜ。

ちなみに俺はこの750gの鍋つゆを大体2回で消化しちゃう。3-4人前って事になってるけど俺、つゆ多め好きなんで。それと〆に麺とか白飯入れた方が楽しめる事は分かってるのだが、そういう事するとカロリー摂取量が跳ね上がるので俺はやらない。そもそも具材を食う過程でつゆグビグビ飲んじゃうから〆の分が残らないって事もある。まあ、鍋の嗜み方なんぞ人それぞれでいいんじゃね。鍋奉行には怒られちゃうかもしれんけど。

より以前の記事一覧

2021年3月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ