2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

2018年12月15日 (土)

駅そばという食文化


先日、新横浜から地元へ戻る際、本数の少ない八高線を八王子で待ってる時にプラットホームの立ち食いそば屋が目に入り、大して腹は減ってなかったもののスルー出来ず吸い込まれるように店内へ。

画像通りさほど美味そうに見えないし、実際そんなに美味くない・・けど決して不味くはない。

しかし何だろ、駅そばって限られた時間の中で腹ごしらえ出来るというシチュエーションが何にも勝る調味料となり、やけに美味いと感じる瞬間があったりして。これも1つの文化じゃないかな~と。

2018年12月12日 (水)

高田馬場の休日 その1 焼肉おおにし

夜勤明けで少しだけ寝て、昼下がりに築地のクリニックで診察。そして高田馬場駅へ降り立ったのが17:00ちょい前。野郎ラーメンも未食で気になるが、その2Fに最近出来た一人焼肉歓迎の焼肉屋が以前から気になってて満を持して突入。

こんな感じの小型ロースターがカウンター席に置かれてて、一人or二人焼肉に最適な造りのお店。

お得なセットメニューから赤身肉&ホルモンのミックスおおにし一人前をセレクト。これで1490円。コスパは中の下レベルか。


ホルモンはまあまあ、赤身肉は美味し。これと生ビール一杯飲んで、お会計はお通し代込みで2290円也。小綺麗で居心地は良かった。空いてる時間帯ならちょいちょい利用するのも有りかなと思ったりして。

2018年11月17日 (土)

豊後高田どり酒場@高田馬場

腰痛をこらえて幕張のInterBeeへ行ってきたけど正直キツかったなあ。腰をかばうように長距離歩いたら首と股関節に負担がかかり、今じゃ腰のみならず肩も右足付け根も痛い。ただ、風呂入ってまったりしてたら少し痛みが軽減されたかな。

***

家飲み禁止5日目だけど、もう今の時間になってもムズムズしなくなった。やはり外飲みはOKというラフなルールが功を奏した印象。これなら数ヶ月間でも続けられそうな予感。あくまでも予感ね。

で、前記通り外飲みはOKだから幕張帰りに高田馬場へ寄り、昨日パスした豊後高田どり酒場に突撃。金曜の夜だし、俺の目前で学生の団体が10人ぐらい入ってったから少しイヤな予感がしたものの、キャパに余裕があって店内ガラガラ、カウンター席は俺一人。19:00前って事も幸いしたか。




最近・・つーかここ1-2年、焼き鳥と言えばレバーとささみばっかり。たまにはモモ肉や皮の旨味を堪能したいけど万年ダイエッターなんでねぇ。

ただ、何時もならささみは塩オンリーなれどメニューにあるバジル焼きってのが気になりそっちも注文。それでもささみは2串で100kcalちょいだから、同様に低カロリーなレバー2串と合わせ計6串で350kcalくらい。ヘルシーだ!

味はまあ値段相応というか無難な美味さ。それでも競合相手のやきとりセンターや鳥貴族と比較して遜色は無く貧乏人の強い味方って感じ。一歩秀でてる点があるとすれば早朝5:00まで営業って事ですかね。

とは言え、夜勤の日は退勤時間が5:00だったり8:00だったりするから夜勤明けに利用出来ない。先日みたく西武線の終電を逃してJRで深夜の立川駅へ降り立ち、タクシー拾う前に一杯やりたいな~って時は使える。そんな機会、年に1-2回しかないけど。

なお今夜の晩酌は生ビール中ジョッキ2杯と、帰りの拝島ライナーでストロング缶チューハイ1本。昨夜同様、家飲みに明け暮れてた頃と比較すればアルコール摂取量は1/3程度なのだ。

2018年11月16日 (金)

いか天国@立川

先週、真夜中の立川駅前で焼き鳥を食った後に少し歩き回り、他にも朝5:00までやってる安い焼き鳥チェーン店を見つけたので今夜はそこの偵察と洒落込もうかと思ったところ、同ビルに気になる店が・・


実はここ、屋号が琴線に触れて結構前から気にしてた。豊後高田どりなら何時でも何処でも行けるからパスして、今夜はいか天国へ突撃。


ふむ、この姿造りが一番のウリらしいけど結構お高いのと、一人で食うより誰かとシェアするのに向いてるメニューな気がしたので刺盛の並をセレクト。どうせイカ刺しも乗ってるだろと思ったら・・

イカねえ~~! いか天国でイカがないってのは納得いかん。とは言え、これはこれで新鮮だし美味いので、ここは文句言わず冷酒と共に舌鼓を打つ事に。

誰かと居酒屋へ来た時は刺身のつまを完食する事なんかほぼあり得ないけど、独り呑みの時は綺麗さっぱり完食するのが俺スタイル。今日も笹の葉とレモンスライス以外、わさびを含めて食い尽くす。

やはりイカを食わずに帰るのはあまりにも寂しかったので沖漬けを追加注文。銘柄も分からない安い酒だけど、イカと冷酒は餃子とビール以上に文化です。美味し。


帰り際、いけすで泳いでるイカちゃんを画像に収めさせていただく。今度来る時はこのイカちゃん達をさばいてもらいますか。

ちなみに今夜飲んだアルコールはHUBで生ビール3/4パイント、いか天国で冷酒二合。普段なら帰宅後もストロング缶チューハイや雲海のロックを朝までダラダラ飲み続けるから節酒生活以前と比較すればアルコール摂取量は1/3イカでございます。

2018年11月 9日 (金)

焼き鳥とやきとり

阿佐ヶ谷でJR中央線の終電ギリまで呑み、久々に深夜の立川駅へ降り立つ。すぐタクシーに乗れば良かったものの少しパトロールしたくなり駅前を徘徊し、web検索で見つけた朝5時まで営業の焼き鳥屋に寄り道。




食べログのレビューも上々で、少々割高かなと思ったけど美味し。恐らく割高なんじゃなくて利用頻度の高い高田馬場の鳥やすが異常に安いから通常料金が高く感じるだけの事。

しかし、おまかせの5本盛り合わせを頼んで配膳された時に説明を受けたのに、どれが何だったか分からない俺。4点の皿盛りの左から2番目が砂肝って事しか覚えてないや。それと5本って書いてあるのに何故4本???と酔っ払いは思ったが、5本まとめて出すと最後の方は冷めちゃうからというお店側の配慮なんだね。うむ、さすが人気店。よく分かってらっしゃる。

で、今朝の話。先週放映されたおんな酒場放浪記の再放枠で登場した恵比寿のこちらが気になり過ぎて夜勤明けに寄り道。

朝8時から営業ですと。ここ最近は朝8:15退勤だから日比谷線一本で恵比寿へ向かい、帰りは山手線で高田馬場へ向かえばいいので色々と好都合。恵比寿駅から徒歩1分程度とアクセスも悪くないし。

メニューを見ると焼き鳥と言えるものはつくねぐらいでメインは豚、それもモツ系ばっかり。日本一のやきとりと謳ってるのに一体これはどういう事??と思ったら、こういう事らしい。


やきとりってのは言葉遊びで実際はもつ焼き屋なんだね。取り敢えず番組に登場したつくねと椎茸はマストで、あとは思い付くままにレバー、豚バラ、カシラを寺澤ひろみさん同様に塩で注文・・した直後、1品2本づつという鳥やす同様のシステムだと気付く。しまった~!それなら3品で充分だったわ。

まずレバー、豚バラ、椎茸が届く。しかしながらこの豚バラ、見本写真とは異なり8割方タマネギなんですけど。火の通ったタマネギなら既に克服してるから何とか食えたけど2年前だったら手も足も出なかったわ。

先の6本を食い尽くす直前に時間差攻撃でカシラとつくね到着。こちらも全品一気に出さず小分けにして常にアツアツの串焼きを堪能出来るところがGJ!

番組じゃ寺澤さんがつくねにわさびをつけて美味そうに食ってて、試したかったけど卓上にわさびなんか置いてないの。仕方ないのでそれは市販の冷凍つくね串でも買ってきて自宅で試しますかぁ。

さすがに朝からもつ焼き5品目10本は重過ぎたが、塩でも美味いモツを食える名店であった。再訪は気が向き次第だけど、次回は3品程度にとどめてまったり逝きたいところ。

2018年10月28日 (日)

徳島飯

旅の醍醐味と言えば土地のうまいもんと昔から相場は決まってる。今回は万全の下調べで行くべき店をチョイスし、スケジュール表を作ってその通りに行動してきた。まあ中には気まぐれで寄った店もあるけど旅の記録として全てを公開しておく。


一鴻徳島駅前店。徳島の名産、阿波尾鶏の美味い店を探すとまずヒットする人気店がこちら。骨付き阿波尾鶏が絶品との事で食ってみたらマジ美味え! ちなみにこの店、卓上に香辛料が一切置かれてない。味付けの自信の表れなんだろうな。

それと面白いのがこの限定メニュー。

たんころ煮ってのはPerfumeの新譜Future Pop収録曲、天空の空耳ネタ。それをメニュー名にしちゃったのが楽し過ぎる。当初、骨付き阿波尾鶏だけ食って退散しようと思ってたものの、パフュヲタ的に無視出来ず注文。牛タンと阿波ポークと根菜を煮込んだ物でこちらもメチャうま。それはいいけどかなりボリューミーなので、この二品を一人でたいらげるのは結構辛い。二人以上で呑みながらシェアするのが吉。

Img_2001

大衆酒場がく。2日目は俺主催のパフュ呑みがあるけど初日に関しては吉田類さんを気取り、酒場という聖地へ酒を求め肴を求め彷徨おうと思いつつ、5ちゃんで質問を投げかけたら地元民の人がここを薦めてくれたので訪問。

カウンターで呑んでたら少し離れた席にパフュTの同類が居たけど、やっぱ大衆居酒屋ってそういう人には話しかけ難くて気にしつつスルー。これがHUBだったら、やーどうもどうも!って行けるんだけどな~


ラストオーダーで店を出て、少し飲み足りず夜の徳島駅前を徘徊してたら良さげなカウンターバーがあったのでフラリと入り、久々にジャックダニエルをロックでいただく。雰囲気は良かったけどお仲間が居るわけでもないし、ほんの数10分お店の空気感を満喫して早々に退散。

酒場放浪記でも紹介された居酒屋、安兵衛。朝10:30オープンというアル中の強い味方。俺が訪問したのは14:00頃だけどね。

これは珍しいウツボの唐揚げ。すんげー美味い!って事もないけど話のネタにはいい。

5ちゃんねらーに薦められた肝焼き。こちらは文句なしに美味え。

何故かみんな頼んでたからつられて注文したわかめ酢。徳島と言えばわかめ&すだちという事らしいので、これは無視出来ない。

日本酒を飲りつつカニみそチマチマ食うのは完全にワカコ酒の影響だな。これが風情あっていいのだ。プシュー


最終日の朝飯に利用したセルフうどん やま。香川の隣だから讃岐なのかと思ったら、むしろ関西系のうどんに近い。システムとしてはまずトッピングを自分でチョイスし小皿に乗せ、最後にカウンターでうどんの注文をするという、はなまる同様のスタイル。あっさり薄味のつゆが良い感じ。

先のラーメン2杯を含め徳島で食らった飯はこれだけ。福岡じゃ食い過ぎて太っちゃったから、まあこれ位が適当なボリュームでしょ。但し帰京後ウェイトを計ったら、やはり1kg程度増えてた。これからストイックな食生活に戻って少し絞りますかぁ。

2018年10月14日 (日)

カラムーチョ鍋スープ中辛

近所のスーパーに置いてあったので買ってみた。辛口もあったけどチキンの俺は牽制して中辛セレクト。

白菜、豚ロース薄切り、生つくね、餃子を適当にブチ込む。ビジュアル的には美味そうだ。

実際に食ってみると、あまりにも想像通りで面白味がないというか何というか・・ サッポロ一番の鍋になりましたシリーズ同様、看板に偽りないものの鍋としてはB級って感じですか。

あと全然辛くない。これだったら辛口をセレクトした方が正解だったかも。そんな訳でチリペッパー様を適当に振りかけて食ってる。

具材もスープもあと2回分残ってるから次回は人参&しめじを加えて食らう予定。

丸美屋 麻婆豆腐の素 中辛

やっぱ麻婆豆腐と言えばこれよこれ。麻婆丼や麻婆麺にするなら辛口の方が良かったりするけど、これ単体で酒のお供にするなら腰抜けチキン的に中辛程度が丁度良い。作り方も簡単で絶対失敗しないし、豆腐の量が350gで1/3にシェアすれば一皿約140kcalと低カロリー。それでいてしっかり美味い。最高だ。

・・とか何とか言いつつ、これ食うの約1年ぶりなんだけどね。

2018年10月12日 (金)

ゆで玉子を綺麗に剥く方法

今日の朝ドラの展開で日本国民の1/5が悲しみに打ちひしがれていますが、悲しい時だって腹は減る・・という事で表題のネタを一発。

これ買ったのは4-5年前だったか。近所のホームセンターに陳列されてて、これで生玉子の尻に小穴を開けて茹でればゆで玉子が綺麗に剥けるという売り文句に釣られて購入。

しかしながら全然綺麗に剥けないし(正確には綺麗に剥けたり剥けなかったり)、それより何よりショックだったのは後日100均で同じ物を見つけてしまった事。これ400円ぐらい出して買ったんだぜ。まあ、いい歳こいて400円の物が100円で売ってた位の事でショック受けるなよって話ではあるんだが。

さておき、自作のゆで玉子が綺麗に剥けずフラストレーションを溜め込む日々は続き、先月だったか先々月だったか気まぐれにweb検索して必殺技を習得。曰く、氷水で一気に冷却すれば綺麗に剥けるんだと。

へえ~、とか思いつつ即実践。

もう笑っちゃうぐらい綺麗に剥ける。要は熱膨張した物質を急速に冷やす事で収縮させればスルリと剥けるという科学的根拠に基づいた方法。料理好き的には昔からの常識なのかも知れないけど無知の俺は目からウロコ落ちまくり~

以来、ゆで玉子の殻剥きで失敗した事はないぜ!

2018年10月 1日 (月)

村上のすっぽんスープ

Img_1872

7月頭の人間ドック受診を控えてた頃、ヘルシー食を求めて行動範囲内のスーパーを物色してたら目に飛び込んできたのがこいつ。一缶2kcalと超ヘルシー。但し700円とかする高額品でもある。

俺、すっぽんって食った事ないから気になって買ってみたものの、もったいぶって今日まで保留してた。このまま置いといても仕方ないので飲んでみたら、何つーか出汁っぽい印象。これ単体で飲むより何かのベースに使った方が美味しくいただける感じだな。パッケージにも雑炊や鍋に使ってくれみたいな事が書いてあるし。

で、ふと思ったのは、こいつをベースにラーメン作ったら結構美味いのが出来上がるんじゃないかって事。但し前記通り一缶で700円という高額品だから貧乏人の俺的には試すのにもそこそこ勇気が要る。それもまあ気が向き次第だな。

より以前の記事一覧