2020年6月24日 (水)

テレビにすぐ感化される奴

Img_4374

またマツコの知らない世界にやられた。その辺のスーパーで安く売ってる食品があの番組内で賞賛されると9割方買ってしまう。企画にせよ演者にせよ庶民のハートを掴む術に長けてるわ。

ちなみにシーチキンファンシーは先週、小諸七兵衛は今週放映分の影響。万年ダイエッターの俺はシーチキンと言えばノンオイルばかり買ってるけど、マツコの強い推しとご意見番のコメントがハートを直撃。カロリーがノンオイルの約3倍だけど75gのハーフ缶だし、たまにはいいかと。

俺、テレビ番組のみならずwebニュースにもすぐ乗せられちゃう。例えばこれ。

Img_4372

うまい棒チキンカレー味が来月で終売というニュースに触れ、近所のジェーソンで取り敢えず5本買ってきた。別に大好きって事もないんだが、無くなると聞けば名残惜しくなるのが人情。ただ、入れ替わりで新味が登場するらしいからそっちにも期待。

ついでに他の駄菓子も幾つか購入。ジェーソンって店は駄菓子の品揃えも豊富なところが面白い。

Img_4373

体に悪そうな赤い駄菓子の代表選手、すもも漬とさくら大根。いずれも年イチとかのペースで時折味を確認したくなる。それと9月で終売のらあめんババアも健在だったので2つほど。

駄菓子はさておきテレビ番組に感化された食品やら新種のカップ麺やらホイホイ買い足すもんだから備蓄のパスタが全然減らない。4月の時点じゃ以後どうなるか分からなかったので1kgほど買い込んだけど、そんなに買う必要なかったな。まあ賞味期限が2023年だから慌てず騒がず消化すればよし。

2020年6月13日 (土)

そしてザクゼリー

Img_4258

はい、今までで一番うまくいきませんでした。どうやらこの容器はゼリー作成に不向きらしい。

もう充分満喫したので俺のザクシリーズはこれにて終焉。そもそもザクとうふは2012年頃市場に出た商品らしく、同じネタのブログが当時から沢山ある事に気付き、激しい今更感を覚えたって事もある。但し、あの型でチャーハン作ったのは俺だけかもね。

ザク杏仁豆腐&ザクプリン

ザクとうふ改の型を再利用シリーズ第三弾。今回は杏仁豆腐とプリンだ。

Img_4250

まず杏仁豆腐。土台部分まで型にしっかり流し込まなかった為フチが崩れ、懐かしのグロ画像モーターサイクルみたいな口元になってしまった。大失敗。

Img_4251

これを教訓に2度目は表面張力で盛り上がるぐらい型に流し込む。こぼさぬよう冷蔵庫へ運ぶのにすんげー神経を使う。

Img_4254

う~ん、似たような結果。杏仁豆腐は柔らか過ぎるんだな。

Img_4256

こちらはザクプリン。これはもう文句なしの仕上がりじゃないですか。

Img_4257

カラメルソースをかけると実にワイルド。ただ、これ1個で200gぐらいあるから結構ボリューミー。

Img_4252

限界域まで流し込むため少し多めに作る必要があり、余りはこんな感じで冷蔵保存中。夜にでも食うか。

なおゼリエースも買ってあるので近々ザクゼリー作成予定。気が向いたらまた画像公開します。

2020年6月10日 (水)

テーブルクロス新調

100均グッズ紹介の画像を押さえてる時、テーブルクロスが汚れてみすぼらしいのが気になったので良い機会だから新調する事にした。

あれを何時頃から使い始めたか気になって当ブログの食品カテゴリーの画像を見返すと2016年10月5日から14日の間らしい。約4年か。意外と短命だったな。1000円以下の安物だから別にいいけど。

実はあの黄色いの、イマイチ気に入らなかったもののケーヨーD2で他に売ってたのはお花柄みたいのばっかりで、シンプルな模様のはあれしかなかったから仕方なく購入。

それ以前はこんなのを使ってた。

200610

飯食う時は黄色いのより落ち着いてて結構気に入ってたんだが、こう見ると映えしねえな。

で、今回導入したのはこんなの。

Img_4245

うん、まあまあ良い感じ。しかしこう見るとテーブル上も100均グッズだらけ。まあ愛好家なので当然と言えば当然。

Img_4247

以後、カップ麺やら手料理やらの画像は暫くこれがヌケになります。

2020年6月 9日 (火)

100均大好き

STAYHOME中、自宅に籠もってて煮詰まるとチャリや車で近所の100均に行ってた。食料品はそこそこ買い込んであるからコンビニやスーパーに用はなく、気晴らしの買い物には100均が最も好都合だったのだ。ほぼ毎日行ってたから恐らく店員に覚えられちゃったろうな。

ちなみに俺が今までに100均で一番沢山買った物は群を抜いてジッパーファイル。俺の部屋だけで50個以上あるし、自宅にある様々な書類はほぼ全てこれに収めてるからトータル100個ぐらいあるんじゃなかろうか。ただ、整理はされてるもののラベルとか貼ってないし分類もアバウトだから、たま~に必要になる書類を探し出すのが結構大変。

次点で小物用のプラケース。これも部屋で目に付くだけでも20個ぐらいあるから全部合わせれば50個前後。昔はホームセンターに7-800円で売ってる少し大きめのを愛用してたけど、100均が台頭してからは小さめのを沢山買い込んで細かく分類してる。半透明だから中身が一目で分かるし実に便利。

そんな感じで整理用品がメインなれども、行けば必ず覗くのがキッチン用品コーナー。ここのアイディア商品が面白くて琴線に触れる物があるとホイホイ買っちゃう。使えない物も結構あって過去幾度となく失敗したけど100円だから懐への打撃は皆無に等しいし、安い勉強代ですよ。

で、随分前に買った物も含め100均のキッチン用品を幾つかご紹介。

Img_4237

昨日買ってきたシリコン製のアイスメーカー。蓋をすれば固まる前に横倒ししても中身がこぼれてこない優れ物。好みのジュースで簡単にアイスバーが作れるってのがウリだけど、コーヒー牛乳で試したら若干分離して濃い部分と薄い部分が出来てしまった。素材を選ぶみたい。

Img_4234

これも昨日買ったペットボトルスタンド。最近、空のペットボトルを再利用する機会が多いので意外に重宝する。

Img_4235

正にSTAYHOME中に買ったニンニクしぼり(100均ながら300円)。数回試したけどラーメン一杯にニンニク一粒は量多過ぎ。料理とかで刻みニンニクを作る時に活用した方が無難。

Img_4241

これもSTAYHOME中に買ったマヨネーズスタンドとチューブスタンド。逆さのマヨネーズが倒れなくなったのは良いんだけど結構スペースを取るので、ウチみたく小さな冷蔵庫にはやや不向きかも。

Img_4243

残り少ないチューブを絞るアイディア商品。歯磨き粉の方で別型のを愛用してて、調味料用を最近買い足し。

Img_4238

なべ蓋スタンド。クリップ式で直径18-30cmと幅広く使える。

Img_4236

シュガートングだけど、俺は紅しょうがに使ってる。箸で摘まめばいいじゃんと思われるだろうが、こういうのは気分の問題なんで。

Img_4240

熱伝導でアイスやバターが溶けるというアルミ製のスプーン&バターナイフ。バターナイフはさておきアイススプーンの方は効果的に使えてる。長時間持ってるとすげー冷たくなるのが難点。

Img_4233

レトルトカレーを絞り出すのに有効なレトルトしぼりたカッターなる商品。ネーミングはふざけてるけど俺みたいな貧乏性には願ったり叶ったりの逸品。但し、洗うのが面倒ではある。

Img_4239

セラミック製ナイフは高額品というイメージが強いけど、この果物ナイフは100円。正直言うと安さに感動して買っただけで全然使ってない。

まだまだあるけどキリがないのでこの辺にしておく。ちなみに俺の場合まずダイソーへ行き、めぼしい物がなければキャン☆ドゥに移動ってのが通例。ダイソーの方が自宅から近いって事もあるな。

2020年6月 7日 (日)

ザクチャーハン

Img_4224Img_4225Img_4226

まあ、こうなるだろうなとは思ってたけど案の定、ザクだか何だかよく分からない代物が出来上がった。やはりこの型はシャービックや杏仁豆腐、ゼリー、プリン等のデザート仕様にとどめておいた方が無難か。

2020年6月 5日 (金)

ザクとうふ型でシャアビック

Img_4216

こういう事を面白がってやる人は他にも沢山居るだろうなと思いつつ画像検索したら案の定、チョコやプリンやアイスの型に再利用した例がちらほら。しかしながら赤い着色料でシャアザクを作った画像はヒットしなかったので俺がwebへ一石投じてやろうとシャービック、牛乳、着色料を調達。

ベースが牛乳だから結構な量の着色料を加えないと真っ赤になってくれない。着色料って入れ過ぎると苦味というか渋味が出て不味くなっちゃうんだけど、淡いピンクのザクなんぞシャアザクとは言えないので満足いく濃さになるまで色を加え続ける。

そしてフリーザーで冷やすこと半日。牛乳ベースのシャービックは粘度が高く、容易には型から外れてくれない。かといって流水とかで表面を溶かすと型崩れの危険性があるから掌で優しく包むように熱を伝え、そ~っと型から外して出来上がったシャービックならぬシャアビックがこれ。

Img_4212

一部崩れちゃったけどまあまあ上手くいった。ただ案の定、少し渋味が出てしまったな。そこは話のタネだし、不味くて食えないのレベルじゃないから多少の事には目をつぶり、通常の3倍のスピードで食い尽くす。

しかしこの型、他にも応用が効きそうだ。今度はザクチャーハンでも作ってみるか。

【追記】
後日再検索したらシャアザク画像がわらわらヒットした。まあ誰でも思い付く事だからね。

2020年6月 3日 (水)

ザクとうふ改

Img_4203

以前見かけた時には面白い物が売ってるなと思いつつスルーしちゃったけど今回は買ってしまった。

Img_4204Img_4206

なかなか良く出来たパッケージで、裏面にジオン公国の紋章。手が込んでるわ。

Img_4207

仕方ないけど豆腐本体は地味な印象。どう食えばいいんだ。普通に醤油かけて食うか。

Img_4208

結局、豆腐には醤油とかつおぶしをかけるのが好きだから特別な事をせず、こんな感じで食う。風情がねえなあ。まあ、ザクの風情って何だよって話だが。

ちなみにこの豆腐、凄く柔らかくて箸じゃ掴めなかったからスプーン食い。味はまあ枝豆風味の豆腐で可もなく不可もなし。

これのバリエーションでガンダムもあり、そっちは買わなかったけどパッケージ裏面のキャッチコピーが傑作であった。スーパー等で見かけたらチェックしてみるのも一興かと。

2020年6月 2日 (火)

電子塩分計

Img_4179

気まぐれにこんなのを買ってみた。実を言うと500円とか書いてある陳列棚のフックにかかってて、この値段なら試してみるかと思いつつレジへ持ってったら2000円とかして、うおっ!待った待った!!そんな高いんだったら止め止め~!!・・と思いつつも別に買えない額じゃないし、ここまできたら後へは引けん!と見栄張ってそのまま購入。誰だよあのフックにこれ掛けた奴はよぉ。

さておき、本来は料理の仕込みや味付け時に使う物だけど以前から俺は何でも濃い口で飲み食いする傾向があるので、平均値に対して塩分量がどの程度高いのか一度計ってみたいと前々から思ってた。そんな訳でちょっと実験。

Img_4181

自宅や職場で日々愛飲してるヤオコーのオニオンコンソメスープ。パッケージには湯量150mlって書いてあるけど俺はそれを120ml程度の濃い口にして飲んでる。で、実際に計るとこんな感じ。しかし0.9とか1.1とか、何を基準とした数値なのかよく分からん。

Img_4185

これに30mlのお湯を加え、本来の150ml希釈へ。なるほど、ちょっと下がって平均値になった。ちなみに取説を読むと温度が45度を超えたら誤差が出るとか書いてあるので少し冷まして計測。120mlバージョンの時は確実に50度超えてたと思うので、これはあくまでも目安。

Img_4186

熱いと誤差が出るなら冷えた物で再計測。立川名物、石坂商店のもとだれを原液で計測。当然ながら塩分MAX。

Img_4187

これを5倍希釈のつけつゆにして再計測。まだ塩分MAXだな。

Img_4188

9倍希釈のかけつゆでようやく平均値。考えてみればそばうどんのつけつゆは普通に濃い口だからこういう結果になるのも当然の話。

実験はここまで。2000円の巨費を投じてしまったし、今後は料理する時に活用していこうかと。

2020年5月30日 (土)

トリキ復活

Img_4160Img_4163

大多数の鳥貴族が今日から営業再開。ちょっと嬉しかったので数ヶ月ぶりに職場近くの八丁堀店へ寄って軽く一杯。職場の若い連中引き連れてワイワイやるのは時期尚早なので社会的距離をキープしつつぼっち飲み。店内を見渡すと土曜のオフィス街にしては結構客が入ってる印象。やはりみんなトリキ復活を待ちわびてたんだな。

何時もならささみ&きもだが今日は復活祝いという事でもも貴族焼ペッパー&きも。小腹が減った時はこの4本と中生一杯ぐらいが俺の胃袋には丁度良いボリューム。

来月からHUB各店も順次営業再開予定らしいけど、残念ながら6月は断酒月間なのでHUB逝きは7月以降のお楽しみ。

より以前の記事一覧