2022年9月27日 (火)

Perfume 9th Tour 2022 "PLASMA" 2022/9/18 広島グリーンアリーナ 9/25 マリンメッセ福岡A館

Img_9975 C967d6d327d14deb83f390b935bcd1b3

ライブ参戦目的で遠征したのに旅日記ばかりで肝心のライブルポを書いてないというね。11月の北海道遠征もあるけどまずは18日の広島公演と25日の福岡公演の私的感想なんぞを。今回ネタバレ禁止令は出てないみたいだが、これから参戦予定で余計な情報を望んでない人も居る事を想定してセトリや演出内容等の核心的は話題は避けます。

相変わらずアリーナ運は強いみたいで両日共にアリーナ席で広島はセンターステージ下手の前から3列目、福岡は逆サイドの出島前で11列目。広島は近かったな。もう歴代五指に入る距離感。福岡とて遠くはないからまあまあ当たりの部類か。で、今回は360度ステージという事でメンバーが三方向へ分かれるケースが多い。3人の一糸乱れぬフォーメーションに見惚れるのもいいが、目の前のメンバーだけに注力するのも悪くない。

以前も書いたけどPerfumeの3人はダンサーとしてそれぞれが個性を確立してて、端的に言うとかしゆかはしなやか、あ~ちゃんはダイナミック、のっちはシャープ。ところがシンクロのポイントを外さないから個性は違えどビシッ!と揃って見える。そこが面白い。3人が三方向へ分かれた時、目の前の1人に集中するとそれがよく分かるので広島でも福岡でもそんな見方をしてたな。

今回の自慢ポイントはあ~ちゃんに指差された事。まあ、あの人は1ライブで2-300人を指差すから大多数の1人には過ぎないけど目の前の神に指差されるとそりゃもう上がりますよ。いや、上がるというより固まるって感じ? それにしてもあ~ちゃんってば難易度の高いダンスを披露しながらちょいちょい指差したり手を振ったりするから凄い。こっちは指差されたら手拍子すらしどろもどろになっちゃうのにねぇ。

今回のセトリにはちょっと懐かしのナンバーが数曲含まれてるんだけど、その曲の時にかしゆかが出島へ来て全方向へ笑顔で手を振ってる姿を見てたら訳も分からず泣けてきて困った。福岡の時なんかマスクがないとヤバいぐらい泣き顔になってる事を自覚したり。何だろ。衣装の色が初ドームに近かったからその時の記憶がフラッシュバックしたせいかもしれない。あの時はこんな長い付き合いになるとは思ってなかったし、12年前も今も変わらず同じ笑顔でオーディエンスに手を振るかしゆかの姿に感極まってしまったんだろうな。

次回俺が出向くのは11/6の北海きたえーる。追加公演の話は聞こえてこないから予定通りなら千秋楽。広島より福岡と俺の涙腺が緩み傾向だから北海道にはタオルを持って行かないとヤバいかもしれない。グッズ買うか・・

2022年6月 2日 (木)

遠征という名の国内旅行

夕方から楽天カードの利用可能額をチェックしてたら21-22:00にかけて34650円分(11500x3)の変動を確認。これにてPerfume 9th Tour 2022の広島公演2日目、福岡公演2日目、北海道公演2日目(千秋楽)の参戦確定。で、今は宿とアシを確保する為にPCとにらめっこ。この感覚、久しく忘れてたよ。

思えば最後の地方遠征は2019年のベビメタ大阪公演。パンデミックの影響もあるけど3年ぶりなんだな。勿論ライブ参戦が目的ではあるけど、現地の雰囲気やうまいもんを満喫する事もライブ同様に魅力的。そんな些細な楽しみを奪われて悶々とした日々を送ってきたが、ようやく国内旅行ぐらいは容認される時が来たか。まだまだ予断は許されない状況だけど。

広島は2017年のベビメタ公演以来だから約5年ぶり。その時には激混みで食い損ねたお好み村のあとむ訪問や、バッケンモーツァルトで美味い洋菓子を買うのがライブ参戦に次ぐミッション。福岡は2018年の遠征時に逝きそびれた博多駅地下街の名代ラーメン亭訪問が最重要課題だな。あとHUBスタンプマラソンの穴埋め。PayPayドーム店と福岡大名店逝きはマスト。

一番の問題は北海道遠征。欲望の赴くまま名店を回ったらウェイト3kg増は必至。今のうちに訪れるべき店を厳選しなくては。

もはや何の為の遠征なのか訳わからん。それが楽しいんだけどさ。

2022年5月13日 (金)

何処へ逝こうかな Perfume 9th Tour 2022 “PLASMA”

昨日情報解禁されたPerfumeのアルバムリリースと全国ツアー。そりゃ逝くでしょうよ。まだ名無しを集めての突発オフは時期尚早だけど、孤独の遠征なら全然ありあり。さすがに全通は無理だから取捨選択が必要なれども全9カ所の公演中、参戦候補地は

[日程] 2022/8/20 (土)
[会場] 有明アリーナ・ 東京
[日程] 2022/8/21 (日)
[会場] 有明アリーナ・ 東京

[日程] 2022/9/17 (土)
[会場] 広島グリーンアリーナ・ 広島
[日程] 2022/9/18 (日)
[会場] 広島グリーンアリーナ・ 広島

[日程] 2022/9/24 (土)
[会場] マリンメッセ福岡A館・ 福岡
[日程] 2022/9/25 (日)
[会場] マリンメッセ福岡A館・ 福岡

[日程] 2022/11/5 (土)
[会場] 北海きたえーる・北海道
[日程] 2022/11/6(日)
[会場] 北海きたえーる・北海道

この4カ所。都心はパスして地方遠征に注力しようかとも思ったけど有明アリーナが未体験だから一度は逝っておきたい。広島グリアリはJPNの時に逝かなかった後悔の念を払拭する為にも押さえておきたい。福岡はHUBスタンプマラソン&2018年の遠征時に逝きそびれたラーメン屋巡りも兼ねて。北海道はなんたって海鮮三昧ですよ。

いずれも2Days参戦は無謀だからいずれか1日をセレクトしエントリーしようかと。有明と広島は狭き門かもしれんが福岡と北海道はFC先行なら当確でしょ。その後の休暇調整が悩みどころだが楽しみで仕方ないぜ。

2022年4月20日 (水)

西田敏行のパック・イン・ミュージック BGM集

今や重鎮の西田敏行さんが70年代後半から80年代初頭まで5年間パーソナリティーを務めたTBSラジオ火曜深夜(水曜早朝)のパック・イン・ミュージック、通称西やんパックのMP3データをGoogleアプリ様に聴かせたら40年来謎だったBGM群の正体が全て判明。すげー時代だわ。但しラリー・カールトンの(It Was) Only Yesterdayだけは四半世紀前に自力で探し当てたけど。

自分用の備忘録と、当時西やんパックに魅せられた同志の為に全データを記載しておく。この記述に触れ、俺同様スッキリする仲間が一人でも当ブログへ辿り着きますように。

パック・イン・ミュージック オープニング曲
The Brass Ring - The now Sound

西やんパック オープニング曲
Could It Be the Music/ウォルター・マーフィー

西やんパック はがリク ラブサウンズコレクション BGM 
Deodato - Spirit Of Summer

西やんパック 最後のお便り BGM
Larry Carlton / (It Was) Only Yesterday

パック・イン・ミュージック エンディング曲
天使のささやき/ロニー・アルドリッチ

2022年4月12日 (火)

音楽認識アプリ

とみさわさんの酒エッセイで初めて知ったのだが、今の世の中には音楽認識アプリなる便利な物が存在するのか。ちょっと気になってShazamというアプリをダウンロードし、鳥貴族で流れるBGMを聴かせてみたら9割方正体が判明。たまにヒットしない曲もあるけど、これは新曲か何かで蓄積データがないからだと推測される。

Img_8567

凄えなぁ、何処までテクノロジーは進歩するんだろと感心しつつ、この機能ってグーグルレンズで俺を驚愕させたGoogleアプリにも実装されてそうな気がして確認したら、

Img_8568

やはり予想通り。思えば何年も前からSiliとかはある訳だし、スマホに既成曲を聴かせて正体を暴く事など今や朝飯前なのだな。

では、ちょっと意地悪してこいつらの能力を試してみる事に。まず葡萄畑の恐怖のこまわり君を聴かせる。

Img_8573 Img_8574-002

おお、素晴らしい。どっちも優秀だ。

次にTHE STALINの冷蔵庫を聴かせると、残念ながらいずれもヒットせず。思えばスターリンのtrashってレコ倫は通してない筈だから仕方のないところ。

ついでにやくざハンターのテーマを聴かせたら、やっぱヒットしなかった。無念・・ まあ、こっちもJASRAC登録とかしてないので当たり前と言えば当たり前、か。

その昔、たまたまJ-WAVEで聴いた俺好みの曲がグリーンデイのバスケットケースだという情報を掴むのに2年近くかかったり、ラリー・カールトンの(It Was) Only Yesterdayへ辿り着くのに10年以上費やしたりしたので、当時こういう便利ツールがあったら何も困らなかったろうな~と思う反面、情報を掴んだ時の感慨はひとしおだったから容易に情報を掴めてしまう世の中ってのもそれはそれで善し悪しだな~と思わされたり。

まあ今後は相当こいつらの世話になると思うけどね。

2022年2月28日 (月)

バッチリOK

自宅で酒飲んで上機嫌の時によく口ずさむ曲が2つある。ひとつは恐怖のこまわり君、もうひとつはイカ天で赤ランプ食らって吉田健さんにボロクソ言われたザ・ファンタジーズというアマチュアバンドのバッチリOKって曲。いずれも名曲とは微塵も思ってないのだが、酔って口ずさむって事は無自覚的に俺の潜在意識へ深く深く刻み込まれてるんだろうな。

恐怖のこまわり君はシングル盤持ってるから何時でも聴けるけど、バッチリOKの方は手元にデータがない。で、今さっき気まぐれにYouTube検索したらヒットした! 観ると約6年前にアップされ再生回数は1万ちょい。まあ世間的にはそういう扱いの作品ですよ。でも久々に聴けてちょっと嬉しかった。サビ以外、何も覚えてなかったけど。

2021年12月 7日 (火)

大正ロマンス

大正浪漫の原案小説がここで読めるので読んでみたら想像とは少し違う物語だった。魅力的な短編だなとは思ったけど。

俺が一番気になったのは君が君の時代を生きた証を 八千代超えても握りしめてという一説が原作にあるかどうかで、やはりというか予想通りというか原作にはなかった。Ayaseさん、あんたコンポーザーとしても一流だけど、それ以上に大変な詩人だわ。

2021年12月 5日 (日)

YOASOBI 大正浪漫

Img_8004

昨夜、YOASOBIがゲスト出演した回のSONGSを観てたらTHE BOOK 2を買わずにいられなくなり即購入。中でも3曲目に収録された大正浪漫は少し前にPVを観て、気持ち良い旋律の歌だな~ぐらいの印象だったのだが番組内のコメントに触れ、えっ!?と思って聴き直す。

曲中では具体的に何なのか示されないものの歌詞にある悲しい事へ関東大震災というワードを重ねた瞬間、ウッ!となってしまった。これはヤバい。夜に駆ける級のハート泥棒だわ。更に言えば、この曲の凄さは君の名は。や時をかける少女(2010)が2時間近くかけて綴ったSF物語をたった2分46秒で描ききってる点。

それと曲調(特にA.Bメロ)に強い既視感を覚え、それが一体何なのか思いを巡らせたら即座に解答が弾き出された。原由子さんの私はピアノね。Ayaseさんが直接この曲をリスペクトしたか否か知る由もないが同一線上の楽曲である事は間違いなく、オールドタイプはある種の郷愁に駆られる。

いや~、年甲斐なくYOASOBIを熱く語ってしまった。でも俺みたいな偏屈者をも魅了する力がこの楽曲には備わっている。他の収録曲も秀作揃いだし、良い買い物だったと個人的には思う。

2021年11月11日 (木)

BABYMETALカテゴリー新設

2016/4/17に書いたこれが最古のベビメタ発言なのでBABYMETALカテゴリー新設作業は取り敢えず完了。記事数101。約5年半あったとは言えよく書いたな。同時にPerfumeカテゴリーの新設作業を進めてるもののファン歴が長い分こっちはまだ半分って感じ。

いずれも音楽カテゴリーから独立させた訳じゃなく、音楽カテゴリー内のベビメタだったりPerfumeだったりという切り分け。昔は出来なかったけど今じゃココログでも1発言に対して複数のカテゴリーを割り振る事が出来るので。だから内容によっては音楽と酒とブリティッシュパブHUBとベビメタとPerfumeが同時に割り振られてたりする。節奏ねえなぁ。

それでも自分が昔書いた記事を抽出したい時には便利。単なる個人の感想が多いけど情報発信もしてるから、そういうのは自分の所で拾った方が手っ取り早い。埋め込み動画とかね。ただ今回の作業で気付いたのはリンク切れの動画が結構あるって事。そういう記事はこれを機に削除してしまおうかとも思ったのだが、それを含めて自分史だから敢えて残した。それに削除された動画のタイトルでYouTube検索すると再アップされた動画へ飛べたりするし、全く無意味じゃないのだ。

しかし何事もなく10/10を迎えて活動封印状態に突入したベビメタだけど、公式からは何のアナウンスもないから今後どうなるのかさっぱり分からない。でも解散とか引退とか、そういう単語が全く出てこないって事は何時の日か突然に活動を再開する可能性もある。OTFGKだが無力な1ファンとしてはその時を震えて待つのみ。

【追記】
Perfumeカテゴリーも新設作業完了。こっちの記事数は現時点で134でした。

2021年8月24日 (火)

昭和の歌姫を暑苦しく語る

数日前テレビでやってた昭和の歌姫ランキング番組をたまたま観たんだけど面白かったな。特に2位太田裕美さんの木綿のハンカチーフ考察。SNSじゃ歌姫云々じゃなく楽曲の評価に終始してね?という突っ込みが多数見受けられ俺も同意なれど考察自体が興味深かったので問題Nothing.。特に男性パートがヨナ抜き(FとBを使わない童謡によく用いられる音階)とか、すげー気付きだなと。

で、こんなのを引っ張り出してきちゃったりなんかして。

Img_7453

発売当時、全22種コンプしたものの大昔に手放しちゃって手元に残ってるのはこれだけ。木綿のハンカチーフはシークレット4種と同等扱いの人気アイテムでダブりが良い値で捌けた事を思い出す。ちなみに石川ひとみさんのまちぶせが2枚あるのは意図的に残した訳じゃなくてダブりを処分しきれなかったから。一時期これを7-8枚抱え込んでたもんな。いや、好きですよまちぶせ。トップ10には入らないけどベスト30ぐらいになったら外せない名曲。

歴史を紐解くと木綿のハンカチーフ大ヒットは1975年。わたくし9歳の頃ですね。だから真価に気付いたのはずっと後で20代の頃。むしろリアルタイムではがきデカでこまわり君がこれのドーナツ盤をチンポの先で再生するというバカバカし過ぎるギャグの方が印象に残ってる。

【追記】
あ~これ記憶違い。正しくはさだまさしの雨宿りでした。いずれにせよ最高に下らない最高なギャグではあった。

なお、先の番組にあやかり極私的昭和の歌姫トップ5を楽曲含めて挙げるとこうなる。長年生きてきたけど、パッと思い付くのは常にこの5曲だから恐らく生涯変わらないと思う。

異邦人...久保田早紀
迷い道...渡辺真知子
思秋期...岩崎宏美
木綿のハンカチーフ...太田裕美
あなた...小坂明子

5-3位はその日の気分で変わるけど2位木綿のハンカチーフ、1位あなたは不動。楽曲クオリティだけで言えば木綿のハンカチーフがトップオブトップなのだが小坂明子さんのあなたは更に上を行く。

数年ぶりにこの5曲を聴き直して何故あなたが私的ベストワンであり続けるのか少し分かった気がする。なんか危ういの。歌唱力は明らかに他の4人より劣っててピッチが不安定だったりところどころ声がかすれたり。でもね、そこがあり得ないほど良いの。だから個人的にはあの音源、あのテイクが全て。

その証拠にって訳じゃないけど小坂明子さんのデビューアルバムに収録されてるあなたの別テイクは空前の大ヒットとなったシングル盤のテイクほどハートに来ない。多分、ライブで生歌を聴いてもそうなんだと思う。あの日あの時フリーズドライされたパフォーマンスこそが最高なのだよ。

 

しかし改めてこの5曲を聴くと今じゃド定番のAメロBメロサビという構成の曲がひとつもない。そこにも昭和歌謡の魅力が含まれてるんだろうな。

より以前の記事一覧

2022年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ