2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

2018年12月13日 (木)

Prefume横アリ公演と毎度のパフュ呑み

逝ってきました新横浜。自宅からは八王子へ出て横浜線を使えば1時間半ぐらいの場所だから普通に日帰り出来るものの、会場の近場で同類達と終電を気にせず飲みたかったからホテル泊。

これは幕張のパフュ呑みで小一時間しか語り合えなかった事の反動だね。ま、翌日も休みだし、たまにはこんな小旅行気分もいいんじゃないかな~と。


俺、横浜アリーナとは縁が無くて今回が初参戦だったりするんだけど音の良さに驚いた。今回あまり良い席じゃなく後ろの方だったのに遅延がほとんど感じられずしっかりした音圧で重低音が響いてくる事に感心させられたり。これはまあ横アリ云々のみならずチームPerfumeのPAが優秀って事もあるか。

ライブに関してはネタバレ禁止で書けない事が多いから早々にアフターの話題を書こうかと。例によって匿名掲示板で参加者を募り、愛しのHUBでパフュ呑みと洒落込む。


都心部に近いアリーナ公演という事で間違いなく10人以上集まることは経験上分かってたので早い時期にお店へ電話して席を押さえようと思ったら、応対してくれた店員が横アリでイベントがある日も満席にならないから予約しなくても大丈夫ですよと言ってくれたので特に予約はせず。で、店へ行ったら満席近いじゃないか! ウソつき~~!!

それでもまあスタンディングで囲んで飲める丸テーブルを1つ確保し、近くのカウンターも陣取る形で2箇所へ分かれての宴が出来たから発起人として責任はギリギリ果たせたか。ちなみに今回は5日ほど前に告知をアップし、集まった5ちゃんねらーは15-6人。ほぼほぼ去年の広島ベビメタ呑みと同様の規模になったけどキャッシュ・オンのHUBだから俺が幹事役を務める必要はなくてお気楽ご気楽(死語)。

今回も世代を超えて様々な人達とパフュネタで死ぬほど盛り上がり楽しかった~ 聞くと広島インディーズ時代の3人をイベント会場で観たという超古参の方も来られてビックリ。

あと今回は若手の参加者が多くて、20代前半が5-6人居たか。だから俺が初ドーム新規だという話をしたら羨ましがられるというレアケースが発生。考えてみればあれって8年前だから、彼らはまだ中学生だったりするもんね。

HUB閉店の25:00頃お開きにして、若手連中は2軒目に行くと言って夜の街へ消えていった。その時ちょっと誘われたけど寝不足で体力的に限界だったのと、20代の集まりに俺みたいなクソオヤジが混じってたら気を遣わせちゃうかな~と思って遠慮しちゃった。5ちゃんの書き込みを見たら始発まで呑んでたらしいし、俺は行かなくて正解だったかも。

横アリでは12/28.29に追加公演、大晦日にはカウントダウンライブも予定されてて、どうせ仕事だろと思ってエントリーしなかったもののたまたま大晦日が休みになっちゃって、折角だからと二次募集にエントリーしたけど残念ながら落選。但し三次募集が行われる可能性は高いので取り敢えず悪あがきしてみて、当選すればまた新横HUBでオールナイトパフュ呑みを企画しようかと思ってる。さて、どうなる事やら・・

2018年12月 8日 (土)

嗚呼ジョン

先のつぶやきをアップして気付いたけど今日はジョンの命日じゃないか。

たまたまテレビでぴったしカンカンを観てて、久米宏氏が発したジョン・レノン射殺の報に触れ目の前が真っ暗になった・・つーか、ビートルズ再結成の可能性が木っ端微塵に吹き飛ばされ失意のどん底へ叩き落とされた事を今も鮮明に覚えてる。

俺がビートルズの洗礼を受けロックに傾倒したのは忘れもしない1978年。プリーズ・プリーズ・ミーやラヴ・ミー・ドゥがCFで引用され、1966年の来日公演が日テレで再放されたりして再ブーム的な盛り上がりを見せてた頃。

バンド解散が1970年だから僅か8年後か。勿論メンバーは全員健在で、当時はビートルズ再結成の可能性がゼロに等しかった事も今なら容易に想像出来るけど、大人の事情なんぞ一切知らず理解も出来ないガキにしてみれば復活を夢見てしまうのは仕方のない話。しかしながら事実上リーダーだったジョンが逝ってしまえばTHIS IS THE END ビューティフル・フレンドですわ。

あれはTBSラジオで毎週楽しみにしてた西田敏行さんのパック・イン・ミュージックが放送される日。深夜1:00に西やんパックが始まり、パーソナリティーたる西田さんの第一声より前にドント・レット・ミー・ダウンが流れ始め、その日はジョンの追悼放送となった。

あれから早や38年。光陰矢の如し・・

2018年12月 5日 (水)

BABYMETAL 3人体制へ

匿名掲示板もSNSも、ベビメタ界隈は昨夜行われたシンガポール公演の話題で持ちきりですなぁ。表題通り3人体制でのパフォーマンスへ戻り、ちょっとweb検索したらゆいちゃんの後釜を誰が務めたかも即座に分かった。恐るべき情報化時代。

平井沙弥
2000年10月1日生まれ18歳
キャレスボーカル&ダンススクール所属

まだ公式からは何の情報も発信されてないのでこの娘がそのまま新メンバーとして迎え入れられるのか臨時の穴埋めなのか分からないけど、スタッフサイドが3人体制で再スタートを切ろうとしてる事だけは間違いなさそうなので光明が見えた。これなら来期のツアーから再び参戦しようという気にもなれるというもの。既にSAYAMETALとか呼んじゃってる気の早いメイトもチラホラ見受けられるものの、まずは現在スケジューリングされてる海外公演での奮闘ぶりを影ながら応援させていただこうかと。

しかし、俺が思うにもっと早い時期から新メンバーを迎えて3人体制で動き始めても良かった気はする。ただまあ、そう出来なかった裏事情があるんだろうけどさ。

その辺の事は何年か先にゆいちゃん本人やKOBAMETALの口から真相が明らかにされると思う。ただ、今ファンとしての俺らが注目すべき事は真相云々じゃなくエンタテイナーとしてのベビメタの現在と未来なんで、ダークサイドスタイルのまま尻すぼみにはならないという事実が明確になった事をまず素直に喜びたいと思う。

ちなみにYouTubeへ飛んでbabymetal singaporeの語句で検索かけると既にシンガポール公演のファンカム動画がわらわらヒットする。で、久々に3人体制の動画を観たらなんかグググッときてしまった。やっぱベビメタは3人(+神バンド)でなきゃダメよ。

2018年11月23日 (金)

Kaneaiyoyokaかねあいよよか

川口千里さんは大方の予想通りプロの女性ドラマーとして活躍中だけど、この娘は将来どこまで行くのか興味津々。

2018年11月 8日 (木)

阿佐ヶ谷で突発的パフュ呑み

昨夜は所用があり中野坂上にある先輩の事務所へ。その後は何時もの流れで先輩が贔屓にしてる阿佐ヶ谷のスナックへ移動。お邪魔するのは年始以来だから約10ヶ月ぶり。それでもママさんは俺の事をよく覚えてくれてて手作りのサンドイッチをサービスしてくれた。

で、そのサンドイッチの具がまさかのキュウリ!! しかしながらこのシチュエーションで俺、キュウリ食えないんですとは口が裂けても言えない。ええ、そりゃもう表情ひとつ変えず完食しましたよ。しかし多少酒が入ってたのと、数多の青野菜を克服してきたバックグラウンドがあるとは言え、キュウリサンドを完食出来た自分自身にちょっと驚く。

ただ一つ新発見があったとすればキュウリってスライスして時間が経ちフニャフニャになった青臭い奴は激マズなんだけど、スライスしたてのシャキシャキした奴は意外と抵抗なく食えちゃうって事。これを機に克服とまではいかないけど光明が見えた。その点でママさんに感謝を。

***

で、表題の件。そちらのお店にはバイトでドルヲタの娘が出入りしてて年始にもちょっと話したんだけど、何とかいう地下アイドルのイベント帰りとか聞いた覚えがある。ドルヲタだから当然Perfumeやベビメタ、BiSHにも精通してて前回もそんな話をしたっけ。

昨夜も話の流れでPerfume談義になり、聞くとその娘はポリリズムでブレイクする前からその動向に注目していたという正真正銘の古参で、一昨日10周年を迎えた2008年の初武道館ライブ2Daysにも参戦して一曲目のコンピューター・シティで全身総毛立ったとか羨ましい話をさんざん聞かされる。

その後も話は止まらずひたすらマシンガントークが続き、俺が聞き役に徹するという逆転現象が発生。通算ライブ参戦数100回オーバーという強者の5ちゃんねらーを相手にしても俺がパフュ談義で聞き役に徹する事は未だかつて一度も無かったから、これはもうかなりのレアケース。でもまあ大好きなPerfumeの話題だから聞いてるだけでも楽しくて、何とも貴重な体験をさせていただいた感じ。

こういう機会ってたま~に味わうのが良いんだろうな。面白かったから来週も一人で逝っちゃお!なんて事を繰り返すと話のネタが尽きて楽しみは半減しちゃう気もするし。そんな訳で恐らく彼女との再会は何ヶ月か先。それはそれで人生の楽しみが一つ増えた感じではある。

2018年10月27日 (土)

徳島のパフュ呑み

ライブルポの後はアフターの話題なんぞを。俺が5ちゃんで飲みの仕切りをするのはベビメタで3回、パフュも今回で3回目、計6回か。これだけ場数をこなせば慣れたもんです。

一番の目的は勿論、俺自身が公演後に同類と語り合いたいからだけど、こういう機会に必ず書き込まれる幾つかの発言に対する救済行動だったりもする。

曰く公演後は誰かと話したいけどぼっち参戦だしコミュ障だし、ボクやっぱり勇気が足りないアイラブユーが言えない云々・・ で、結局はホテルでコンビニ弁当一人で食ったとか、オフ会報告を受けてやっぱり行けば良かった~とか。

俺自身も人見知り気質だからそういう人の気持ちはよく分かる。でも勇気を振り絞って一歩を踏み出せばライブ参戦の思い出は何倍も楽しい物に膨れ上がる事も分かってる。じゃあ、どうやったらそういう人達を俺主催の宴へ引っ張れるだろうかって事を常に考える。そこに楽しみを見出しちゃってる部分もあるかな。

オフ会って謳うとそういう人はまず来ない。だから名前を変える。過去には打ち上げ難民救済の宴と謳ったりもしたけど、なんか恩着せがましいので止め。広島のベビメタ呑みでは5番の会にしたものの、ちょっと間抜け過ぎるのでパス。で、今回はひねり無しで徳島お気楽会にした。

公演一週間前辺りからなるべく目障りにならないよう気遣いつつ告知を書き込んだものの、やっぱり数名から突っ込み食らった。飲みの告知ってどうしても長文になりがちだし興味ない人にとっては目障り極まりないだろうから、これはもう仕方ない。

それでも俺の告知は住人たちからそこそこ好意的に受け入れられ、最終的には12名ほど集まったか。お店には事前に15名前後と伝えたものの、この人数ならギリギリ詫びを入れずに済むレベルじゃないかと。

今回俺がチョイスしたお店はこんなところ。




いや、素晴らしいロケーションじゃないですか。土地勘のない俺がweb検索だけで見つけた店としては上出来の上をいく及第点と言っても過言じゃない。

参加人数が増えるか否か微妙だった時にお店へ電話して当日の予約状況を確認してみたところ拍子抜けするほど楽観的な返答が得られ、実際にお店へ行ったら客が俺ら以外ほとんど居ない状況だったり。首都圏感覚だとお店の席を事前にしっかり押さえないと満席で門前払い食らう事を考えちゃうけど、こっちじゃそういう心配は無用っぽい。確かにwebで情報を得た幾つかの人気店へ行ってみても満席って事は皆無だったもんな。人口密度が低い事の恩恵か。それはそれで好都合なのでNO問題。

肝心の呑みルポを書くと、そりゃ楽しくない訳がないの一語。今回も入り口のハードルを極限まで下げた甲斐あってオフ会の類いには無縁という方々にも複数ご参加いただいた。結果オーライだけど俺的にはそういう人達との方が盛り上がれるんよ。

申し訳なかったのは幕張や福岡で俺の呼びかけに反応し参加して下さった人と再会したにもかかわらず、俺がその人たちを覚えておらず自己申告していただくまで気付かなかった事。これはもうホントごめんなさいなんだけど昔から人の顔と名前を覚えるのが超絶苦手なんで・・

さておき今回も会計でのトラブルは一切無く、楽しいひとときを過ごす事が出来た。また味を占めたので次回参戦予定の12/12横アリ公演でも5ちゃんねらー集めて盛り上がる予定。その為だけに日帰り可能なれど新横浜のホテル押さえちゃったし。

何しろ新横浜駅前にはこういう集まりの強い味方、ブリティッシュパブHUBがあるのだ。キャッシュオン故、幹事役を務める必要がないからプレッシャーは半減以下。もう少ししたら席だけ予約し5ちゃんのパフュスレへ告知文を上げるのみ。楽しみだぜい! 

たが次回は誰からも突っ込み食らわないよう書き込み内容に細心の注意を払わなくては・・

2018年10月26日 (金)

Perfume 7th Tour 2018 「FUTURE POP」 @徳島 2018/10/24.25




此方がPerfume FPツアー徳島公演の会場、アスティとくしま。画像だけ見れば都心部のイベントホールと何ら変わらない印象なれども地図で確認すると最寄り駅がなく、最も近いJR高徳線二軒屋駅からでも徒歩15-20分の距離。しかもそれまでの道のりが住宅地というか田舎道というか何というか・・ 大型イベントホールは駅近くの開けた場所という首都圏感覚を根底から覆すロケーションにカルチャーショック受けまくり。

実際に会場入りしてみるとかなり横長で、スタンド席は全体の2割程度という結構な変則パターン。恐らくPTA枠は全てアリーナで、一般や当日券がスタンドという割り振りだったんじゃないかと。あと、本ツアーでは唯一SOLD OUTがアナウンスされない会場と言うことで客入りが懸念されたものの、9割以上埋まってるように見受けられたので何も問題ないかと。

今回のライブ参戦にあたり俺の中でのテーマとしては、曲に合わせて手を上げたり手拍子したりの動きを極力排し、ステージ上の三人のシンクロ度をじっくり堪能する事だった。あれはあれで嫌いじゃないけど、自分が動くとどうしてもステージへの注意力が散漫になるので。

初日に俺が割り振られたのはアリーナ16列目101番というかなり端の席で、三角形のフォーメーションだとセンターと下手が完全に被って直線上に見える。まあハズレと言えばハズレなれど、結果センターと下手の二人のシンクロ度がガッツリ確認出来るので今回の俺的には当たりだった。で、その重なった二人のあり得ない程のシンクロ度に驚愕。華麗でしなやかで可愛げがあり美しい。古い言い方だけど、一糸乱れぬ舞踊とはこれほどまでに人を感動させる物かと改めて思わされた。

で、今回感じたのは近年の曲の振り付けと旧曲の振り付けには全く異なる味付けが施されてるなって事。今の三人が旧曲を披露したら完成度が凄いんだろうなと思いつつ観てみると、あまりそういう印象は受けなかったりする。

要はMIKIKO先生の振り付けが三人の成長に合わせ進化してて、よりシンクロを意識した内容になっているからなんだと思う。だからこそ近年の曲のダンスは揃ってる感が凄い。神ヤスタカの楽曲も冴えてて特に歌詞が面白い。そこにライゾマの近未来的ビジョンが加わり総合芸術としてのチームPerfumeが完成する。相変わらず唯一無二のステージングだわ。

ちなみに本公演はNHKで放映されたReframeの丸々1時間MC無しを踏襲した語りの少ないストイックな構成で公演時間も少し短め。でもこれが良かった。何時もだったら4曲やって長いトーク、3-4曲やってまた長いトークというほぼトークショーの展開だったのに今回はスタイリッシュな曲が休みなしで続くからカッコイイPerfumeを十二分に堪能出来る。

勿論、比率が変わっただけで楽しいMCもしっかり披露してくれるし、そのバランス感が個人的には心地良い。あと、オッサンもう歳だから公演時間が短いのは好都合だったりもする。いつだったか、立ちんぼで2時間45分付き合わされた時はさすがに終盤堪えたもんな。

これも毎回書いてるけど連日新ネタを用意してきて、更にしっかり客の笑いを取るトークセンスはホントに凄いと思う。YouTube掘ると初期の初期から三人のトークは冴えてるし、このアメとムチの様な構成が病み付きになるんよ。特にMCは毎回違うから飽きずに何度も参戦したくなるという。

全通目指しちゃうコアなファンには遠く及ばずとも今年は非常に良くPerfume公演へ足を運んでて今回で5.6公演目。12/12の横アリにも行くから計7公演。これは今までの新記録か。さすがに年末の追加公演は見送るけど来年以降、またツアーが企画されて都合が付けば逝っちゃうと思う。

ただ残念ながら体力に陰りが見え始め、遂に膝が痛くて何度もジャンプ出来なくなってしまった。去年まではオルスタ最前付近で圧縮に耐える事もなんとか出来たけど、もう無理かもしれないな~ 歳を食うって悲しい・・

【追記】
でもピカピカ輝きマウス(チュッ)では飛んだ・・つーか、あ~ちゃんに飛ばさせられた。あの人、煽り巧過ぎじゃろ・・

2018年10月22日 (月)

人気グループのメンバーチェンジ

1日や2日で事態が収束する筈もなく、5ちゃんのベビメタ板じゃ今もゆいちゃん問題で大揺れ。悲痛な叫び声あり建設的な意見あり、この程度の事で嫌気が差すならファンなんか止めちまえという狂信者あり煽り荒らしの誹謗中傷ありと完全なるカオス。

ただ、スレの消化スピードは小神の訃報が流れた時や5月のワールドツアー初日の時ほどじゃない印象を受ける。既に多くのファンが予測してた事態という事もあるんだろうけど、それよりむしろ5月を機に相当数のファンが離れてしまった結果という気がする。

まあ色んな意見が飛び交ってるものの俺と同意見の人も結構居るね。大多数とは言わないけど全体の3割程度さ学の卒業生引っ張ってきて三人体制での立て直しを望んでる模様。

ゆいちゃんの代わりなど誰にも務まらん!もうベビメタに見切り付ける!!って人も多い。そりゃ、ゆいちゃん推しならそうだろうな~と。幸か不幸か俺はすぅさん推しだから冷静さを保ってられる訳で、もし仮にゆいちゃん推しだったら手持ちのベビメタ関連グッズ全部売り払ってサヨナラの可能性あるし。だからそういう人を責めるつもりも無し。

***

話はベビメタから少し離れて表題の件。ショービジネスにおける人気グループのメンバーチェンジ例は枚挙にいとまが無く、むしろショービジネスの歴史は人気グループのメンバーチェンジの歴史と言っても過言じゃない。

俺ら世代的に即思い付くのはドリフの荒井注→志村けん。これをリアルタイムで体感したのは自慢のタネかも知れんな。最初は違和感ありありだったものの徐々に頭角を現し始め(それは長さんを初めとする周囲の後押しの成果でもあるけど)最終的には国民的な人気者へ成長し、グループの顔とまで言われるようになる。

ロック界へ目を向けるとストーンズのブライアン・ジョーンズ→ミック・テイラー→ロン・ウッドか。そりゃオリジナルメンバーのブライアン・ジョーンズがカリスマ性では頭一つ抜けてる感は否めずとも、ミックもロンもしっかりとバンドの伝統を継承し今に至る。

残念な例としてはザ・フーのキース・ムーン→ケニー・ジョーンズ。これはもう交代もクソも無くバンドの顔だったキースがクスリのやり過ぎで死んじゃったから新メンバー引っ張ってくるしかなくなり、あの破天荒なキースのプレイを継承する事は誰にも出来ず僅か数年で活動休止へ陥ってしまう。ケニーだって使命を全うする為に頑張ってたと思うし個人的には嫌いじゃないけどね。

さておきオリジナルメンバーが一人になっちゃった長寿バンドも結構多いみたいだし、そう考えると新メンバー加入に目クジラ立てるのも建設的じゃないよな、と個人的には思う。但し、絶対に代えが効かないグループの存在も否定出来ない。Perfumeとかね。

ファンとしての奢りは否定しないけど、あの三人の絆の深さは尋常じゃない。それを改めて感じたのはやっぱりdocomoの距離をなくせプロジェクト。隣に居たってダンスのシンクロは難しいのに、10000km離れててもそれぞれの存在を感じながら完璧にシンクロしちゃうんだから代えなんか効くわけがない。

ベビメタがその域へ到達する前にオリジナルメンバーの一人を欠いてしまった事は残念なれど、新メンバー加入によって充分に立て直せると俺は思ってる・・と言うか願ってる。このまま尻すぼみで終わってしまうのは勿体なさ過ぎ。もう少しだけ俺らに夢を見続けさせて欲しいと切に願うのみ。

2018年10月19日 (金)

YUIMETAL、BABYMETAL脱退

BABYMETAL新体制についてのお知らせ

ベビメタ界隈揺れまくってますが、まあこういう事です。

ファンの大半が予想してた結果なので俺自身も大ショックって事はなかったりする。勿論寂しいけど、ようやく事実が明確になり胸のつかえが取れた気分。水野由結さん今までありがとう、今後の活躍を期待しますと切に願うのみ。

解せないのは発表のタイミング遅過ぎじゃね?って事。裏事情が分からないので何とも言えないけど、復帰か脱退かを決定・公表するデッドラインは公演一週間前じゃなくチケット発売前が筋でしょ。

まあ今回参戦する人たちの過半数が諦めの境地だったとは思う。けど、ひょっとしたら・・と一縷の望みを持ち続けた人だって居る筈。なのに事実関係を公表せずチケット全部売り捌いた後でやっぱり復帰出来ませんでした&脱退発表って、ゆいちゃん復帰を夢見てチケット押さえた人にしてみたらそりゃねえよ!って話。それもこれも過ぎた事だから今となっては何を言っても始まらない。ただ、恐らくこうなるであろうと予測し参戦を見送った俺、GJって感じですか。

過去の事をグチグチ言ってても仕方ないので建設的な話を書きましょうか。既にスケジューリングされてる公演に関しては今のダークサイドスタイルで押し切るとして、その後の活動を考えた場合、無理矢理感満載の二人体制を続けるのは得策じゃないというのが私的見解。楽曲にせよダンスパフォーマンスにせよ三人ありきのスタイルが確立されちゃってるからね。

じゃあどうすれば良いのか。これはもう新メンバー加入で三人体制を維持するしか無い。それも、ゆいもあと活動を共にした同期に近いさくら学院の卒業生が理想的。俺、そっち界隈の情報に疎いからゆいちゃんレベルのダンスをこなせる娘が他に居たかどうか知らないんだけどさ。

恐らくこれなら俺含め、離れてしまったファンを呼び戻す事も十二分に可能だと思う。逆に二人体制で押し切ろうとしたら何処かで破綻し、せいぜい1年やそこらで空中分解しちゃう気がする。一ファンの願望かも知れないけど、これが最良の解決策だと思うんだよな~

ちなみに俺、今日の今日までほぼほぼボイコット状態だったので5月から一度もベビメタのアルバム音源を聴いてない。ライブ映像も現行のファンカム動画をチョロっと観ただけ。でも事実関係がハッキリしたので久々にブルーレイを観返そうかと思ってる。まずは去年参戦してデタラメに楽しかった銀キツネ祭りかな。この頃はゆいちゃんも小神も健在。酒飲みながら観たら泣いてしまいそう・・

2018年10月11日 (木)

Perfumeチャリティーオークション第3弾終了

Img_1915

このチャリティーオークションも今回の3着で取り敢えず終焉。通勤途中にリアルタイムで傍観してたけどあ~ちゃん衣装は残り数秒で約90万跳ね上がりオークション終了。まあ自動延長無しだからスナイパーはそうするだろうな。恐らく落札者はギリのギリに250-300万突っ込み、220万上限で入札した競合相手の巻き返し手を封じたんでしょ。

かしゆか衣装も終了数分前までは130万前後で、一気にこの価格へ吊り上がっていった。のっち衣装は早い段階で250万前後にまで高騰してて、最後の最後に財力ある狂信者が300万オーバーでさらっていった模様。無責任な事を書かせて貰えば、いずれも結構な見物でありました。

で、落札者をチェックさせていただくとかしゆか衣装だけが新規で他2着はそれなりに評価を重ねた経験者。で、ここにもちょっと書いたけど高額入札者には事務局から落札意思確認の電話があるらしいので、まあ多分この額でちゃんと入金されるんでしょ。

全9品目の合計落札額は19449000円ですか。予想を大きく上回りましたね。俺のコレクターズセンサーもやや衰えたか・・

より以前の記事一覧