2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

COVERS Grace of The Guitar+ 森恵

無料ブログはココログ

2017年8月17日 (木)

Let it beのブルーレイ

名匠ロン・ハワードが監督したビートルズのドキュメンタリーのWOWOW録画BDを数日前に観たらレット・イット・ビーがちょっと観返したくなり、web検索すると国内ではBDはおろかDVD化すらされてない事を知る。確かにビートルズの公式記録映像としては最も面白味が無い事も確かなので、セールスに結びつかないという理由でソフト化されないのかも。

ところがヤフオク検索したら輸入盤とおぼしき出品物がヒットして、備考欄をチェックすると日本語字幕も入ってるという事だったので入札し、そのままスタート価格で落札。

で、届いた現物を確認したらこれって正規品じゃなくて何処ぞのファンか業者が様々なバージョン違いの映像を詰め合わせにしてBD-Rへ焼いたブートレグ(・・と言うより違法コピー物)なのね。故に画像もイマイチだけど安かったので俺的に何ら問題なし。

思い返すと俺がこのドキュメンタリー映画を初めて観たのは13歳の頃。有楽町のスバル座でビートルズフェスティバルと称してリバイバル公開された時。その時に買ったパンフを引っ張り出して確認したらア・ハード・デイズ・ナイト(ビートルズがやってくるヤア!ヤア!ヤア!)、HELP!(四人はアイドル)、イエロー・サブマリン、Let it beの4本立て。

当時の感想を率直に述べるとダルい映画だなあって感じ。リチャード・レスター監督作のハード・デイズ・ナイトとHELP!が最高に脳天気で楽しい映画だったから尚更そう思えたのかも。

とは言え、今もう一回見返したら印象は大きく異なる筈・・と思いつつ数10年ぶりに再見したら、予想通り楽しめちゃった。ビートルズ空中分解寸前の危うい空気感がひしひし伝わってきて実にスリリング。

世間的にはジョンとポールの不仲がグループ解散の引き金になったと言われてるけど、実際のところジョンとジョージの方が上手くいってなかったらしい。これはジョージ本人のコメントに触れて初めて知ったけど、それを裏付ける一幕も本作には含まれてたりして。

それでもセッション中の4人はホントに楽しそうで、人間関係が上手くいかなくなっても皆やっぱり音楽好きだから、一緒に音を出してる時は幸福なんだろうな~と思ったり。

ちなみに映像作品に触れるのはもの凄く久々なのに、冒頭でポールが弾くピアノの旋律とかを鮮明に覚えてるのが何とも不思議・・

で、その謎が今さっき解けた。先のスバル座へ観に行った際、劇場へテレコを持ち込んで録音して帰ってきたんだっけ。今はもうそのテープも手元に残ってないけど当時死ぬほどヘビロテしたであろう事は容易に想像が付く。だから画の記憶は残ってないのに音の記憶だけは鮮明なんだな。

エンドロールを観ると本作のマスターは16mmフィルムらしい。それじゃ今後、仮に正規盤がリリースされたとしても高画質は望めない。そういう意味でも今回の買い物が有意義だったと自分に言い聞かせる。

しかしこれ、全体構成が掴み難いディスクだなあ。今は全部観るヒマがないけど、全収録タイムが13時間に及ぶらしいので余裕が出来たら一気観するのも一興か。

2017年7月26日 (水)

BABYMETAL -銀キツネ祭り- @Zepp DiverCity TOKYO



7/25(火) Zepp DiverCity TOKYO
BABYMETAL 5大キツネ祭り in JAPAN -銀キツネ祭り- セットリスト


01.BABYMETAL DEATH
02.メギツネ
03.神バンドソロ~あわだまフィーバー
04.ヤバッ!
05.ド・キ・ド・キ☆モーニング
06.Road of Resistance
07.ギミチョコ!!
08.KARATE
09.ヘドバンギャー!!
10.THE ONE -English ver-

5大キツネ祭りのセトリは日替わりなので公表しても問題なしと判断。余所でもネタにされまくってるし。

1st.2ndそれぞれ5曲づつという構成で、個人的にはマイ・フェイバリットのCatch me if you canを聴けなかった事が心残りではあるもののROR~ギミチョコ!!というメトロック2015の再現を体感出来て大満足。この流れは最強だね。

しかし5mそこそこの至近距離で見るメンバー3人の可愛らしさと全身から放たれる強烈なオーラは言葉で言い表せない。シチュエーションが違い過ぎるから仕方ないとは言え、去年の東京ドーム公演とは比較にならないほど魂が震えた。特にオーディエンスを睨み付けるSU-様とふいに目が合ったりした日にゃあイチコロのメロメロ(死語)。

さておきZepp DiverCity TOKYOは事故防止の鉄柵が多く、始まる前にチェックすると俺の後ろは2-3列の人が居て、その後ろが鉄柵だから大した事なさそうだと高をくくってた。ところが始まった瞬間、左右からの強烈な圧縮に加え鉄柵をくぐってくる野郎どもに囲まれて結局すし詰め。

でも思ったよりはジェントルな客ノリだったかな。記録映像では気を抜いたら大怪我するレベルに見受けられたものの、そこまで激しくはない。この辺はやはり年齢層の問題か。最初は俺を含め元気に大暴れしてたのに4曲目辺りから周囲の疲労感がひしひし伝わってくるの。

面白かったのはRORの時、周辺の連中がウォール・オブ・デスの為にスペースを空けようとしたものの超すし詰め状態だからどうする事も出来ず、多方面で無理無理無理!という声が飛び交ってた事。でもTwitterの記述をチェックすると後ろの方ではサークルモッシュが発生してたらしい。最前付近は後ろを気にする余裕がないんで全然気付かなかったわ。

webを徘徊するとベビメタの小箱イベントは何時も1時間足らずで終わっちゃうから不完全燃焼的な不評もよく目にするけど、俺的にはこのコンパクトさと疾走感が心地良いので全然有りだと思ってる。今回無謀にも最前付近をキープしたのだって短時間なら逝けると判断したからだし。実際、思ったよりジェントルだとは書いたものの、これが2時間続いたら多分倒れちゃうよ。

しっかし明日の白キツネ祭りも逝きたかったなあ・・ 今回、当選は一人1公演という操作がなされたっぽいので、来年は白塗りイベント一本に絞って応募しようかな。

Img_4009

2017年7月25日 (火)

ベビメタ銀キツネ祭り開演直前

開演までの暇潰しに更新。最前から7列目辺りに陣取りステージ間近。但しドセンは危険な香りがしたのでやや上手辺りをキープ。予想通り年齢層が高く、そんな酷い状況にはならない気がするけど、こればっかりは始まってみないと分からんね。まあ、怪我だけはしないよう程々に逝きますわ。

開演まであと10分。現場ルポはここまでにして、帰宅後改めてレビュー書きます。

2017年7月17日 (月)

タイマーズ 生放送事故

久々にこの動画を観たけど、古館氏の適当な謝罪コメントを含め完全にテレビ局ぐるみの確信犯だよね。タイマーズは勿論のことCXも相当にロックだわ。まあ、当時のCXは突出した権力と影響力を持ち得たからこそ出来た芸当と言えなくもないか。

俺、今もタイマーズは好きだけど支持してるのは主義や思想じゃなくて心意気の部分だったりする。これは頭脳警察や少し前に書いたアナーキーも同様で、歌詞云々よりもタブーを打ち破る姿勢に魅了される。

エド・サリバンショーで歌詞を変えて歌えと事前に釘を刺されたにも関わらず本番では原曲のまま歌っちゃうドアーズ然り、ロックと言うよりはイタズラ小僧的なスタンス。そこに言いようのない魅力と親近感を覚えちゃう。

機会ある度に書いてるけど、そういう意味じゃドリフもロックだね。沢山の子供が観てる事を承知の上でストリップをネタにするわ食べ物は大事にしないわ挙げ句の果てに殴る蹴るの激しい突っ込み。そして大人に嫌われ子供からは絶大なる支持を受ける。これぞ正にエンタテイメント。

最近は何かあるとすぐSNSで常識人気取りが余計な事を書きまくるから作り手も保守的になっちゃってテレビもラジオもぬるま湯状態。それが良いって人が過半数なら俺がとやかく言っても仕方ないけど個人的感想を言わせて貰えば、こういう過激なパフォーマンスが全国放送されちゃう時代って今とは比較にならないほど面白かったなあ~と。

2017年7月 5日 (水)

とっておきの場所を発券!

Img_3900

A400番台。Zepp DiverCity Tokyo 1Fのキャパはスタンディングで2107人だから10点評価で7-8点のそこそこ良番と言える。こりゃあ、前の方へ逝かないとバチが当たるな。ベビメタの小箱イベントは1時間に満たないという話だし、ここは年甲斐なく最前付近を狙ってみるか・・

希望的観測で言えばベビメタのファン層も平均年齢が比較的高いから10-20代の若年層に支持されるロック系ミュージシャンよりは客ノリもジェントルかな~と。但し、オールスタンディングのライブ映像を見る限り楽観視出来ず、前へ出るなら多少の打ち身や擦り傷は覚悟しなくちゃならない。まあ、それもまた一興かと。

ちなみに俺自身の参戦ライブで最も客ノリが激しかったのは新宿ロフトのラフィンノーズ。但し、あの時は最後列で傍観してたから実害ゼロ。次点で去年逝ったリキッドルームのクロマニヨンズ。1990年の頭脳警察再結成ライブも結構激しかった。でも小箱のベビメタはいずれよりも激しいんだろうな。

2017年6月16日 (金)

巨大キツネ祭りも2公演当選~

まあ、平日のさいたまスーパーアリーナ2Daysだから申し込んだ時点で当選は確信してたけど。

正規の当選発表は明日18:00なれど例によって楽天カードの利用可能額を夕方からチェックしてると18:00過ぎに1公演分の変動を確認。その数10分後にもう1公演分の変動も確認出来たので、これにて当確。

問題は整理番号。SSAのオールスタンディングは後ろの方だと何も見えないって事をPerfumeのJPNツアーで体感済みだから、少しでも若い番号が割り振られるよう祈るのみ。あと、こちらも気を付けないとサークルモッシュに巻き込まれる危険性大なのでポジション取りに注意が必要。あれ、やってる方は楽しそうだし全面否定する気もないけど俺は無理。多分2-3周回ったら息が上がって倒れちゃう。正直、そのエネルギーはステージ側にぶつけたい。

過去のベビメタライブ映像をチェックすると広い会場の場合、一ヶ所のみならず幾つものサークルが出来上がるのね。傍目に見れば鳴門海峡みたいで壮観なれど、巻き込まれるのはゴメンだから上手いこと立ち回らなくては・・

さておき、去年の東京ドーム公演みたいに手こずる事なく、すんなりと祭りの参加権を手中に収められて素直に嬉しい。出来たらまた見ず知らずのファン達と熱く語り合いたいので早めに大宮へ向かい、同類の多そうな店で一杯やろうかと思ったり。

ただ、ちょっと調べたらSSA周辺にはHUBみたく誰とも気軽に語り合える飲み屋が少ない印象。強いて挙げればここかな。カウンター席があるし、料理も普通に美味そうだから2日とも入り浸るか。

2017年6月 6日 (火)

追悼 逸見泰成

今までもアナーキーネタを幾度となく書いてきたけど、今日は出会いの事を熱く語ろうかと。

俺が初めてアナーキーを聴いたのは中二の時。その少し前、西田敏行さんのパック・イン・ミュージックにブレイク直前の横浜銀蝿がゲスト出演して、彼等の主張に同調する部分があり一時期傾倒したもののガキながらに胡散臭さを覚えた事も確か。

要はそれなりに筋が通ってるように思えるトーク内容と楽曲の歌詞に大きなギャップがあり、矛盾点も多く心酔出来ない。コミックソング的な側面を持つツッパリHIGH SCHOOLロックンロールとかは今聴いても面白いけど、他はお前と湘南飛ばすぜベイベーみたいな歌が多くてどうにも・・

そんな時に同期の友人が聴かせてくれたのがアナーキーの1st。音はペラッペラながら歌詞がいたって硬派で、横浜銀蝿に感じてた物足りなさは完全に払拭され全収録曲を丸暗記するほどヘビロテ。

まあ、今聴き返すとアナーキーも相当に胡散臭い。例えば東京・イズ・バーニングだけど何が日本の象徴だ なんにもしねえでふざけんなって、別に天皇さん遊んで暮らしてる訳じゃねえだろと大人になった今では冷静に突っ込みたくなる。

でも初めて聴いた中二の頃は正に目から鱗で、主張の善し悪し以前に皇室批判というタブーを破る姿勢に俠気を感じて心酔。それはサラリーマンを小馬鹿にした3.3.3や学校教育を皮肉った缶詰も同様。特に3.3.3は今聴いても燃える。仕事でムシャクシャしたらギターをかき鳴らす事もある。何しろすんげー簡単なんで。

ちなみに俺にとってアナーキーのベスト盤は1994年にリリースされた自主ライブアルバム。1stではブザー(・・と言うか、ふざけ半分のサックス音)で歌詞の一部を消された東京・イズ・バーニングの無修正バージョンや、レコ倫絡みで収録すらされなかったタレント・ロボットが含まれてる事に加え、ムショ帰りのマリが参加してる事や1stとは比較にならない演奏力とグルーヴ感を堪能出来る等々、俺的殿堂入り確定の名盤。

以後、ずーっと各メンバーの動向を追い続けてきた訳じゃないからマリの訃報も一抹の寂しさこそ感じつつ、大ショックという事はなかったりする。それでもガキの頃に陶酔したバンドの一翼を担ったプレイヤーを偲び、今夜はこのアルバムを聴き返す事にする。

2017年5月16日 (火)

BABYMETAL ChiliChoco @ A.A Arena Miami

この動画やべえ。メインアクトのレッチリが白塗りで参加してる!!

2017年5月13日 (土)

森恵 いきものがかり YELL

Twitterでのもりめぐさんメディア出演情報はいつも直前で、酷い時は番組開始の数分前だったりする。これじゃ告知の意味を成さないじゃんと思いつつもVideo & TV SideViewを駆使すれば出先からも録画予約出来るので何とか出演番組は記録し続けてきた。

ところが現在、肝心のハードウェアに不具合が生じて修理中で、以前使ってた一世代前のブルーレイレコーダーを繋ぎに使ってる状況なので出先から録画予約が出来ない。で、一昨日のカラオケバトルと昨日のBSにっぽんのうたを録画し損ね。まあ、既に出演番組の記録ディスクが50枚以上あるし、これまで出演された全番組を欠かさず録画してきた訳じゃないから別にいいけど、1日早く告知してくれれば録り逃す事はなかったので、この辺なんとかならないのかな~と思わされたり。

しかし、俺がもりめぐさんの動向を見守り始めて早や6年。未だブレイクの兆しは見えず時折カラオケ番組や懐メロ番組でお見かけするのみ。過去には楽観的なテキストを書いたりしたものの、さすがにもうワンステップ上を望むのは無理かと思い始めてる。

出演番組を拝見すると相変わらず見事な歌声で、歌唱力だけなら業界でも屈指の女性シンガーと断言出来る。でもブレイクしない。その要因は色々あると思うけど、最近思うのは強力なサポーターの欠如がもりめぐさんにとっての不幸かな、と。

ここ数日、白い巨塔の原作を読んでるから尚更そう思えるけど、あの天才外科医・財前五郎とて義父又一の財力や鵜飼医学部長の政治力を味方に付けなければ国立医大の教授になり得なかった訳で、シン・ゴジラの台詞にもある通り、必要なのは策略と強運なんだな。勿論、それだけじゃないけど財力と政治力がサクセスへの近道って事は間違いない。

とは言え以前から書いてる通りブレイクが全てじゃないので、俺は俺なりにカラオケ番組や懐メロ番組でもりめぐさんの勇姿を見守り続けようと思ってる。

で、ちょっとYouTube検索したら見逃したカラオケバトルの動画がアップされてた。モニター再撮で音も悪いけど観られないより100倍マシ。UP主へ心よりの感謝を。

2017年4月28日 (金)

ベビメタ白キツネ祭り 落選

はい、残念ながら東京・名古屋・大阪公演、全て落選。但しwebを見渡すと公式HP先行はTHE ONE先行以上に狭き門だったっぽい。まあ、ONE先行で銀キツネ祭り東京公演には当選してるし、全滅を免れたという意味じゃ幸運に酔いしれてもいいのかな~と。

ちなみにwebでの記述を見る限りではコープスペイント必須の白キツネ祭りより普段着で参加出来る銀キツネ祭りの方が競争率高いみたい。確かにシャイな日本人にとって白塗りは敷居が高いかも。

俺なんか大義名分の元、いい歳こいて白塗りで町中を闊歩出来る白キツネ祭りの方が断然楽しめそうだから、出来る事なら銀と白でトレードしたいぐらい。

でも顔写真付き身分証明書の提示が必要だからトレード不可だし、折角当てたチケットなので銀キツネ祭りを心ゆくまで楽しみますわ。

より以前の記事一覧