2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

2020年1月20日 (月)

BiSH御用達のセイコーマート

BiSH大阪城ホール公演のブルーレイには副音声でメンバーのコメンタリーが収録されてて裏話や曲の解説も一応するけど大半は食い物ネタで、何か食いながらわちゃわちゃしてるただの女子会って感じ。そこに難色を示すファンも少なくないみたいだが、俺なんかはそういう自由奔放さを含め面白い娘たちだなと思って応援してるから、まあ普通に楽しめてる。

そんな食い物ネタの中に北海道公演の際に食ったというフライドチキンの話題があり、道内を中心にチェーン展開するコンビニ・セイコーマートのフライドチキンが絶品なんだと。現地じゃ空き時間に買いに行ったりもしてたらしく、人気急上昇中のグループのメンバーがフライドチキン目当てにコンビニへ出向く様を想像すると何とも微笑ましい。

そういう話を聞くとすぐ感化される俺は即web検索。結果セイコーマートは道内のみならず茨城や埼玉にも点在している事実を掴む。ウチから一番近い店舗は桶川で、圏央道を使えば片道1時間かからない。だったらドライブだてらに行ってみようと思い立ち、映ちゃん号で桶川を目指す。

Img_3280Img_3281

ここのウリはセルフサービスのホットシェフ。筐体を覗けばフライドチキンとモモコグミカンパニーお気に入りのうま塩チキンが整然と並んでる。あと1種、から揚げってのもあったけどそれはメンバーが言及してなかったので気にしつつもパス。

Img_3287_20200120150701

イートインがないので映ちゃん号へ戻り取り敢えず1つづつ食らう。率直な感想は、言うほど美味いかぁ??であった。まあ普通に美味いけど7iの揚げ鶏とかと比較して格段に違うって訳でもなし。

ただ、微妙に冷めてた事もあるので残りは家へ持って帰りトースターで温め直して食う事に。

Img_3294_20200120150701

まだ断酒中なのでアサヒのノンアルビールで晩酌気分。うむ、3割美味い・・気がする。

で、せっかく桶川くんだりまで足を伸ばしたから何か他にめぼしい物は・・っと店内を見回したら気になる物が幾つかあったので購入。

Img_3289_20200120150701
Img_3292_20200120150701

例え店舗が埼玉でも拠点は北海道だからこういう限定商品が色々目に付く。但し健診を4日後に控えて断酒に加え節食中でもあるから、実際に食うのは検診を終えてからですね。

これとは別にカテゴリーを分けてネタにしたい物を沢山買い込んできたので一度切って続けます。

【追記】
レジ脇の棚に置かれてたので気まぐれに買ってきたガーリック味のラスクだけど、これもweb情報によると道民に大評判の逸品らしい。俺の見立ても捨てたもんじゃねえな。その隣にある山わさびスナックは刺激が強くてまともに食えないという山わさびカップラーメンのスナックバージョンだから消化に時間かかるかも。

ピッチ修正の是非

昨夜WOWOWで放映されたベビメタのLIVE AT THE FORUM、既にYouTubeへ複数のファンカム動画がアップされてるから数曲試聴済みで、1曲目のDA DA DANCEではすぅさん結構ピッチが不安定で声もちょいちょい裏返るし、なんか不調だったんかな~と思ったりしてたもののWOWOW放映版ではものの見事に修正が施されてて完璧な歌唱へ変貌してた。

それと先週リリースされたBiSHの大阪城ホール公演ブルーレイ、これがファンの間でも物議を醸すレベルの修正具合で、2時間以上に渡り披露される全24曲をメンバー全員が1フレーズも音を外さず歌いきってる。同公演がBDリリースに先立ちWOWOWで放映された時はBiSHも随分腕を上げたもんだと素直に感心したものの後に放映される生の歌番やらライブ中継やらをチェックすると、まあみんな元気に音を外しまくるので多方面の指摘通りこれは修正の賜物なのだな。

俺はTV放映や製品化されるライブ映像のピッチ修正に関しては肯定的で、直せるものは直した方が良いに決まってると思ったり。ただ、反対派の意見も尊重はしてる。やり過ぎるとライブ感が損なわれる事は確かだし。

例えが悪いけどピッチ修正って化学調味料に似てる。隠し味程度に入れれば深みの様な物を感じられたりするものの入れ過ぎると旨いは旨いけどやや不自然になる。そういう意味でBiSHの城ホBDは一蘭のラーメンっぽい。とは言え無修正でピッチ外しまくりのパフォーマンスが気持ち良いかと問われれば、そりゃ外さない方が気持ち良いとしか言いようがないので否定も出来ず。

匿名掲示板ではそういったピッチ修正の是非を巡り定期的に論議(・・と言うよりは単なる罵り合い)が繰り広げられる。そんな中、良い事を言った名無しが居て、曰く無修正が好きなら動画なんか観てないでライブへ行けと。これは道理だね。ライブ感はライブでしか味わえないんだから現場で堪能するのが正解で、それを記録映像へ求めるのは確かにナンセンス。故に俺もその名無しと完全同意。

2019年12月31日 (火)

Perfume Reframe 2019 @LINE CUBE SHIBUYA 2019/10/23

Img_3455

Img_3458Img_3460

先程NHK BSプレミアムで放映されたReframeを観たら、あの感動が甦ったので2ヶ月遅れのレビューなんぞを。ご覧の通り旧渋公の7列目なので大当たりの部類。しかしながらReframeって情報過多の公演なので初見じゃ全てを把握しきれない。そういう意味じゃ記録映像とワンセットな気がする。

起立禁止、絶対着席の縛りは多方面で物議を醸し出してるけど俺は有り有りだと思ってる。さすがにedgeの時はムズムズしたものの、それを含めて有りかな、と。毎回は困るけどね。

2018の時もそうだったけど、何時もはノリノリの同類達がクラシックコンサートに紛れ込んだみたいな会場の空気感は何とも微笑ましく魅力的だったりもする。楽曲が終わり拍手の起こるタイミングが何時も遅いんよ。それが逆に緊張感を醸し出して印象的だったり。

でも公演終了後は拍手が鳴り止まなくて本当に感動的だった。あれ、余裕で1分以上続いたんじゃなかったかな。匿名掲示板の記述によると何時もそんな感じだったらしいから収録日の27日も同様だったんだろうけど、そこが短縮されてた事だけが今回の記録映像唯一の不満点。まあ放送時間にも限りがあるから仕方ないのかね。

さて、次回のPerfumeライブ参戦は2/25.26の東京ドーム2Days。1公演ぐらい地方にも行きたかったけど公演日が2月に集中してるので今回はパス。その分、約6年ぶりの東京ドームでブチ上がるぜい!

2019年12月15日 (日)

BARBEE BOYS

再始動したバービーボーイズのライブ生中継が来年1月に予定されてる事もあり、プロモーションの意味合いでWOWOW辺りじゃ関連番組がちょいちょい放映されてたり。今夜はビデオクリップ集が放映され、折角なので録画して現在鑑賞中。

彼らの存在を知るキッカケになったのは相米慎二監督の台風クラブ。ちょっと興味を持ち1stアルバムをレンタルしたんだけど、なんか小洒落てんなってのが率直な印象。何しろ当時はRC、アナーキー、ARB、ラフィン、スターリン、PANTAに傾倒し、ブルーハーツの登場で脳天カチ割られた時期だから売れてる物、洒落てる物は敵視してて残念ながらバービーボーイズも敵国の一員という解釈になってしまった。

今聴くと結構いいんだよね。KONTA&杏子のハスキーボイスは魅力的でハートに響く。こういう良質な部分をも拒絶しちゃう所が若さだよなあと今になって思う。

あの頃は歌番でブルハとよく競演してて番組全部録画したのにブルハ登場部分のみ編集して他は消しちゃったから何も残ってない。唯一、R&Rバンドスタンド87-88でブルハと同じステージに立った時の録画データが残ってる筈なので久々に引っ張り出してみるかな。

そう言えば10年以上前、一度だけ杏子さんと仕事をした経験がある。お疲れさま~程度のやりとりしかしてないものの、それだけで人柄の良さを感じさせる人だった。あと、強烈なオーラを感じた。俺が勝手に思うだけかも知れないけどミュージシャンって誰しも特別なオーラを発してる気がする。

[Official Music Video]Perfume 「再生」

いや、参ったね。このMV最高だわ。但し、ある程度のファン歴がないと真価を掴めないかも知れない。

ちょいと解説すると1コーラス目のサビからは今まで作られたMVのコラージュで過去のPerfumeに新曲を歌わせるという構成。Reframeからのフィードバックでアイディア自体は極めてシンプルなれど、2コーラス目のサビ辺りに来るとマジで泣けてくる。既に幾つかの歌番で披露されてて振り付けも楽曲も楽しさ全開と解釈してたのに、そのMVがこんな感動巨編になるとは夢にも思わなんだ。

2019年11月26日 (火)

BABYMETAL METAL GALAXY WORLD TOUR IN JAPAN

Img_3593

Img_3617

11/16.17SSA、11/20.21大阪城ホールと4公演行われたベビメタライブの11/17.21に参戦してきたのでそのルポなんぞを。

SSAは超MOSH'SH PITの抽選に外れちゃったのでシート席。シートのチケットも2種あって価格が高い方を選択したのに、割り振られたのは400LVという天空席。但し直線距離だけ考えればステージに近い位置だったので、視点じゃなく距離で価格を決めてるって事なのかね。

SSAの偉いところは例え天空席でも音圧がしっかり体感出来る事。そこが東京ドームの天空席とは雲泥の差。そもそも俺らロックフリークにとっては音質以上に音圧が重要なので音がガン!と届いてくれば何処の席でも損した気分にはならんのよ。ドームの天空席はポワ~ンとしか音が届いて来ないので最低最悪。

でもやっぱり演者と距離あるから熱量が薄まった感は否めず周囲の人達も大半が立ち上がることなく着席のまま。俺は一度立っちゃったし後ろの人も立ってたからそのままスタンディングで観てたけど比率的には起立3:7着席って感じだったかな。

周りがあんまり弾けないから俺も結構冷静にステージやPITの様子を正に俯瞰で眺めてて、頭を切り替えると今まで見えなかった物、気付かなかった事に気付けたりもしてそれはそれで楽しめた。例えばPITで適宜発生するサークルモッシュが鳴門海峡みたいで綺麗だな~とか、あっちのサークルは元気だけどこっちのサークルはへばるの早いな~とか。これはもう天空席じゃないと見えないからね。あと歌唱や演奏に凄く集中出来る。やっぱ神バンドすげえやとか、今日のすぅさん結構音外すからちょっと不調なのかな、とか。PITに居るとそういう所に全く意識が向かないんで少し新鮮だった。

大阪城ホールの方は超MOSH'SH PITだったので印象がガラリと変わった。セトリは一緒でも距離感と周囲の熱量が違うからそりゃ弾けますよ。ただ城ホールってブロック割りがすげー細かく、ぎゅうぎゅう詰めにしても10列にならないレベルの千切り状態だから全く圧縮が発生しない。それはそれで快適なんだけど圧縮ゼロってのも寂しいものがあり、そのバランスが難しい。ゲロ吐きそうなレベルの圧縮は勘弁だけど、盛り上がる曲の時は周囲と少しぶつかる程度の圧が俺的には心地良いかな。

ちなみに7月の名古屋公演は藤平華乃嬢、SSAは岡崎百々子嬢、城ホールは鞘師里保嬢と3公演のみの参戦でアベンジャーズ3人コンプリートという引きの良さ。webを徘徊すると鞘師観たいのに全然当たらね~とか言ってるハロヲタも多いので、まあラッキーだった。

しかし生で観ると鞘師のダンスは凄い。動きがシャープで視線を持って行かれちゃう。例えが古過ぎるけどジークフェルド・フォーリーズのフレッド・アステアとジーン・ケリーの2ショットを彷彿させた。言わずもがな、もあがアステアで鞘師がジーン・ケリー。それぞれ個性があるのにしっかりシンクロしてるという。なんかとっても良いものを見せて貰った気分。

で、終演後は例によって5ちゃんねらー達とHUB呑み。

Img_3612Img_3608

これは公演前、HUB京阪京橋店へ下見に行った時に押さえた画像。公演後は外国人メイトなんかも結構居て盛り上がってた。ただ大阪は広いからね。大集合って雰囲気じゃなく、何処の店にもお仲間が点在してるって感じ。

俺の呼びかけで大宮には10数名、京橋にも10名足らず集まってくれたか。さすがにこれだけ回数を重ねると顔馴染みが増えてきた。それはそれで良いんだけど俺としては一期一会を望んでる部分もあるから少し趣旨を外れてきた感は否めず。Twitter辺りのコミュニティで馴れ合うのはイヤだけど5ちゃん呑みもその雰囲気に近付きつつあり、これを打破する為にはどうすべきか、なかなか難しい問題ではある。

2019年10月22日 (火)

BABYMETAL / METAL GALAXY 米ビルボードチャート13位

既に一部メディアで報道されてるけど素直に嬉しいねえ。バカアンチがトップ10入りしてねえとか叩いてるけど、ロス五輪で銀メダルもぎ取った前畑秀子さん捕まえて何故金メダルを取らなかったんだと文句垂れたジジイ並にクソ。

日本国籍のアーティストが日本語の歌詞で勝負して云々という賛辞も多方面で見受けられるものの、個人的にはあのふざけた作品(言わずもがなこれ、最大級の褒め言葉)で我が国の先輩大物アーティストが誰一人辿り着けなかった境地へ登りつめた事こそが快感であり、正真正銘ロックだと思う。

そう言えば今回のベビメタと、1963年に14位をさらった坂本九さんの更に上にJojiさんという日本国籍のアーティストがいて去年アルバムチャートで3位をもぎ取ったらしい。我が国じゃ全然報道されないから全然知らんかった。これが実はジョージ山本だったらビックリなのだが、んな訳ない。

Wikiで過去ビルボードアルバムチャートの結果を残した日本人アーティストを少し調べたら先のJojiさん3位、ベビメタ13.39位、坂本九さん14位の次に冨田勲さんの展覧会の絵、オノ・ヨーコさんのSeason Of Glassが双方49位、富田さんJojiさんの別作品を挟み60位ツトム・ヤマシタ、64位ラウドネス、そして69位に宇多田さんが出てくる。あのYMOですら最高位は81位ですか。もう大変な快挙ですよ。

ちょっと気になって2ndが39位へチャートインした頃に書いた記事を読み返してみる。実際にライブへ足を運ぼうとまでは思わないとか寝ぼけた事を書いてて初々しいですなぁ。偉業を成し遂げたチームベビメタに乾杯。もっともっとやってくれ。

それはいいけど折角チケット押さえた来月17日のSSA公演に仕事で逝けない事が確定して少々凹み気味。その4日後に控えた大阪遠征は予定通り逝けるから諦め付いたけどね。

2019年10月21日 (月)

先週のオリコンアルバムウィークリーチャート

Img_3439

売り上げ枚数が表示されるのは1週間のみなのでスクリーンショット保存。握手券等の付加価値が発生しない純然たるCDのみのチャートだと1-3位、全て10万枚以下ですか。

別媒体へ逃げただけで音楽ユーザー自体の数は今も昔も大して変わらないんだろうけどCDという商品を求めるユーザーの数は減る一方。俺とてiTuneにデータを取り込んでしまえばマスターたるCDはオブジェ扱いだから、これはもう仕方ないところ。

ついでにマンスリーチャートも保存したのでネタにしちゃう。

Img_3449

此方もかなり深刻。しかし偶然とは言えウィークリー・マンスリー共、個人的に熱を上げてる女性ユニットが3位という所が面白い。

2019年10月13日 (日)

BABYMETAL / METAL GALAXY 極私的レビューその2

はい、続き。前記通り、DA DA DANCEの礎となるユーロビートは骨太ロックフリークを自認してた若き日の俺にとっては言わば敵国の国歌みたいなもんで今も拒否反応が出るのは致し方ないところ。しかしながら歌っているのは紛れもなく自国のディーバで、その声は何処までも澄んで美しい。こうなると拒む心と惹かれる心が混在して脳内カオス状態で、もう訳わかんね~!どうにでもなれやフォウ!ってなる。この感じ、分かるかな?わっかんねえだろうな~

匿名掲示板でベビメタもJ-POPの大道へ遂に魂を売ったか、みたいな記述が幾つか見受けられたけど、それはちょっと違う気がする。そもそもユーロビートなんて周回遅れ、どころか3周遅れレベルの文化遺産だから今となっては大道から完全に外れてるし。

ではDisc1のリード曲としてユーロビート調J-POPを選んだチームベビメタの思惑は何なのか。これはもう聴き手を思いっきり裏切るという手法によって聴き手が望む意外性を具現化したのではないかと。すなわち360度どころか720度回って顧客の期待に応えたという。非常に分かり難い表現になっちゃったけど、端的に表す便利な日本語がありますね。正に羊の皮を被った狼ですよ。

極めて初期からチームベビメタは意外性を武器に戦ってきたクリエイター集団だと個人的には認識してる。周回遅れのJ-POPサウンド導入にせよその飛び道具の1つでありDisc1はその傾向が極めて顕著というのがMETAL GALAXYの超個人的分析結果。

DA DA DANCEのみならず6曲目Brand New Dayは全盛期の宇多田ヒカルリスペクト、8曲目 Night Night Burn!はラテン歌謡か、7 曲目↑↓←→BBABは昨今の椎名林檎調でボーッと聴いてると小洒落たPOP系なれども歌詞がファミコンの隠しコマンド。

↑↓←→BBABのみならず、いずれの曲も歌詞にメッセージ性が皆無。いや、ひょっとしたらすんげー深い意味があるのかも知れないけど俺には感じられない。この辺、ブルーハーツ時代のマーシーが書いたキューティーパイ(歌詞が円周率)を彷彿とさせる。とにかく一筋縄じゃいかない楽曲ばかりなのでDisc1のヘビロテが止まらない。スルメ曲という言葉があるけど噛めば噛むほど味が出るどころか、最初は無味無臭だったのに気が付いたら超濃厚こってり系背脂ギトギトラーメンに変貌してるという。

そんなに何度も聴かなきゃ良さが分からないなんて駄作認定って声もあったな。まあ、そういう解釈とてあって然るべきなので万人向けではない。俺がどんなに熱く魅力を語ってもその人にとって駄作という評価は揺るがないだろうし。繰り返し書くけど1回聴いただけじゃ絶対に真価を掴めない問題作という事は確か。アーサーCクラークが2001年宇宙の旅の序文に一度で理解出来たとしたら我々の意図は失敗したみたいな事を書いてたけどそれと同じ事。

フラゲ日からオリコンのアルバムデイリーチャートをチェックしてるけど8日が4位、9日が3位、そして10日が1位と右肩上がりなのが面白い。ゆいちゃんショックで離れてたファンが評判を聞きつけて戻ってきたという事か。このまま行けばウィークリーでベスト3に食い込むかどうか。それよりむしろ気がかりなのは何と言っても米ビルボードチャートですよ。全米ツアーの成果がどう現れるか興味津々。

BABYMETAL / METAL GALAXY 極私的レビューその1

19号は去ったけど酒入ってるから車移動出来ないし、別に何処か行きたい所がある訳じゃないし買い物の必要もないしそもそもやってる店ねえし、やる事ねえからおっさん真夜中に鬱陶しいぐらい熱く語っちゃうよ。独断と偏見に満ちた感想文なので付き合いきれない貴兄は即時退席必至。

俺がベビメタに傾倒したのは前作METAL RESISTANCEのリリース直前だから一応リアルタイムで新譜のワクワク感は体験してる。但し2ndの時はベビメタの何たるかを完全に把握してなかったので、ベビメタを語る上で重要な要素のひとつである何じゃこりゃ感をイマイチ堪能出来なかった。

あれから約3年半。俺なりに熱を上げ幾度となくライブへも足を運びベビメタの何たるかをそれなりに把握したつもりなので今回の3edアルバムのファースト・インプレッションは本当に楽しみだった。とは言え、この情報化時代で聴き手を驚かせ続ける事は途方もなく困難という事も理解出来るし、過剰に期待すれば幻滅する可能性とて無きにしも非ず。

故に期待し過ぎず・・と言いつつも膨らむ期待は抑えきれず、そんな心理状態で待ちに待ったベビメタに3rdアルバムに触れた感想を率直に述べると・・ な、何じゃこりゃ・・ だった。

METAL GALAXYは2枚組なれどもDisc1が約26分、Disc2が約33分、トータル59分程度だから1枚のディスクへ収める事は充分に可能。にも関わらず、わざわざ2枚組にしたのは一体どういう事??と思ったりしたけど、それぞれ何度も聴き込むと理由が明白になっていく。Disc1とDisc2は作品カラー・・というかコンセプトが全く異なるのだ。

Disc2は既に公式アカウントのMVやライブで公開済みの楽曲が多い事もありベビメタの新作としてほぼ予想通りの内容。それはそれで良いんだけど意外性が希薄な事も確かで、これ単体が3rdアルバムだったとしたら・・ うん、いいねで終わってた。問題はDisc1ですよ。

序章的なFUTURE METALを経て始まる2曲目のDA DA DANCE (feat.Tak Matsumoto)が大変な問題作で匿名掲示板でも賛否両論だし、俺自身も一度聴いただけじゃ全く受け入れられなかった。ベビメタ属性の人には説明不要なれどもこれがユーロビート・・と言うよりユーロビートをベースにした90年代J-POPの完全再現でボイス加工されてるし、ご丁寧にB'zのTak Matsumoto氏まで引っ張ってきて共演してる。

90年代と言えば俺もまだまだ感性が尖ってたのでユーロビートにせよ小室サウンドに代表される小洒落たJ-POPにせよB'zにせよ毛嫌い・・と言うか敵視してた。恐らくメタル属性諸氏も同様の筈で、だからこそDA DA DANCEを容易に受け入れられないのは当然の話。

それでもこれは違うと切り捨てるのは短絡的だと思いつつ何度か聴き返すと、この曲って単なるユーロビート調J-POPの再現じゃねえという事実に気付く。むしろ強力な中毒性があり、今もフォウ!の打ち込みボイスが脳裏から離れず困り果ててる。

ああ、やっぱりDA DA DANCEを語ろうとすると短くまとめられん。それにDisc1の問題作はこれだけじゃないので一度切ってその2へ続く・・

より以前の記事一覧