2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

2020年4月 2日 (木)

2020年3月に観たWOWOW録画BD

ペンタゴンペーパーズ最高機密文書、チア☆ダン、ふりむけば愛、すかんぴんウォーク、パシフィック・リム:アップライジング、アベンジャーズ/エンドゲーム、イップマン外伝マスターZ

以上7本。相変わらず少ないな。

遅ればせながら観たスピルバーグ監督のペンタゴンペーパーズはミュンヘン並にやや地味な社会派ドラマって印象だったな。次作のレディプレイヤー1が如何にもスピルバーグらしい傑作だったので少々期待外れの感あり。

続いて図らずもの新旧アイドル映画大会。チア☆ダンは序盤で不安視させられたものの、この定型パターンに絶対ハズレはないと信じて観続けたら案の定、中盤以降盛り返して最後は号泣。大林監督の百恵友和コンビ作品ふりむけば愛は相当昔から大変な珍作という話を聞いてて、観れば正にその通り。今だからこそ冷静に受け止めそこそこ楽しめたりもしたけど、当時観たらまあ激おこでしょ。

吉川晃司主演のすかんぴんウォークも実は初見。大森監督らしさが多少見え隠れするけど、らしくないなぁと思わされる部分とて無きにしも非ずなのでトータル的にはやや微妙。でも終盤、山田辰夫さん扮する落ちぶれたミュージシャンが突然スタンダップコメディアンとして大成する展開が面白かった。この辺は大森さんよりむしろシナリオの丸山昇一さんらしい印象。

パシフィック・リム2作目とアベンジャーズの完結編は例によって観てる間は凄く楽しかったけど何一つ印象に残ってない。イップマン外伝は相変わらずの勧善懲悪ステレオタイプで好印象なれどCG使い過ぎで往年の香港アクション特有の重みが一切感じられない。武闘自体は美しいんだけどね。

確認したら現在ストックしてる未見のWOWOW録画BDは40作品オーバー。今月は自宅に居る時間がどうしたって長くなるから積極的に消化していきますかね。

2020年3月 4日 (水)

2020年2月に観たWOWOW録画BD

東京パラリンピック愛と栄光の祭典、スパイダーマン:スパイダーバース、白雪姫、シンデレラ、運び屋

以上5本。映画離れの特効薬は神々の傑作に触れる事と思いつつ神イーストウッドの運び屋を観たら効果絶大で、これを機に溜め込んだ未見BDを一気に消化していくぞ!と思った矢先に愛犬MAYが逝ってしまい集中力を削がれ今に到るって感じ。ペットロスで何も手に付かないって事はないからぼちぼち手持ちのライブラリーに着手せねばとは思ってるんだけどね。

先月は鑑賞本数こそ少ないものの印象的な作品が多かった。俺、ディズニーには大して思い入れないから未見の長編作品が多く、恥ずかしながら長編第1作目の白雪姫も初見だったりする。いや、この完成度には心底参った。1937年制作って昭和12年じゃん。親父は7歳でお袋が6歳。勿論俺はまだ空気。それでこのクオリティは有り得ないよ。1950年制作のシンデレラも良かったけど歴史的価値という点では白雪姫に遠く及ばない印象。

アニメ繋がりでスパイダーマン:スパイダーバースも予想以上に良かった。新旧の傑作に触れて2月は私的アニメ月間になった印象。

前記通り神イーストウッドの運び屋も死ぬほど良かったなぁ。昨今、小手先のテクニックだけ駆使した複雑な構成を持つ作品が横行する中、正にシンプル・イズ・ベストの構成で観る者全てのハートを打つ傑作。

あ、一応パラリンピックのドキュメンタリーについても書いておきますか。時代が時代だから仕方ないのかも知れないけど競技の模様はほとんど記録されておらず取り巻く環境の記録がメイン。まあねえ、パラリンピック競技の生中継とて2012年のロンドン大会辺りからようやく始まる有様だから、あの時代にパラリンピックの記録映像を残しただけで功績と言えるのかも。

いい加減、気持ちを切り替えて映画鑑賞に注力せねば。未見ライブラリーには以前から観たくて仕方なかった作品も随分含まれてるし。取り敢えず再スタートはスピルバーグ監督のペンタゴンペーパーズ最高機密文書の予定。

2020年2月 2日 (日)

2020年1月に観たWOWOW録画BD

アイスマン、アイスマン宇宙最速の戦士、キャプテン・マーベル、キャッツ・アイ

以上4本。相変わらず映画離れ傾向が酷い。なお、この4本に関してはノーコメント。いずれもハートに刺さらなかったので。

とにかく最近は集中力散漫だから、それなりに観たかった作品がWOWOWで放映されてしっかり録画しBDへも焼いたものの、今の状況じゃ観ない方が良かろう・・とか思っちゃうので尚更観ない。そして手持ちの未見ライブラリーが溜まりまくって重荷となり更に観なくなる。完全なる悪循環。

ちょっと手持ちのライブラリーをチェックしたら未見の作品は37本であった。まずいなあ・・

2020年1月 6日 (月)

歌番の編集

三が日を勤め上げたご褒美・・って訳でもないんだろうけど、昨日から連休に割り振られてやや遅れ気味の正月気分を満喫中。今は年末年始に録画した番組をHDDからBDへ焼く作業の真っ最中。

映画やドラマはそのままコピーしちゃえばいいので楽なんだが問題は年末の歌番。超長尺ながら保存したいのはほんの一部だけなので編集作業が発生し、これが心底面倒臭い。例えば年末のMステなんか11時間あるんだけど残しておきたいのはベビメタとPerfumeの他、数アーティストだけ。更にパフォーマンス部分のみならず登場シーンやら途中の顔出しやらトーク部分やらも抽出する必要がある。

昔はファイル分割してアーティスト別のディスクへ焼いたりしてたけど今じゃそんな気力も失せ、色んなアーティストがちゃんぽんになった詰め合わせディスクにしちゃってる。

Img_3119_20200106002501

で、ディスクにはこう記述するのみ。後々困った事になるんだけど大して観返さないし、何年か先こういうのを気まぐれに再生すると思いもよらぬ物が色々入ってて楽しめたりするのでそれはそれで有りかと。

参考までにアーティスト別ディスクの記述を一部公開。

Img_3117_20200106002501Img_3118

大抵、酔っ払ってる時に書いてるから非常に読み難い。とは言え、こんなミミズが這ったような字でも書いておかなきゃ何処に何が入ってるか分からなくなるんで・・ ちなみに音楽系だけでこんなのが2-300枚ある。観返す機会はゼロに等しいものの完全にゼロじゃないから処分出来ない。これも結局はコレクター気質が災いしてるな。

全く関係ないけど麺の匠って全10回という短命なのね。良い番組だったのに・・

2020年1月 4日 (土)

2019年12月に観たWOWOW録画BD

クワイエットプレイス、メカニック:ワールドミッション、来る、ハード・コア、最低。、アクアマン、止められるか、俺たちを、スフィア、隣人は静かに笑う、ブレイド、ブレイド2、ブレイド3

以上12本。順調に観てたもののブレイドのシリーズがストッパーとなりこの本数にとどまった印象。3作あるからそれなりに固定ファンが付いてるんだろうけど俺はちょっと分かんなかった。とは言え途中で投げ出すのも違うから観続けたけど2以降は惰性だし集中出来ないし、この3作を消化するだけで1週間かかってしまった。他も洋画は全く印象に残ってないな。

4本観た邦画の寸評を。来るはスタイリッシュなんだけど全然怖くない。中島監督ってホラーは不向きなんじゃないかと観てる間じゅう思ってた。ハード・コアは可愛らしい感じの作品で結構好き。最低。も嫌いじゃないな。nudeと印象が被るけど。

止められるか、俺たちをは好きでも嫌いでもない印象なれど4本の中では一番印象に残ってる。ただ、ご存命の当事者達にはボロクソ言われてるらしいね。恐らくがむしゃらにやってた自分たちの姿を小綺麗な青春群像劇にまとめられちゃったのがすげーイヤなんでしょ。ちなみに俺、後期はともかく一番尖ってた頃の若松プロ作品ってよく分かんない。大島監督の初期作品もそうだし、あの時代だからこそ受け入れられた作品群って気がする。世代の違う俺には刺さらんのよ。

では毎年恒例の自分用備忘録2019年版。

 

【1月】
ちはやふる -結び-、ALWAYS三丁目の夕日’64、ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル、オペラ座 血の喝采 完全版、突然炎のごとく、俺は田舎のプレスリー、8 1/2、ゲームの規則、アウトレイジ・ビヨンド、カメラを止めるな!、トラック野郎 御意見無用、トラック野郎 爆走一番星、トラック野郎 天下御免、トラック野郎 度胸一番星、トラック野郎 男一匹桃次郎、トラック野郎 突撃一番星、トラック野郎 一番星北へ帰る、トラック野郎 熱風5000キロ、トラック野郎 故郷特急便、トラック野郎 望郷一番星、ブラックパンサー、真夜中の弥次さん喜多さん、呪怨 終わりの始まり、呪怨 ザ・ファイナル、ボディガード
【2月】
レディ・プレイヤー1、ブラックエース、シン・ゴジラ、やくざの墓場 くちなしの花、飢餓海峡、浪速の恋の物語、妖刀物語 花の吉原百人斬り、血槍富士
【3月】
いぬやしき、ワイルドスピードICE BREAK、スプリット、アンブレイカブル、アフリカの女王、赤い風車、SAW4、SAW5、SAW6、SAWファイナル、ジグソウ:SAWレガシー、ホワイトナイツ白夜、オールザットジャズ、影の軍団服部半蔵、赤穂城断絶、デッドプール2、柳生一族の陰謀、真田幸村の謀略、ノー・マンズ・ランド、クリード チャンプを継ぐ男、レニーブルース、レザーフェイス、清須会議、ヴァン・ヘルシング、フレンチコネクション、アベンジャーズ/インフィニティウォー、ダイハード3
【4月】
ダイハード4.0、ダイハード/ラストデイ、カリートの道、スカ-フェイス、WASABI
【5月】
スキャナーズ、スキャナーズ2、スキャナーズ3、宇宙戦艦ヤマト2199星巡る方舟、ハン・ソロ/スターウォーズストーリー、マイティソーマイティソー/ダークワールド、マイティソー/バトルロイヤル、ブロウアップ ヒデキ、ヘレディタリー/継承
【6月】
タバコロード、オーシャンと十一人の仲間、オーシャンズ11、未来のミライ、オーシャンズ12、オーシャンズ13、万引き家族、オーシャンズ8、ガーディアンズ
【7月】
16ブロック、ペリカン文書、ザ・マミー/呪われた砂漠の王女、グリーンマイル、グッバイゴダール、アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル、スターシップトゥルーパーズ レッドプラネット、シカゴ、太陽の王子 ホルスの大冒険、ボルグ/マッケンロー 氷の男と炎の男
【8月】
MEG ザ・モンスター、ステルス、ヴェノム、ロマンシングストーン秘宝の谷、ナイルの宝石、ロマン・ポランスキー 初めての告白、アントマン&ワスプ 7
【9月】
デスノート、デスノート the Last name、L chance the world、デスノート Light up the New world、友罪
【11月】
不能犯、ラプラスの魔女、皆殺しの天使、ミスター・ガラス、デスウィッシュ

 

これで108本だから先月の12本を含め120本。但しザッとリストを見回すと再見作が20数本含まれてるから初見の作品は100本切ってる。いかんなぁ・・ 今年は気合いを入れ直してもっと観るよう心がけねば。

 

2019年12月 2日 (月)

2019年11月に観たWOWOW録画BD

不能犯、ラプラスの魔女、皆殺しの天使、ミスター・ガラス、デスウィッシュ

以上5本。ちなみに先月分が抜けたのは別にサボったわけじゃなく1本も観てないから。ちょっと最近、映画離れが酷い。

たった5本なら少しは気の利いたレビューを、とも思ったりするが残念ながら5本ともハートを貫く程には来なかったので多くを語れず。デスウィッシュはそこそこオリジナルに忠実で好感持てたけど、やっぱり70年代を生きてきた俺的にはブロンソン版の方が格段に好き。あとブニュエルの皆殺しの天使は凄く注意力散漫な時に観たから何時か集中して見直さなくちゃと思ってるものの、それが何時になるかは不明。

BD鑑賞が滞った一番の理由は録画したテレビ番組(連ドラ、歌番、ドキュメンタリー等々)の消化に力を入れ過ぎた事と、夜勤から昼勤務へ移行した事による環境変化の影響ですかね。それでも観ようとする意欲だけは残ってて未見のWOWOW録画物が34本ストックされてるし今週2本増える。何処かで頭を切り替えて映画モードへ移行しなくては・・

2019年10月 1日 (火)

2019年9月に観たWOWOW録画BD

デスノート、デスノート the Last neme、L chance the world、デスノート Light up the New world、友罪

以上5本。少ない上に今更のデスノートシリーズ全制覇とは・・ データを確認すると5月にWOWOWで一挙放映された時の録画BD。友罪にせよ5月放映分だから約4ヶ月放置してたという事か。まあ、そのまま観ずじまいよりは全然マシ。しかしながら、この時期放映され今も保留してる邦画の録画BDが10本以上ある事を白状しておく。

もうホント今更なのでさらりと書くけど最初の2部作は普通に楽しめた。そもそも俺、マンガ属性じゃないから原作の事を一切知らず、それが功を奏した感はあるな。webを徘徊すれば毎度の如く原作ファンの苦言で溢れかえってるし。3作目のLスピンオフはう~ん・・と少し思ったものの賛否両論の最新作も決して嫌いじゃない。東出昌大さんが結構好きな役者さんなので多少の奢りは否定しないけど。

で、瀬々監督の友罪。作風とかは全く異なるものの葛城事件に触れた時の大好きになれないけど印象度が強烈という既視感を覚えた。幾つかのシーンは恐らく生涯忘れられないと思うし、そういう意味では俺にとって重要な作品なんだろうな、と。

あと、凄く映画を感じた。デスノートが映画じゃないとは言わないけど、ながら観で台詞だけ聴いてても全貌を把握出来ちゃうテレビドラマ的要素を多く含んでる事は否定出来ず。対して友罪は画面に集中しないと何も把握出来ない要素が多い。うん、映画はこうでなくちゃね。

2019年9月 3日 (火)

2019年8月に観たWOWOW録画BD

MEG ザ・モンスター、ステルス、ヴェノム、ロマンシングストーン秘宝の谷、ナイルの宝石、ロマン・ポランスキー 初めての告白、アントマン&ワスプ

以上7本。朝ドラ観たり大河観たり全裸監督観たりしてた影響もあって非常に少なめ。

2日前に観たアントマン&ワスプは素直に面白かったと言える良作。但し今は結構細部まで覚えてるけど10日後も今の記憶が鮮明か否かは微妙。

しかし俺、MARVELの実写ヒーロー物は一通り(下手したら封切り間もない新作を除けばほぼ全作)観てたりするものの、今も細部まで鮮明に記憶してる作品はアイアンマンとローガンだけ。それだけあの2本は例外的に刺さったという事か。

ポランスキーのドキュメンタリーは一部興味深かったけどシネフィル的に周知の話が多く、個人的にはポランスキー史の復習って印象。しかしこれが今のタイミングでWOWOW放映されたのはワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド公開の絡みだったのかな。

ロマンシングストーンのシリーズは公開時完全スルーしたものの批評家の誰かが思ったより面白かったみたいな事を書いてたのをふと思い出し、気になったから観てみたものの・・そうねえ、個人的には観ても観なくても一緒だった。

残り3本はごめんなさい、記憶飛んでます。MAGザ・モンスターが緊張感のないジョーズだと思った事だけは覚えてるんだけど・・

2019年8月 5日 (月)

2019年に観たWOWOW録画BD

本日昼下がりの水分補給タイムは録画BD鑑賞記録なんぞを。

16ブロック、ペリカン文書、ザ・マミー/呪われた砂漠の王女、グリーンマイル、グッバイゴダール、アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル、スターシップトゥルーパーズ レッドプラネット、シカゴ、太陽の王子 ホルスの大冒険、ボルグ/マッケンロー 氷の男と炎の男

以上10本。WOWOWで放映された映画の中から気になる物をチョイスしてるだけなのでたまたまなれど先月は実録物が多い。アイ,トーニャとボルグ/マッケンローは興味深かったし結構楽しめた。グッバイゴダールは個人的にさほどじゃない。作品はさておきゴダール監督の人物像に魅力を感じた事がないってのが一番の問題かも。

で、こういう実録物で気を付けなくちゃいけないのは脚本と史実には多少の食い違いがあるから鵜呑みにしちゃダメって事。アイ,トーニャなんか確信犯的に誇張してる箇所が多いらしいので要注意ね。

印象に残った作品としてはグリーンマイルとシカゴ。恥ずかしながらいずれも初見で事前情報も収集せず観たのが結果オーライか。特にグリーンマイルはトム・ハンクス主演という事すら知らず、看守仲間に見覚えある奴が居るなあと思ったらプライベート・ライアンの狙撃手ジャクソンじゃねえか! 不勉強が功を奏して楽しめちゃう事もあるという好例・・なのか?

シカゴはボブ・フォッシーらしいミュージカル作品で個人的にはキャバレーよりも好き、オール・ザット・ジャズと等価値って感じかな。

ホルスについては先日もちょっと書いたので割愛。他の作品に関してはノーコメント・・つーか、例によって既に内容の記憶が半分飛んでるのでコメントしようがないというのが正直なところ。

2019年7月 1日 (月)

2019年6月に観たWOWOW録画BD(BSブレミアム録画BD含む)

タバコロード、オーシャンと十一人の仲間、オーシャンズ11、未来のミライ、オーシャンズ12、オーシャンズ13、万引き家族、オーシャンズ8、ガーディアンズ

以上9本。朝ドラ2本立てといだてんとNHKのドキュメンタリー番組とWOWOW放映中の母をたずねて三千里にうつつを抜かした結果か。

オーシャンズのシリーズをいきなり網羅したのもWOWOWで全作放映されたから。公開時は全く琴線に触れずどういう作品かも調べなかったから今回初めて知ったけど、まあ実写版ルパン三世みたいな映画なのね。フランク・シナトラ、ディーン・マーティン、サミ-・デイビスJrが出たオリジナル含め新春スターかくし芸大会的で、ファンなら陶酔出来るんだろうが俺にとっては緊張感の欠落したクライム物という印象で、それ以上でも以下でもなし。

記憶に新しいところで数日前観たガーディアンズは珍しいロシア製のスーパーヒーロー物。全体構成を含めMARVELのアメコミ実写版をリスペクトしてて頑張ってる感は伝わるものの、中身がMARVEL以上にスッカスカでフックになる要素ゼロ。

未来のミライと万引き家族に関しては個別のレビューを書いたから省略。で、ジョン・フォードのタバコロードに関して。単純にこれを面白いとかつまらないとか言っちゃダメなんだろうけど、不勉強な俺には作品の真価が摑みきれなかったとだけ書いておく。

より以前の記事一覧