2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

2019年11月26日 (火)

11Pro Maxのプロテクター

Img_2921

左が6sPlus用で右が今回新調した11ProMax用。コンセプトは一緒ながら業者が異なるし、6s用は薄手のABSかFRPで保護力にやや不安が残る作りだったけど、新しいのはソフトケースなので保護力が少々アップした印象。

とは言えこれはあくまでネタもので、日々愛用してるのはこっち。

Img_2922_20191126104801

ELECOMのZEROSHOCK。他社からも強靱なプロテクターが幾つか出てるけど俺はやっぱりこれを選択しちゃう。6sもこいつのおかげで無傷のまま下取りに出せたし、俺の中での信頼度No.1は揺るがないのだ。

2019年11月23日 (土)

iPhone 11Pro Max 64GB

Img_2915_20191123213401

遠征からの帰京後、何か大阪ネタを書こうと思いつつ旅先での6s Plusのバッテリー消耗度が激し過ぎ、もはや限界と判断して帰宅後すぐ地元の量販店へ行って機種変。データ移行で深夜まで手こずり何も書けずに寝てしまったのでした。しかしデータ移行の手順とか6sの頃とは全然変わっちゃったのね。データ量が昔とは比較にならないから当然と言えば当然か。

今のところ9割5分の作業完了。機種変直前のLINEでのやりとりが一部表示されなくなってしまった不具合を除き、連絡先等の重要データは無事に移行出来たからまあ問題なし。大したやりとりじゃないんでね。

こいつのポテンシャルは未知数なれど、まず驚愕したのは顔認証と画像の広角レンズですか。すぐロックが外れちゃうからセキュリティの設定に不備があるのかと思ったら、暗がりでも俺の顔を認識してロック解除してる事実に気付いて心底驚いた。

画像は自宅2Fの洗面台にある鏡へカメラを向けた自撮りだけど、ここマジで狭いんよ。それが湾曲ゼロでこれだけしっかり撮れてる事にビックリ。もう冗談抜きにデジカメ要らんわ。

6sの時点で機能の1/10も使いこなしてなかったから有り難みがよく分からないってのが正直なところ。取り敢えずバッテリーの持ちが良くなったのが現時点では最大の恩恵ですかね。

2019年11月12日 (火)

6s Plus、活動限界

愛機6s Plusをこのタイミングで全損交換したのが2年1ヶ月前。iPhoneの内蔵バッテリーは耐用年数1年半と言われてるからまあ長持ちした方か。

しかしながら最近は出先のACやモバイルバッテリーでチャージしないと外出中の12時間程度で残量20%を切るレベルにまで劣化したから、もはやここまでと観念して近日中に新機種へ乗り換える予定。勿論、狙うのは11Pro Max。7.8.Xをすっ飛ばしてきたから劇的なまでの進化を体感出来るだろうな。それが楽しみではある。

但し今月21日のベビメタ大阪公演がLINEチケットだから、万が一データ移行とかでしくると面倒な事になるので機種変は21日以降。しかし買い換え時には毎回思うけどiPhoneのニューモデルって大変な高額品だよね。モバイルPCより高いじゃん。まあ使えるツールである事は確かなんだが・・

2019年8月14日 (水)

iPhone 落とすも即座に発見

昨日の夜勤帰り、地元の駅に降り立つ直前リュックへ入れたiPhoneを出そうと思ったら何時も入れてるポケットに入ってない。間違えて他のポケットへ突っ込んだか?と思いつつ探しても全く見当たらない。あれま、やっちまった。どうやら乗り換えのタイミングでリュックからポロリしてしまったらしい。

こういう時の強い味方がiPhoneを探すのアプリ。足早に帰宅し、iPadで確認したら即座に在処が分かった。西武線小平駅から微動だにしないので遺失物として保管されてる可能性大。

一寝入りしてから取りに行こうかとも思ったけど、こういう事は早々に解決しないと気持ち悪いので即小平へ舞い戻る。で、駅員さんに聞いたらやはり事務所に保管されてて、簡単な手続きを経て愛機6s Plusが無事に我が手元へ戻った。使えるツールだなと以前から思ってたものの実際お世話になったのは今回が初めて。

こいつさえあれば紛失なんぞ恐るるに足らず。とは言え実際に失くすと色々面倒なので、失くさないのが一番に決まってる。以後気を付けなくては・・

2017年10月 1日 (日)

iPhone6s Plus 全損交換

俺はブログで人や店の悪口は極力書かないよう心がけてるものの、今回ばっかりは書かずにいられないのでリピーター諸氏には暫しお付き合いのほど。最初に断っておくけど、こういうショップの全てが悪質だとは思ってないし良質な店も多いんだと思う。たまたま俺がハズレくじを引いちゃったってだけの話。

ユーザーならご存じ通りiPhoneは1年半も使ってるとバッテリー容量が極端に減る。今までもそうだったし去年の1月に機種変した6s Plusにせよ傾向は一緒で、朝100%だったバッテリー残量が帰宅時には3-40%になっちゃう。

数ヶ月後には帰宅まで持たず、出先で充電とかモバイルバッテリーを持ち歩くとかの対策が必要になる事は容易に想像が付くのでバッテリー交換を検討。しかしながら正規店へ持ち込むと費用が高額な事も周知の事実。

そんな訳で巷にあふれてる割安のiPhone取り扱いショップへ持ち込んでみる事にした。Web検索し、ここなら良かろうと思われるショップをセレクトして、バッテリー交換に加え去年誤って割っちゃったディスプレイのガラス交換も依頼。これで約2万。

店員の対応は決して悪くなかったし、そんなに悪質な店とも思えなかったものの交換したバッテリーの性能は正直最低レベルで、何もしない待ち受け状態でも1時間に5%のペースで残量が減っていく。更に画面がフリーズしたりスクロールが効かなくなる等、操作上の不具合が頻発。

ダメだこりゃと思いつつ交換から半月ほどしてクレーム交換を依頼したらバッテリーは消耗品なので保証も1週間のみと言われて交換に応じてくれない。納得いかないけど依頼時に署名した契約書を見ると確かにそう記載されてて、これは自分のミスでもあるので仕方なく引き下がる。

こうなると正規店に泣きつくしかないと思いつつ立川のクイックガレージへ行き、事情を説明したら社外品のパーツを搭載したら改造品と見なされ修理不可。但し全損扱いで本体ごと交換するのは可能との事。で、費用を聞いたら税込み約76000円ですと。

あまりにも高いので暫く我慢して使い続ける事にしたんだけど27日に決定的なトラブル発生。

ベビメタライブのスタンディングエリアはweb会員限定なので入場時にスマホで登録IDとバーコードを提示する必要がある。ところが入場の直前、バッテリー残量50%前後と表示された6s PlusのOSが突然ストンと落ちて起動しなくなる。万が一の為に持ってきたモバイルバッテリーを繋いで確認したら残量10%以下。仮にこのバッテリーが無かったらチケット持ってるのに入場出来ないという大変な悲劇に見舞われる所だった。

この一件で完全に嫌気が刺して再度クイックガレージへ行き、幾らかかっても構わないので交換して欲しいと伝える。8がリリースされたばかりで店員には機種変を勧められたけど、ちょっと意地になった事もあり6s Plusを新調。何つーか、こんな事で機種変を強いられるのがイヤだったんよ。自分の犯したミスを精算しない限り先へは進めないって感じですかね。

参考までにバッテリーとガラスの交換を正規に依頼したら幾らかかったのかを聞いてみたら税込み35000円ぐらいですと。全損交換との差額は約4万、加えて変なショップに貢いだ修理費が約2万だから併せて6万。随分お高い勉強代になりました。THE安物買いの銭失い、ですな。

これに懲りて俺はApple製品を正規店以外のショップへは二度と持ち込まない事にした。繰り返し書くけど良質な店だって沢山あると思う。ただ、多少なりともリスクを背負う形になるので俺はもう勘弁。

一応、武士の情けで今回痛い目に遭わされたショップの明確な情報は晒さないでおく。どうせあんな店、自然淘汰されて1年持たないだろうし。

2017年9月20日 (水)

iPhoneのプロテクター新調

しかしバッテリー&ガラス交換を施してからフリーズする機会が増えた。数日に一回の頻度だからクレーム出すレベルじゃないし、そこに原因があるとは言い切れないので何とも言えないけど、やはり多少割高でも修理は正規店に任せないと不安材料が多いなあ。

さておき表題の件、その後も何度か落下事故をやらかしたものの事なきを得て、こいつには絶対の信頼を寄せてるけど、このiPhoneのイメージにそぐわないスパルタンな外観を何とかしたいな~と思いつつ量販店へ物色に行ったら、同シリーズのクリアバージョンが売ってたので新調する事に。

Imgp6999

Imgp7000

ついでにバンカーRINGもボディと同色に新調。保護能力はそのままに若干スマートなイメージへ変貌したので俺的に満足。但しケース3207円プラスバンカーRING1922円、計5129円と出費額もそれなり。まあ、またガラス割っちゃうリスクが減る事を考えれば安いもんか。

しかし落下事故が怖くて、折角買ったこれも全然使ってないなあ。やはり受け狙いより安全性の方が重要なんで・・

2017年9月 5日 (火)

iPhone6s Plus 完全復活

iPhone6s Plusを購入したのが2016年の1月下旬。約1年8ヶ月経過した訳だけど歴代iPhone同様、1年半を過ぎた辺りからバッテリーの持ちが悪くなった。今のところは使用に支障が出るレベルじゃないものの、もう暫くしたらiPhone5の時と同様、外付けバッテリーの世話になる事態へ陥る事は容易に想像が付く。

8のリリースも近いみたいなので新機種へ乗り換えるのもいいんだけどiPhoneってかなりの高額品だし、バッテリー能力低下を除けばまだまだ使える6s Plusを破棄しちゃうのも俺のポリシーに反する。

そこで、よくある修理専門店へバッテリー交換を依頼し、ついでに約1年前に誤って割ってしまったガラスも交換して貰う事にした。web検索すると色々ヒットするものの、あまりにも料金が安い業者はイマイチ信用出来ないので、これ位が相場かな~と思える店をセレクト。

Img_0459

即日対応で約1時間を経て復活した俺様のiPhone6s Plus。ちなみに費用はバッテリー&ガラス交換代に加え、店員に勧められた硬質保護フィルム代(貼り付け作業代行込み)で2万ちょい。結構金かかったけど正規代理店へ持ち込むよりは割安。

これで向こう約1年半は安泰なので、8sとか9が出る頃まで大事に使おうかと。しかし電車とかで今も4や5を大事に使ってる人を見かけると、最新型へすぐ飛び付く人よりも親近感を覚えちゃう。世代かな?

2017年7月 6日 (木)

レトロ看板風iPhoneケース

Img_3903

いや、これは素晴らしい。ヤフオクで見つけ即決してしまった。ちなみに市販品ではなく、単車のレストアや板金塗装を営む方が半ば趣味で作成・出品してる物らしい。言わずもがなサビに見えるのはウェザリング処理で、実際はポリカーボネート製。

これ、同世代には言うまでもないけど明確なパロディ。元ネタはこちら。

38c6241b3081e834196955de74db12ea1

こちらの画像を転載させていただきました。資料的意味合いでの引用なのでご容赦の程。

それにしてもセンスが良い。俺ら世代には超どストライクだわ。

iPhoneケースは今もこれを愛用してて、その後2-3回落下事故をやらかしたものの強靱なプロテクト性能によって事無きを得たので絶対の信頼を置いて使い続けるつもりだけど、飲み会とかで話のネタにするのも面白いから随時これを活用しようと思ってる。

2016年10月20日 (木)

勝手に電話するiPhone6s

この機能の誤作動に脅かされた人が結構いるのでは??と思いつつweb検索したら、やっぱり多いみたい。

知ってる人は知ってると思うけどiPhone6sは例えキーロック状態でもホームボタンを長押しすると音声ダイヤル機能が働いてしまう。その際、連絡先のリストに記録された固有名詞を発音すると自動的に発信される仕組みで、無声状態でも何らかのノイズを固有名詞と誤認識したりするので始末が悪い。

これのおかげで2回ほど勝手に発信されてしまい(それも何年も連絡してない昔の仕事仲間宛)、大慌てで電話を切るハメに。うち一回は鞄のポケットに入れた状態でホームボタンが長押されるレアケース。前記通りキーロックしてても勝手に発信されるから実に恐ろしい・・

webを徘徊し、設定>Touch IDとパスコード>音声ダイヤル>OFFでこの機能をキャンセル出来る事が分かったので今はそういう恐ろしい事態に陥る事もなくなった。機械が便利になるのはいい事だけど、こんな機能はありがた迷惑でしかないよ、俺にとってはね。

なお、先方には間違いなく着信履歴が残ってる筈だけど折り返しの着信がないから一安心。俺の方にも謎の着信がたまにあるし、まあ誤作動だろうと思ってくれてるんでしょ。

2016年10月 5日 (水)

iPhoneのプロテクター

Imgp6942
Imgp6941

これ以上ガラスの破損を悪化させたくなかったのでELECOM製のプロテクターを買ってきた。かなり衝撃吸収の性能が優れてるみたいだから、このまま機種変まで持たせようかと。

しかし、かなりスパルタンなイメージに変貌したなあ。