2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

COVERS Grace of The Guitar+ 森恵

無料ブログはココログ

2017年1月23日 (月)

AppleのLightning - Digital AVアダプタ

WOWOW録画BDのストック分を観尽くした事もあり、先週からAmazonプライムビデオを観まくって既に10本ほど消化。言わずもがな通勤途中や出先での鑑賞がメインだけど、残り数10分の所まで観て自宅へ戻ってきたら続きは42Vモニターで堪能したい。

そんな時にモノを言うのがこいつ。

iPadやiPhoneのLightning端子からHDMI出力に変換するAVアダプタ。別にプライムビデオを自宅のテレビで観るために買った訳じゃなく、ウチのデスクトップPCにはHDMI出力の機能がないけどiPadやiPhoneとこのアダプタがあればYouTubeを初めとするweb配信動画も42Vモニターで観られるという事で先月気まぐれに買い、今じゃプライムビデオ自宅鑑賞に大活躍。但し5200円と結構お高い。

これだと実際の画質は伝わらないと思うけど、多少ブロックノイズが気になるものの我慢出来ない事もない。動きの少ない場面ならそれなりに綺麗だし、iPadの小画面を観るより断然マシ。ちなみにこれはバイオハザード・ダムネーション。そんなに面白くないけどプライム会員なら視聴料タダだから何とな~く観続けてる。

【追記】
全編鑑賞。物語自体はさほど琴線に触れなかったもののリッカーやタイラント等、懐かしのクリーチャー達が大活躍するので嬉しかったり楽しかったり。

2017年1月14日 (土)

HDD分解

ここでネタにした旧PCの内蔵HDD、しつこくUSBの抜き差しを繰り返すと時折認識されるものの、すぐ落ちてしまうので大容量のデータをサルベージする事は不可能。ひょっとしたら業者へ依頼したら出来るかもしれないけど、少なくとも俺には無理。

ただ、出来たら抜き出したいデータが幾つかあるので破棄せず今まで持ってて、その一つが昨日サルベージに成功したオーディオテープのデジタルデータ。だからもう破棄してもいいかな~と思いつつ、ひょっとして再フォーマットすれば問題なく使えるようになったりして・・と淡い期待を持って再フォーマットを試してみた・・けど、やはり症状は変わらず。

で、これはもう破棄することに決定。とは言えHDDって奴はどうもそのままゴミ箱へポイしたくない。大したデータは入ってないけど個人情報満載なのは間違いないし。一応フォーマットは済ませたものの、こういう代物は物理的に破壊するのが一番。しかしながら知ってる人には説明不要なれどHDDの分解には特殊工具が必要。

ご覧の通り止めネジが+でも-でもない。でもwebで情報収集すると別に入手困難な物じゃないらしく、地元のホームセンターへ物色に行ったら即見つかった。

ヘックスローブのT8ってのが対応サイズ。これで簡単に分解出来た。中を開けるとT6も必要で、これもセットに入ってたからバラバラにしちゃう。

で、肝心のディスクは金づちで適当に叩いてベコベコにした。IMFだったらこの状態でもデータを吸い上げちゃうかも知れない。でも国家機密が記録されてる訳じゃないし、これを読み取ろうとする物好きは居ないでしょ。そんな訳で今度の燃えないゴミの日に安心して捨てちゃいま~す。

2016年3月 4日 (金)

死亡デスクトップPCの末路

Dynabook導入で不要になったバリュースターのデスクトップPCを、専門店でマザボ故障と診断された再起不能品としてヤフオク出品したら約3万8千円で捌けた。発売から間もないモデルだし、HDDは引っこ抜いたけどCPUやメモリは健在だし、部品取り機としては需要があるんでしょ。更に元箱、取説、ワイヤレスキーボード&マウスと欠品無しなのが功を奏した模様。こういう時に俺のコレクター気質が物を言うのだ。

それと新規購入した2TBの内蔵HDDと純正リカバリディスクも買値の約半額で捌けたので約5万円を補填出来た。何度も書いてるけどホント、ヤフオク様様ですわ。

ちなみに前回の教訓を活かして現在愛用してるDynabookのリカバリディスクは既に作成済み。人間、幾つになっても失敗を繰り返しながら成長する生き物なのだと再認識。

2016年2月22日 (月)

おニューのデスクトップPC

結局、中古品は敬遠し約16万の巨費を投じ価格.comの最安値ショップで東芝dynabook D71 D71/TB PD71TBP-BWAを新品購入。連日仕事で一気に作業を終える事が出来ず、到着から3日目にして必要アプリのインストール作業が終了。細かい諸々の設定やらiTuneへの音楽データ入れ直し作業やら、まだまだやる事はあるけど取り敢えずこれでようやく落ち着きを取り戻したかな~と。

当然ながら今は快調。ディスプレイが23インチから21インチへサイズダウン、USBスロットは今までの8つから6つへ、内蔵HDD容量も3TBから2TBへ減ったけど、そんなに不満を感じない。最大の不満点はこれかな。

何とまあ、使い難い形のマウスですこと。数日使ってたら慣れてきたけど、これは社外品に替えちゃうかも。

あと、今回の一件で少し懲りて追加8000円を支払い5年間の延長保証へ加入。やはり転ばぬ先の杖は必要。仮に5年先まで健在だったとしても安心感を買ったと思えば決して損ではないかと。

2016年2月12日 (金)

中古か 新品か

先月から繋ぎで使ってるDELLのノートPCも時折BIOS画面が表示され強制終了を余儀なくされる事があったりする。8年前の代物だしOSはVISTAだし、これはこれで限界が近付いてるんだろうな。

そんな訳で数日中には新たなる相棒を決めようと思ってるけど選択肢が2つ。まず今回逝ってしまったNECバリュースターVW770シリーズの中古品をヤフオクで落札する事。もう一つは価格.comで見つけた昨年モデルの東芝Dynabookを約16万で購入する事。

VW770に関しては欲を言えば今まで使ってた同機種(LS6B)が好都合なれど今現在めぼしい出品物がない。但しCPUがCore i5だったりメモリやHDD容量が減少したり・・というランクダウンにさえ目をつぶれば他機種の相場は6-7万。

ただねえ・・ PCの中古品ってのは胡散臭いのが多く(特に業者)どうも敬遠しがち。俺みたく元箱から付属品まで欠品なしの品物を出品する一般ユーザーなら即決なれど、業者の出品物はあれがない、これも欠品ってのが多過ぎる。まあそういうユーザーから買い取った物を出品してるからシンパシーこそ感じるけど実際に買うかどうかは別問題。

そういう不安材料を払拭したいなら新品を買うしかない。その点、16万のDynabookは理想に近い。液晶サイズやHDD容量のスケールダウンが不満ではあるけどそれほど大きな問題じゃないし。

こんな調子で中古か新品か決めかねてるけど、DELLのノートPCが本格的に逝ってしまうとかなり困る事になるから今度の休みまでには結論を出そうかと。

ちなみに俺みたくいい歳こいた独り者にはそれなりの貯蓄があるので、20万オーバーのニューモデルとて買えない事はない。ただ、買い物ってのは自分が納得出来るかどうかが最重要課題なんでね。今の俺はPCに20万以上の金を出す意志がなく、それを曲げた買い物には全く納得出来ないしノット・サティスファイド。ただそれだけの話。

2016年2月10日 (水)

PC高し

相変わらず新規導入のデスクトップPCを決めかねてる。昨日は休みだったので地元のビックカメラに市場調査へ行ってきたら俺の条件に合うPCは全て税込み20万オーバー。高い。高いよ。前にも書いたけど12月に車の修理費で約12万、先月のiPhone機種変で約11万吹き飛んだばかりだからタイミングが悪過ぎ、ど~しても20万以上のPCを買う気になれない。

ちなみに俺が求める条件としては液晶一体型でCPUがCore i7、メディアドライブはBD対応、更にHDMI入力端子が必須。この条件を満たすNECの型落ちモデルだと18万前後。それでも高いよなあ。そんな訳で今まで使ってた2013年モデルの同機種や、同クラスの中古品をヤフオクで物色したりして。これなら相場が7-8万だし。

ただ、PCの中古品ってリスクが伴うから、それはそれで躊躇してる。CPUをCeleronで妥協すれば安い機種がゴロゴロしてるものの、昔からCeleronには二流イメージがあり所有した事がない。別に動画編集する訳じゃないから強大なマシンパワーは必要ないし、多分Celeronでも何ら不満は感じないと思う・・けど、やっぱり敬遠してしまう。試しに一度所有して使い勝手を体感してみるのもテかなあ・・

2016年2月 3日 (水)

デスクトップPC物色中

デスクトップPCが逝って早や半月。予備機のノートPCさえあれば不都合がないので後継機のセレクトを怠ってきたけど、仕事の資料作成を自宅へ持ち込む事もあるしBD&DVD作成やら何やらメイン機を復活させないと困る事は多いので本腰入れて新たなる相棒を選別する事に。

NEC以外で液晶一体型を求めると選択肢は富士通のFMWか東芝のDYNABOOKしかない。で、メーカーのサイトを物色するといずれもバリエーションが貧困で割高。結局はNECにするしかないのか・・ それとてニューモデルは激高だから、型落ちの安売り品か状態の良い中古品を買うのが賢明かなあと思ったりして。

ヤフオクを覗くと俺が愛用してたPCの同機種でBIOS画面は表示されHDDが欠損というジャンク品が出品されてて、これはかなり好都合なのではと思ったものの備考欄をよく読むとメディアドライブが認識されないという記述があり、危険な香りがしたので見送り。それでも落札額が3万をオーバーしてたから、手元のジャンク品もそれなりの価格で捌けるかも・・と淡い期待を抱いたりして。

2016年1月27日 (水)

デスクトップPC復活への道 完結篇

はい、PCデポの診断結果が出ました。マザーボード故障の可能性が高くメーカー修理必至。費用は技術料込みで7-8万ですと。THIS IS THE END。買い換え決定です。

ちなみに話を聞いてくれた店員も言ってたけど最近のPCは昔と違って凄く壊れやすいそうな。確かにそれは感じるね。前に使ってたDELLのデスクトップPCも3-4年で不調に陥ったし。性能が上がった分、構造が複雑化してトラブル発生率も高くなったという事だろうか。

取り敢えずNECに未練はない&今回の一件で少々悪印象を持ったので他メーカーのPCを物色中。壊れたPCは部品取りのジャンク品としてヤフオクへ出品予定。逆にマザーボードが健在のジャンク品を入手して復活させようかとも考えたけど、それはそれでリスキーだからパス。

しかし最初からマザボ故障と分かってたら高価なリカバリディスクなんか買わなかったのに・・ これもヤフオクで売り払うつもりだけど半額でも捌けないだろうな~ ちなみに今回の無駄な出費は2TBの内蔵HDD、SATA→USB変換ケーブル、純正リカバリディスク、併せて約24000円。更に新規導入のデスクトップPC代で10数万。嗚呼、また金が・・

デスクトップPC復活への道その6

昨日、先週発注したリカバリディスクが届き、これでようやく再セットアップ出来ると思いつつ意気揚々とPCの電源を入れてみたら・・ あれ? BIOS画面が表示されない。何度も何度もしつこく電源ON/OFFを繰り返しても状況は変わらず。・・という事は、HDD以外にも不具合が生じてる??

ああ~~! もうお手上げ!!!

・・という事で結局PCデポへ泣きついた。修理費もポイント還元されるビックカメラではなくPCデポへ持ち込んだ理由は、やはりファースト・インプレッションの善し悪し。どうも量販店って親身になってくれる感が希薄だし、餅は餅屋に頼んだ方が確実な気がしたので。

取り敢えず本体を預け、詳しい話は今日の夕方に改めて聞く事になった。BIOS画面さえ出るようになればそこから先は自力で何とか出来るので修理もその段階まで依頼するつもりだけど、さてどうなる事やら・・

2016年1月23日 (土)

失われたパチ収支記録データ

ここでちょっと触れたパチンコ収支記録の件。今のデスクトップPCへ乗り換えたのが2013年の7月だから同年6月までのデータはしっかり外付けHDDに保存されてた。

更に2014-2015年の全データは当ブログの書き込みネタに表をJPEG化して公開した事を思い出す。すなわち失われたデータは2013年の7-12月のみ。ラッキ~♪

まあ、ホントにどうでもいい話だけど己の馬鹿さ加減が刻銘に記録されたデータは俺的に凄く貴重なので素直に嬉しい。消失した半年分のデータにせよ既にパチ離れを起こしてた時期の物だし、当ブログの過去ログを辿ればどの程度注ぎ込んだかは想像が付くので、これに関しては無傷に近い。

他に失われたデータはと言えば幾つかの有料アプリ、CD音源、DVDファイル、webで拾った画像ぐらい。いずれも再度入手可能な物ばかりだから大した被害じゃないね。

より以前の記事一覧