2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

2019年2月15日 (金)

そしてデスクトップPC再修理

案の定ダメでやんの。まあ手つかずで戻されりゃこうなるわな。ここ数日寒いから起床時や部屋が冷え切った帰宅時に起動中ダウンの不具合が出まくりでお話にならず、このブログ更新を最後にセブンイレブンへ持ってって宅配便で修理逝き。

俺の所有物って歴代、症状の出難い不具合に見舞われて修理へ出すも症状確認出来ずで一度戻され、結局は再発して二度手間ってパターンがやけに多い気がする・・

症状が出なかったら手の付けようがないという事情も分かるけど、こっちは部屋が冷え切った時のみ不具合が起こり、暖房で温まると安定して症状が確認出来ないとか発生条件を細かく明記してるんだからもう少し根気強く検証して欲しいよな~と思ったり。

そんなわけでまた暫く通信環境がiPadに。こんな時しか使わないし、半死蔵のハードウェアに再び活躍機会が与えられたとプラスに考えましょ。

2019年1月23日 (水)

デスクトップPC帰還だが

約1ヶ月を経てようやく戻ってきたデスクトップPCなれど俺が最も恐れていた症状再現せずの状態で帰還となった。ただ、外付けBDドライブ導入で不都合がなく、特に修理依頼はしてなかった内蔵メディアドライブの不具合を目ざとく見つけて対処してくれたから全くの無駄骨じゃ無い・・とは言え、依頼箇所が手つかず状態だから不安は残る。

取り敢えず様子見となったものの、本体に問題ないとすれば1つ疑わしいのは古めの外付けHDD。こいつが起動時に悪さしてる可能性は否定出来ないのでこれを機に2TBの現行品へ乗り換える事にした。別に高額品じゃないし。

それでも不具合が出るようなら再修理という事になるけど、さてどうなる事やら。

2018年12月19日 (水)

デスクトップPC不具合再発

3月に修理して完治した筈の症状が再発。室内の温度が極端に低くならないと発生しない為、気温が暖かくなり始めた3月だと症状の確認が出来なかっただけで実は全然直ってなかったのかも。そして、急激に寒くなった最近になって症状が現れ始めたという事か。

それでも5年保証期間内なので勿論再修理を依頼。今は夜勤明けで疲れてるしアルコールが入ってて車に乗れないので起き出してから宅配便で発送予定。金の問題はクリアなれど暫くデスクトップPC無しの生活を強いられ、前回みたく初期化して全アプリ再インストールの可能性も否定出来ず実に面倒臭い。5年保証の期限が2年以上残ってるからまだ買い換えはしないけど、こういうトラブルに見舞われるとダイナブックの印象も悪くなる一方。

取り敢えず前回同様、修理中はこんな感じで急場をしのぐ。

web閲覧やメールのやりとり等はこれで充分。それ以上に込み入った事をやろうとしたらPCの帰還を待つしかない。前回は10日足らずで戻ってきたからさほど不安視してないけど年末だしねぇ。さて、どうなる事やら。

2018年9月 6日 (木)

ブルーレイドライブ新調

先週辺りからデスクトップPCのBDドライブが不調で、ブルーレイは読み込んでくれるもののDVDを認識しない。で、今朝ドライバ再インストールとか色々やったらブルーレイすら読み込んでくれなくなってしまった。デバイスマネージャーを確認しても正常と表示されてるし、これはもうドライバ云々じゃなくハードウェア自体の問題と考えて間違いなさそう。

まだ5年保証期間中だから費用ゼロで修理は可能だけど発送する必要があるから10日前後PCが無くなっちゃうし手続きやら何やらが面倒臭いので、ここは外付けドライブを導入する事にした。そんな訳で近所のヤマダ電機へ。以前はビックカメラ至上主義だったものの、自宅から近い事もあって最近はヤマダ電機を利用する事の方が多くなった。

何でも良かったけど特価セールのこいつをセレクト。今回は価格.comで最安値ショップを調べても価格差がほとんどなく納得の買い物。ライティングソフト同梱なれどディスクなんか入ってなくてプロダクトキーのみ。時代は変わったねえ。おっさんもう付いていけてないかも。

当然ながら問題なく稼働中。UHD BDやらMacにも対応してるし、これはこれで怪我の功名か。まあ、ウチのMac miniには半年近く火を入れてないから対応しようがしまいが関係なかったりするのだが、いざという時には使えるから結果オーライじゃないのかな。

2018年3月26日 (月)

PCを初期状態に戻す

修理から戻ってきたデスクトップPCの様子がどうもおかしく、何度再起動してもプログラム更新の再起動を求めてくる。それ以外は普通に使えてるもののウザいのでweb検索して様々な解決策を試したものの改善されず。恐らく一部のユニット交換がOSに何らかの悪影響を及ぼしたんだろうな。

ハードウェア不具合じゃないのでクレーム修理を依頼する案件とも思えず、さてどうしたもんかと思いつつ、結局はこういう手段を選択。

その昔はPCが不調に陥るとセットアップからやり直したもんだけど、そこまでする必要はなかろうと思いつつ上記通りPCを初期状態へ戻した。結果、問題は解決したもののアプリのダウンロードから全部やり直しなので面倒臭い事この上なし。昨夜から復帰作業を始め、ようやく落ち着いてブログ更新。

しかし自分用のPCを購入してから20余年になるけど相変わらずこういうトラブルに弱い。高いスキルを持った人はここまでせずとも解決させちゃうんだろうなあ。

2018年3月17日 (土)

そしてデスクトップPC帰還

ヤマト便で修理発送したのが3/8だから10日足らずで帰還か。なかなか迅速な対応で好印象。

修理明細を見ると本体通電不具合・電源落ちによる現象を確認、メインボード交換実施と書いてある。先方が症状を確認し、見込みじゃなく不具合部分をしっかり交換してくれたから完治と判断して間違いなかろう。但し、この不具合は室温が5度以下にならないと確認出来ないのでホントに直ったか否かを体感出来るのは来年の極寒時だったりして。

こいつが戻ってくるまでの間iPad Airに大活躍して貰ったけど、やはり使い勝手はデスクトップPCの方が格段に上。昨今、若い世代はデスクトップPCなんぞ所有せず全てスマホで済ませちゃうらしいけど、オールドタイプの俺的にはやはりこいつが無いとダメだわ。

更に修理明細へ目を通すと今回の修理費は総額3万ちょいで、これが保険加入でチャラになってる。5年保証加入費用は8000円程度だったから完全に元を取れた。やはり転ばぬ先の杖は必要だね。

 

2018年1月16日 (火)

5年保証さん、出番です

最近またデスクトップPCの調子がおかしい。帰宅後に起動させると普通に立ち上がるんだけど、暫くすると突然ストンと落ちたりする。その後、自発的に立ち上がろうとするんだけど途中で落ち、これを何度も繰り返してようやく安定する。

何ヶ月か前にも同じ症状に見舞われ、あの時は暑い時期だったか。で、今は寒い時期。どうやらこれ、室温に影響されてるっぽい(部屋が暖かくなると全く落ちなくなるので)。・・という事は、原因はまたマザボのICチップか。しかし前回のバリュースターにせよ今回のダイナブックにせよ2年そこそこ普通に使ってて不調に陥るんだから耐久性低過ぎるなあ。

おっかないから必要なデータは全て外付けHDDにコピーしたし、これで何時壊れても安心だけど壊れて貰っちゃ困る。このまま使い続けるのもストレスだし、とは言え気楽に買い換えられる程安価な物じゃないし、さてどうしたもんかと思ってた所、購入時に追加8000円支払って5年保証に加入した事を思い出した。正に転ばぬ先の杖。これで保険金の元は完全に取れた。

そんな訳で近日中に保険会社へ連絡して修理依頼の予定。セットアップからやり直しとかになると面倒だけど、まあ贅沢は言えないか。

【追記】
web検索したら、こういうトラブルの場合マザボやHDDの可能性とて否定出来ないものの、大半は電源ユニットに原因があるらしい。いずれにせよ修理必至か。

2017年1月23日 (月)

AppleのLightning - Digital AVアダプタ

WOWOW録画BDのストック分を観尽くした事もあり、先週からAmazonプライムビデオを観まくって既に10本ほど消化。言わずもがな通勤途中や出先での鑑賞がメインだけど、残り数10分の所まで観て自宅へ戻ってきたら続きは42Vモニターで堪能したい。

そんな時にモノを言うのがこいつ。

iPadやiPhoneのLightning端子からHDMI出力に変換するAVアダプタ。別にプライムビデオを自宅のテレビで観るために買った訳じゃなく、ウチのデスクトップPCにはHDMI出力の機能がないけどiPadやiPhoneとこのアダプタがあればYouTubeを初めとするweb配信動画も42Vモニターで観られるという事で先月気まぐれに買い、今じゃプライムビデオ自宅鑑賞に大活躍。但し5200円と結構お高い。

これだと実際の画質は伝わらないと思うけど、多少ブロックノイズが気になるものの我慢出来ない事もない。動きの少ない場面ならそれなりに綺麗だし、iPadの小画面を観るより断然マシ。ちなみにこれはバイオハザード・ダムネーション。そんなに面白くないけどプライム会員なら視聴料タダだから何とな~く観続けてる。

【追記】
全編鑑賞。物語自体はさほど琴線に触れなかったもののリッカーやタイラント等、懐かしのクリーチャー達が大活躍するので嬉しかったり楽しかったり。

2017年1月14日 (土)

HDD分解

ここでネタにした旧PCの内蔵HDD、しつこくUSBの抜き差しを繰り返すと時折認識されるものの、すぐ落ちてしまうので大容量のデータをサルベージする事は不可能。ひょっとしたら業者へ依頼したら出来るかもしれないけど、少なくとも俺には無理。

ただ、出来たら抜き出したいデータが幾つかあるので破棄せず今まで持ってて、その一つが昨日サルベージに成功したオーディオテープのデジタルデータ。だからもう破棄してもいいかな~と思いつつ、ひょっとして再フォーマットすれば問題なく使えるようになったりして・・と淡い期待を持って再フォーマットを試してみた・・けど、やはり症状は変わらず。

で、これはもう破棄することに決定。とは言えHDDって奴はどうもそのままゴミ箱へポイしたくない。大したデータは入ってないけど個人情報満載なのは間違いないし。一応フォーマットは済ませたものの、こういう代物は物理的に破壊するのが一番。しかしながら知ってる人には説明不要なれどHDDの分解には特殊工具が必要。

ご覧の通り止めネジが+でも-でもない。でもwebで情報収集すると別に入手困難な物じゃないらしく、地元のホームセンターへ物色に行ったら即見つかった。

ヘックスローブのT8ってのが対応サイズ。これで簡単に分解出来た。中を開けるとT6も必要で、これもセットに入ってたからバラバラにしちゃう。

で、肝心のディスクは金づちで適当に叩いてベコベコにした。IMFだったらこの状態でもデータを吸い上げちゃうかも知れない。でも国家機密が記録されてる訳じゃないし、これを読み取ろうとする物好きは居ないでしょ。そんな訳で今度の燃えないゴミの日に安心して捨てちゃいま~す。

2016年3月 4日 (金)

死亡デスクトップPCの末路

Dynabook導入で不要になったバリュースターのデスクトップPCを、専門店でマザボ故障と診断された再起不能品としてヤフオク出品したら約3万8千円で捌けた。発売から間もないモデルだし、HDDは引っこ抜いたけどCPUやメモリは健在だし、部品取り機としては需要があるんでしょ。更に元箱、取説、ワイヤレスキーボード&マウスと欠品無しなのが功を奏した模様。こういう時に俺のコレクター気質が物を言うのだ。

それと新規購入した2TBの内蔵HDDと純正リカバリディスクも買値の約半額で捌けたので約5万円を補填出来た。何度も書いてるけどホント、ヤフオク様様ですわ。

ちなみに前回の教訓を活かして現在愛用してるDynabookのリカバリディスクは既に作成済み。人間、幾つになっても失敗を繰り返しながら成長する生き物なのだと再認識。

より以前の記事一覧